【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Counter
total : 632021
yesterday : 456 / today : 368


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2018/05/07 :: めまい、立ちくらみ、鉄欠乏性貧血とは
みなさん、こんにちは。風が気持ち良く、過ごしやすい季節になりました。どうお過ごしでしょうか。私はヨガを始めたり、軽くランニングをしたりと、身体を動かす機会が増えてきました。久々にスポーツで汗をしっかりかくと身体の不要なものが流れて気分も良いです。汗には身体の不要な水分や塩分を排出する働きがありますが、一方で鉄分などの大切な栄養も排出されてしまいます。夏に向けて汗をかく量が増えてくると、『貧血』の症状が起きやすくなると言われています。鉄分は赤血球や酸素を運ぶ役目をする大事な成分です。十分に注意しなければならないですね。
そこで、今月は『貧血』について特集いたします。

めまい、立ちくらみ、鉄欠乏性貧血とは
だるい、立ちくらみする、めまい、息切れなどの症状は、“鉄分”が足りず『貧血』になっている場合があります。女性は月経があるので定期的に赤血球を排出し、貧血になりやすく自覚症状のある方も多いです。しかし男性は自覚症状が無い方が多く、汗を多くかく運動や偏食をしている若者、または、がんなど内蔵からの出血が原因となって引き起こしている場合がありますので注意が必要です。

貧血には種類があり、ヘモグロビンの材料である鉄が不足している『鉄欠乏性貧血』、身体の中で赤血球をつくれなくなる『再生不良性貧血』、赤血球の材料が不足して血球がつくられなくなる『悪性貧血』、赤血球の膜が壊れてヘモグロビンが流れ出す『溶血性貧血』に大きく分けられます。
一般的に多いのが『鉄欠乏性貧血』で、鉄不足の主な原因は偏った食習慣などの生活習慣です。


一日の鉄分の摂取目安は?
年齢、男女別に摂取目安が変わってきます。     !!$img1!!
・18〜29歳/男性:7.0r、女性:10.5r   
・30〜69歳/男性:7.5r、女性:11.0r
・70歳以上/ 男性:7.0r、 女性: 6.0r

食品では、豚レバー85gあたりで10mg、ほうれん草550gあたりで10mgの鉄分が含まれています。

鉄分補給は食事から!生活習慣改善も予防につながります
栄養が偏っている偏食、ダイエットなどの減食、朝食をとらないなどの欠食は貧血を引き起こす習慣であり、若者の貧血に多い原因です。規則正しく1日3食バランスの良い食事は貧血予防になります。
鉄分には動物性食品(豚・鶏などのレバー、肉類、まぐろ、かつおなどの魚類)に含まれるヘム鉄と植物性食品(ほうれん草、切干だいこんなど)に含まれる非ヘム鉄があります。ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて、腸での吸収がよいという特性があるので、ヘム鉄を十分に摂取しましょう。非ヘム鉄も良質な動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると、吸収力がアップするので肉類、卵、牛乳などと組み合わせるといいでしょう。また、たんぱく質が不足にしないように、しっかり摂りましょう。


all photo

Recent Diary

2018/05/07
みなさん、こんにちは。風が気持ち良く、過ごしやすい季節になりました。どうお過ごしでしょうか。私はヨガを始めたり、軽くランニングをしたりと、身体を動かす機会が増えてきました。久々にスポーツで汗をしっかりかくと身体の不要なものが流れて気分も良いです。汗には身体の不要な水分や塩分を排出する働きがありますが、一方で鉄分などの大切な栄養も排出されてしまいます。夏に向けて汗をかく量が増えてくると、『貧血』の症状が起きやすくなると言われています。鉄分は赤血球や酸素を運ぶ役目をする大事な成分です。十分に注意しなければならないですね。
そこで、今月は『貧血』について特集いたします。

めまい、立ちくらみ、鉄欠乏性貧血とは
だるい、立ちくらみする、めまい、息切れなどの症状は、“鉄分”が足りず『貧血』になっている場合があります。女性は月経があるので定期的に赤血球を排出し、貧血になりやすく自覚症状のある方も多いです。しかし男性は自覚症状が無い方が多く、汗を多くかく運動や偏食をしている若者、または、がんなど内蔵からの出血が原因となって引き起こしている場合がありますので注意が必要です。

貧血には種類があり、ヘモグロビンの材料である鉄が不足している『鉄欠乏性貧血』、身体の中で赤血球をつくれなくなる『再生不良性貧血』、赤血球の材料が不足して血球がつくられなくなる『悪性貧血』、赤血球の膜が壊れてヘモグロビンが流れ出す『溶血性貧血』に大きく分けられます。
一般的に多いのが『鉄欠乏性貧血』で、鉄不足の主な原因は偏った食習慣などの生活習慣です。


一日の鉄分の摂取目安は?
年齢、男女別に摂取目安が変わってきます。     めまい、立ちくらみ、鉄欠乏性貧血とは
・18〜29歳/男性:7.0r、女性:10.5r   
・30〜69歳/男性:7.5r、女性:11.0r
・70歳以上/ 男性:7.0r、 女性: 6.0r

食品では、豚レバー85gあたりで10mg、ほうれん草550gあたりで10mgの鉄分が含まれています。

鉄分補給は食事から!生活習慣改善も予防につながります
栄養が偏っている偏食、ダイエットなどの減食、朝食をとらないなどの欠食は貧血を引き起こす習慣であり、若者の貧血に多い原因です。規則正しく1日3食バランスの良い食事は貧血予防になります。
鉄分には動物性食品(豚・鶏などのレバー、肉類、まぐろ、かつおなどの魚類)に含まれるヘム鉄と植物性食品(ほうれん草、切干だいこんなど)に含まれる非ヘム鉄があります。ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて、腸での吸収がよいという特性があるので、ヘム鉄を十分に摂取しましょう。非ヘム鉄も良質な動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると、吸収力がアップするので肉類、卵、牛乳などと組み合わせるといいでしょう。また、たんぱく質が不足にしないように、しっかり摂りましょう。

posted at 2018/05/07 18:01:59
lastupdate at 2018/05/07 18:01:59
修正