【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Counter
total : 507010
yesterday : 225 / today : 152


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/09/18 :: 【第33話】スポーツの秋 何か運動をしていますか?
みなさんは普段どれくらい運動をされているでしょうか。
私は、週に2回運動をすることを心がけています。
理想は土・日などの休日は登山、平日の仕事帰りはランニングをそれぞれ1回以上行うことです。
今年の冬から本格的にランニングを始め、最初は10分も走るのですらキツかったのですが、今では10kmは走れるようになり、10月には大会への参加も予定しており、自分でも驚いています。まさに継続は力なりですね。

さて、なぜランニングを始めたかというと、やはり最初はダイエットや体力をつけるため、といった理由だったと思います。
そこで、今回はスポーツの秋ということで、スポーツの基本でもあるランニングを始めるうえで初心者が気をつけることをまとめましたので参考にしてください。!!$img1!!


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+
@
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│お│腹│に│入│れ│て│か│ら│!│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
早朝にランニングする方も多いと思いますが、必ず何か食べてから走ってください。空腹のためにめまいなどを引き起こしやすいのです。
バナナなどの軽く食べられものが良いでしょう。
A
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│水│分│を│摂│っ│て│か│ら│走│る│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
例え少しの距離でも脱水症状を起こす危険性があります。特に夏のランニングはより危険です。飲料水を持って出かけることをおすすめします。
B
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ウ│ォ│―│ミ│ン│グ│ア│ッ│プ│を│し│て│か│ら│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
これは基本中の基本ですね。どんなスポーツをするうえでも行ってください。
最初は準備体操をしていた方も慣れてくるにつれ、さぼってしまうようですが、ケガを起こしやすくなります。長くスポーツを楽しむうえでは必須です。
C
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│や│り│過│ぎ│な│い│ 
└─┴─┴─┴─┴─┴─┘
最初から頑張り過ぎないことが大事です。昔はできたのに・・・、タイムを縮めたい・・・など自分の目標に近づけるために頑張りすぎてしまう初心者の方も多いはず。しかし、最初から頑張り過ぎてしまうと疲労もたまり、ケガの原因にも繋がります。
あせらず余裕をもち、運動時間を延ばしましょう。
はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

2013/04/08
4月もスタートし、どんどん春らしい陽ざしが差し込みますね。
さて、陽ざしは気持ちいいのですが、この時期気になるのが紫外線です。
紫外線は一年中降り注いでいますが、春から夏にかけて増えていきます。
紫外線対策を毎日している方も、これから始める方も紫外線の影響を抑えるためにもいつもより対策を心がけることをおすすめ致します。


◇紫外線の影響◇
紫外線は日焼けしてシミやそばかすの原因になることが一般的に知られていますが、皮膚だけではなく目にも影響を及ぼします。【第61話】紫外線対策始めましょう
高齢者の方に多い白内障は紫外線のUV−A波とUV−B
波を長期間浴びるのが原因であったり、角結膜炎はスキー
場などで雪面に反射した紫外線によって起こります。

しかし、紫外線は身体に悪い影響ばかりではありません。
ビタミンDは紫外線UV−B波によって作られ骨や歯を形成するはたらきがあります。また、新陳代謝を促すはたらきもあります。


◆子供から紫外線対策◆
WHOでは子供の頃から紫外線対策の必要性があると発表しています。
子供は大人に比べ外で過ごす時間が長いため、皮膚がんや白内障の発症リスクが高まるのです。
また、全世界を見まわすと、国をあげて紫外線対策に取り組んでいるところがあり、皮膚がん発症率が高いオーストラリアではスローガンとして

SLIP(スリップ)・・・長袖を着よう     【第61話】紫外線対策始めましょう
SLOP(スラップ)・・・日焼け止めを塗ろう
SLAP(スラップ)・・・帽子をかぶろう
WRAP(ラップ)・・・サングラスをかけよう
と掲げて対策を進めています。


更に、UVクリームやウェアの活用、または外出時間を根本的に見直すことによって紫外線を浴びることを防ぐことができます。

紫外線を浴びることなく生活することはできませんが、紫外線対策をしっかりして、紫外線のダメージを軽くすることに努めて、これからの季節を楽しみましょう。

posted at 2013/04/08 17:37:13
lastupdate at 2013/04/08 21:19:49
修正
 
2013/04/15

春と冬がいったりきたりしていましたが、ようやっと北海道にも春がやってきましたね。
それとともに雪解けの進み具合の速いことにビックリしている今日この頃です。
今年の積雪量は近年まれにみるものでしたから、いつまで雪が残るかなーと思っていましたが、
案外そのスピートは早く、あれだけあった雪もほとんど見なくなってきました。
その結果でしょうか、豊平川の流れが早いのは・・・。

さて、今回は北海道タマネギドレッシングを使った簡単なお酒の肴です。料理とは言えないくらい簡単ですが、これが非常にお酒とあいますから是非お試しください。イケますよ!

【第62話】北海道タマドレ活用2.洋風冷やっこ3.和風クリーチーズ<洋風冷やっこ>
いつもの冷やっこを洋風でお楽しみください。
材料:➀クリームチーズ/適量 A万能ねぎ/適量  Bかつお節/適量 C北海道タマ
ネギドレッシング/適量
※具材はお好みでアレンジしてください。



【第62話】北海道タマドレ活用2.洋風冷やっこ3.和風クリーチーズ<和風クリームチーズ>
ワインの肴に最適の一品です。
材料:➀クリームチーズ/適量 A万能ねぎ/適量  Bかつお節/適量 C北海道タマネギド
シング/適量
posted at 2013/04/15 17:03:58
lastupdate at 2013/04/17 20:03:47
修正
 
2013/04/22
淡いピンクや黄色、明るい色の上着を着ている人々で街は春色ですね。
冬に比べこれから肌の露出が増え、女性にとっては特に冬の間についた脂肪やガサガサ肌など見られたくない部分がたくさんありますよね?
そこで、今回はここ数年ダイエットや化粧品などに取り入れられている『炭酸』の効果についてです。

血行促進やダイエット、肌の毛穴の汚れまですっきりさせるシュワシュワ炭酸
*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――
炭酸水ダイエット
炭酸を飲むことにより、胃腸の粘膜が刺激されてぜん動運動が活発に
なり便通改善に。炭酸水で満腹感を得ることにより、食欲を抑える
こともできます。
【第63話】春本番!美容・健康に炭酸パワー




炭酸で疲労回復
温泉や入浴剤などで炭酸入りの湯に浸かることにより、湯に溶けた炭酸ガスが皮下の中
に入りこみ血圧を下げて血行をよくするはたらきがあります。
よって、疲労回復や老廃物を排出する効果があります。
【第63話】春本番!美容・健康に炭酸パワー






スキンケアに
最近は洗顔やパックなどに炭酸入りのものが多く入っています。
炭酸は肌にも嬉しい効能が!
炭酸洗顔は毛穴の汚れを落とし肌の新陳代謝を活性し血流が
よくなります。
また、弱酸性の性質をもち抗菌効果もあるのでニキビ対策にも
おすすめなのです。
洗髪も同じく地肌の汚れをスッキリ!

お掃除にも活用!
炭酸水は掃除にも大活躍です。特に窓拭きやシンクなど水垢を落とすのに適しています。
エコ洗剤としても使えますね。

posted at 2013/04/22 11:43:03
lastupdate at 2013/04/22 11:44:51
修正
 
2013/04/30

「屋根よーりたーかーい鯉のーぼーりー♪大きいマゴイーは・・・」。
今年もいよいよゴールデンウィークに突入しましたね!というよりは、私的には「もうゴールデンウィークか?はやっ!!」という印象の方が大きいです。「今年も残すところ・・・」。
いやいや、札幌の桜の開花予想日は、このままいくと5月6日だそうです。今から待ち遠しいこの頃です。

さて、今回が北海道タマネギドレッシングを使ったメニュー例の最終です。本製品はサラダはもちろん、お肉から魚介にいたるまで幅広くつかえることを実感させられます。ドレッシングというよりは調味料と言った方が妥当かもしれません。


【第64話】北海道タマドレ活用1.ローストビーフ2.タコのカルッパッチョ<ローストビーフ>
安価なローストビーフも高級ローストビーフの味わいに早替わり
材料:➀ローストビーフ/適量 Aブロッコリー等/適量  
※具材はお好みでアレンジしてください。


【第64話】北海道タマドレ活用1.ローストビーフ2.タコのカルッパッチョ<タコのカルパッチョ>
北海道タマネギドレッシングはお刺身にもあいます。特にタコがおすすめ!です。
材料:@タコの刺身/適量  Aブロッコリー/適量  Bミニトマト/適量
※具材はお好みでアレンジしてください。


posted at 2013/04/30 15:52:24
lastupdate at 2013/05/07 12:02:36
修正
 
2013/05/07
今年のGWも終わってしまいましたね。みなさんはどこへ行きましたか?あいにく、札幌は4日間とも雨が降り、寒くて寒くて、とてもじゃないですがお花見やBBQをする天気ではなかったですね。「あ〜っ、早く外でBBQがしたい!」と思う今日この頃です。

さて、BBQでは肉、野菜、魚介類を焼くのが定番かと思いますが、北海道はジンギスカン・ラム肉(羊肉)を焼くことも多いです。このジンギスカンに合う野菜といえばモヤシやタマネギ、ピーマン、カボチャなどですが、時期的にもおすすめなのが山菜の「行者ニンニク」です。
【第65話】バーベキューにはジンギスカンと行者ニンニク

行者ニンニクは名前のとおり、昔、修行をする行者さんが山に入ったときに滋養強壮のために食べていた「ニンニクに似た匂いをもつ山菜」で、春時期に北海道で採れます。アイヌ語でヒトビロやキトピロ等とも呼ばれています。
行者ニンニクには硫化アリルという健康成分がなんとニンニクの4倍以上含んでおり、滋養強壮のほか、抗菌作用、血流サラサラ作用などウイルスから身を守る・風邪予防にも効果的な山菜です。
連休明けでなんだか身体がだるい、風邪気味の方にはジンギスカンと一緒に食べて栄養を補給できるのでおすすめです。
【第65話】バーベキューにはジンギスカンと行者ニンニク

更に、ジンギスカン・ラム肉はカルニチンが多く含まれているのでダイエット効果が期待できます。カルニチンには脂肪を燃焼する働きがあり、ダイエットサプリとして『カルニチンダイエット』なるものも目にします。とはいえご飯と一緒に食べ過ぎると、もちろん太ってしまうでしょうが、鉄分やタンパク質なども豊富な食材なので身体に嬉しいですね。

北海道ではお馴染みのジンギスカンも、本州に行くと「食べたことがない」という方も多くいらっしゃるでしょうから、是非、今年のBBQにはジンギスカンに挑戦してみては?
もちろんご自宅でフライパンやホットプレートでも美味しく食べられますよ。

posted at 2013/05/07 15:19:22
lastupdate at 2013/05/07 15:19:22
修正
 
2013/05/13
今年の札幌のゴールデンウイークのお天気はさんざんでしたね。
御天道様(おてんとうさま)を拝むことなくゴールデンウィークが過ぎ去ったように思えます。
せめて桜の開花時期のお天気だけは良くあって欲しいものですね。

さて、そんなモヤモヤを払しょくするようなお知らせがございます。
この度、日本野菜ソムリエ協会主催 調味料選手権2012サラダ部門最優秀賞受賞商品「北海道タマネギドレッシング」のシリーズ製品「北海道タマネギドレッシング“カレースパイス”」と「北海道タマネギドレッシング“青じそ”」の2品を5月10日(金)より発売いたします。

それぞれの概要は以下の通りですが、商品の用途や使用例等は今後のブログの中で随時発表していきますので、皆さんご期待下さいね。
従来のレギュラータイプ同様、ご愛顧賜りますよう宜しくお願いいたします。

1.「北海道タマネギドレッシング カレースパイス」200ml 650円(税別)
<商品特徴>
北海道タマネギドレッシングのカレータイプ。特許製法で旨みを15倍まで高めた玉葱とカレースパイスのコンビは絶品です。甘口ですのでお子様でもOK!
【第66話】北海道タマネギドレッシング シリーズ商品新発売!!
<原材料名>
ダイスカットたまねぎ(北海道産もみじ系)、食用植物油脂(大豆油・なたね油)、しょうゆ、穀物酢、糖類、(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、レモン果汁、カレー粉、食塩、おろしにんにく、酵母エキス、かつお節調味エキス、調味料(アミノ酸等)、増粘剤、(カラギーナン、キサンタン)、ビタミンB1、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

2.「北海道タマネギドレッシング 青じそ」200ml 650円(税別)
<商品特徴>
北海道タマネギドレッシングの青じそタイプ。特許製法で旨みを15倍まで高めた玉葱のコクとシソの味わいが絶妙で、シソが苦手な方でも美味しくいただけます。
【第66話】北海道タマネギドレッシング シリーズ商品新発売!!
<原材料名>
ダイスカットたまねぎ(北海道産もみじ系)、食用植物油脂(大豆油・なたね油)、しょうゆ、穀物酢、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、青紫蘇、レモン果汁、食塩、おろしにんにく、酵母エキス、ホワイトペッパーパウダー、かつお節調味エキス、唐辛子、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(カラギーナン、キサンタン)、ビタミンB1


posted at 2013/05/13 11:22:17
lastupdate at 2013/05/13 11:35:55
修正
 
2013/05/20
目に青葉、山ほととぎす、初がつお」この一句がぴったりな時期になりました。
初ガツオと言えば、カツオの旬は春と秋で2度あり、春の初ガツオ(上りガツオ)と秋の戻りガツオ(下りガツオ)に分けられます。
カツオは赤道付近で産卵し、餌を食べながら日本近海に来るのが初ガツオで、秋に産卵のために赤道に下っていくのが戻りガツオと言います。
カツオは刺身、たたき、煮るも焼くも美味しく栄養も抜群で、健康に役立つ成分も豊富に含まれています。

カツオの栄養
味の好みは分かれるでしょうが、カロリーが高めの脂ののった戻りガツオに対し、今の時期の初カツオはあっさりとした味が楽しめます。
いずれも良質なタンパク質!ビタミンB1、B6、B12、ナイアシンなどのB群や鉄分などのミネラル、さらにDHAやEPAなどが豊富に含まれているので身体に素晴らしい栄養源となります。

カツオのたたきなどによく使われるタマネギやニンニクには硫化アリルが含まれており、ビタミンB1の吸収を促してくれるので良い組み合わせと言えます。
【第67話】今が旬!初ガツオ 疲労回復やダイエットにも
カツオに含まれているアミノ酸の一種「アンセリン」という疲労回復や血中の乳酸値を低下させる成分を含んでいます。更に「ヒスチジン」という成分は食欲を抑えてくれる働きもあります。


カツオダシでも同じ効果
和食の定番といえばカツオダシを使われている方が多いかと思いますが、
ダシにも食欲抑制、疲労回復、貧血、生活習慣病予防に効果があります。
カツオダシを料理に使うことにより、旨みが増し塩分カットにもつな
がりますね!
【第67話】今が旬!初ガツオ
DHA含有NO.1のカツオ
カツオは魚の中で一番多くDHAを含み、特に目の裏のゼリー状の部分(眼窩脂肪)に含まれています。
DHAの効能は 『血液サラサラ・血栓予防、脳の発達を促進・認知症予防、視神経の活性・老眼の改善』と言われています。
posted at 2013/05/20 11:45:54
lastupdate at 2013/05/20 12:02:44
修正
 
2013/05/27
気分はもう6月。過ぎゆく春に別れを告げ、迎える夏に心躍らせる時期になりました。
今年の夏も?高温傾向にあるようですから、しっかりと暑さへの準備をしたいものです。

暑さが厳しくなると熱中症やアレルギー・あせもの悪化など、暑さや湿気による疾患が増え、感染症の注意が必要です。また、ダニや蚊はもちろん、時には死に至るスズメバチなどの虫刺されにも注意が必要です。
今回はアレルギーを引き起こす代表的な花粉症(イネ科の植物による)とカビについての対策です。

1.イネ科の植物による花粉症の対策
【第68話】アレルギーにご注意!

地域によって異なりますが、5月・6月のこの時期に飛び始めるのがイネ科植物の花粉です。イネ科に対するアレルギーが強く出る人にとっては、この時期が最も大変ですよね。

<花粉症対策>
(1)外出は控えめに
花粉の飛散の多い時間帯(13:00〜15:00頃)の外出はできるだけ控えましょう。花粉の飛散が多い日は特に注意が必要です。

(2)完全防備
外出時は帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけます。衣服もツルツルした素材を選び、花粉が付着す
るのを防止します。

(3)帰宅時は玄関でシャットアウト
衣服ついた花粉は、しっかりと外ではらってから玄関に入ります。室内に花粉を持ち込まない工夫と努力が
必要です。

(4)帰宅後は洗顔やうがいの徹底を
体についた花粉はきちんと洗い流します。
【第68話】アレルギーにご注意!
2.カビによるアレルギーの対策
梅雨は日照量の少ない多湿な時期で、カビやダニによるアレルギーも問題になります。深刻なカビアレルギーを持っている方は重症化すると入院治療が必要になる場合もありますので注意してください。


カビ・ダニを増やさない大原則として、
(1)湿度を高めない:換気
(2)こまめな掃除と洗濯:ホコリをためない
 が挙げられます。特に、お風呂、キッチン、ベッドはカビやダニが好む場所ですから注意が必要です。

<お風呂>
最もカビが発生しやすいのが浴室。お風呂は毎日使う場所ですから絶えず清潔にしておきたいものです。
・使用後は冷水を室内全体にかけ(カビの餌になる石鹸カスの掃除も忘れずに)て浴室内の温度を下げ、必ず換気をします。最近、1年中浴室の換気扇が回っているマンションもあるほどです。
・発生したカビはこまめに除去しましょう。

<キッチン>
キッチンもカビが好む場所の1つです。夏は食中毒が発生しやすい時期でもあり、浴室同様清潔にしておきたいですね。

・古くなった食材はカビの発生源になりますので新鮮なうちに使いましょう。
・調理中は湿度があがるので、換気扇をつけるのを忘れないでください。
・ゴミ箱は定期的に洗ってください。
・閉め切った戸棚の中も注意が必要です。定期的に換気が必要です。

<ベッド>
ベッドは恰好なダニの住み家ですのでこまめな清掃が必要です。
・ダニやダニの死骸は、洗濯して洗い流すのが一番!布団やシーツなどはこまめに洗ってください。こまめに洗えないという方には掃除機で吸い取ることをおすすめします。最近ではそれ専用のキットも発売されていますので有効に活用したいですね。
・一晩の睡眠でヒトはコップ1杯〜2杯の汗をかくと言われ、布団はその汗を吸収しています。布団を収納す
る場合は広げて乾かしてから収納するようにしましょう。

posted at 2013/05/27 13:57:08
lastupdate at 2013/05/27 13:57:08
修正
 
2013/06/03
例年に無く遅く開花した北海道の桜も終わり、北国にもいよいよ夏のたよりが届き始め、色とりどりの花が咲き始める季節となりました。
これからの季節は、バーベキュー・山登り・ハイキング等アウトドアのシーズンです。家族や仲間等みんなで集まる事も多くなり、気持ちもワクワク楽しい時間も多くなります。そんな楽しい時間には笑顔が沢山溢れていますよね。

                  
今回は『笑顔の効果』についてお話したいと思います。
笑顔で人に接すると、いろいろな人と良い関係を築くことができます。
好きな人、自分の子供、家族、友達など身近な人の笑顔を見て力をもらったり、やる気が出たり、時には自分が元気になる効果もあります。
笑顔になった時の筋肉の働きは、医療の観点から観ても脳に良い刺激を与えていることが分かっています。笑顔を作ることで感情が上向きになり、落ち込みや疲労感が軽減されるのです。

スポーツ選手などが競技で優勝したりした時、泣きながら笑顔になっているシーンをTVなどで目にすることがあると思いますが、人に感動を与える笑顔はより大きな力を持ち、沢山の人を笑顔にする事ができると言われています。

笑顔は癒しだけではなく、やる気や物事を決意する勇気も与えてくれます。ここぞといった踏ん張りなども、根本的には笑顔が関係しているのです。

〜笑うと言う事は〜
・物事を良い方向へ持っていく力がある。
・穏やかな気持ちになり、人にやさしくなれる。
・笑うことでストレスを発散し、血液や血圧、脈拍が改善され、免疫力がつく。
・消化不良などもなくなり、身体が健康になることにより、長生きにつながる。
・長生きをすることで周りを幸せにする。

このように笑顔でストレスを発散し、様々なつながりで良い事がたくさんでてきます。健康な身体を保つためにも、そして良い人間関係を保つ為にも自分の笑顔も他人の笑顔もたやさないよう心がけて生きたいものですね。今年の夏は皆さんも『笑顔!』を意識して生活してみてはいかがでしょうか?


むらかみ しほこ
posted at 2013/06/03 18:25:39
lastupdate at 2013/06/03 18:25:39
修正
 
2013/06/10
毎日暑い日が続きますね。本州も梅雨入りしたのに、今年は雨の日が少ないみたいですね。北海道も先月のはじめまでは寒かったのに春を通り越して夏の気温です。
今年も暑い夏がはじまっていますが、冷房などに頼るばかりでなく、食事を通して身体の内側から涼を感じてみてはいかがでしょうか。
夏野菜は身体にこもった熱を冷ますはたらきがあるので、暑さ対策にぴったりの食材です。旬の食材を取り入れて栄養もしっかり摂り、暑さを乗り切りましょう。

代表的な夏野菜はトマト、キュウリ、ゴーヤ、ナス、とうもろこしなどがあり、色のハッキリとした鮮やかな野菜が多いのが特徴です。夏野菜は紫外線から自分を守るためにビタミンCやEを多く含んでいるので色の濃い野菜が多いのです。

【第70話】夏野菜で涼しく
トマト 赤い色に含まれるリコピンは抗酸化作用や老化・ガン予防によい。
加熱する方がリコピンの吸収率は高まり、ミニトマトの方が栄養価が高い。

【第70話】夏野菜で涼しく
きゅうり 主成分の90%以上が水分でビタミンA、B群・Cやカルシウム、カリウム、鉄、ミネラル、食物繊維をバランス良く含んでいる。



茄 子 ビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム、鉄分、食物繊維やポリフェノール、眼精疲労に良いアントシアニンを含む。

とうもろこし 主成分は炭水化物だが、胚芽の部分には脂質、疲労回復に良いビタミンB1.2、Eが豊富。茹でても失われにくい。

ゴーヤ 夏バテ防止や美容に良いビタミンCが豊富!ビタミンCは加熱してもほとんどなくならない。

枝  豆 ビタミンB群、カリウムを含み、アルコールから肝臓を守る働きがある。

ししとう 美容や老化防止に良い。唐辛子と同じ成分、カプサイシンが含まれ、ダイエット効果も。油で炒めるとカロチンの吸収率が上がります。

おくら ネバネバ成分が胃壁を保護し、胃炎、胃潰瘍に効果的。

しそ(大葉)殺菌・防腐作用があり、アレルギーの予防、改善、食欲増進に。

旬の野菜には旬の効果がある!

野菜は旬の時期に一番栄養価が高く、その時期に身体に必要な栄養素が詰まっています。
ハウス栽培であれば、年中収穫できますが、旬の野菜の方が栄養価が高く、美味しく安価で購入できるのが魅力です。

ひまわりU号
posted at 2013/06/10 17:04:44
lastupdate at 2013/06/10 17:05:31
修正