【サッポロはまや】の健康ブログ
2014 / 04   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
19
S
 
20
S
 
21
M
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
29
T
 
30
W
 
 
Counter
total : 918138
yesterday : 1664 / today : 810


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

2014/04/28
ようやく北海道も春らしい気温になってきました。むしろ初夏の気温並みに暑いです。(汗)こんなに暑いと急に涼しい料理が食べたくなったりしますね。テレビでは冷やし中華のCMが流れてたり、スーパーにも青々しいフレッシュ野菜がいっぱい並んでいますね。
これから生野菜を多く食べる機会も増えますが、葉物以外の青物で『豆』も多くの種類が旬を迎えます。
旬の豆にはさやえんどう、そら豆、グリーンピース、豆苗などがあります。
豆の栄養として知られているのが「大豆イソフラボン」。大豆イソフラボンは生活習慣病の予防、骨粗鬆症予防、女性ホルモンに似たはたらきをして肌や髪のハリ・つやに効果的など健康機能に優れています。

◆春の旬の豆類
さやえんどう…関東では絹さやと呼ばれ、スナップえんどうや砂糖さやも含まれます。
さやごと食べることができ、カロテン、ビタミンC,食物繊維を多く摂取でき、活性酸素を抑制、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守り、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果があります。

■そら豆…たんぱく質と炭水化物が主成分で、ビタミンB2と亜鉛が多く含まれているので
新陳代謝を高め、肌や髪、爪を健康に保ち肌アレを改善します。
更に食物繊維やカリウム、鉄分など体を健康に保つ栄養素も含まれ、便秘解消、血糖値抑制、疲労回復やダイエットにも効果的です。

■豆苗…スーパーでとても安く売られている豆苗。栄養面でも優れており、コストパフォーマンスが高いのが魅力です。
βカロテン、ビタミン、食物繊維などが豊富でほうれん草、にら、小松菜よりも栄養価が高いことが人気の理由です。
βカロテンは皮膚や粘膜を強くするのに欠かせない栄養素で疲れ目や風邪予防に効果があります。

■グリーンピース…さやえんどうの若い未熟な実がグリーンピースです。
たんぱく質と糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。食物繊維は野菜の中でトップレベルです。便秘やダイエットにおすすめです。

豆類は日本の食文化を支える重要な作物です。生食、煮込み、焼くも良し、デザートにも応用でき、使い易いのも人気の理由ですね。旬の豆を料理にプラスしてみてはいかがでしょうか。

【第115話】旬の豆をプラス

はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2014/04/28 21:14:48
lastupdate at 2014/04/28 21:14:48
修正
 
2014/04/21
入社式や入学式・始業式も終わり、新しいスタートを切った方がたくさんいると思います。なれない環境で気を張りすぎてしまうと、五月病になると言われます。
今回は「五月病」になってしまう原因と対処法について考えてみたいとおもいます。

■「五月病」とは。
4月は進学、就職、配置転換などで環境が大きく変わる月です。新しい環境にうまく適応できず、あるいは適用しようと頑張りすぎて、うつ的な状態になることを五月病といいます。
■どのようなタイプの人がなりやすいか?!
真面目すぎる人や頑張りすぎる人は、環境に過剰に適応しようとして自分を抑えこんでしまい、
結果大きなストレスを感じてしまい、五月病になります。

≪五月病のチェック方法≫
1.朝早く目が覚めるが布団の中から出られない。
2.ひげを剃る・化粧をするなど身だしなみを整えることが億劫になった。
3.朝食が美味しく感じない・食欲がわかない・食事の味がしない。
4.いつも読んでいる新聞を開く気がしない
5.怒りっぽい、イライラ(自分に対して情けない気持ち)が収まらない。
6.「おはよう」「ありがとう」など普段使う言葉が出てこない。
7.誰とも話したくない
8.何をやっても楽しくない、あらゆることに対してピンとこない。
9.仕事の効率が落ちた、ミスが増えた。
10.会社・学校など行くまでの間に引き返してしまう。
※この中で半分以上思い当たることがあったら五月病と呼ばれるうつ病の可能性があるかもしれません。一度専門医師に相談してはいかがでしょう。【第114話】「5月病」にご用心!





■五月病にならないための対処法
・完璧主義をやめる(目標8割くらいでちょうどいいといわれています)
・新たな目標や興味が持てるものを見つける
・悩みを抱え込まない
・食生活に気を配る(バナナ・乳製品・卵黄・ナッツ類・大豆製品・赤味の魚を摂取すると有効)

自分がこのような症状が無くても周囲の人で疑わしいと思われる人がいたら、『積極的に声掛けして独りぼっちにさせない』。また、ガンバレー!と声を掛けたり、怠けている・根性がないなど、しかったりしがちですが、この様な行為は五月病にかかっている人には、かえって逆効果です!ひたすら聞き役に回って本人の話をゆっくり聞いて、温かく見守ってあげましょう。
posted at 2014/04/21 11:05:00
lastupdate at 2014/04/21 11:05:00
修正
 
2014/04/18



<北海道じゃらん5月号 4月20日発売予定>
販売先:書店、ネットでの販売
<ふりっぱーJP-01(ゼロワン) 4月22日号>
設置先:北海道市内の道の駅、北海道銀行他でフリーペーパーとして設置

ヘルシーDo認定!北海道トクホとしてオリゴノールウォーター、サプリドーナツなどオリゴノール商品の紹介ページに『プレミアム北海道タマネギドレッシングオリゴノールプラス』が掲載されています。

プレミアム北海道タマネギドレッシングオリゴノールプラスが雑誌に掲載されました!






<北海道じゃらん5月号>


プレミアム北海道タマネギドレッシングオリゴノールプラスが雑誌に掲載されました!





<ふりっぱーJP01>





posted at 2014/04/18 18:52:32
lastupdate at 2014/04/18 18:58:19
修正
 
2014/04/14
先月上旬、行政の方々と中東のドバイとカタールに行ってきました。目的は、中東最大の食品見本市・ガルフード2014の視察と北海道の農水産品・お菓子などといった道産食材の試食・PR、そして、本道企業の今後の中東進出に向け、現地関係機関・企業の方との意見交換や課題を共有するということです。
もちろんカタールやドバイに行ったのは今回が初めて。特にドバイなんかは、ニュースでよく見聞きしますが、噂違わぬ光景に驚きました。
【第113話】ドバイの発展は世界一戦略!?




<その考え方に驚いた!「ドバイの世界一戦略」>
アラブ首長国連邦(UAE)の1つであるドバイの近年の発展は世界でも注目されています。しかしながら、ドバイは元々は貧しい国だったようです。ドバイというとどうしてもオイルマネーで大金持ちの印象がありますが、ドバイはそもそもオイルがあまり出ないとか・・・。さらに、ドバイはUAEの首都でもなく、人口も少ない。その上、夏は暑く、自国民の働く意欲そのものも低い。
そういった中でドバイの王様はドバイを発展させるために何を思ったかと言うと、「ドバイを発展させるには新しい産業を作るしかない。しかも、それは他を真似するのではなく、世界のどこにもないもの=世界一のものを作ろう!」と思い、「UAEで一番・中東で一番でもダメ。世界一じゃないと世界から注目されなから、だめ!」にあったようです。
そういったこともあって、ドバイには世界一のものが沢山あります。中には笑えるものも・・・。
@ドバイランド:世界一広いテーマパーク(アメリカのディズニーワールどの2倍)
A訪問客数世界一のドバイモール(訪問客数7000万人※2013年)
Bドバイモールの中にある世界一大きい水槽
C世界最長の無人運転鉄道
D世界一長い救急車(救急搬送可能人数44人)
E世界最大の屋内スキー場
Fドバイファヌンテン:噴水の高さ世界一(150m)で宇宙からも見えるとか・・・
Gパームジュメイラ:世界最大の人口島
Hパームジュメイラの花火大会:花火50万発

ドバイが大きく発展することができたのは「世界一戦略」が良かったということだけではなく、他にもアジア・オセアニアとヨーロッパを結ぶ中継地点として恵まれたいたことや、UAEそのものにオイルマネーによる資金力などもあったかとは思いますが、ドバイに行って見て、その勢いにはやはり驚かされました。

 あ、そうそう、当社のプレミアム北海道タマネギドレッシングも持って行きましたが、大変好評でした(笑)

【第113話】ドバイの発展は世界一戦略!?【第113話】ドバイの発展は世界一戦略!?




はまやスタッフ:ひわまりT号
posted at 2014/04/14 11:46:51
lastupdate at 2014/04/18 18:24:26
修正
 
2014/04/07
北海道では雪も溶け始め、ようやく春を迎えようとしています。市場では、春キャベツや菜の花、たけのこやふきなどの春野菜が出回り、北海道でも一足先に春を感じます。ところで、みなさんは「春には苦みを盛れ」という言葉を聞いたことがありますか?これは昔から言われていることで、冬から春にかけて体をリセットするために、山菜などの苦みを体内に摂り入れようという教えですが、科学的にみると「苦み」は健康維持に役立つ「ポリフェノール」ですから、先人の知恵は本当に学ぶところが多いですよね。

そこで、旬の山菜に含まれる健康成分を紹介します。

◎ ふき・・・古くから漢方や民間療法として痰や咳を止める薬用として食されています。【第112話】春には苦味を盛れ
食物繊維が豊富でコレステロールの排出や、便秘、高血圧や動脈硬化の予防にも役立ちます。古くから気管支炎をしずめる効果が知られ、発がん物質のニトロソアミンの生成を抑えます。ふきの苦みはポリフェノールの一種クロロゲン酸で、食中毒の予防、抗酸化作用など健康効果が期待でき、更に塩分の排出を助け血圧を下げる働きや、利尿作用のあるカリウムも多く含まれています。


◎ たらの芽・・・カリウムが豊富で、むくみの改善や高血圧予防に効果があります。
タンパク質、食物繊維、鉄、ビタミンEなどを含み、老化防止作用があります。
エラトサイドという苦味成分は糖尿病の予防に役立ちます。

◎ ウド・・・ウドは水分が多く糖質が主体で、漢方では風邪の初期の発汗解熱、神経痛、リウマチ、頭痛の痛みを和らげる働きがあるとされています。旨みの元であるアミノ酸の一種、アスパラギン酸が多く含まれています。アスパラギン酸は体内の新陳代謝を高めて疲労回復に効果があるほか、カルシウムやカリウムなどのミネラルを体の隅々まで運びます。

◎ 行者ニンニク・・・血中の脂質を減らす働きがあるアリシンが通常のニンニクの倍含んでいるのでダイエットに効果的。また活性酸素を除去する働きや抗菌作用があり、生活習慣病予防に有効です。行者が隠れて食べて体力をつけたという逸話があることから滋養強壮に使われています。

サッポロはまやでは行者ニンニクを主体としたサプリメント『行者ニンニク黒玉』、『BIO DO行者ニンニクMAX』を販売しており、生の行者ニンニクを摂る機会がない方におすすめです。
新年度もスタートし、新しい環境や昼夜の気温差で疲れが増す時期に行者ニンニクの力を試してみてはいかがでしょうか。

行者ニンニク黒玉
https://www.hama-ya.com/shop/shopping/h001.html

BIO DO 行者ニンニクMAX
https://www.hama-ya.com/shop/shopping/h003.html

はまやスタッフ:ひまわり2号
posted at 2014/04/07 19:27:39
lastupdate at 2014/04/15 16:02:34
修正