【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

 ‥皇垢爐蕕みしほこ
◆,劼泙錣雖宜
 ひまわり狭

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/05/12 :: 酢タマネギDHA+ 
最近よく聞く言葉で
「酢たまねぎ」・・・[:困り:]
「酢玉葱」・・・[:困り:][:困り:]
「酢タマネギ」・・・・[:失敗:][:失敗:][:失敗:]
「酢玉ねぎ」・・・・[:涙ぽろり:]
「sutamanegi」・・・・?[:チュー2:]

『すたまねぎ』でございます。



巷で話題の『酢タマネギ』をご存じでしょうか?
最近では健康雑誌わかさでも紹介されていましたので、
ご覧になられた方が多いのではないでしょうか?

!!$photo2!!

『酢タマネギ』を超簡単に説明しますと、
玉葱をお酢に漬けこんだ「たまねぎの酢漬け」です。
テレビ番組「グッディ」「あさイチ」や
「ためしてガッテン!」などで紹介されていました。

効果や効能ですが、「玉葱」の良いところと「お酢」の
良いところの『良い部分の相乗効果』です。

<たまねぎの効用>
・インスリンの働きをよくする
・糖尿病の合併症を防ぐ
・コレステロールや中性脂肪を減らす
・血圧を下げる
・動脈硬化を予防する


<お酢の効用>
・内臓脂肪の減少させる
・血糖値の上昇抑制する
・疲労回復を早める


ご家庭での作り方も紹介されていましたが、
毎日新聞様のレシピをご紹介します。
--------------------------------------------
「酢タマネギ」の作り方
--------------------------------------------
ここではベーシックな酢タマネギのレシピを紹介します!
<材料>
タマネギ…1個
塩…少々
酢…適量
ハチミツ…適量
※酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればなんでもよい。


<作り方>
1、タマネギは洗って皮をむき、半分に切って薄切りにする。
2、1をさっと水にさらす。
3、2の水けを切って、塩を振りかけ、よく混ぜる。
4、3を密閉できる容器に入れ、タマネギがひたひたになるまで酢を入れる。
5、ハチミツを少量の湯で溶かし、4に加えてよく混ぜる。
6、5を密閉し、冷蔵庫で保存する。


<食べ方と保存方法>
・漬けて5日目くらいからが食べごろ
・タマネギを毎日適量たべるほか、漬け汁もそのまま適量飲むと良い
・冷蔵庫で1週間&#12316;10日間は保存できる

------------------------------------------------

・・・面倒ですね。

もっと簡単でよいものがありました。
!!$photo1!!

サッポロはまやの 『酢たまねぎDHA+』
まとめ買いもお得です。

お試しもあります! 『初回限定!お試し酢玉葱』

サッポロはまや:酢たまねぎ
https://www.hama-ya.com/shop/shopping/h004.html

all photo

Recent Diary

«« 【第120話】梅雨の季節を元気に乗り切るには? | main | 【第122話】あなどるなかれ。「水いぼ」にご注意を! »»
«« カテゴリ内前記事(【第120話】梅雨の季節を元気に乗り切るには?) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第122話】あなどるなかれ。「水いぼ」にご注意を!) »»
2014/06/09
【第121話】蒸し暑い季節も「しそ」で涼やかに!
九州では梅雨入りしましたね。北海道では梅雨がないと言われていますが、天気が悪くジメジメした時期(蝦夷梅雨“えぞづゆ”)は存在します。
梅雨時は湿度が高くなり、カビが発生しやすく食中毒も起こりやすい時期です。ジメジメした天候は気分が良くないばかりか、体調が悪くなる場合も多いようです。
そこでおすすめな食材が今が旬の「大葉」。梅雨時期で不安定な気分と体に栄養を与えるので利用してみてはいかがでしょうか。

「しそ」(大葉)の旬は6〜9月。梅干しの色付けに使われる赤じそは6月〜7月のみですが、両方とも昔から日本に自生する、いわば「和風ハーブ」です。家庭でも容易に栽培でき、栄養価も高く料理にも様々利用できます。
【第121話】蒸し暑い季節も「しそ」で涼やかに!





「しそ」は栄養価に優れており、カロテン(ビタミンA)の多さは野菜の中でもトップクラス!
すっきりとした香りはぺリルアルデヒドという成分で防腐・殺菌作用があり、刺身のつまとしてよく使われます。また、スーッとする香りは食欲を増進させる効果があります。


☆貧血、腹痛、神経痛にも「しそ」効果
「しそ」は鉄分を多く含み貧血防止や、腹痛、下痢止めの作用、血行促進や神経痛、リウマチの改善も期待できます。まさに驚くべき「しそ」パワー!です。
さらに、神経が高ぶって眠れないときは、寝る前に「しそ」酒を飲むと熟睡できるなどイライラ防止にもなり、普段から「しそ」を煎じてお茶として常用すると精神を安定させる効果があります。
青じそと赤じその違いですが、赤じそはポリフェノールの一種「アントシアニン」を含んでいるため葉が赤くなります。アントシアニンはブルーベリーなどにも含まれ、目に良いとして有名ですよね。

☆食べ合わせで健康効果がUP! 他の食材といっしょに栄養を摂って効果倍増に! 
しそ × しめじ、ブロッコリー、ぜんまい ⇒ ガン、生活習慣病の予防
しそ × カキ、シジミ、ほうれん草 ⇒ 貧血予防と改善
しそ × わかめ、小松菜、きゅうり ⇒ 動脈硬化の予防、イライラ解消

「しそ」といえば、大人気の商品「北海道タマネギドレッシング」シリーズにも青じそテイストがあります。すっきりなのにまろやかな風味が涼しさを感じます。
夏野菜サラダや冷やっこにかけてお召し上がりください。
【第121話】蒸し暑い季節も「しそ」で涼やかに!     はまやスタッフ:ひまわり2号
posted at 2014/06/09 17:12:28
lastupdate at 2014/06/09 17:12:28
修正