【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 04   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
 
Counter
total : 598802
yesterday : 418 / today : 008


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2018/04/10 :: 質の高い眠りについていますか?

みなさん、こんにちは。早いもので、もう4月ですね。日も長くなり、だんだんと暖かくなってくるこの時期は、「春眠暁を覚えず」のように朝スッキリと起きられないという方や、寝つきが悪い『入眠困難』、夜中に目が覚めた後そこから眠れない『中途覚醒』など、なにかと睡眠に関する悩みが出てくるという場合が多いようです。また、春は新生活を迎えて生活環境がガラッと変わり、生活リズムが狂って睡眠の質が落ちてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今月は、春の快眠対策について特集いたします。質の良い睡眠をしっかりとって、身体と心をリラックスさせて元気に過ごしましょう!


◆『睡眠の質』が落ちていませんか?!!$img1!!
どれだけ寝てもまだ眠くてたまらない、朝起きられない、という方は『睡眠の質』が低下しているのかもしれません。この『睡眠の質』の低下は、体内時計の乱れが大きく影響しており、冬から春にかけては日照時間が大きく変化していく中で、体内に入る光の量も変化して、体内時計のリズムや自律神経に影響を及ぼしていると考えられます。また、春は花粉のアレルギーや寒暖差、生活環境の変化などによるストレスも自律神経に影響がありますので、やはり『睡眠の質』を低下させてしまうのです。


◆『睡眠の質』を高めるには
@乱れてしまった体内時計のリズムをリセットしてあげましょう
体内時計には光が重要な役割を果たします。起床後にたっぷりと朝日を
浴びたり、室内の照明を明るくするなど、強めの光を浴びることによっ
て身体は目覚め、体内時計が正常な状態にリセットされます。


A睡眠の質にかかわる栄養素を摂りましょう
睡眠の質を高める栄養素としては『トリプトファン』が知られています。トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、体内に吸収された後『セロトニン』⇒『メラトニン』という成分に変化していきます。メラトニンは体温を下げたり、体内時計を整える働きがあり、睡眠の質を高める『快眠アミノ酸』と言われています。朝に摂取すると効果的ですので、朝食を抜いたりせずに下記の食材を取り入れると良いでしょう。


【トリプトファンを多く含む食材】
動物性たんぱく質に多く含まれていますので、肉や魚、卵には当然多く含まれていますが、中でもおすすめはDHAやEPAもたっぷりのカツオやマグロです。
大豆製品にも多く含まれていますので、豆腐や納豆、醤油や味噌も良いですが、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類もおすすめです。
また、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品は、含有量自体は低めですが精神を落ち着かせるカルシウムも多く含んでいるので、睡眠の質を高めるのに役立ちます。


B日中はなるべく活動的に過ごしましょう!
心地よい運動は良質な睡眠へとつながります。高齢者の方は、若いころに比べると活動量が減ってしまうため、慢性的に眠りが浅くなると言われていますので、ウォーキングなどの軽めの運動をすることも睡眠の質の改善につながります。


今月のおすすめ! リラックスメイド
リラックスメイドは、北海道産のアスパラ抽出エキスから得られる快眠成分『ETAS(イータス)』や、リラックス効果のあるアミノ酸『GABA(ギャバ)』やミルクペプチドなどを、配合した、睡眠の質を向上させるための『快眠青汁』です。夜寝る前にあたためた牛乳でわってお召し上がりいただくのがおすすめです。もちろん牛乳以外にもお水や豆乳などでわっていただいても美味しくお召し上がりいただけます。
気分を落ち着かせる効果もありますので、ストレス解消にもお役立ていただけます。


all photo

Recent Diary

2018/04/10

みなさん、こんにちは。早いもので、もう4月ですね。日も長くなり、だんだんと暖かくなってくるこの時期は、「春眠暁を覚えず」のように朝スッキリと起きられないという方や、寝つきが悪い『入眠困難』、夜中に目が覚めた後そこから眠れない『中途覚醒』など、なにかと睡眠に関する悩みが出てくるという場合が多いようです。また、春は新生活を迎えて生活環境がガラッと変わり、生活リズムが狂って睡眠の質が落ちてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで今月は、春の快眠対策について特集いたします。質の良い睡眠をしっかりとって、身体と心をリラックスさせて元気に過ごしましょう!


◆『睡眠の質』が落ちていませんか?質の高い眠りについていますか?
どれだけ寝てもまだ眠くてたまらない、朝起きられない、という方は『睡眠の質』が低下しているのかもしれません。この『睡眠の質』の低下は、体内時計の乱れが大きく影響しており、冬から春にかけては日照時間が大きく変化していく中で、体内に入る光の量も変化して、体内時計のリズムや自律神経に影響を及ぼしていると考えられます。また、春は花粉のアレルギーや寒暖差、生活環境の変化などによるストレスも自律神経に影響がありますので、やはり『睡眠の質』を低下させてしまうのです。


◆『睡眠の質』を高めるには
@乱れてしまった体内時計のリズムをリセットしてあげましょう
体内時計には光が重要な役割を果たします。起床後にたっぷりと朝日を
浴びたり、室内の照明を明るくするなど、強めの光を浴びることによっ
て身体は目覚め、体内時計が正常な状態にリセットされます。


A睡眠の質にかかわる栄養素を摂りましょう
睡眠の質を高める栄養素としては『トリプトファン』が知られています。トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、体内に吸収された後『セロトニン』⇒『メラトニン』という成分に変化していきます。メラトニンは体温を下げたり、体内時計を整える働きがあり、睡眠の質を高める『快眠アミノ酸』と言われています。朝に摂取すると効果的ですので、朝食を抜いたりせずに下記の食材を取り入れると良いでしょう。


【トリプトファンを多く含む食材】
動物性たんぱく質に多く含まれていますので、肉や魚、卵には当然多く含まれていますが、中でもおすすめはDHAやEPAもたっぷりのカツオやマグロです。
大豆製品にも多く含まれていますので、豆腐や納豆、醤油や味噌も良いですが、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類もおすすめです。
また、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品は、含有量自体は低めですが精神を落ち着かせるカルシウムも多く含んでいるので、睡眠の質を高めるのに役立ちます。


B日中はなるべく活動的に過ごしましょう!
心地よい運動は良質な睡眠へとつながります。高齢者の方は、若いころに比べると活動量が減ってしまうため、慢性的に眠りが浅くなると言われていますので、ウォーキングなどの軽めの運動をすることも睡眠の質の改善につながります。


今月のおすすめ! リラックスメイド

リラックスメイドは、北海道産のアスパラ抽出エキスから得られる快眠成分『ETAS(イータス)』や、リラックス効果のあるアミノ酸『GABA(ギャバ)』やミルクペプチドなどを、配合した、睡眠の質を向上させるための『快眠青汁』です。夜寝る前にあたためた牛乳でわってお召し上がりいただくのがおすすめです。もちろん牛乳以外にもお水や豆乳などでわっていただいても美味しくお召し上がりいただけます。
気分を落ち着かせる効果もありますので、ストレス解消にもお役立ていただけます。

posted at 2018/04/10 19:07:29
lastupdate at 2018/04/10 19:07:29
修正