【サッポロはまや】の健康ブログ
2012 / 11   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
27
T
28
W
 
29
T
 
30
F
 
 
Counter
total : 864973
yesterday : 1040 / today : 255


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/11/19 :: 【第42話】インフルエンザ2012−2013!
   もう11月も半ば、今年も残すところあと1ヶ月となってしまいました。
光陰矢のごとし・・・ホント月日の流れって速いですね。
子供のころは遅く感じていたように思えますが、年々早くなっていくように感じるのは私だけでしょうか?
 このことを調べましたところ、そう感じる理由は人間の新陳代謝(細胞が死に新しく生まれ変わること)と関係があるとのことです。
子供の頃は新陳代謝が活発で早いですが、年をとるとともに段々遅くなっていくのに対して、月日・時間の流れは常に一定です。つまり、早かった新陳代謝が段々遅くなっていくなかで時の流れは一定なものですから、ある時から時の流れの方が早く感じるようになっていく・・・ということだそうです。

さてそんな話は置いといて、そろそろ、世間を賑わすインフルエンザの時期がやってきますね。今年もニュースがチラホラと聞こえてきました。インフルエンザと風邪の違いって分かります?インフルエンザ到来に備え、インフルエンザ予防・対策の復習です。
▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△

<インフルエンザと風邪の違い>
インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる病気で、伝染性が非常に強く重症化しやすいため、鼻・のど・気管などの呼吸器にさまざまな病原体が感染して起こる病気の総称「風邪」とは違います。

<インフルエンザの特徴>
1.伝染性が非常に強く、簡単に人から人へうつり、広い範囲で流行する
2.症状が激しく重症化しやすい
3.肺炎や脳症などの合併症や持病の悪化を引き起こして、死に至ることもある

<予防>
   
 対┃ 策┃ !┃ ワ┃ ク┃ チ┃ ン┃ 対┃ 策┃
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛
インフルエンザによる健康被害を抑える第1の対策は、インフルエンザワクチン接種による予防です。予防接種を受けておくことで、発病や入院、死亡のリスクを下げることが期待できます。
!!$img1!!!!$img2!!





 対┃ 策┃ U┃ 日┃ 常┃ の┃ 対┃ 策┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 
 あ┃ れ┃ こ┃ れ┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 
・人混みや繁華街への外出を控える
・外出時にはマスクを利用
・室内では加湿器などを使用して適度な湿度に
・十分な休養、バランスの良い食事
・うがい、手洗いの励行

インフルエンザ対策として滋養強壮、血流改善を目的としたサプリメントを活用することも良い方法です。特に行者ニンニク、卵黄油を活用したものなんかお勧めです。是非お試しを!!

all photo

Recent Diary

2012/11/27
北海道では10月中旬〜11月初旬までがヤーコン芋の収穫時期です。
同時にヤーコンの葉を使った「ヤーコン茶」の新茶の季節です。

【商品紹介】北海道ヤーコン茶

この初冬ですが、業務用乾燥機と業務用焙煎機がフル稼働するのですうれしい顔

実ははまやのヤーコン茶は、焙煎に秘密があるのです。
芳ばしく苦くないヤーコン茶に仕上げられていますので、
「美味しいヤーコン茶」「飲みやすいヤーコン茶」として好評です。

焙煎方法をご紹介したいところなのですが、
企業秘密なのです涙ぽろり



ポリフェノールの豊富な北海道ヤーコン茶を
是非、お試しくださいませ!


-------------------------------------

北海道ヤーコン茶

-------------------------------------

自社農場で栽培した“農薬不使用ヤーコン”の「葉と茎」だけを使い、燻味焙煎によってポリフェノールを分解することなく、香ばしいお茶に仕上げています。
ヤーコンの葉にはカテキン、テルペン、フラボノイド配糖体などのポリフェノール(生理活性物質)のほかに、たんぱく質、糖質、繊維質、ビタミンA・B1・B2・C、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、脂質、鉄、タンニン、亜鉛、カルシウムなど多くの栄養素が含まれています。
葉には血糖値の上昇を抑制する、きわめて強い作用があることが確認されています。これが植物の持つ“病気を予防したり、健康を維持するために役立つ栄養素”ファイトケミカルです。


北海道ヤーコン茶
http://www.hama-ya.com/shop/shopping/h009.html

posted at 2012/11/27 10:00:26
lastupdate at 2015/09/18 18:25:52
修正
 
2012/11/26
北海道は初雪を迎えすっかり冬です。冷え症にはつらい季節がやってきましたが近年ヒートテック等のあったか衣料が進化したり生姜ブームや唐辛子ブームと、冷え症には有り難いことですね。今年は冬も節電を呼びかけられているので、個人での対策が特に必要とされています。
冷え症対策ということに関しては、野菜には「体を温める働き」と「冷やす働き」がありますので、冷え症の方は積極的に体を温める野菜を食べて冷えを解消しましょう。
【第43話】冷え症対策始めよう!






o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○

<体を温める(温性)野菜・食品>
タマネギ、にら、しょうが、にんにく、ねぎ、かぶ、大根、かぼちゃ、れんこん、ごぼう、にんじん、チーズ、納豆、豆類、羊肉、鶏肉、鹿肉、あじ、いわし、ふぐ、うなぎ等

以前お話ししましたが冬野菜の根菜類は体を温める野菜(温性)です。
温性の食品を食べると血液循環がよくなり、体があたたまりやすくなり、冷えても体温が回復しやすくなることがわかっています。
o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○

特に、かぼちゃ・にんじん・タマネギは体を温める野菜のなかでは最もポピュラーで、取り入れやすく、栄養も豊富です。
タマネギは血液サラサラ効果や血栓予防などに良いとされているのは有名ですね。
にんじんはビタミンAが豊富。血液を作ることを促進し血行を良くします。
かぼちゃはビタミンA、C、Eが豊富に含まれている。強肝作用や血圧を正常化させます。
「にら」や「しょうが」などは体を温めすぎてしまう効果があり、食べすぎるとかえって悪い作用がでてしまう場合もありますので、適度に食べましょう。
*.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.

また、温性の食品を食べると腸内細菌の増加につながります。腸内環境のバランスが崩れると悪玉菌が増えて腸内に有害な物質が溜まり、肝臓で解毒しきれないまま血液で循環してしまうようですので注意してください。

posted at 2012/11/26 16:33:38
lastupdate at 2012/11/26 16:33:38
修正
 
2012/11/19
   もう11月も半ば、今年も残すところあと1ヶ月となってしまいました。
光陰矢のごとし・・・ホント月日の流れって速いですね。
子供のころは遅く感じていたように思えますが、年々早くなっていくように感じるのは私だけでしょうか?
 このことを調べましたところ、そう感じる理由は人間の新陳代謝(細胞が死に新しく生まれ変わること)と関係があるとのことです。
子供の頃は新陳代謝が活発で早いですが、年をとるとともに段々遅くなっていくのに対して、月日・時間の流れは常に一定です。つまり、早かった新陳代謝が段々遅くなっていくなかで時の流れは一定なものですから、ある時から時の流れの方が早く感じるようになっていく・・・ということだそうです。

さてそんな話は置いといて、そろそろ、世間を賑わすインフルエンザの時期がやってきますね。今年もニュースがチラホラと聞こえてきました。インフルエンザと風邪の違いって分かります?インフルエンザ到来に備え、インフルエンザ予防・対策の復習です。
▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△

<インフルエンザと風邪の違い>
インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる病気で、伝染性が非常に強く重症化しやすいため、鼻・のど・気管などの呼吸器にさまざまな病原体が感染して起こる病気の総称「風邪」とは違います。

<インフルエンザの特徴>
1.伝染性が非常に強く、簡単に人から人へうつり、広い範囲で流行する
2.症状が激しく重症化しやすい
3.肺炎や脳症などの合併症や持病の悪化を引き起こして、死に至ることもある

<予防>
   
 対┃ 策┃ !┃ ワ┃ ク┃ チ┃ ン┃ 対┃ 策┃
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛
インフルエンザによる健康被害を抑える第1の対策は、インフルエンザワクチン接種による予防です。予防接種を受けておくことで、発病や入院、死亡のリスクを下げることが期待できます。
【第42話】インフルエンザ2012−2013!【第42話】インフルエンザ2012−2013!





 対┃ 策┃ U┃ 日┃ 常┃ の┃ 対┃ 策┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 
 あ┃ れ┃ こ┃ れ┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 
・人混みや繁華街への外出を控える
・外出時にはマスクを利用
・室内では加湿器などを使用して適度な湿度に
・十分な休養、バランスの良い食事
・うがい、手洗いの励行

インフルエンザ対策として滋養強壮、血流改善を目的としたサプリメントを活用することも良い方法です。特に行者ニンニク、卵黄油を活用したものなんかお勧めです。是非お試しを!!
posted at 2012/11/19 15:33:31
lastupdate at 2012/11/21 10:23:17
修正
 
2012/11/12
鍋やおでんが美味しい季節になりましたね。冬野菜たっぷりの鍋は食物繊維もたくさん摂れるし、美味しくて会話も弾みますよね。
前々回は冬野菜について書きましたが、毎年グループ会社で作っているヤーコンも冬野菜の一つです。
ヤーコンはフラクトオリゴ糖と食物繊維が豊富なので、オナカのすっきり効果や血糖値抑制におすすめです。
そして煮物、揚げ物、炒め物と色々なジャンルの料理に合わせやすく、使いやすい食材です。
一般的にヤーコンの調理法としてヤーコンのきんぴら、かき揚げ、漬物がポピュラーですがお菓子やジュースにしても健康効果を損なわずにお召し上がりいただけます。

今回は簡単にできるお菓子を紹介します!

☆ ヤーコンフルーツジュース☆
【材 料】
・ ヤーコン 1/2本、バナナ 1/2本、リンゴ 1/8個、牛乳100cc、
・ レモン果汁 少々
  【作り方】
 ヤーコンの皮をむき、材料を全てミキサーにかけるだけ。

☆ ヤーコンチップ☆
【材 料】
・ ヤーコン1本、片栗粉 適量、塩 適量、揚げ油 適量
【作り方】
➀ヤーコンの皮をむき、薄くスライスする。
A「@」のヤーコンに片栗粉をふりかけて混ぜ、油でカリッと揚げる
B塩を振ってでき上がり。
※ お好みで、のり塩やコンソメ、カレー粉などを振りかけてお好みの味でお楽しみください。

☆ ヤーコン団子☆
【材 料】
・ ヤーコン 1本、おから 120g、片栗粉 大さじ5、白ゴマ おおさじ2
  (タレ)酒 大さじ2、しょうゆ 大さじ2、砂糖 大さじ2、はちみつ 大さじ2
  
【作り方】 
➀ヤーコンの皮をむき、すりおろす。
Aすりおろしたヤーコンにおからと片栗粉と白ゴマを入れてこねる。
B一口大に丸めて、多めの油で焼き色がつくまで焼く。
Cフライパンにタレの材料を合わせて火にかける。ぐつぐつしてきたら、Bの団子を絡
めてでき上がり。

今回ご紹介したレシピ以外にもヤーコン調理法はたくさんあるのでお試しください♪
posted at 2012/11/12 20:11:47
lastupdate at 2012/11/12 20:11:47
修正
 
2012/11/05
北海道タマネギドレッシングが調味料選手権2012最優秀賞に選ばれました

11月3日(土)、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会主催の「調味料選手権2012〜新定番調味料をさがせ〜」において、北海道タマネギドレッシングがサラダ部門「最優秀賞」に選ばれました。

調味料選手権は日本野菜ソムリエ協会主催のイベントで、調味料マイスターが生活者とスペシャリストの視点から調味料を評価し、調味料の 品質向上を目指すものです。
全国から応募のあった約100品もの調味料の中から、北海道タマネギドレッシングがパッケージデザイン、味、ご当地性、商品化に至ったストーリー性等においてサラダ部門最高の評価を得ました。

<<調味料選手権2012概要>>
■実施日:2012年11月3日(土)
■会 場:東京都港区北青山3-6-26 Rin(2F&3F)
■時 間:14:00〜17:00
■部 門:ごはんのおとも部門、万能調味料部門、隠し味・ちょい足し部門、サラダ部門

北海道タマネギドレシングの特徴は?
・特許「BRC製法」でタマネギの香り・旨み・健康成分が通常のタマネギの15倍
・みんな大好き、醤油ベースの和風味
・北海道産「もみじ系」タマネギを1本に50g使用
・国産の大豆、なたねを使用したヘルシー油
・タマネギ研究者と野菜ソムリエ、そして旭川最古の醤油メーカーとの連携商品
・サラダはもちろん冷や奴、おひたし、バンバンジー、ローストビーフにピッタシ!
・新提案の機能性ドレッシング(美味しさと健康を追求したドレッシング)

■BRC(バイオラショナルコントロール)製法とは?
タマネギが自らもっている酵素とアミノ酸を化学反応させて新たな成分をつくりだすという性質を利用して、通常のタマネギからはほとんど採れない健康成分(DPTS)を15倍作りだす製法です。なんとDPTSは香り・旨み成分でもあります。

・植物の優れた護身術を応用したのがBRC製法
植物は外敵に襲われても走って逃げることができません。例えば、植物は昆虫に葉を食べられると、体内に含まれる成分を化学反応させて昆虫が嫌がる成分をつくりだし追い払おうとします。
一番分かりやすいのがタマネギを切った際の涙!タマネギは、切って初めて涙が出ますよね?そう、それもそのうちの1つなんですよ。

【第40話】調味料選手権
posted at 2012/11/05 19:06:35
lastupdate at 2012/11/05 19:06:35
修正