【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 08   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Counter
total : 494773
yesterday : 507 / today : 074


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/10/26 :: 【第192話】 旬の食材シリーズ【ながいも】
10月も終わりに近づき、札幌の木々はすっかり紅葉を迎え、とても綺麗な季節です。
それとともに気温もぐんっと下がり、今年もストーブの時期となりました。
そんな寒さもよそに、北海道の子供たちは元気に外で走り回っています。
今回の旬の食材シリーズは、滋養強壮に効果があるとされている根菜『ながいも』です。
旬の食材『ながいも』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【ながいも】(ヤマイモ科ヤマイモ属) ※旬は11月〜12月
「ながいも」は、原産地は東アジア温帯地域です。中国では紀元前2000年前頃に薬用として用いられたとの記録があり、かなり古くから人間に利用されていたことがうかがえます。
日本への渡来は明らかにされていませんが、中国から朝鮮を経て伝来し、縄文後期にはすでに栽培されていたといわれています。
収穫量は青森の全国第一位次いで第二位が北海道となり、青森・北海道を合わせると全国の86%を占めるといわれています。

■【ながいも】の選び方!!$img1!!
≪形≫・・・まっすぐで、曲がりがなく肌に張りがあり、なめらかである。
       表皮の色は、やや黄色味がかり、てりがある。
≪表面≫・・・鮮度がよいものは、ひげ根が残っている。
≪先端(切り口)≫・・・切り口が白いもの。

■保存方法
比較的日持ちします。1本丸ごとの場合は、新聞紙で包み冷暗所に置きます。切った場合は、切り口をラップで密閉し、冷蔵庫の野菜室へ入れます。とろろにした場合は、冷凍用の容器に入れ冷凍保存すると良いでしょう。

■成分・特性
「ながいも」は、主成分がデンプンで、粘性物質(ムチン)、ビタミンB1が多く、カリウムが比較的多く含まれています。ながいもが属するヤマイモは、中国では古くから滋養強壮に効果があるとされ、漢方薬として使用されたともいわれています。

■調理法
「ながいも」は、粘りが少なく水気が多いために、千切りや薄切りなどに向いています。自然薯(じねんじょ)などは粘りが強いため、すりおろしてとろろにします。いずれもお好み焼きの生地に加えると、焼き上がりがよくなります。



■ “ながいも”の豆知識!
「ながいも」が手や口につくとかゆみが感じることがあります。これは、ながいもに含まれるシュウ酸ナトリウムの影響であり、酢水につけてから調理を行うとよいとされています。かゆみを抑えるとともに、すりおろしたり切ったりするときの褐変を防止する効果があります。

安価で身体によく、しかも北海道を代表する農作物。これからの時期、食卓にかかませんね。積極的に食事に利用し健康維持に役立てましょう。

むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

2014/10/20

【第140話】「ときめき調味料選手権2014」最終選考会出品
(←クリック)

【第140話】「ときめき調味料選手権2014」最終選考会出品今年もこの時期がやってきました!きたる11月3日(月)文化の日、日本野菜ソムリエ協会主催「ときめき調味料選手権2014 」最終審査会が、東京池袋にある「WACCA 池袋 キッチンスタジオ「Lupe」」にて開催されます。今年は、「ごはんがすすむ!ごはんのおとも部門」「野菜を食べよう!サラダ部門」「××するだけ!お手軽簡単調味料部門」「さしすせそ道を極める!『ザ・日本』調味料」の4部門で争われ、一次審査、二次審査を勝ち抜いた各部門5商品が、当日の試食・投票による最終審査に進みます。

当社の3商品「北海道タマネギドレッシング」「北海道タマネギドレッシング カレースパイス」「魚が旨い醤油だれ」も、無事最終審査に進んでおります。当日は、お申し込みをすれば、どなたでも参加することができるイベントですので、当日、お時間がある方は是非ご来場いただき、楽しんでいただければ幸いです。

同イベントの結果報告は、後日、本ブログにてご案内いたします。最優秀賞獲得目指して頑張りますので、ご期待ください。


□ときめき調味料選手権2014 イベント 開催概要
http://www.vege-fru.com/contents/hp0222/index.php?No=389&CNo=222

<開催日・時間>
2014年11月3日(月・祝)14:00〜17:00(開場 13:30)

<会場>
WACCA 池袋 キッチンスタジオ「Lupe」(東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA 池袋 5階)


<主催>
日本野菜ソムリエ協会
※協力:独立行政法人中小企業基盤整備機構/WACCA 池袋


<当日のスケジュール>
13:30 受付開始
14:00 試食&投票開始
14:30 最終審査通過商品&レシピ紹介
15:45 投票締め切り
16:00 発表・授与式
16:30 特別審査員総評
16:45 写真撮影
17:00 閉会
同会場内で、全エントリー商品の展示および2次審査通過商品の試食会、投票を行います。


<審査部門>
@ごはんがすすむ!ごはんのおとも部門
 食べるラー油のようにご飯にそのままかけるものや、ご飯に合うおすすめレシピがあるもの。

A野菜を食べよう!サラダ部門
 ドレッシングやオイル、ディップソースなど、サラダにかけたり、混ぜるもの。

B××するだけ!お手軽簡単調味料部門
 かけるだけ、混ぜるだけ、で手軽に絶品料理が作れてしまうもの。

Cさしすせそ道を極める!『ザ・日本』調味料

<参加費>
500円(当日支払)

<イベントの参加受付>
お申し込み受付中/一般参加可能 お申し込みは以下webサイトから
http://vf.way-nifty.com/vmc/2014/09/2014-4ec5.html


はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2014/10/20 11:42:38
lastupdate at 2014/10/22 21:41:41
修正
 
2014/10/14


今年も残すところ2ヵ月ちょっと。さまざまなダイエット法、健康法、美容メソッドが話題になりましたが、みなさんは実践しているでしょうか?
日本人は特に流行りすたりに左右されやすい人種なんだとか。そんな左右されやすい一人でもある私が最近気になった健康・美容法を今回はご紹介します。
やってみる価値があるかはご自身で判断してくださいね!


『コンブチャ』
アメリカのセレブ達に注目されているコンブチャは、日本の昆布茶ではなく昔流行った『紅茶きのこ』なんだとか。

紅茶きのことは、紅茶や緑茶に砂糖を加えゲル状の菌を入れて発酵させた飲み物で、デトックス効果やアンチエイジング、食欲コントロールなどが期待されています。

菌さえ手に入れば、自分で好きな飲み物に入れて発酵させればでき上がるようで、『カスピ海ヨーグルト』に似た作り方。
コンブチャは今のところ日本では取扱いが少ないが、ティーバッグとして販売されているようです。


『ココナッツウォーター』
今夏から市販のスーパーで多くみかけた『ココナッツウォーター』。ココナッツウォーターってハワイでしか売っていない飲み物だと思っていたけど、ここ数年セレブ間でブレイク。

ココナッツウォーターはスポーツドリンクとして利用され、低カロリーなうえに電解質を多く含み、体に浸透しやすくマグネシウムやカルシウムなど栄養が豊富です。
疲労回復やデトックス効果があるが、体を冷やすはたらきもがあるので冷え性の方は気を付けて摂取する必要がありそうです。

これからの時期に流行りそう!?

『ホットレモンウォーター』
市販でも販売されていますが、朝一番にホットレモンウォーターを飲むことが密かに話題となっています。

レモンにはビタミンCが含まれ肌に良い栄養やキレート効果、体をアルカリ化にすることなどが知られています。

作り方は簡単。マグカップにお湯とレモン1/2個を絞って混ぜるだけ。
毎日続けることでダイエット効果や美肌効果が期待できるそうです。
これからの季節は風邪対策にもおすすめですね。
【第139話】次に流行るものは『コンブチャ』」って昆布茶じゃないの?   はまやスタッフ:ひわまりU号


posted at 2014/10/14 15:44:13
lastupdate at 2014/10/14 15:44:13
修正
 
2014/10/06

10月に入り、気候も穏やかで、過ごしやすい秋はスポーツなど運動をするのに最適な季節です。涼しい気候になったからと言う理由だけではなく、この時期は運動をすることによって代謝を高めるのに一番最時期ともいわれています。
夏の疲れを引きずったままではもったいない!この秋は運動と食を通して健康な身体作り努めましょう。

■エネルギーの働き【第138話】秋といえば・・・『運動の秋・食欲の秋』!

夏は暑いため、発散されるエネルギーは少なく、冬は寒さで体温が下がらないようエネルギーを多く放出するといわれています。このようなエネルギーの働きを基礎代謝といい、基礎代謝が高いほどエネルギーをたくさん必要とするので、太りにくく痩せやすいカラダになるのです。

夏が過ぎ、秋はどんどん代謝が高まってくる時期!
冬は代謝がアップするため、それに備えてカラダはエネルギーを蓄えようとします。そのため食欲が旺盛になり体脂肪が多くなっていくのです。その為にも、毎日の運動を心掛けましょう。

運動するとさらに基礎代謝があがり、ダイエットの効果も出やすいのです。

■『食欲の秋』だからこそ健康な食生活を!

私たち日本人の食生活は、お米を主食にして、野菜・芋類・魚介・海藻類などを副食とするスタイルを長く続けてきました。この伝統的な日本型食生活はカラダに必要な栄養素をたっぷりと含んだ理想的なかたちです。

“まごわやさしい”と言う言葉をご存知ですか?
食品研究家で医学博士の吉村裕之先生が提唱しているバランスの良い食事の覚え方です。

“まごわやさしい”を食生活に取り入れることで生活習慣病予防、コレステロールダウン、老化予防、皮膚や粘膜の抵抗力強化、疲労回復、骨を丈夫にする、などの効果があると言われています。

「ま⇒豆」   ・・・納豆・大豆・豆腐・小豆・黒豆・油揚げ・高野豆腐など
「ご⇒ゴマ」  ・・・アーモンド・ごま・くるみ・ピーナッツ・栗・銀杏・松の実など
「わ⇒わかめ」・・・ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど
「や⇒野菜」  ・・・ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど
「さ⇒さかな」 ・・・青魚や鮭など
「し⇒しいたけ」・・・まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど
「い⇒いも」  ・・・じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など

多種多様な食品を取り合わせ、各栄養素をバランス良くとるためのキーワード「まごわやさしい」を毎日の食事に積極的に取り入れて、健康生活に役立てて下さいね。
posted at 2014/10/06 15:22:31
lastupdate at 2014/10/06 15:22:31
修正
 
2014/09/29
【第137話】秋刀魚に魚が旨い10月も、すぐそこということで、
手頃な価格で秋刀魚も出回るようになりましたが、皆さん、秋刀魚の塩焼きのハラワタって食べます?私は当然食べます。幼いころからそれが当然でしたし、何よりも美味しいと思うから。大げさに言えばハラワタを食べたあとの身はいらないくらい(笑)。

しか〜しっ!!!最近職場の男性と秋刀魚の話をしていると、彼はハラワタを食べない!食べたことが今まで一度もない!と言うのです。それを聞いて私は絶句。それから10分ハラワタの美味しさ・栄養について力説したのは言うまでもありません!?

<秋刀魚豆知識 >
通常、魚が持っている特徴・器官を秋刀魚は持っていません。それは次の3つのうち、どれでしょう?
1.えら
2.うろこ
3.胃

秋刀魚だけに正解は「3」です。(汗)
胃のない魚を無胃魚と呼ぶそうで、無胃魚には秋刀魚の他にイワシ、トビウオ、コイ、メダカ・・・。
彼らは胃が無く食道と腸が直結しているそうで、動物性プランクトンを食べてから排泄までの所要時間が30分くらいだとか・・・。
秋刀魚はハラワタが食べられる数少ない魚ですが、理由は胃が無く、胃に食物をため込まないからなのですね!?

ちなみに、とても新鮮な秋刀魚(水揚げ後6時間以内)のハラワタはウニのように甘いとか・・・。これが可能なのは漁港近くの話でしょうか。(残念)

【第137話】秋刀魚に魚が旨い【第137話】秋刀魚に魚が旨い<大根おろしタップリに魚が旨い醤油だれ>
8月7日に販売した「魚が旨い醤油だれ」。おかげさまで各メディアにも取り上げられ好評をいただいております。魚が旨い醤油だれを大根おろしにかけ、秋刀魚をいただくと、お醤油とは違った新しい味を楽しめます。是非、お試しください。


はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2014/09/29 14:17:31
lastupdate at 2014/09/29 14:17:31
修正
 
2014/09/22
つい先日までは残暑が続いていたのに、急に涼しくなりましたね。
北海道最高峰の旭岳は平年より9日早く初冠雪となり、ぐっと秋が深まりました。

さて、秋といえば実りの秋。
旬を迎える農作物は美味しくて栄養も豊富です。   【第136話】旬のきのこは栄養たっぷり

特に、きのこは安価なわりに食物繊維が多く低カロリー。そのうえ調理しやすく、優れた食材ですね。

松茸、しいたけ、しめじ、えのき、マッシュルーム等、ほとんどが秋に旬を迎えます。そこで、今回はきのこについてのお話です。

先ず、きのこの調理法として共通するのが
1.旨みが逃げますので水洗いはせず、クッキングペーパーで汚れをふき取る程度にしましょう!

2.きのこは買ってきたら、すぐに調理しましょう。それができない場合は、冷蔵保存すると旨みがアップすると言われています。

■秋が旬!きのこの健康効果!
・シイタケ・・・食物繊維とミネラルが豊富。抗ガン作用のある『レンチナン』という物質を含み、血圧降下作用やコレステロールを下げるはたらきがあります。

・しめじ・・・うまみの素『リジン』という成分は必須アミノ酸の一種で人間の体内ではつくることができないので、しめじから上手に摂取しましょう。

・舞茸・・・カリウムや亜鉛、ビタミンDなど多種類の栄養を含むほか、『β―グルカン』という成分は抗ガン剤として利用されています。免疫機能を強化するはたらきがあります。

・えのき・・・『EA6』という糖タンパクがガンを抑制するはたらきをもち、活性酸素(体にとって毒)を抑え、免疫力を高めます。

・マッシュルーム・・・体内の余分なナトリウムを排出する『カリウム』が豊富なため、高血圧や動脈硬化などの予防にききます。


はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2014/09/22 10:51:50
lastupdate at 2014/09/22 10:52:33
修正
 
2014/09/16
9月に入り、北海道は朝晩かなり涼しくそろそろ衣替えの季節だな・・・と感じます。
そんな季節ですが、なんだか鼻がムズムズ・目がかゆい?!と思っている方も多いと思います。実は秋でもアレルギー性鼻炎で困っている方が非常に多いのです。


■秋のアレルギーの原因は何?
秋にも花粉症はあります。北海道の場合は、代表的なものとしてエゾヨモギ、セイタカアワダチソウなど、道端、畑、空き地などに自生していることが多いので注意しましょう。

その他に、秋に飛散する花粉としては、イネ科植物、キク科のブタクサ、ヨモギなどがあげられます。そしてもう一つ、秋のアレルギーの原因となる物質に「ハウスダスト」があげられます。

ハウスダストは主にダニの死骸や糞、ホコリです。
このアレルギーが秋に増えるのは衣替えの季節だからです。ダニの繁殖するタンスなどから冬物の衣類を出すので、家の中や通勤電車などでハウスダストが一斉に舞うわけです。

■パパママが知っておきたい子供のアレルギー 
        【第135話】秋もアレルギー性鼻炎の季節です!






<アレルギーとは>

私たちの体には、外から体内に入ってきた異物を排除しようとする「免疫」という機能が備わっています。免疫は、細菌やウイルスから体を守ってくれる大切な仕組みです。ところが、ときとしてこれが過剰に働き、食べ物やホコリ、花粉など、身の回りにあって体に害のないものにまで反応してしまい、かえって体に害を起こしてしまうことがあります。それがアレルギーです。

アレルギーを起こしやすい体質は、ある程度遺伝する傾向があります。ご家族にアレルギーの人がいると、子供にアレルギーが起きる可能性が高くなると言われています。

<原因は身近なところに>

アレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。
アレルゲンは私たちの周りのいたるところに存在します。食べ物として体内に入ってアレルギーを引き起こすのが食物アレルゲンです。鶏卵・乳製品・小麦などが代表的ですが、魚・ピーナッツ・ イクラ・果物などのアレルゲンも増えています。ホコリ・ダニ・花粉・昆虫・動物のフケや毛など、吸い込んだり触れたりすることによってアレルギーを引き起こすアレルゲンもあります。

人によって様々ですが、1人が複数のアレルゲンをもつこともあります。


<アレルギーの治療法は>

普段から飲み薬や吸引薬を使うことも大切な治療法ですが、しかしアレルギーを根本的に治療するには、アレルギーを引き起こす原因のアレルゲンをつきとめ、それを生活の中から取り除き、アレルギー症状が発症しないようにすることが大切です。

原因のアレルゲンとの接触が続けば、アレルギー症状が慢性化して治療が困難になってしまうので、慢性化する前に、アレルゲンの原因をしっかり見つけましょう。
アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎なども、近年では発症年齢が低くなっており、2歳で花粉症が出るケースも珍しくなくなってきているようです。

子供のアレルギーは成長とともに変化していきます。原因であるアレルゲンは自己判断せず、できるだけ早く医師に相談して適切な治療を始めましょう。
posted at 2014/09/16 12:13:24
lastupdate at 2014/09/16 12:13:24
修正
 
2014/09/08
                  9月になり、北海道の季節は確実に夏から秋へ変わりましたね。トンボが飛びはじめ、夜風の冷たさとコオロギの鳴き声を聞くとつくづく感じます。

さて先日のNHKのテレビ番組「クローズアップ現代」、テーマは減塩に関するものでした。タイトルは「道は険しい? “減塩社会”への挑戦」で、その内容は、日本人の毎日の塩分摂取に警笛を鳴らすものでした。

といいますのは、最近、日本人の食塩摂取量調査を行ったところ、1日の食塩の摂取量は男性で14g、女性で11.8gという結果で、厚生労働省の1日の推奨摂取量を大きく超えたものだったのです。


<食塩を取りすぎると・・・>
【第134話】魚が旨いで減塩生活 食塩は、人の生命活動の維持には欠かせないミネラルですが、逆に摂りすぎると高血圧や腎不全、脳卒中などになるリスクが高く、また、動脈硬化を引き起こすなど生活習慣病につながります。日本人が胃がんにかかる割合が高いのも塩分の取りすぎが原因であるとも言われており、日本人の塩分摂取量は先進国の中でも突出しており、塩分摂取と言うことに関しては後進国であると言えます。

<1日あたりの塩分摂取目標値>
そこで厚生労働省では来年4月から、1日の塩分摂取目標量を厳しくすることを打ち出しており、これまで成人男性の1日の塩分摂取量が9g未満だったものを8g未満に、また成人女性が7.5g未満だったものを7g未満に引き下げるとのことです。


<なぜ日本人は塩分摂取量が多いのか>
 日本人は減塩を意識しても、なかなか思うように進んでいない実体があります。実は日本人の塩分摂取は、その7割を家庭の調理などで使用する食塩からではなく、調味料を含めた加工食品などからであることがかっています。チーズにウィンナー、レトルトカレー、即席めんなどの加工食品には、味付けだけでなく保存のためにも塩分が使われており、それらを食べる以上は、その分だけ通常の調理において食塩を使用することを控える必要があるのですが、でも、それがとても難しいようです。

【第134話】魚が旨いで減塩生活 <そこで、「魚が旨い!」登場>
北海道謹製「魚が旨い醤油だれ〜香酢玉葱と柚子風味〜」は、一般的な醤油やポン酢と比較して、塩分量を約1/2〜1/3までに控えています。魚が旨いは焼き魚やお刺身などに使える調味料です。是非、魚が旨いをうまく活用して、日頃の減塩生活にお役立てください!
posted at 2014/09/08 11:56:37
lastupdate at 2014/09/08 11:57:16
修正
 
2014/09/01
味覚の秋となりました。秋の旬の一つに「サンマ」がありますが、今年、揚げ量一番を誇る北海道根室漁港では例年にも増して不漁。初夏に出回ったサンマは高値で小ぶり、庶民の魚というイメージが無くなりつつあるのかもしれませんね。本格的シーズンを迎える9月から徐々に回復するとの報道がありましたので、厚みのあるサンマを見かけたら買い時ですよ!さて、秋に旬を迎える魚はさんま以外にも戻りがつお、しらす、鮭などがあり、美味しくて栄養も豊富です。今回は秋の魚の栄養をチェックしてみましょう!【第133話】旬の魚を食べよう!


◇秋刀魚
サンマは人間の体内でつくることができない必須脂肪酸であるDHAとEPAが豊富な他、同じく体内でつくることができない必須アミノ酸、カルシウム、鉄分、タンパク質、ビタミンAなどの栄養も豊富で、老化、貧血、がん予防、血液サラサラ効果が期待できます。

◇鰹
カツオには春の初ガツオと秋の戻りガツオがあります。初ガツオがあっさりとした味わいに対して、戻りガツオは脂がのっており濃厚な味わいが特徴です。
カツオはDHA・EPAを含むほか、肝機能を高めるタウリンやビタミンB12、カルシウム、カリウム、亜鉛を含み、動脈硬化や高血圧、骨粗しょう症、認知症予防食としても注目されています。

◇鮭
DHAやEPA、ビタミンAやD・Eも含み、生活習慣病予防や皮膚の免疫力の向上にはたらきかけます。特に、鮭の皮はコラーゲンが豊富で、フィッシュコラーゲンとして、化粧品や医薬品に活用されています。


◇しらす
しらすは、カルシウムやカルシウムの吸収に必要なビタミンDを含んでおり、美容・美肌効果のあるコラーゲンをサポートするエラスチンというタンパク質も含みます。
年齢とともに肌のエラスチンは減少していきますので、積極的に、食事に取り入れていきたいですね。

さて、普段は醤油でしか魚を食べない方や、魚料理が苦手な方もいらっしゃると思いますが、このたびサッポロはまやで発売しました「魚が旨い醤油だれ」は旬の魚にかけて食べるもってこいの調味料です。柚子とタマネギの味が愉しめる醬油だれは、お醤油やポン酢などと比較して塩分含有量が半分!魚が旨い醤油だれは、サッポロはまやからの新しい魚の食べ方の提案です。秋の味覚とともに是非お試しください。

はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2014/09/01 14:58:15
lastupdate at 2014/09/01 14:58:15
修正
 
2014/08/25
夏になると雑誌でカレーが取り上げられたり、レストランなどでカレーフェアが行われたり、スーパーやコンビニで「夏カレー」商品が売られたりと、夏といえばカレーが取り上げられますが、なぜでしょう?それは夏にカレーを食べることはメリットがいっぱいあるからです。

暑くなると、ついつい冷たいものを食べ過ぎてしまって、食欲が減退し、食欲不振で夏バテに陥ります。暑い夏に栄養が摂れて夏バテにならないように、食欲が増すカレーはうってつけなのです。カレーは炭水化物・タンパク質・ビタミンなどの栄養がバランスよくとれる料理で、この栄養は、特に夏バテを効果的に解消してくれるので、夏の食べ物として理想的です。

■夏にカレーが良い理由【第132話】カレーを食べて夏バテ解消!!
元来、カレーに含まれている香辛料は、食欲を増進させる働きがあり、新陳代謝を活発にして脂肪を燃焼させる作用もあるので、血行が良くなり疲れた身体を元気にしてくれます。

さらに、発汗作用があるので、汗をかくことによって体内にこもっている熱を外に出して、体を効率よく冷やしてくれます。
カレーに入れるお肉は夏バテを解消する豚肉がオススメ!ビタミンB1が豊富に含まれており、更に夏野菜をたっぷり入れると、ビタミンとミネラルをしっかり摂る事ができます。

■夏太りの解消にもカレーが良い
暑くて食欲の無いはずの夏になぜか体重が増える「夏太り」!

原因は、
・アイスや菓子パン、麺類など、栄養の偏ったものを食べる
・冷房や冷たい物の摂取で体を冷やしすぎる
この2つが大きいとされています。
カレーは、栄養バランスがよく、スパイスには体を温め、発汗を促す作用や脂肪燃焼効果があります。香辛料の中には、消化を促進して胃液の分泌を促してくれるものや、殺菌作用があるもの、抗酸化作用があるものなどがありますから、夏の食べ物としては理想的で、夏太りの原因などを見事に解消してくれる食べ物と言えます。

まだまだ暑さ厳しい日々が続きます!
暑さに負けて何も食べないでいると、夏バテはどんどんひどくなっていきます。
夏バテ解消の効果があるカレーを食べて元気に夏を乗り越えて下さい。

むらかみ しほこ
posted at 2014/08/25 10:00:16
lastupdate at 2014/08/25 10:00:57
修正
 
2014/08/18
お盆も過ぎ、北海道は夏らしい暑さから涼しさも時折感じるようになりましたね。興味は食欲・味覚の秋まっしぐらといったところでしょうか・・・。秋を代表する味覚である秋刀魚の7月・8月の水揚げは不良だったようで、先日、初売り秋刀魚一匹の値段が1,500円だったことがニュースで話題になっていました。秋刀魚をこよなく愛す私としては、今後の漁獲が増えることを祈るばかりでございます。

【第131話】北海道謹製 魚が旨い醤油だれ新発売さて、この度「サッポロはまや」では、機能性調味料「北海道タマネギドレッシング」に続く新商品として、魚料理によく合う調味料『「魚が旨い」醤油だれ』を発売しました。

本品は、
“魚の生臭さが気になる人にも、魚を美味しくお召し上がりいただきたい。”をコンセプトに、北海道産の本醸造特級しょうゆに特許BRC製法で加工した北海道産玉葱と柚子を加え、さらに魚の生臭みを消す北海道産ホエー(乳清)をブレンドした機能性調味料です。
焼き魚料理やお刺身、カルパッチョなどにかけるだけで、魚が美味しくいただけます。是非、お試しください。


【第131話】北海道謹製 魚が旨い醤油だれ新発売<「魚が旨い醤油だれ」が美味しい5つの秘密>
その@ 特許BRC製法で加工した北海道産玉葱がたっぷり入っています
→玉葱の旨み・健康成分が通常の玉葱の調理に加え15倍
に増加

そのA 玉葱はダイスカットとペーストの2種類を黄金比率で配合
しました
→玉葱は、ダイスカットとペーストの2種類を配合することで、2つの食感と奥行きのある風味を楽しむことができます。

そのB 国産柚子の皮と果汁を配合しています
→魚が嫌いな理由として挙げられていた、魚の脂っこい味が嫌いという人のために、柚子の酸味と柚子皮の風味を加えることでさっぱりと魚を食べることができるように工夫しています。
  
そのC 魚のくさみを抑えるホエーを配合しています
→魚のくさみと感じている成分を科学的に分析(※)し、これを抑える働きを持つホエーを配合することで、魚のにおいが苦手な人でも美味しく魚を食べることができるように工夫しています。

そのD 隠し味に魚醤を加えました
→魚醤を隠し味として加えることで、あらゆる魚介料理にマッチします。

<「魚が旨い」商品概要>
【原材料名】
ダイスカット玉葱(北海道産もみじ系)、しょうゆ、穀物酢、玉葱ペースト(北海道産も みじ系)、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、醸造酢、ゆず果汁、ホエー、食塩、レモン果汁、魚醤、酵母エキス、ゆず皮、増粘剤(加工でんぷん)、調味料(アミノ酸等)、ビタミンB1 (原材料)の一部に大豆、小麦、乳、魚介類を含む)

【容量・容器】
150ml、容器:PET、キャップ:PP、中栓:PE、ラベル:紙

【保存方法】
直射日光を避け常温で保管願います。開封後は冷蔵保管し、できるだけ早く使いきって下さい。

【小売希望価格】
550円(税抜)

【通信販売はこちら】
サッポロはまや 魚が旨い醤油だれ ← こちらをクリック!

はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2014/08/18 14:20:18
lastupdate at 2014/08/25 10:01:25
修正