【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 05   «« »»
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
 
Counter
total : 460290
yesterday : 400 / today : 166


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/02/17 :: 【第105話】 2月17日は“切干大根の日”
今年の冬は、2月の関東地方の記録的な大雪がもっとも特徴的ですが、皆さん、体調管理は万全ですか?
まだまだインフルエンザも流行真っ最中!少しでも免疫力を高める体に良い食べ物でこの季節を乗り越えましょう。

<2月17日は切干大根の日>!!$img2!!
あまり知られていませんが「2月17日は切干大根の日」です。
日本の伝統的なおふくろ料理の一つとして切干大根の煮物があげられますね。
切干大根は大根を乾燥させることにより水分量が減り、保存性もさることながら、甘み・歯ごたえ・風味が増し、大根の栄養が凝縮され栄養価も高くなるといわれています。

■切干大根の栄養と効能
・カルシウム⇒骨や歯を形成するだけではなく、精神的なイライラを鎮めるさまざまな生理作用があります。
・カリウム⇒高血圧を予防し腎臓の老廃物の排泄を助ける効果があります。
・食物繊維⇒切干大根に含まれる不溶性食物繊維(リグニン)にはガンを予防する効果やコレステロールを体外に排出して動脈硬化を予防する効果があります。また、便秘改善・美肌効果もあると言われています。
・鉄分⇒貧血予防や免疫力を高め口内炎を予防する効果があります。!!$img1!!


■大根の豆知識
大根は通年出回っている野菜ですが、旬は夏の終わり頃から冬にかけて。
冬場は寒さでぐんと甘さが増し、冬には欠かすことのできない食材となっています。
日本の国民一人当たりの大根の消費量はキャベツ・タマネギについで第3位で、1人あたり5kg前後を消費する人気のある野菜です。その理由はその調理用途の広さと漬物用途(たくわん)による需要が大きさにあります。
江戸時代では、一本の大根を部位によって使い分け、比較的甘い頭部は大根おろし。中間は肉質が均一さが求められるおでんなどの煮物。そして、下部(しっぽ側)は繊維質が多いので切干大根などとして利用されていました。これは現代でも同じですね。

以上にように、切干大根は日持ちも良く手軽に作れ、更には栄養価も高く美容効果も期待できる非常に優れた食材です。ぜひ毎日の食卓に一品加えて下さい。

店長 むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

2014/12/15
本格的な冬に入り、寒さ対策にも力が入ります。12月から2月にかけては寒さが関係し、心筋梗塞にかかる割合が増えます。
最近では中高年齢者のみならず30代でも増加の傾向にあり、若いからと言って油断はできない現代病の一つです。

また、一度心筋梗塞を起こした人は再発のリスクも高いので、繰り返さないように生活改善をすることが必要です。

そこで、今回は心筋梗塞にかからないよう、普段の生活で気をつけなければならないことをご紹介します。

心筋梗塞は、動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが剥がれて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液がいかなくなった状態です。

■心筋梗塞の主な前兆■

・左肩だけが凝る。左肩から背中にかけての痛み。
・耳たぶにしわができる。
・虫歯ではないのに奥歯が痛む。耳からあごにかけて締め付けられるような痛みがある。
・冷や汗をかく。
・不整脈が起きる。
・息切れ、吐き気がする。
30分以上の痛みを感じたり、呼吸がしづらい、冷や汗がとまらない、などの症状は心筋梗塞の疑いがあります。【第148話】冬に起こりやすい病気!心筋梗塞から身を守ろう!



心筋梗塞は食生活や生活環境により発症する傾向が高い病気です。したがって普段の生活を改善し、予防を心がけましょう!

・たばこを控える。
・塩分を控える。
・アルコールを控える。
・寒暖の差に気を付ける。風呂場と脱衣所の温度差をなくす。
・入浴時間は短めにし、42度以上のお湯は避ける。高血圧になるもとです。
・入浴後はコップ1杯の水分を補給する。
・肉より魚、野菜を多く摂るようにする。
・脈拍や血圧の上がる状態が続く様なストレスを溜めない。
・有酸素運動を心がける。

食生活が欧米化したことやストレス社会が心筋梗塞の発症を高めています。昔ながらの和食中心の食生活を心がけ、上手にストレス発散をして生活しましょう。

はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2014/12/15 18:02:14
lastupdate at 2015/01/14 11:59:07
修正
 
2014/12/08

寒さが厳しい冬は冷え症の人にとっては毎日が憂鬱ですよね。季節のせいだからしょうがないと、つらい症状を我慢しがちですが、防寒対策や食事法・運動法・入浴法などによって冷え症は大きく改善できるといわれています。冬の豆知識でこれからの厳しい寒さを乗り越えましょう!

■冷え性とは?
西洋学上の定義は「体のほかの部分はまったく冷えを感じないような温度でも、手・足・腰・背中・ひざなどの特定の部位が特に冷たく感じるもの」で、検査をしても異常が認められない場合をいいます。


■冷え症によい食べ物とは?
東洋医学では「すべて」の食べ物には陰と陽がある」と考え、体を内側から冷やす陰性の食べ物(寒涼食)と、体を内側から温める陽性の食べ物(温熱食)に分類されます。冷え症の人はできるだけ寒涼食を避け、温熱食を摂ることが大切です。寒涼食を摂る際は鍋物や煮込み料理のようにして食べるとよいでしょう。白砂糖は寒涼食なので、ケーキやチョコレートなど甘いものの食べすぎには注意しましょう。

≪陽性の食べ物≫
・野菜・・・にんじん、ねぎ、かぼちゃ、にんにく、らっきょ、玉葱、しそ、生姜、とうがらし 等

・果物・・・もも、りんご、あんず、なつめ、さくらんぼ、うめ 等

・種実・・・くり、ごま、くるみ、もち米 等

・魚介・・・いわし、さんま、鮭、エビ、なまこ 等

・肉類・・・牛肉、鶏肉、羊肉 等

・その他・・・チーズ、みそ、わさび、酢、さんしょう、胡椒 等

■冬のお風呂の入り方
寒さで冷えた体には、やはりお風呂にゆっくり入るのが効果的ですが、熱いお風呂にいきなりは入り、ビリビリとした刺激を感じながらジーンと温まっていくのが極楽という人も多いと思います。
しかし、そのような入り方はヒートショックを起こしますのでお勧めできません。


■ヒートショックとは?
急激な温度変化が身体に及ぼす衝撃のことで、血圧の急変動、脈拍数の増加といった症状を引き起こします。高齢者や高血圧の人にとっては、心筋梗塞や脳血管障害などにつながり、命取りになりかねないので注意しましょう。

≪ヒートショック防止の工夫≫【第147話】 冷え症対策&冬の入浴方法 豆知識
・湯温は低めの39℃以下で設定。浴室とお湯の温度差を少なくする。(浴室を温めるなど)


・高齢者は二番湯に入る。温まった浴室で低い湯温で入浴できることから、入浴事故を防ぐための生活の知恵とも言われているそうです。


・半身浴が効果的。身体を外から温めるにはゆっくり入るのが効果的!冷えやすい足などもよく温まります。体を温めるには、冬場は、38度〜40度のお湯に20〜30分浸かるのが一番良いようです。


今年も残すところ1ヶ月を切りました!年末年始は何かと忙しくなる時期でもあるので風邪などひかず健康で新たな一年を迎えたいものですね。


むらかみ しほこ
posted at 2014/12/08 16:09:24
lastupdate at 2015/01/14 11:59:37
修正
 
2014/12/01
今日から12月。とうとう今年も残すところ1カ月となってしまいました
こらからは寒さと乾燥が厳しくなり、風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなどといった感染症が増える時期です。今回は「冬でも水分補給!」と題して水分補給の重要性についてご紹介します。


【第146話】冬でも水分補給を!人の身体の約60%は水でできています。胎児は体重の約90%、赤ちゃんで約75%、子供で約70%、成人60%、老人50%といった具合です。人は水分を食べ物・飲み物などから摂取し、ほぼ同量を汗や尿などで排出していますが、これは春夏秋冬同じなのです。したがって、水分補給の重要性は冬でも夏でも変わらないのです。

【第146話】冬でも水分補給を!<風邪の予防に水分補給>
風邪やインフルエンザの原因となるウィルスは乾燥していると活動が活発になります。しかしながら、湿度が50%を超えると活動が低下します。
水分補給で喉や鼻の粘膜を潤して、体内へのウィルスの侵入を防ぎましょう。


【第146話】冬でも水分補給を!<心筋梗塞や脳梗塞などの予防に水分補給>
気温が低くなると、心筋梗塞や脳梗塞などを発症する人が増えます。これは寒くなって汗をかかなくなり、のどの渇きが薄らいだ結果、水分補給が少なくなり、血液がドロドロ状態になるからです。ドロドロ血液は、血管を詰まらせて心筋梗塞や脳梗塞等を引き起こします。

これからの季節は忘年会などでお酒を飲む機会が多くなります。お酒には利尿作用がありますので、お酒を飲んだら水分補給を忘れずに!

はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2014/12/01 16:30:57
lastupdate at 2014/12/01 16:30:57
修正
 
2014/11/25
今年も残すところ、あとわずかとなりました。今月5日に発売した『肉が旨い玉葱胡麻だれ』は9月に発売した機能性調味料『魚が旨い醤油だれ』に続く“旨いたれシリーズ”第二弾です。

【第145話】おすすめ!肉が旨い玉葱胡麻だれ


北海道BRCタマネギに胡麻の風味が加わり、焼き肉やハンバーグ、しゃぶしゃぶなどの肉料理におすすめです。

『肉が旨い玉葱胡麻だれ』にはゴマの旨みが効いて様々な肉料理にマッチします。
ゴマは体に良いといわれていますが、“セサミン”という健康成分は抗酸化成分があり、生活習慣病対策や美容面での効果が期待できます。

◇セサミンの健康効果!◇

・肝臓のはたらきを助け、二日酔い効果的
・アンチエイジング効果
・血圧を低下させる
・コレステロールを軽減させる
・疲労回復
・メタボ解消 などなど

ごまの健康成分はとても注目されていますが、100gあたり約580kcalもあります。
一日の摂取目安は大さじ1杯程度と言われていますので摂り過ぎには気をつけてください。

上記に挙げたように、ゴマの健康成分と特許製法で加工した玉葱の健康成分が十分に詰まった『肉が旨い玉葱胡麻だれ』ですが、当商品は年配の方におすすめです。

なぜなら、年をとると肉より魚を中心とした食生活を好む傾向にあるようです。太りやすい40代、50代はコレステロールを気にして控えた方がよいのですが、食が細くて栄養不良に陥りやすい高齢者は動物性たんぱく質をできるだけ摂ることをTV等でも紹介されています。
粗食が老化を早めてしまう可能性があります。
肉料理に『肉が旨い玉葱胡麻だれ』をかけて健康維持にお役立てください。

はまやスタッフ:ひまわり 2号
posted at 1970/01/01 0:00:00
lastupdate at 2014/11/25 14:48:52
修正
 
2014/11/17
旬の食材は、栄養と美味しさがいっぱいです。特に冬の野菜はβ-カロテンやビタミンCが多く、
健康な皮膚・粘膜の保護や老化予防の効果が期待できます。
冬の代表する野菜は根菜類が多く、根野菜にはカラダを温める働きがあります。


■旬の食材はカラダにいい!その理由は・・・
『最も栄養価が高まる時期に収穫するから』身体にいいのです。
旬とは野菜にとって、最も生育条件が揃った環境で育てられ、最も成熟している時期。このような旬に収穫した野菜は、味もさることながら、栄養分も最も高い状態にあるのです。
例えば、冬が旬のホウレン草の場合、冬季の低温の中でじっくりと太陽光線を浴びて、育ったホウレン草と季節外れのホウレン草の栄養価を比較すると2倍〜それ以上の違いがあると言われています。人参やトマトなどの野菜でも同じと言われています。


■旬の食材は美味しい!その理由は・・・
旬は、私たちの体に必要な物を季節ごとに与えてくれます。例えば春には、苦味があり繊維が多い「ふきのとう」や「うど」など、冬の間ゆっくり過ごした胃腸の働きをやさしく目覚めさせてくれる役割があります。また夏には、涼しくあっさりした野菜や、酸味のある果物が旬となります。体を冷やしたり、食欲増進を促す効果があるからです。一方、寒くなるこれからの時期は、カラダを温めてくれる根菜類が旬を迎えます。つまり、旬の食材はその時期の体が欲する食材なのです。だからこそ、私たちは全身で美味しいと感じるのです。


■冬が旬の代表的な野菜 【第144話】 冬が旬の食材についての豆知識

・大根・・・根には分解酵素アミラーゼを豊富に含み、消化を促進して胸やけや胃もたれ、二日酔いなどに効果を発揮します。

・白菜・・・寒い季節に甘味が増えます。白菜の芯にはビタミンC、カルシウム、β-カロテンが含まれ体を温める作用があります。ビタミンB1が多いので豚肉と合わせると風邪予防に効果的。

・小松菜・・・ホウレン草の約5倍のカルシウムを含みます。ビタミン類も豊富で特にビタミンA・Cは、小松菜100gで1日の所要量を満たすことができます。

・ごぼう・・・セルロースやリグニンといった食物繊維を大変豊富に含み、腸の働きを整えたり動脈硬化を防ぐ作用があります。

・ホウレン草・・・冬に栄養価が高まり、霜にあたって甘味が増すと言われています。β-カロテンやビタミンC、鉄分を多く含み、風邪予防や肌荒れ防止に有効です。

季節にあった『旬』の野菜は、虫食いや病気に強いため、農薬の使用料も少なくてすむと言われています。良質な栄養分を効率的に摂取できる旬の野菜は、老若男女を問わずオススメです。

冬は旬の食材を日々の食生活に上手く取り入れ、寒い冬を楽しく・美味しく乗り切りましょう!

店長 むらかみ しほこ
posted at 2014/11/17 16:24:18
lastupdate at 2014/11/17 16:38:15
修正
 
2014/11/10



パンパカパーン♪
パンパンパンパッパカパーン!!

【第143話】「ときめき調味料選手権2014」結果ご報告!!11月3日(月)WACCA池袋で開催された「ときめき調味料選手権2014最終審査」の結果をご報告申し上げます。
結果はなんとなんと、「北海道タマネギドレッシング」が“サラダ部門”「最優秀賞」を受賞。さらにさらに、「魚が旨い醤油だれ」が“〇〇するだけ お手軽簡単調味料部門”「最優秀賞」を受賞と、4部門中2部門において当社の商品が最優秀賞を受賞いたしました。
最終審査に残った調味料は4部門・計21品で、当日は約100名の来場者(調味料マイスターや一般のお客様)に試食をし、投票いただきました。
ちなみに北海道タマネギドレッシングは2012年の同賞獲得につぐ2度目の受賞です。応援いただきました皆さま、どうも有難うございました。この場を借りて御礼申し上げます。

ということで、寒さも今週末からは一段と厳しくなるようですが、調味料選手権の勢いそのままに走っていきたいと思いますので、今後ともサッポロはまやをどうぞ宜しくお願いいたします。


【第143話】「ときめき調味料選手権2014」結果ご報告!!




【第143話】「ときめき調味料選手権2014」結果ご報告!!




はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2014/11/10 12:07:03
lastupdate at 2014/11/10 12:07:03
修正
 
2014/11/04
いよいよ冬本番!いかがお過ごしでしょうか。これからの季節は冷えによる体調不良や風邪などが流行しますので、体を温める食事で風邪をよせつけないように気をつけましょう。
時期的にちょうど体を温める根菜(大根、ごぼう、山芋、れんこん等)が旬を迎えます。これからの季節は鍋などにたっぷり根菜を入れて冬を乗り切りましょう。

そこで、今回は冷えの特徴と改善に役立つ根菜についてご紹介します。

冷えの部位によって起こる諸症状
@ 消化器の冷えから起こる症状
  シミ、肌荒れ、便秘、痔、腰痛など


A 腎臓・副腎・泌尿器・生殖器の冷えから起こる症状
  肥満、腎臓病、尿道炎、神経痛、リウマチ、夜尿症など


B 呼吸器の冷えから起こる症状
  重い頭痛、うつ症状、肩こり、アレルギー性鼻炎、風邪、せき、たん、気管支炎、
しもやけなど


根菜の主な栄養!            【第142話】冷える季節に体を温める根菜

ごぼう・・・水溶性食物繊維が豊富なうえに、カリウムやカルシウムも含みます。皮にはポリフェノールが含まれており、脂肪やコレステロールの分解を助けます。

大根・・・ 消化のはたらきを助ける酵素“ジアスターゼ”を含み、根にはビタミンCを含みます。大根の葉にはビタミン、ミネラルが可食部よりも豊富に含んでいます。

れんこん・・・ポリフェノールやビタミンを含み、最近では花粉症にも効果的だと言われています。

山芋・・・でんぷん、ムチン、ビタミンB群、ビタミンCを含みます。“ジオスゲニン”という成分は体内で若返りホルモンに変わり、若返りと滋養強壮に効果があります。

かぶ・・・かぶは胃腸を温めると言われており、冷えが原因の腹痛を抑える働きがあります。可食部にはビタミンや消化酵素を含み、葉にはカロチンや鉄などを含みます。

冷え性対策として体を温める根菜を摂ることに加え、血行をよくする運動をしたり、首元や足元を冷やさないように重ね着をすることもおすすめです!。

posted at 2014/11/04 14:45:57
lastupdate at 2014/11/04 14:45:57
修正
 
2014/10/27
秋も一段と深まり、札幌でも初雪の知らせでもある虫が飛んだり、霜が降りたりと着々と冬が近づいています。これからの季節、栄養をしっかりとって、体調を崩さないようにしましょうね。
今回は免疫力をUPするそんな食材について調べてみました。

■免疫力とは?        【第141話】 冬にむけて免疫力を高めよう!
免疫力とは、リンパ球からなる防御能力で、感染・ストレス・ガンから身体を守る機能のことです。免疫力は持続するストレス、不適切な生活習慣、病気や加齢などによって低下します。
免疫力が低い場合には免疫力を改善させ、維持する必要があります。
そのためには、免疫力改善効果のある食べ物などを摂取するよう心掛けることです。


■キウイフルーツの栄養効果
プチプチの種と甘酸っぱさが特徴の「キウイフルーツ」。
キウイフルーツを継続して摂取すると免疫力が改善されると言われるスーパーフルーツです。
美肌効果や、生活習慣病予防に役立つビタミンCや老化予防に効果的なビタミンEが豊富です。その他にも、腸を整え便秘の改善や、胎児の正常な発達を助ける葉酸なども、生で食べられる
キウイだからこそ無駄なくしっかり摂れるのです。
毎日の食事に1個プラスするだけでこんなにいいことがあるのです。


■グリーンキウイとゴールドキウイの違いは?     【第141話】 冬にむけて免疫力を高めよう!
グリーンキウイ ・・・ 食物繊維が豊富!
ゴールドキウイ ・・・ ビタミンCが豊富!
色によって、栄養価が異なります。グリーンキウイの方が食物繊維が多く含まれるので、整腸作用に効果的です。ゴールドキウイはビタミンCが多く含まれるので、美肌作りにオススメです。
日本では糖度が高いゴールドキウイの方が人気です。


■食べ頃のキウイは甘いがカロリーは変わらない
キウイは甘く熟れることにより糖組成が若干変化し、食べ頃の状態で果糖は増加するといわれています。でも甘く感じるからと言って「カロリー高い」というわけではありません。栄養価としても、食べ頃にはビタミンCが約30%も増えるといわれており、甘く熟れたキウイの方が栄養価が高いということなのです。


■キウイの選び方
@皮の表面がキレイで、茶色の産毛がびっしりしているもの
A形がきれいなもの(ふっくらした楕円形のもの)
B指で押した時に弾力のあるものを選びましょう
これから寒くなる季節に向けて、風邪予防などにも働きかけてくれるビタミンCは、家族みんなにとって必要な栄養素です。より甘く美味しいキウイを食べて家族みんなで毎日健康でヘルシーな暮らしを目指しましょう!

店長:むらかみ しほこ


posted at 2014/10/27 15:06:41
lastupdate at 2014/10/27 15:06:41
修正
 
2014/10/20

【第140話】「ときめき調味料選手権2014」最終選考会出品
(←クリック)

【第140話】「ときめき調味料選手権2014」最終選考会出品今年もこの時期がやってきました!きたる11月3日(月)文化の日、日本野菜ソムリエ協会主催「ときめき調味料選手権2014 」最終審査会が、東京池袋にある「WACCA 池袋 キッチンスタジオ「Lupe」」にて開催されます。今年は、「ごはんがすすむ!ごはんのおとも部門」「野菜を食べよう!サラダ部門」「××するだけ!お手軽簡単調味料部門」「さしすせそ道を極める!『ザ・日本』調味料」の4部門で争われ、一次審査、二次審査を勝ち抜いた各部門5商品が、当日の試食・投票による最終審査に進みます。

当社の3商品「北海道タマネギドレッシング」「北海道タマネギドレッシング カレースパイス」「魚が旨い醤油だれ」も、無事最終審査に進んでおります。当日は、お申し込みをすれば、どなたでも参加することができるイベントですので、当日、お時間がある方は是非ご来場いただき、楽しんでいただければ幸いです。

同イベントの結果報告は、後日、本ブログにてご案内いたします。最優秀賞獲得目指して頑張りますので、ご期待ください。


□ときめき調味料選手権2014 イベント 開催概要
http://www.vege-fru.com/contents/hp0222/index.php?No=389&CNo=222

<開催日・時間>
2014年11月3日(月・祝)14:00〜17:00(開場 13:30)

<会場>
WACCA 池袋 キッチンスタジオ「Lupe」(東京都豊島区東池袋1-8-1 WACCA 池袋 5階)


<主催>
日本野菜ソムリエ協会
※協力:独立行政法人中小企業基盤整備機構/WACCA 池袋


<当日のスケジュール>
13:30 受付開始
14:00 試食&投票開始
14:30 最終審査通過商品&レシピ紹介
15:45 投票締め切り
16:00 発表・授与式
16:30 特別審査員総評
16:45 写真撮影
17:00 閉会
同会場内で、全エントリー商品の展示および2次審査通過商品の試食会、投票を行います。


<審査部門>
@ごはんがすすむ!ごはんのおとも部門
 食べるラー油のようにご飯にそのままかけるものや、ご飯に合うおすすめレシピがあるもの。

A野菜を食べよう!サラダ部門
 ドレッシングやオイル、ディップソースなど、サラダにかけたり、混ぜるもの。

B××するだけ!お手軽簡単調味料部門
 かけるだけ、混ぜるだけ、で手軽に絶品料理が作れてしまうもの。

Cさしすせそ道を極める!『ザ・日本』調味料

<参加費>
500円(当日支払)

<イベントの参加受付>
お申し込み受付中/一般参加可能 お申し込みは以下webサイトから
http://vf.way-nifty.com/vmc/2014/09/2014-4ec5.html


はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2014/10/20 11:42:38
lastupdate at 2014/10/22 21:41:41
修正
 
2014/10/14


今年も残すところ2ヵ月ちょっと。さまざまなダイエット法、健康法、美容メソッドが話題になりましたが、みなさんは実践しているでしょうか?
日本人は特に流行りすたりに左右されやすい人種なんだとか。そんな左右されやすい一人でもある私が最近気になった健康・美容法を今回はご紹介します。
やってみる価値があるかはご自身で判断してくださいね!


『コンブチャ』
アメリカのセレブ達に注目されているコンブチャは、日本の昆布茶ではなく昔流行った『紅茶きのこ』なんだとか。

紅茶きのことは、紅茶や緑茶に砂糖を加えゲル状の菌を入れて発酵させた飲み物で、デトックス効果やアンチエイジング、食欲コントロールなどが期待されています。

菌さえ手に入れば、自分で好きな飲み物に入れて発酵させればでき上がるようで、『カスピ海ヨーグルト』に似た作り方。
コンブチャは今のところ日本では取扱いが少ないが、ティーバッグとして販売されているようです。


『ココナッツウォーター』
今夏から市販のスーパーで多くみかけた『ココナッツウォーター』。ココナッツウォーターってハワイでしか売っていない飲み物だと思っていたけど、ここ数年セレブ間でブレイク。

ココナッツウォーターはスポーツドリンクとして利用され、低カロリーなうえに電解質を多く含み、体に浸透しやすくマグネシウムやカルシウムなど栄養が豊富です。
疲労回復やデトックス効果があるが、体を冷やすはたらきもがあるので冷え性の方は気を付けて摂取する必要がありそうです。

これからの時期に流行りそう!?

『ホットレモンウォーター』
市販でも販売されていますが、朝一番にホットレモンウォーターを飲むことが密かに話題となっています。

レモンにはビタミンCが含まれ肌に良い栄養やキレート効果、体をアルカリ化にすることなどが知られています。

作り方は簡単。マグカップにお湯とレモン1/2個を絞って混ぜるだけ。
毎日続けることでダイエット効果や美肌効果が期待できるそうです。
これからの季節は風邪対策にもおすすめですね。
【第139話】次に流行るものは『コンブチャ』」って昆布茶じゃないの?   はまやスタッフ:ひわまりU号


posted at 2014/10/14 15:44:13
lastupdate at 2014/10/14 15:44:13
修正