【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 10   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
 
Counter
total : 515158
yesterday : 377 / today : 311


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/12/01 :: 【第146話】冬でも水分補給を!
今日から12月。とうとう今年も残すところ1カ月となってしまいました
こらからは寒さと乾燥が厳しくなり、風邪やインフルエンザ、ノロウィルスなどといった感染症が増える時期です。今回は「冬でも水分補給!」と題して水分補給の重要性についてご紹介します。


!!$img1!!人の身体の約60%は水でできています。胎児は体重の約90%、赤ちゃんで約75%、子供で約70%、成人60%、老人50%といった具合です。人は水分を食べ物・飲み物などから摂取し、ほぼ同量を汗や尿などで排出していますが、これは春夏秋冬同じなのです。したがって、水分補給の重要性は冬でも夏でも変わらないのです。

!!$img2!!<風邪の予防に水分補給>
風邪やインフルエンザの原因となるウィルスは乾燥していると活動が活発になります。しかしながら、湿度が50%を超えると活動が低下します。
水分補給で喉や鼻の粘膜を潤して、体内へのウィルスの侵入を防ぎましょう。


!!$img3!!<心筋梗塞や脳梗塞などの予防に水分補給>
気温が低くなると、心筋梗塞や脳梗塞などを発症する人が増えます。これは寒くなって汗をかかなくなり、のどの渇きが薄らいだ結果、水分補給が少なくなり、血液がドロドロ状態になるからです。ドロドロ血液は、血管を詰まらせて心筋梗塞や脳梗塞等を引き起こします。

これからの季節は忘年会などでお酒を飲む機会が多くなります。お酒には利尿作用がありますので、お酒を飲んだら水分補給を忘れずに!

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

2013/01/28
まだまだ寒い日が続きますね。毎日寒くて暖房を1日中点けたままの方もいらっしゃるのではないでしょうか。室温を上げると湿度は下がり乾燥が気になる方もいらっしゃるでしょう。
冬の乾燥によるかゆみで湿疹や皮膚炎にかかるケースも多く、乾燥肌は放置できない症状です。冬だから仕方ないと何も対策をしないと症状が悪化してしまいますが、初期段階で気をつければ乾燥肌は防げます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

【乾燥の原因】
肌は体の表面を覆い、外部からの刺激から守る「バリア機能」のはたらきによって肌の健康は保たれているのですが、冬はこのバリア機能を低下させる要因が多いのです。
・暖房により、湿度が低い
・寒くて汗や皮脂の分泌が少ない、肌の新陳代謝が低い
※これに加え、喫煙や睡眠不足など生活習慣により乾燥を悪化させる場合もあります。【第51話】冬のカサカサ肌は大敵


【乾燥対策】
市販の薬局などで売られているワセリンや尿素配合剤など保湿クリームを塗って乾燥防止をするのもいいですが、生活環境を見直すことで乾燥対策につながります。

○水分補給・・・寒さにより水分を控えがちになりますが、排泄や皮膚から水分は失われます。水分補給を怠ると更に乾燥肌は悪化します。
○肌の洗いすぎに注意・・・こすりすぎると必要な皮脂も流れてかゆみの元です。
また、入浴や洗顔時は水温を熱くするほど皮脂を流してしまいます。
○室内の湿度を50%以上に保つ・・・加湿器を利用したり、濡れたバスタオルや洗濯物を干して湿度を上げてください。風邪の予防にもつながります。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

外側と内側からの対策で乾燥から肌を守りましょう!
肌に良い食材であるコラーゲンやビタミンを多く摂取して肌の機能を低下させないようにしましょう。

ビタミンA(βカロチン)-肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持:緑黄色野菜に含む
ビタミンB群-皮膚に新陳代謝促進、発育促進:豆類、豚肉に含む
ビタミンC-コラーゲンの生成:野菜、果物に含む。
ビタミンE-皮膚の血液循環改善:大豆、ナッツ、ごま、アボガドに含む
posted at 2013/01/28 11:24:53
lastupdate at 2013/01/28 11:24:53
修正
 
2013/02/05
アロニアの抗酸化力が断トツ!

2/4は立春ですね。昨日は「なぜ節分に豆を撒くのか?」の息子からの問いかけに対してシドロモドロ説明しながら、我が家でも無事豆まきをおこないました。「鬼は〜そと!福は〜うち♪」。
旧暦としても新年を迎え、今年一年、お客様・お取引先様・会社の仲間・家族みんなの健康を祈るばかりです。
【第52話】立春
さて先日、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム「地域資源活用セミナー〜地域素材の抗酸化能を活用した地域展開〜」セミナーに参加してまいりました。本セミナーでは簡単に言うと、北海道の農産資源について、抗酸化値を活用した高付加価値化の可能性についてを大学教授や研究員等の方にお話しいただいたのですが、そこで分かったのがアロニアの抗酸化力は、北海道産農産品のなかでずば抜けて高い!ということです。その実力は北海道産素材の中で第3位(ORAC値)!!(第1位:ペパーミント、第2位:黒大豆)、更にアントシアニン含有量では北海道産素材の中で第1位ということでした。  
抗酸化というのは老化や病気の原因、美容で言えばシミ・ソバカスなどの原因になりえる活性酸素を除去する力ですし、アントシアニンというのは最近はやりの目に良いとされる物質のことです。ブルーベリーがアントシアニンを多く含んでいるって話を良く聞きますよね。
北海道地域資源に認定されるアロニアを積極的に食べて行こうというお勧めを改めて裏付ける根拠となりました!!!

<活性酸素とは?>
ヒトは生きるために呼吸によって空気中から酸素を取り入れますが、この酸素はちょっとしたキッカケで「活性酸素」というものに変わります。この活性酸素は、体内で様々な老化現象を起こす原因であると考えられています。
⇒シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人
 性痴呆・白内障といった大変な病気の引き金にもなると
 いわれている。

<ORACとは?>
食品やその他の化学物質が持つ酸化防止作用の総合能力を測定する方法(Oxygen Radical Absorbance Capacity:酸素原子吸収能力)。
posted at 2013/02/05 11:32:04
lastupdate at 2013/02/05 11:35:35
修正
 
2013/02/13
先日、会社に学生から求人の問い合わせがあり、話し方に緊張感が伝わってきたので、ふと昔の就職面接を思い出しました。結構緊張するものですよね。
仕事に就いてからも、大事な会議や営業などで緊張するシーンはたくさんありますよね。
大人になって場数を踏んで少しはマシになった気でいますが、ここぞという時は今でも緊張します。

【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!さて、この緊張やあがりといった症状は脳内のノルアドレナリンの分泌が増えることにより起こるそうです。

このノルアドレナリンの分泌を抑える方法は同じ脳内神経伝達物質のセロトニンを分泌させれば緊張は抑えられます。

セロトニンとは以前“幸せホルモン”と呼ばれていることについて書きましたが、セロトニンが分泌されることにより幸せだと感じることができる物質です。
セロトニンは日光浴や適度な運動をすると分泌されるのですが、もっと手軽に食事からも摂ることができます。それはセロトニンの元となるトリプトファンというアミノ酸が多く含まれている食品を摂ることです。

トリプトファンは、体内で作ることができない物質であるため食べ物から摂る他なく、トリプトファンを含む食品はバナナ、豆腐、納豆、牛乳、ヨーグルト、白米、すじこ、たらこ、そばなどです。食生活を変えられない方はサプリメントで補給するのも手です。

トリプトファンが不足していると睡眠不足やイライラ、うつ症状の引き起こすとも言われています。
そう言えば、睡眠不足やなんだか気持ちが落ち着いていないときは余計に緊張することが多い気がします。
緊張感が無くなりすぎても困りますが(汗)セロトニンを増やして緊張を減らして大事なシーンに備えたいですね。
posted at 2013/02/13 11:45:22
lastupdate at 2013/02/13 11:45:22
修正
 
2013/02/18
【第54話】花粉症シーズン到来!今年もまた花粉飛散の時期がやってきました。花粉症の方にとっては重たい季節ですね。1961年に花粉症が発見されてから約50年間で発症数が急増し、現在では日本人の約25%の3000万人が花粉症だと言われています。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。花粉症は原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。



1.季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節に発症します。日本では50種類以上もの植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
<主なアレルゲン>
スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバ等
<症状>
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ・充血などを伴う場合が多く、その他、のど・皮膚のかゆみ・・・時には下痢や発熱を伴うこともあります。

2.通年性アレルギー性鼻炎
アレルギーを引き起こすアレルゲンが一年中ありますので、症状も年間を通して発症します。
<主なアレルゲン>
ハウスダスト(ちり・ダニ)、ゴキブリなどの昆虫・ペットの毛・フケなど。
<症状>
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ、鼻みず、鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。


【第54話】花粉症シーズン到来!【花粉症対策】
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の場合は花粉に触れないことが鉄則です。全く花粉に触れないことなどは、なかなか難しいですが心がけがけと対策が重要です。
@室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。家に入る前には衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

A 室内での飛散を防ぐ
スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。

B体に入る花粉を防ぐ
外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。


posted at 2013/02/18 15:04:40
lastupdate at 2013/02/18 15:04:40
修正
 
2013/02/27
昨年の秋からじわじわと流行りだした「たまねぎ氷(ごおり)」って食べものご存じですか?
たまねぎ氷は簡単に言うと、その名の通り「たまねぎ」を凍らせたもの(作り方は以下参照)ですが、この「たまねぎ氷」はダイエットや免疫力UP、糖尿病の方にもおすすめ!と効果が万能。
もともと血液サラサラなど「たまねぎ」の効能は広く知られていますが、その新しい食べ方が話題になっています。
そして、この「たまねぎ氷」は簡単に作れて、色々な料理に入れるだけで健康が保てることが一番のポイントです。

<<たまねぎ氷の主な効能>>
たまねぎにはケルセチン、イソアリイン、セレンなどの成分が含まれており、高血圧、糖尿病予防、認知症予防、冷え症・便秘・肩こり改善など幅広い効能が確認されています。【第55話】万能たまねぎ氷!




<<たまねぎ氷の作り方>>
たまねぎをレンジでたまねぎがくたくたに柔らかくなるまで温め、ミキサーにかけてドロドロのペースト状にします。それを製氷皿に流し込み、冷凍庫に入れます。完全に凍ったらOKです。

<<たまねぎ氷を使った簡単な調理法>>
製氷皿の大きさにもよりますが、1日約50g(製氷皿で2個分)摂取するのを目安にしてください。
みそ汁やスープなどの汁物や、解凍後、野菜炒めなどの炒め物といっしょに炒め(この場合はたり、お米を炊く際に入れたりと、ありとあらゆるレシピに対応できます。【第55話】万能たまねぎ氷!

たまねぎ氷は毎日手軽にたまねぎを摂取できるように考案された食べ物で、健康効果も抜群!1日2個食べればいいと言うわかりやすさと、冷凍保存しておけるので、その都度簡単に玉葱が使える手軽さが続けられる秘訣です。
更に、一度加熱をしているのでたまねぎの旨み・甘みが増し、料理がより美味しくなります。
たまねぎ氷を摂取してから1週間で効果が現れるという声もあるので、一度作ってみる価値はあるでしょう。


posted at 2013/02/27 10:28:17
lastupdate at 2013/04/17 20:05:33
修正
 
2013/03/04


昨年7月発売の北海道タマネギドレッシング(北海道タマドレ)!発売から7ヶ月経ち、おかげさまで多くの方に購入いただき、確実にリピート購入されるお客様が増えております。
また購入とともに、さまざまな北海道タマドレの活用法を頂戴しておりますので、「これは!」というものを実際に家でつくり、試してみました。
【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風
まずはお勧め定番の「ローストビーフ@」。
和風ベースの醤油タレにタマネギのうまみが加わった少し甘めのドレッシングはお肉との相性がピッタリですね。お肉のうまみにドレッシングが加わり、新たな肉汁となってお口の中に広がります。【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風
また薬味を添えるならヤマワサビが一番!スーパーの総菜コーナーのローストビーフが高級専門店の1品に早替わり。
これだけでご飯3杯いけちゃいますね。
(写真の黒色のつぶつぶは黒コショウです)


【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風 続いてはタコのカルパッチョ風の一品。

お刺身と言えば、お醤油とワサビが基本中の基本ですよね。しかしながら北海道タマドレはお刺身にも良く合うのです。
特にタコのお刺身にはうってつけで、あっさりして噛めば噛むほど出てくるタコの味が、北海道タマドレをかけると初めからガツンやってきます!
特にタマネギのつぶつぶ感がタコの味わいに一層の深みを与えますね。

この度紹介のつけあわせにはプチトマトと茹でたブロッコリーを使用しましたが、北海道タマンドレはブロッコリー、特に温野菜に合うようです。
posted at 2013/03/04 17:30:28
lastupdate at 2013/03/04 17:34:33
修正
 
2013/03/11
日に日に春らしい気温になってきましたね。日が沈むのも遅くなり、花粉症も到来。
スーパーでもいちごや春キャベツなど旬な食材がお目みえしてきましたね。
春の山菜も美味しくて栄養のあるものも沢山採れるので楽しみの一つではないでしょうか。
その春野菜もちろん栄養も抜群です!「春には苦いものを食べよ!」と言われているのは
栄養満点だからです。
花粉症などのアレルギーにも効果的な栄養素や風邪の防止、疲労回復など免疫力を高める働きもあるので、春野菜をたくさん食べて元気に過ごしましょう。

春キャベツ
● キャベツは二日酔いに効くキャベジンやビタミンCが豊富です。
胃腸のはたらきを整え、胃粘膜を修復、肝臓の解毒作用、更にシミ・ソバカスを防いでくれる嬉しい働きも!【第57話】春野菜を楽しみ、健康に
□ 調理の際は火を通してしまうとビタミンCが壊れてしまうので、生のまま食べることをおすすめします。



菜の花
● カロテン、ビタミンB1、B2、C、E、カルシウム、カリウム、食物繊維などの栄養素がバランス良く含まれている野菜です。
免疫力を高め、風邪などのウイルスからみを守ったり、カルシウムが肩こりやイライラ、骨粗そう症の予防にも。
□ 茹ですぎや水にさらし過ぎるとビタミンCが水に流れてしまうのでご注意を!
加熱をするとカロテンも減少しますが、油脂といっしょにとることでカロテンの吸収率を高めることができます。

たけのこ
● 食物繊維やカリウムが豊富です。便秘や大腸がんの予防、コレステロールの吸収を抑え体外に排出するはたらきがあります。
【第57話】春野菜を楽しみ、健康に□ たけのこのえぐみの元「シュウ酸」は尿管などにつまったら大変な結石を作る要素の一つなので十分なアク抜きを忘れずに!たけのこから出る白い粉はチロシンというアミノ酸でたけのこの大切な旨み成分ですから流してしまうともったいないです。



つくし
● ナイアシン、ビタミンB6、E,カリウム、マグネシウム、リン、亜鉛などを含み、利尿作用やむくみ解消に効果的です。また、最近では花粉症に対しての効果も注目されています。
□ つくしもアクを抜いてから調理しますが、アクを抜いてしまうと栄養素が半減してし
まいます。また、沢山食べると下痢をしてしまう場合もあるのでほどほどに。
posted at 2013/03/11 10:46:48
lastupdate at 2013/03/11 10:46:48
修正
 
2013/03/18
♪菜のは〜な畑に入〜り〜日うすれ〜・・・♪
ようやっと北海道にもかすかな春の訪れを感じれるようになりましたね。
今年の冬は雪が大変で大変で・・・。会社と自宅の雪かきで体が痛い日が何度もありました・・・。

今回は、春よ早く来い!!!という願いも込めて、春の代表的な風物詩の1つである菜の花を使った「菜の花とミニトマトのパスタ」を作りました。
ほんのり苦い菜の花と北海道タマネギドレッシングのコク、そしてミニトマトの甘酸っぱさが絶妙のバランス。菜の花が手に入らない時はホウレンソウもいいかも?お好みでパルメザンチーズを振ったら、まさにレストランの一品に大変身。
とっても手軽で簡単ですから、是非一度お試しください。

<北海道タマドレ菜の花パスタレシピ【2人前】>

−材料−                    
➀菜の花1/2束
Aパスタ160g
Bミニトマト10個
C塩
D胡椒
E北海道タマネギドレッシング

【第58話】北海道タマドレ活用1.菜の花とミニトマトのパスタ
−作り方−
1.➀菜の花は使うまで冷水につけておく。
塩少々を加えたたっぷりのお湯でゆでザルにあけて冷まし、
水けを絞って食べやすい長さに切る。
2.Bミニトマトはヘタをとり半分に切る。
3.Aパスタをお好み硬さに茹でる。
4.パスタが茹であがったらパスタと➀とB、そしてD大さじ5杯を
大きめのボウルに入れて和える。最後に塩・胡椒で味を調える。
チーズがお好きな方は食べる前にパルメザンチーズを一振りすると、より美味しいです。
posted at 2013/03/18 17:35:22
lastupdate at 2013/04/15 15:07:58
修正
 
2013/03/25
TVや書籍でよく取り上げられているタマネギの氷。第55話でも取り上げましたが、
当社でも大好評いただいている『冷凍北海道BRCタマネギペースト(キューブタイプ)』は様々な料理に混ぜてお召し上がり頂けます。
食べ方は解凍するも良し、そのまま食べるも良し!しかもたまねぎが苦手な方でも食べやすいことやうま味が増すので毎日いろいろな調理法で楽しめます。


1.解凍して
 当社のタマネギペースト(キューブタイプ)(約10g)はレンジで1分ほど温めて解凍します。解凍したあとは炒め物や出来上がった料理にかけたり、また、市販されているドレッシングに混ぜるとたまねぎの甘みも加わりとても美味しくなります。
納豆に解凍したタマネギペーストを混ぜたり、めんつゆに混ぜるなどして使っても美味しくいただけます。
【第59話】人気のたまねぎの氷の活用レシピ




2.半解凍して
全解凍と同じ様にレンジで30秒ほど温めます。
氷のシャキシャキ感が残る程度に温めたら牛乳やヨーグルトに入れて食べると歯ごたえとタマネギの甘さ・コクが残ります。
タマネギにはオリゴ糖が含まれているので、ヨーグルトにあわせるとより便秘防止の効果も期待できます。また、野菜やフルーツのスムージーなどに入れても美味しくいただけます。
【第59話】人気のたまねぎの氷の活用レシピ




3.そのままで
タマネギペーストに慣れてきたら、そのままお召し上がりいただくことも気にならないでしょう。
ご飯と一緒に炊いり、味噌汁など汁物に入れると毎日手軽に続けられるでしょう。
味噌汁は大豆の良質なタンパク質など栄養が吸収されやすくタマネギペーストとの組み合わせもよい調理法です。
また、味噌汁の具材として野菜、きのこ、海藻類と一緒入れると、より栄養満点で、不足しがちな栄養を一緒にとることができます。
【第59話】人気のたまねぎの氷の活用レシピ


この様に、タマネギペーストは様々なレシピに対応して誰でも続けやすいことが人気の理由です。無理なく無駄なく使えるタマネギ健康法で体を元気にしましょう。

posted at 2013/03/25 19:18:07
lastupdate at 2013/04/17 20:04:49
修正
 
2013/04/01
一般的に新年度・平成25年度がスタートする4月1日、全国的に温かい陽気にめぐまれて何よりです。皆様の温かいご支援・ご協力に支えられサッポロはまやも本年度を迎える事ができ感謝の気持ちで一杯です。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、進学、就職などで人の移動が多いこの時期、小学校や高校・大学等の入学といったタイミングでは、たくさんの人と接触する他、今までの生活環境も変わるため、それまで感染していなかった感染症などの病気にかかる人も多いようです。特にこの時期、小児に増えるのが麻疹(はしか)です。麻疹は空気感染し感染力も強いので注意するひつようがあります。本日は麻疹についてです。

<麻疹とは>
咳(せき)、高熱、発疹を伴う小児期の急性ウイルス(パラミキソウイルス群RNAウィルス)性疾患。体の免疫が強く侵され、肺炎や脳炎といった重い合併症を伴うこともある重症度の高い疾患のひとつです。

                <症状>                             
【第60話】新年度スタート。はしかにご注意!38度以上の発熱が続き、咳、結膜炎症状が現れます。また口の中に発疹が現れるのが特徴的で、さらに発疹は顔や手足などの全体に広がっていきます。




<治療と予防>
ワクチンを接種して発症そのものを予防するのが最も効果的かつ重要ですが、発症してしまった場合は、ウイルスに対しての特効薬が無いので対象療法にとどまらざるを得ないのが現状です。
発症してしまった場合は小児科、成人の場合は内科あるいは皮膚科を受診し、医師の判断を仰いでください。

麻疹にかかってしまった場合は安静にしてマスクを着用し、人との接触を避けるなど、人にうつさないようにしましょう!

日頃から規則正しい生活を心がけ免疫力の低下に注意してくださいね。

posted at 2013/04/01 17:38:26
lastupdate at 2013/04/01 17:38:26
修正