【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 08   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Counter
total : 494773
yesterday : 507 / today : 074


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/04/02 :: 【第9話】春になると気分はブルー!?
日に日に春らしく暖かくなってきました。春といえば入学シーズンですね。何か新しいことを始めたくなる気持ちが湧きますが、その一方で春は、”何もしたくない””やる気が起きない”などといった沈んだ気持ちにもなりがちな季節でもあります。
それは、春は入学や入社、転居など大きな生活の変化が多い季節で、慣れ親しんだものとの別れが契機となり、悲哀感、絶望感、虚無感などにさいなまれたりすることが起きやすいことにあります。このことは、誰にでも起こりうる症状でうつ病につながることもあるようです。
!!$img1!!


原因は季節的なことの他にも、仕事や人間関係による
ストレスなどさまざまありますが、そんな気持ちを切
り替えるには、何が有効でしょうか。

それは“プラス思考のイメージトレーニングをする”ことです。
人間は何かをするときにイメージが先行します。頭の中でイメージして、次に行動を起こすのですが、何か不安を考えている時はマイナスのイメージが勝っています。そのマイナス思考が続くと悪いイメージが固まってしまうことに・・・

まずは、
Step1.不安に感じていることやマイナスに感じていることに気づく。
Step2.気づいたら、その考えをやめる。
Step3.イキイキと過ごしている自分の姿をほんの少しだけ連想する。

このなかで、ポイントは“ほんの少し”というところです。
長い時間良いイメージを思い浮かべるのは難しいので、気持ちが沈んだらプラスのイメージにほんの少し、数秒でも構いませんので切り替えていきます。それを繰り返していくと、次第にマイナスのイメージが薄れていきます。

はまやスタッフ:ひまわりU


all photo

Recent Diary

2015/10/13

ここ数日でぐっと気温が下がっている札幌。あまりにも寒くてクーラーの温風を入れてしまいました。寒くなると、あったかい食べものや温泉に入って温まりたいですね。
さて、先週5日に「アンジェラ佐藤さんと食べる北海道タマネギドレッシング!」なる企画を札幌市内にある居酒屋「北の宗右衛門 ゆうや」で開催しました。私も参加いたしましたので、今回はそのご報告です。
「アンジェラ佐藤さんと北海道タマネギドレッシングを食べよう!」
<内容>
普段からメニューにタマネギドレッシングを利用している「北の宗右衛門 ゆうや」さんで同店の常連さんであるアンジェラ佐藤さんを囲んで「北海道タマネギドレッシングを使ったスペシャルコースを食べよう!」という企画が行われました。

当日は、北海道タマネギドレッシング3種(レギュラー、青じそ、カレースパイス)を使って全6品のお料理を楽しんできたのですが、一番実感したのは、「ドレッシング=サラダにかける調味料」と思っている方は勿体ない!ということで、ドレッシングの概念が崩れるほど美味しい料理にみなさん驚かれていました。
出てきたメニューは、「桜姫鳥のスモークチキン(写真)」以下6品です。
【第190話】アンジェラ佐藤さんと食べるタマネギドレッシングスペシャルコース・しめ鯖の青じそドレッシング
・チーズハンバーグ
・ロメインレタスとずわい蟹のサラダ
・白身魚のムニエル
・青じそのペペロンチーノ
そして最後にデザート(こちらはさすがにドレッシングは使われていませんでした(笑))!、すべてのお料理がドレッシングとマッチし、尚且つドレッシングの旨みも引き立つ食材が使われていました。
参加者全員の意見は「ドレッシングっていろいろなお料理に使える!」ということでしたよ。

【第190話】アンジェラ佐藤さんと食べるタマネギドレッシングスペシャルコース大食いクイーンとして活躍されている、札幌出身の「アンジェラ佐藤」さん。アンジェラさんには別皿(通称 アンジェラ盛り)を用意しました。この量を一人で6品分完食!とても細い体のどこに入っていくのか??すべて美味しい!と言って平らげるアンジェラさんの食べっぷりも見ていて気持ち良かったです。


【第190話】アンジェラ佐藤さんと食べるタマネギドレッシングスペシャルコース今回のイベントは20名以上の方に参加していただき、アンジェラさんとの食事会を楽しんでいかれました。
メーカー協賛品として、参加者へタマネギドレッシングをお土産として提供させていただきました。好評につき、第二回目も開催してほしい!との声があがり嬉しい限りです。またこの様な楽しいお食事会を開催してもらえるよう、メーカーとして頑張ります。

はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/10/13 12:45:46
lastupdate at 2015/10/14 20:01:03
修正
 
2015/10/06

いよいよ10月に入り、今年もあと2ヶ月となりました。
秋とくれば食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋と楽しいことが沢山ありますね!
子供たちも幼稚園や学校生活など元気に2学期を過ごしていることと思います。
今回の旬の食材シリーズは、日本人にもっともなじみのある根菜『だいこん』です。
旬の食材『だいこん』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【だいこん】(アブラナ科ダイコン属) ※旬は7月〜11月【第189話】旬の食材シリーズ【だいこん】
「だいこん」は、アブラナ科の1・2年草で、原産地は諸説あり特定されていませんが、中央アジアから中国が原産地の一つとされています。かなり古くから食されており、その歴史は紀元前400年にさかのぼると中国の書物に記されています。日本へは8世紀に中国より渡来したとの説があり、その後品種改良などで分化が進み、さまざまな大根が誕生したといわれています。
日本の栽培種は、現在、他の国のだいこんと比べ非常に大型で、水分が多く、おろしにしても辛くない「青首だいこん」が利用の主体を占めています。

■【だいこん】の選び方
≪葉≫・・・緑色が鮮やかで、切り口がみずみずしく、花茎が出ていない
       切り口に「す」が入っていない(「す」が入っていると根にも入っているため)
≪表面(上部)≫・・・肩部の緑色が鮮やかである
≪表面(下部)≫・・・ひげ根の跡が直線上に並び、その穴が小さい
≪表面(全体)≫・・・全体に光沢があり、皮に張りがある

■保存方法
保存する場合は必ず葉を切り取ります。貯蔵性が良いため、冷蔵庫の冷蔵室でラップに包み貯蔵すると2ケ月程度は保存できます。冬期間はむろや土中での貯蔵も可能です。

■成分・特性
だいこんの根には水分が多く、成分としては特徴的なものはありません。しかし、でんぷん分解酵素のアミラーゼを多く含んでいます。だいこんの辛味は、シニグリンという物質が分解されてできるカラシ油によるものです。
葉は、緑黄色野菜であり、無機質やビタミン類を豊富に含んでいます。

■調理法
葉は、買ったその日のうちにすぐ調理します。だいこんおろしは時間がたつと辛味やビタミン類が損なわれるため、食べる直前におろしましょう。真ん中の部分は甘味があるため、煮物に適しています。

■ “だいこん”の豆知識!
年間における「だいこん」一人あたりの消費量はキャベツ・タマネギに次いで多く、5kg前後といわれています。
理由はその調理用途の広さと、漬物用途(たくわん)を主体に需要が大きいためと思われます。江戸時代などでは、一本のだいこんを部位により使い分け、比較的甘い頭部はだいこんおろしに、中間部は肉質が均一なためおでんに、下部(しっぽ側)は繊維質が多いので切り干し大根として利用されていたといわれています。
みなさんも毎日の食卓に、旬の食材「だいこん」を取り入れ健康な生活を心掛けましょう!!

むらかみ しほこ
posted at 2015/10/06 16:42:03
lastupdate at 2015/10/06 16:42:03
修正
 
2015/09/28


【第188話】「アンジェラ佐藤さん」と一緒に北海道タマネギドレッシング・スペシャルコースを食べよう!北海道の大雪山(黒岳)の紅葉が見ごろを迎えているというニュースが流れたのは9月15日、それからあたりは一変に秋の気配が感じられるようになりました。今週からは気温も一気に下がるとのことですから、体調管理にはくれぐれも注意が必要です。そして、あと1・2ヶ月もすれば、また、インフルエンザが時期が・・・。
 

さて、今回はそんな重い雰囲気を振り払う楽しい情報の提供です。来たる10月5日(月)札幌市内中心部にある居酒屋さんにて、『「アンジェラ佐藤さん」と一緒に北海道タマネギドレッシング・スペシャルコースを食べよう!」』が開催されます。
 アンジェラ佐藤さんは北海道を代表する女性フードファイターで、某テレビ番組の大喰い選手権ではおなじみの選手ですよね。最近では、ドラッグストアーのCM等でも大活躍です。テレビで拝見する度に、端整なお顔立ちと大食いのギャップにいつもいつも驚嘆するばかりですが、今回の企画はそのアンジェラ佐藤さんと一緒に、北海道タマネギドレッシングを使った料理を楽しむイベントです。


参加費は2,500円で、北海道タマネギドレッシングを使用したスペシャル料理6品+ドリンク付き!さらに全員に、北海道タマネギドレッシングのお土産付きという、超、超お得な企画です。詳細は以下の通りです。ご興味のある方は是非、ご参加ください!

◇日時 
10月5日(月)18:30〜20:00(予定)

◇場所
北の宗右衛門 ゆうや http://www.kitano-yuuya.com/
札幌市中央区北3西3シグマ北3条ビルB1F

◇料金
2500円(北海道タマネギドレッシングを使用したスペシャル料理数品+ドリンク付き)
全員に、北海道タマネギドレッシングのお土産付き!
★女性20名様限定(ただし、女性同伴の男性はOK)

◇申込方法
以下サイトよりお申し込みください
お申込みはこちらから
フェイスブックアカウントをお持ちでない方はサッポロはまやまでご連絡ください。

◇アンジェラ佐藤さんHP

はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2015/09/28 11:17:55
lastupdate at 2015/09/28 12:48:11
修正
 
2015/09/24
【第187話】スーパーフード「アロニア」
スーパーフード」という言葉をご存じでしょうか。スーパーフードとは「栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品、またはある一部の栄養や健康成分が突出して多く含まれる食品」と(一社)日本スーパーフード協会で定義化されています。最近ではココナッツオイルやアサイー、チアシードが流行し、目にされたこともあるのでは?次から次へと新素材が話題になりますが、サッポロはまやで販売している「アロニア(商標登録名「ビオアロニア」)」も立派なスーパーフードの1つです。今月収穫したばかりのビオアロニアについてお得なキャンペーンとともにご案内いたします。

【第187話】スーパーフード「アロニア」 ビオアロニア(アロニア)は北米原産のバラ科の小果実で学名はアロニアメラノカルパといいます。ビオアロニアはロシアをはじめ広くヨーロッパ各地で一般的に食用とされています。北方圏で栽培されていることが多く、ブルーベリーやラズベリーなどベリー類の一種で、黒い見た目から「黒い実のナナカマド」とも呼ばれています。
アロニアの特長はなんといってもポリフェノール量が多く抗酸化力にすぐれており、それらは健康効果や美容効果に働きます。
視覚機能に関わる働きを改善する成分「アントシアニン」はブルーベリーの3倍以上含み、脂肪の分解を促進させる働きをもつ「カロテノイド」は10倍以上も含まれていることから、ダイエットフードとして芸能人や海外モデルの間で話題となっています。ほかにも食物繊維やビタミンを多く含みアンチエイジング効果や整腸作用もあることがわかっています。
これほど優秀な健康効果をもつビオアロニアですが、メロン並みの糖度はあるものの、その渋さ(豊富なポリフェノールの渋さ)から生食としては向かず、ジャムやジュースに加工され、蜂蜜やヨーグルトに混ぜると美味しく召し上がれます。


サッポロはまやで販売の「ビオアロニア」は札幌市の南区にあるアロニア園で太陽の恵みをたくさん浴びて育てました。大粒で栄養満点!今月収穫したばかりのものを急速冷凍させて新鮮さはそのまま。
只今、そのビオアロニアを期間限定のキャンペーン価格で販売しております。
通常価格 1kg 2,592円のところ1,780円、2kgで3,561円、3kgで5,342円 (送料は北海道内 700円、北海道外 1,200円)

▼詳しくはコチラ▼
アロニア
是非お得なキャンペーン期間中にビオアロニアをお試しください!


はまやスタッフ:ひわまりU号
posted at 2015/09/24 14:11:54
lastupdate at 2015/09/26 15:59:05
修正
 
2015/09/14

9月に入りだいぶ秋らしくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
子供たちの夏休みも終了し、元気に2学期を過ごしていることと思います。
今回の旬の食材シリーズは緑黄色野菜である『かぼちゃ』。
かぼちゃはカロリーが高く主食に代替できるだけではなく、ビタミン類が豊富な野菜と言われています。
子供たちのおやつにもオススメ!旬の食材『かぼちゃ』について豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【かぼちゃ】(ウリ科カボチャ属) ※旬は8月〜12月
「かぼちゃ」の原産地はそれぞれ種類によって微妙に違います。「日本かぼちゃ」は中央アメリカから南アメリカ北部、「西洋かぼちゃ」は南アメリカ西部、「ペポカボチャ」は北アメリカ南部とされています。
最も古く日本に渡来したのは日本かぼちゃで、17世紀に入り急速に普及しました。西洋かぼちゃは19世紀により導入され、普及したといわれています。

■【かぼちゃ】の選び方
・≪断面≫・・・形が品種固有の特徴を示しており、果実全体の着色が均一である
         果肉が厚く、色も黄赤色が濃く鮮やかである
         種子が入っている
・≪表面≫・・・果実表面にあざや黄帯がない
・≪つる≫・・・つる跡は完全にコルク状になっているものが完熟している
         つるの周囲が窪んでいる
・≪全体≫・・・持った感じが重いものが中身もしっかりしている

■ 調理・保存方法【第186話】旬の食材シリーズ【かぼちゃ】
収穫したばかりのかぼちゃは、でんぷんのみで甘さは少ないものです。収穫後、風通しのよい日陰で10日程度保存することにより、でんぷんが糖化し、ほどよい甘さとホクホク感のあるかぼちゃとなります。丸ごと一玉保存するなら、冷暗所でかなり長期間保存可能です。切ったかぼちゃは、種子やワタを取り除きラップを掛けて野菜室で保存すると長持ちします。

■成分・特性
かぼちゃは高カロリーで主食の代替にも最適な食材と言われており、ビタミン類も豊富な緑黄色野菜の代表です。西洋かぼちゃでβカロテン含有量が4,000μgと多く、ビタミンCやビタミンB群も含まれています。日本かぼちゃは、西洋かぼちゃに比べビタミン類が少ない傾向にあるとも言われています。

■“かぼちゃ”の豆知識!
イタリア料理などに使われるズッキーニは、ペポカボチャに分類されます。ズッキーニの収穫は、開花から5日〜7日たった頃が適しています。皮にククルビタシンという苦味成分がありますが、加熱することにより少なくなります。
日本かぼちゃは煮物など、西洋かぼちゃはソテーやフライに適しています。皮は栄養価が高いため、できるだけ皮ごと調理するとよいでしょう。
みなさんも毎日の食卓に、旬の食材を取り入れ健康な生活を心掛けましょう!!

むらかみ しほこ
posted at 2015/09/14 13:24:18
lastupdate at 2015/09/14 13:24:18
修正
 
2015/09/07

秋分の日の9月23日まで続く暑さのことを残暑と呼びますが、今年は残暑はあるのでしょうか?札幌は、お盆を過ぎてからメッキリ涼しくなり、まだ掛布一枚で寝ている私は夜中寒くてふと目が覚めます。そろそろ厚手の布団が必要な時期がやってきますね・・・。ぬくぬく温かお布団、私のし・あ・わ・せのひと時の1つです。

<ヘルシーDO応援プロジェクト美人ランチ!>

【第185話】プレミアム北海道タマネギドレッシングがホテルで採用!さて、当社で販売している北海道食品機能性表示制度「ヘルシーDo」認定商品「プレミアム北海道タマネギドレッシング オリゴノールプラス」ですが、9月20日(日)〜10月31日(土)まで、札幌市内中心部にある「センチュリーロイヤル」さんと「クロスホテル」さんが実施する「ヘルシーDo応援プロジェクト“美人ランチ”」にて、サラダ等のドレッシングに採用されることが決まりました。当企画は実は2回目で、1回目は今年の4月20日(月)から5月31日(日)まで実施され、それが非常に好評だったので2回目が実施されるとのことです。
ちなみに「センチュリーロイヤルホテル」さんでは、通常の北海道タマネギドレッシングが朝食とランチで使われています。ホテルにご宿泊の方、美人ランチに興味のある方は、是非一度お試しください。


<前回のヘルシーDO応援プロジェクト「美人ランチ」の内容>
http://www.cr-hotel.com/release/pdf/20150414.pdf
(センチュリーロイヤルホテルさんのニュースリリースより)


◇センチュリーロイヤルホテル
札幌市中央区北5条西5丁目  TEL.011−221−2121

◇クロスホテル札幌
札幌市中央区北2条西2丁目23番地  TEL.011−272−0010


はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/09/07 17:16:07
lastupdate at 2015/09/19 12:25:46
修正
 
2015/08/31
早いもので明日から9月!お盆を過ぎれば、あっという間に秋の風が吹いている札幌です。
夏の間は夏バテ?からなのか食欲があまりわかない日々が続いたのですが、涼しくなり徐々に食欲もでてきました。さらに、これからの時期は旬の美味しい物が多くて、ついつい食べ過ぎてしまいそうです。さて、食の秋について触れましたが、9月は健康増進普及月間です。
食事・運動・生活習慣を見直す良い機会ですのでみなさんも生活を改善する良い期間ですよ。


<< 改善のための3つの運動 >>
■食事
“プラス一皿”今よりも多く野菜をプラスしよう!【第184話】健康増進普及月間
日本人の1日の野菜摂取推奨量は350gと言われ、平均摂取量に一皿分(約70g)が不足していると言われています。さらに、食の偏りが現代人には多く、亜鉛や食物繊維、カルシウムなどが不足しがちな栄養素として挙げられ、逆に塩分や脂質、糖分は摂り過ぎによる生活習慣病への注意が必要です。

■運動
“プラス10分”今よりも多く運動をしよう!【第184話】健康増進普及月間
日常生活の中でプラス10分体を動かすことを目標に運動を取入れることで、健康な体をつくりましょう。


■生活習慣
“タバコの煙はマイナス”禁煙しよう!
喫煙は肺がんや心臓病のもとにもなりかねません。また、受動喫煙も同じです。喫煙は健康や美容面には毒です。最近は分煙されている建物や施設が増え、喫煙者も減少していますが自分の体だけではなく、家族、周り人たちの健康を害すタバコは控えましょう。
生活習慣で気をつけるものは喫煙だけではなく、飲酒も同じです。健診で問題がなくても自発的に休肝日をつくり、飲む日は適量(一般的にはビール中瓶1本)を楽しむ習慣をつくりましょう。

さらに健康診断へ行きましょう!
自分は健康だ、気になるところがないからといって何年も健康診断へ行かず、早期発見できた病も進行して手遅れになる場合もあります。
特に定期健康診断に行く機会がない主婦やアルバイトの方などは、健診費用が負担になり受診率が低い傾向にあります。したがって大変の方は自身の健康状態を知ることができていません。自治体によっては健診費用の補助制度を用意している場合がありますので確認し、健診するよう心がけましょう。

日常生活の中で以前よりも疲れやすい、風邪をひきやすくなった、お酒が弱くなった気がする、、、など年齢のせいだと見過ごしてしまう症状も、隠れた病気のサインかもしれません。この機会に始めること、やめること、体にとって大事なことを見直してみましょう!

はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/08/31 11:32:30
lastupdate at 2015/08/31 11:32:30
修正
 
2015/08/24
まだまだ暑い日が続きますがいかが皆様お過ごしですか?
子供たちの夏休みもいよいよ終盤。北海道の子供達は一足先に今週から学校がスタートしています。
体調管理をしっかりし、2学期からも元気にスタートさせたいものですね。
そのためにも好き嫌いせず旬の食材と水分をしっかり摂って、残りの夏休みの思い出をたくさん作って下さいね!

今回の旬の食材シリーズは夏の風物詩でもある『すいか』。【第183話】 旬の食材シリーズ【すいか】
水分が89%と多く、カリウムも豊富で利尿作用に優れた果物『すいか』の豆知識についてお伝えしたいと思います。



■今が旬の食材【すいか】(ウリ科スイカ属) ※旬は7月〜8月
「すいか」の原産地は南アフリカ中央部カラハリ砂漠周辺で、紀元前2世紀頃よりエジプトで栽培されていました。
その後、世界各地に伝播し、日本へは17世紀半ば頃に長崎に伝来、土着したものが最も古いとされています。
「すいか」には、生食用以外にも飼料用、漬物用、種子用があり、昔からさまざまな用途で夏の風物詩として親しまれていました。

■【すいか】の選び方
・≪全体≫・・・形が整っており、持った感じが重い。
         表面全体が鮮やかで、縞模様が太くはっきり見える。
         打音が澄んでおり、叩いた時弾力を感じる。

・≪つる≫・・・切り口が枯れかかっていない。

・≪断面≫・・・空洞や裂け目がなく、種子が黒く稔実している。
         黄帯(※)が大きくないものを選ぶ。(※果肉に生じる黄色いスジは果肉が未熟だとできる)

■ 調理・保存方法
「すいか」1玉の場合はそのまま冷暗所で保存が可能ですが、食味は保存するほど低下するので早めに食べましょう。切ったものは切断面にラップを掛け冷蔵庫の野菜室で保存します。その場合もなるべく早く食べて下さい。

■成分・特性
国内では、熊本県・千葉県が代表的な産地です。
全国では約39万t収穫量があります。輸入物はほとんどありません。
成分は、水分が89%と多く、カリウムも豊富であるため、利尿作用に優れた果物です。果肉の赤い色はβカロテンとリコピンによるもので、ビタミンAの効果(目や肌の健康を維持)や抗酸化作用が期待できます。

■“すいか”の豆知識!
「すいか」がおいしく感じられる温度は、15℃前後です。普通、冷蔵庫で冷やしますが、冷し過ぎると舌が甘みを感知できなくなり、甘みを損ないます。冷す時間は1玉であれば2〜3時間程度、1/2カットのものなら1時間半程度が目安となります。

みなさんも毎日の食卓に、旬の食材を取り入れ残暑を乗り切りましょう!!


むらかみ しほこ
posted at 2015/08/24 11:09:39
lastupdate at 2015/08/24 11:11:17
修正
 
2015/08/17
お盆休み、皆さんいかがお過ごしでしたか?ゆっくりできましたか?最近は、サービス業の普及に加え様々な就労形態も増えてきましたら、お盆期間中には休みはとらず、その前後で休みをとるなんて方もいらっしゃいますよね。いずれにしても季節的には、晩夏になります。これから北海道は一気に秋に向かっていきますので、残り少ない夏を楽しみたいですね。
 さて、先日、弊社関連会社竃k海道バイオインダストリーのホームページが新しくなったことをお伝えしました。ホームページ内において、同社のコア技術である特許「BRC製法」についての紹介動画も刷新されています。本動画はyou tubeでも閲覧することができますので、是非皆さんご参考ください!

<特許BRC製法の動画>
https://www.youtube.com/watch?v=xKZnne2YlOo&feature=youtu.be

<BRC製法とは?>
植物が持っている防御機能によって、植物自らが作りだす物質には人の身体に有益な成分があります。竃k海道バイオインダストリーのネギ属植物の加工に関する特許「ネギ属植物処理物(以下「BRC製法)」は、この植物の防御機能のメカニズムを解明し、人の手でコントロールすることによって、人の身体に有用な成分だけを作ることのできる画期的な製法です。


<BRC製法。具体的には?>

【第182話】特許BRC製法の紹介動画が完成しました




玉葱は「傷つけられる」ことで玉葱が持っている酵素を働かし、まざまな物質を作ります。(これが昆虫などの外敵から身を守る防御機能です。)
この酵素が効率的に働く温度・ph・時間を調整してあげると、玉葱が持つ含硫アミノ酸が化学反応を起こし、身体に有益な成分「DPTS」(揮発性含硫化合物→硫黄成分:目にしみて涙がでる成分)」をたくさん作りだすのがBRC製法です。
 BRC製法は加工において一切の添加物を使わず、「切る」「加熱」「温度・時間調節」だけで玉葱が持つアミノ酸から有用成分DPTSを凝縮する画期的なもので、従来の加工法と比較してDPTSを15倍増大させることができます。

「サッポロはまや」が取り扱う商品は、特許BRC製法で加工した北海道産玉葱を活用した製品がたくさんあります。普通の玉葱だけでも、血液サラサラ・血流改善効果などがあるのに、更に特許製法で機能性・健康効果を高めています。是非、お試しください!

はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2015/08/17 17:37:21
lastupdate at 2015/08/22 17:07:56
修正
 
2015/08/10

こんにちは。暑さが厳しい季節ですね。連日の真夏日で夏バテの方も多いのでは!? 今時期は猛暑により自立神経が乱れやすく体力が消耗しているうえに、紫外線によるダメージも大きい!って知ってますか?紫外線は体力の消耗など、身体に様々な影響を及ぼす夏バテの元凶です。そこで今回のテーマは夏バテの原因でもある“紫外線”です。しっかりと紫外線対策をして、夏を楽しみましょう!


■紫外線のはたらき■【第181話】放っておけない!紫外線ダメージ
「紫外線」と聞いて、まずイメージするのは日焼けしてシミができるなど、お肌にとって大敵ということだと思います。紫外線を浴びることによりお肌の乾燥、かゆみ、炎症を引き起こし、老化を早めるほか髪にもダメージを与えます。

さらに、外に長くいると非常に疲れますよね。それは目から紫外線が入り、脳に刺激として伝わる結果、疲労物質が血中に増加していくためです。目から入ってきた紫外線も、シミの原因となるメラニンがつくられてしまいますから、お肌だけではなく、目の紫外線対策も怠ってはいけません。
こういうと、紫外線は悪い奴ということになりますが、身体に良い影響もあります。それは、わたしたちの体に必要なビタミンDの合成を助けるということです。また、ビタミンDはカルシウムの吸収率を上げる、肌の細胞を整える、代謝を上げるなどの重要な働きもあります。
ちなみにビタミンDの合成には15分程度の日光浴が必要とのことです。


■体の中から紫外線ブロック!■
紫外線を浴びると肌が酸化していき、シミやシワなど老化が進んでいきます。紫外線を防止するために、日焼け止めを塗ったり、UVカット機能のある衣類を着用したり、日傘を差す、サングラスをかけるなど対策はされているかと思いますが、食べ物を通して身体の内部から紫外線対策をすることもできます。


◎ポリフェノール(抗酸化作用)を含んだ食材
ポリフェノールを含む食材は肌の酸化を防ぎ、シミやシワをできにくくする働きがあります。ポリフェノールとひとくちに言っても約4,000種類ものポリフェノールがあり、効果はさまざまです。美容に効果がてき面なのは、『コーヒー』、『バナナ』、『トマト』に含まれるポリフェノールです。
ポリフェノールは摂取してから2時間ほどで効果が切れてしまうので、朝と夜に摂るなど、一日数回に分けて摂るとより効果的でしょう。

◎ビタミンを含んだ食材
ビタミンは肌を作るうえで必要な成分で、特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、夏の弱った肌を助ける働きをします。
ビタミンAは皮膚や粘膜の健康維持に働きかけ、ニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれています。
ビタミンCは美白効果や老化を抑える働きがあり、レモン、イチゴ、アセロラなどの果物に多く含まれています。
ビタミンEは細胞を新しくする新陳代謝を促し、肌のハリを保ちます。アボカド、アーモンド、ウナギなどに多く含まれています。

まだまだ暑い日が続き紫外線が気になりますが、外と内、両方からしっかりと対策しましょう。


はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/08/10 18:19:28
lastupdate at 2015/08/17 17:32:25
修正