【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Counter
total : 529195
yesterday : 321 / today : 158


Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/04/30 :: 【第64話】北海道タマドレ活用1.ローストビーフ2.タコのカルッパッチョ

「屋根よーりたーかーい鯉のーぼーりー♪大きいマゴイーは・・・」。
今年もいよいよゴールデンウィークに突入しましたね!というよりは、私的には「もうゴールデンウィークか?はやっ!!」という印象の方が大きいです。「今年も残すところ・・・」。
いやいや、札幌の桜の開花予想日は、このままいくと5月6日だそうです。今から待ち遠しいこの頃です。

さて、今回が北海道タマネギドレッシングを使ったメニュー例の最終です。本製品はサラダはもちろん、お肉から魚介にいたるまで幅広くつかえることを実感させられます。ドレッシングというよりは調味料と言った方が妥当かもしれません。


!!$img2!!<ローストビーフ>
安価なローストビーフも高級ローストビーフの味わいに早替わり
材料:&#10112;ローストビーフ/適量 Aブロッコリー等/適量  
※具材はお好みでアレンジしてください。


!!$img1!!<タコのカルパッチョ>
北海道タマネギドレッシングはお刺身にもあいます。特にタコがおすすめ!です。
材料:@タコの刺身/適量  Aブロッコリー/適量  Bミニトマト/適量
※具材はお好みでアレンジしてください。



all photo

Recent Diary

2015/11/16
11月も後半になり、札幌もいよいよ雪のたよりが近づいてきました。
朝晩は気温もぐんっと下がり、これからは体調管理に一番気をつけなくてはいけませんね。
食事も旬の野菜をたっぷりとって、元気に過ごしていきましょう。
今回の旬の食材シリーズは、北海道を代表する野菜の横綱『じゃがいも』です。
旬の食材『じゃがいも』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【じゃがいも】(ナス科ナス属) ※旬は9月〜12月【第195話】旬の食材シリーズ【じゃがいも】
「じゃがいも」の原産地南米アンデス山脈からメキシコで、16世紀にインカ帝国を滅ぼしたスペイン人によってヨーロッパに持ち帰られました。日本へは江戸時代のはじめにオランダ人が長崎に持ち込んだのが最初で、ジャワのジャガタラ港経由だった為「ジャガタライモ」と呼ばれ、さらに「じゃがいも」と呼ばれるようになったと言われています。
北海道での栽培の歴史は1706年にせたな町で作られた記録が最も古いものです。その後、北海道の冷涼な土地がじゃがいもの栽培に適すると判断され、開拓使を中心に沢山の品種が持ち込まれたとされています。

■【じゃがいも】の選び方
・大きすぎるものは空洞がある可能性がある
・持ったときに重量感がある
・しわが少なく表面がなめらかで、ふっくらした形をしている

■保存方法
じゃがいもは光があたると、緑色に変色し苦みが出ます。これはソラニンという物質で、芽に多く含まれており大量に食べると吐き気などを起こします。暗い場所で、またできるだけ新陳代謝を抑えるために低温の場所に保存しましょう。りんごと一緒の袋に保存すると、エチレンガスの影響で発芽しにくくなります。

■成分・特性
「じゃがいも」は、ビタミンCを多く含んでおり、さらに主成分のでんぷんが加熱によるビタミンCの破壊を防ぐため、より効率的に摂取することが可能です。でんぷんを多く含むため炭水化物の多い作物です。

■調理法
「じゃがいも」は焼く、ゆでる、揚げるなどさまざまな調理の仕方がありますが、品種により向き不向きがあるため、特徴にあった調理をしましょう。ゆでる場合は、皮がついたままゆで、あとから皮をむく方が、水っぽくならず、ビタミンCの損失も少なくなります。

■「じゃがいも」の豆知識
じゃがいもはフランス語で「大地のリンゴ」と呼ばれています。これはでんぷん質以外にもビタミン類やカリウムなどを豊富に含んでいるからです。大航海時代には、長い船旅により野菜不足から船員たちは壊血病に悩まされました。このため長期保存でき、ビタミンCを多く含むじゃがいもが積み込まれ、長い航海を支えたとも言われています。

みなさんも「じゃがいも」など、旬の野菜をしっかり食べて体力を温存させ、元気に師走を迎えましょう!

むらかみ しほこ
posted at 2015/11/16 17:13:39
lastupdate at 2015/11/16 17:13:39
修正
 
2015/11/09
11月も中旬、日中の最高気温も一桁台が多くなり、平野部にも雪がチラホラやってきそうです。そろそろ自動車のタイヤを冬タイヤに交換しなければなりませんね。もう、皆さまはお済ですか?

【第194話】北のアメ横さっぽろ2015でお待ちしていますさてさて、今回もイベントのお知らせです。
来たる11月20日(金)〜22日(日)、札幌で各種イベント・コンサートが行われる多目的施設「アクセスサッポロ」において、「北のアメ横さっぽろ2015」が開催されます。そこに当社が扱っている商品のメーカーである竃k海道バイオインダストリーが出展し、北海道タマネギドレッシング及びそのシリーズ商品の試食販売を実施いたします。特に販売商品は、通常のお値段から割引いた特別価格での販売を予定していますし、また、11月に同社の農場で収穫したばかりの野菜の王様「ヤーコン」も特別価格で販売する予定です。是非、皆さま、たくさんのご来場をお待ちしています。
◇北のアメ横さっぽろ2015 開催概要

<期間>
平成27年11月20日(金)〜22日(日)10:00〜17:00※最終日は16:00まで


<場所>
アクセスサッポロ
札幌市白石区流通センター4丁目3番55号 TEL011-865-5811
※駐車場無料駐車場1,100台完備.
※入場料無料

<開催主旨※主催HPより抜粋>
〜地域の絶品・逸品・産品が集まる“札幌売込み市”〜
北海道の地域を元気に!
北海道の恵み、地域の特産物を札幌に大集結して売込むイベントです。

北海道の地域活性化、地域振興、観光振興を目的に、地域の食材、食品などの“まるごと北海道”が大集結する「北のアメ横さっぽろ2015 −11月の豊穣祭−」は、2015年11月20日(金)〜22日(日)の3日間、札幌市白石区のアクセスサッポロで開催いたします。

全道の厳選した北の大地の絶品・逸品・産品などを揃えた当イベントは、大都市札幌への売り込みやアピールにより、地域経済の活性化、地域貢献することを狙いに開いております。5回目となった昨年は、3日間で約34,000人を超える来場者が訪れ、出展団体・企業は販売予定数量、金額を大幅に上回り、土日には完売や品不足が続出したほどの大盛況でした。

6回目となる今回は、昨年同様の動員、販売体制が見込まれており、出展する団体、企業、関係機関からの問い合わせ・申し込みが早い時期から相次いでおります。 札幌市、札幌市周辺市町村部など約250万人の商圏を対象に、新しいビジネスチャンスを拡大、販売促進することができる、魅力溢れるイベントとしてご活用いただきたく存じます。

【主催】
北のアメ横さっぽろ2015 実行委員会

はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2015/11/09 14:51:43
lastupdate at 2015/11/09 15:16:49
修正
 
2015/11/02

これからだんだん寒くなっていきますが体調にお変わりはないでしょうか。寒くなると体の不調を訴える方が多くなってきます。血行不良により筋肉がこわばり関節痛を引き起こす、内臓の機能が低下して免疫力が落ちるなどの症状が出てきやすいので体調管理には一層気をつけてくださいね。今回のテーマはそんな寒さと関係する「腸冷え」です。寒い時期は腸の働きを低下させてしまい、不調の原因になりますので腸を活性させるためのポイントをご紹介します。

腸も冷えている!腸冷えからくる不調
以下の症状は寒さからくる「腸冷え」の症状です。秋から冬にかけて、これらの症状が出てきたら要注意!チェックしてみましょう。

@お腹が張る Aお肌の荒れや吹き出物が気になる B便秘気味だ C 口臭が気になる D肩がこりやすい E疲れやすい Fすぐ風邪をひいてしまう

腸冷えは寒さや一時的な冷えにより、内臓機能が低下して様々な体調不良を起こし、最悪は大腸がんにもなり得る症状です。冬は特に運動量が減り、腸の動きが鈍くなりやすいので日々の生活習慣から解消していき腸内環境を整えましょう。

腸冷え解消ポイント!

その1. 衣服で調整
冷えからくる症状は温めるのが一番です。温め方として、まずは防寒が大事です。一枚多く着る、発熱素材の衣服を着用する、腹巻などを着けてお腹を冷やさないように調整するなど、体の外側から温めていきましょう。    
【第193話】これからの季節は腸冷えにご注意!






その2. 食べ物
体の温まる食事をするのはもちろんですが、体を温める食材を選ぶことが大事です。冬野菜である大根やごぼう、人参などの根菜類は体を温める効果があります。旬のヤーコンやさつまいも、ごぼうは食物繊維が野菜の中でもトップレベルです。積極的に摂りましょう!
さらに、オリーブオイルを一緒に摂ることで胃の中に油膜が広がり、食べ物の温度を冷めにくくする働きがあります。意識的に使うと良いでしょう。エネルギー代謝が最も高まる朝食を抜かない様にすることも重要なポイントです。

その3. 生活習慣
腸の働きを活発させる習慣として、腹式呼吸を取り入れてみてください。簡単な方法としては歌いながら複式呼吸を取り入れることです。他には、おへその周りを時計回りにマッサージすると冷えに効くツボが刺激されます。簡単な方法なので普段の生活に取り入れやすいですね。

腸の不調は体全体の不調へとつながります。これからの季節は腸を鍛えて元気な体づくりを目指しましょう!


はまやスタッフ:ひまわりU号


posted at 2015/11/02 15:41:35
lastupdate at 2015/11/02 15:42:17
修正
 
2015/10/26
10月も終わりに近づき、札幌の木々はすっかり紅葉を迎え、とても綺麗な季節です。
それとともに気温もぐんっと下がり、今年もストーブの時期となりました。
そんな寒さもよそに、北海道の子供たちは元気に外で走り回っています。
今回の旬の食材シリーズは、滋養強壮に効果があるとされている根菜『ながいも』です。
旬の食材『ながいも』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【ながいも】(ヤマイモ科ヤマイモ属) ※旬は11月〜12月
「ながいも」は、原産地は東アジア温帯地域です。中国では紀元前2000年前頃に薬用として用いられたとの記録があり、かなり古くから人間に利用されていたことがうかがえます。
日本への渡来は明らかにされていませんが、中国から朝鮮を経て伝来し、縄文後期にはすでに栽培されていたといわれています。
収穫量は青森の全国第一位次いで第二位が北海道となり、青森・北海道を合わせると全国の86%を占めるといわれています。

■【ながいも】の選び方【第192話】 旬の食材シリーズ【ながいも】
≪形≫・・・まっすぐで、曲がりがなく肌に張りがあり、なめらかである。
       表皮の色は、やや黄色味がかり、てりがある。
≪表面≫・・・鮮度がよいものは、ひげ根が残っている。
≪先端(切り口)≫・・・切り口が白いもの。

■保存方法
比較的日持ちします。1本丸ごとの場合は、新聞紙で包み冷暗所に置きます。切った場合は、切り口をラップで密閉し、冷蔵庫の野菜室へ入れます。とろろにした場合は、冷凍用の容器に入れ冷凍保存すると良いでしょう。

■成分・特性
「ながいも」は、主成分がデンプンで、粘性物質(ムチン)、ビタミンB1が多く、カリウムが比較的多く含まれています。ながいもが属するヤマイモは、中国では古くから滋養強壮に効果があるとされ、漢方薬として使用されたともいわれています。

■調理法
「ながいも」は、粘りが少なく水気が多いために、千切りや薄切りなどに向いています。自然薯(じねんじょ)などは粘りが強いため、すりおろしてとろろにします。いずれもお好み焼きの生地に加えると、焼き上がりがよくなります。



■ “ながいも”の豆知識!
「ながいも」が手や口につくとかゆみが感じることがあります。これは、ながいもに含まれるシュウ酸ナトリウムの影響であり、酢水につけてから調理を行うとよいとされています。かゆみを抑えるとともに、すりおろしたり切ったりするときの褐変を防止する効果があります。

安価で身体によく、しかも北海道を代表する農作物。これからの時期、食卓にかかませんね。積極的に食事に利用し健康維持に役立てましょう。

むらかみ しほこ
posted at 2015/10/26 14:47:43
lastupdate at 2015/11/02 15:33:27
修正
 
2015/10/19


皆さま。今年もやってきましたインフルエンザニュース!静岡県は15日、今季初めてインフルエンザとみられる集団風邪を、焼津市立大富小で確認したと発表しました。毎年毎年この時期になると必ずやってくる暗いニュースですが、いつになったら抜本的な対策ができるのでしょうか?ガン(腫瘍)同様、人類の英知をもってしても、なかなか克服されませんねぇ〜。是非、科学者の皆さんには頑張っていただきたいものです。

【第191話】サッポロヘルス&ビューティフェア2015でお待ちしていますさて、そんな暗いニュースを吹き飛ばす。明るいお知らせです。
来たる10月24日(土)と25日(日)、札幌で各種イベント・コンサートが行われる多目的施設「アクセスサッポロ」において、「美と健康の今がわかる!サッポロヘルス&ビューティフェア2015」が開催されます。そして、そこに当社が扱っている商品のメーカーである竃k海道バイオインダストリーが出展し、現在、北海道羽幌市の羽幌漁協と共同で開発している、甘エビを活用した「ドレッシングの試食会」を実施いたします。ドレッシングシリーズの新商品で、しかも甘エビを使っているとのこと。どんなお味がするのでしょうか?
(ちなみに、左の写真はメーカーさんからお借りしてきましたデザイン案です!)
是非、皆さま、たくさんのご来場をお待ちしています。

◇サッポロヘルス&ビューティフェア2015 開催概要

<期間>
平成27年10月24日(土)10:00〜17:00
          25日(日)10:00〜16:00

<場所>
アクセスサッポロ
札幌市白石区流通センター4丁目3番55号 TEL011-865-5811
※駐車場無料駐車場1,100台完備.
※入場料無料


<スペシャルゲスト>
・田中美保
・TEAM BIKATSU
・たいいくがかり 他多数

<注目イベント>
・HOKKAIDO HAIR DESIGN 100
・ちびまる子ちゃんふわふわ
・(一社)代替療法師会 PRESENTS 「Relaxation Point」

【主催】
サッポロヘルス&ビューティフェア2015実行委員会
札幌商工会議所、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム、北海道バイオビジネスネットワークフォーラム
(一財)さっぽろ健康スポーツ財団、札幌美容協同組合、札幌理容協同組合、(株)北海道新聞社、
北海道放送(株)、札幌テレビ放送(株)、北海道テレビ放送(株)、北海道文化放送(株)、(株)テレビ北海道
posted at 2015/10/19 12:01:39
lastupdate at 2015/10/19 12:01:39
修正
 
2015/10/13

ここ数日でぐっと気温が下がっている札幌。あまりにも寒くてクーラーの温風を入れてしまいました。寒くなると、あったかい食べものや温泉に入って温まりたいですね。
さて、先週5日に「アンジェラ佐藤さんと食べる北海道タマネギドレッシング!」なる企画を札幌市内にある居酒屋「北の宗右衛門 ゆうや」で開催しました。私も参加いたしましたので、今回はそのご報告です。
「アンジェラ佐藤さんと北海道タマネギドレッシングを食べよう!」
<内容>
普段からメニューにタマネギドレッシングを利用している「北の宗右衛門 ゆうや」さんで同店の常連さんであるアンジェラ佐藤さんを囲んで「北海道タマネギドレッシングを使ったスペシャルコースを食べよう!」という企画が行われました。

当日は、北海道タマネギドレッシング3種(レギュラー、青じそ、カレースパイス)を使って全6品のお料理を楽しんできたのですが、一番実感したのは、「ドレッシング=サラダにかける調味料」と思っている方は勿体ない!ということで、ドレッシングの概念が崩れるほど美味しい料理にみなさん驚かれていました。
出てきたメニューは、「桜姫鳥のスモークチキン(写真)」以下6品です。
【第190話】アンジェラ佐藤さんと食べるタマネギドレッシングスペシャルコース・しめ鯖の青じそドレッシング
・チーズハンバーグ
・ロメインレタスとずわい蟹のサラダ
・白身魚のムニエル
・青じそのペペロンチーノ
そして最後にデザート(こちらはさすがにドレッシングは使われていませんでした(笑))!、すべてのお料理がドレッシングとマッチし、尚且つドレッシングの旨みも引き立つ食材が使われていました。
参加者全員の意見は「ドレッシングっていろいろなお料理に使える!」ということでしたよ。

【第190話】アンジェラ佐藤さんと食べるタマネギドレッシングスペシャルコース大食いクイーンとして活躍されている、札幌出身の「アンジェラ佐藤」さん。アンジェラさんには別皿(通称 アンジェラ盛り)を用意しました。この量を一人で6品分完食!とても細い体のどこに入っていくのか??すべて美味しい!と言って平らげるアンジェラさんの食べっぷりも見ていて気持ち良かったです。


【第190話】アンジェラ佐藤さんと食べるタマネギドレッシングスペシャルコース今回のイベントは20名以上の方に参加していただき、アンジェラさんとの食事会を楽しんでいかれました。
メーカー協賛品として、参加者へタマネギドレッシングをお土産として提供させていただきました。好評につき、第二回目も開催してほしい!との声があがり嬉しい限りです。またこの様な楽しいお食事会を開催してもらえるよう、メーカーとして頑張ります。

はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/10/13 12:45:46
lastupdate at 2015/10/14 20:01:03
修正
 
2015/10/06

いよいよ10月に入り、今年もあと2ヶ月となりました。
秋とくれば食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋と楽しいことが沢山ありますね!
子供たちも幼稚園や学校生活など元気に2学期を過ごしていることと思います。
今回の旬の食材シリーズは、日本人にもっともなじみのある根菜『だいこん』です。
旬の食材『だいこん』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【だいこん】(アブラナ科ダイコン属) ※旬は7月〜11月【第189話】旬の食材シリーズ【だいこん】
「だいこん」は、アブラナ科の1・2年草で、原産地は諸説あり特定されていませんが、中央アジアから中国が原産地の一つとされています。かなり古くから食されており、その歴史は紀元前400年にさかのぼると中国の書物に記されています。日本へは8世紀に中国より渡来したとの説があり、その後品種改良などで分化が進み、さまざまな大根が誕生したといわれています。
日本の栽培種は、現在、他の国のだいこんと比べ非常に大型で、水分が多く、おろしにしても辛くない「青首だいこん」が利用の主体を占めています。

■【だいこん】の選び方
≪葉≫・・・緑色が鮮やかで、切り口がみずみずしく、花茎が出ていない
       切り口に「す」が入っていない(「す」が入っていると根にも入っているため)
≪表面(上部)≫・・・肩部の緑色が鮮やかである
≪表面(下部)≫・・・ひげ根の跡が直線上に並び、その穴が小さい
≪表面(全体)≫・・・全体に光沢があり、皮に張りがある

■保存方法
保存する場合は必ず葉を切り取ります。貯蔵性が良いため、冷蔵庫の冷蔵室でラップに包み貯蔵すると2ケ月程度は保存できます。冬期間はむろや土中での貯蔵も可能です。

■成分・特性
だいこんの根には水分が多く、成分としては特徴的なものはありません。しかし、でんぷん分解酵素のアミラーゼを多く含んでいます。だいこんの辛味は、シニグリンという物質が分解されてできるカラシ油によるものです。
葉は、緑黄色野菜であり、無機質やビタミン類を豊富に含んでいます。

■調理法
葉は、買ったその日のうちにすぐ調理します。だいこんおろしは時間がたつと辛味やビタミン類が損なわれるため、食べる直前におろしましょう。真ん中の部分は甘味があるため、煮物に適しています。

■ “だいこん”の豆知識!
年間における「だいこん」一人あたりの消費量はキャベツ・タマネギに次いで多く、5kg前後といわれています。
理由はその調理用途の広さと、漬物用途(たくわん)を主体に需要が大きいためと思われます。江戸時代などでは、一本のだいこんを部位により使い分け、比較的甘い頭部はだいこんおろしに、中間部は肉質が均一なためおでんに、下部(しっぽ側)は繊維質が多いので切り干し大根として利用されていたといわれています。
みなさんも毎日の食卓に、旬の食材「だいこん」を取り入れ健康な生活を心掛けましょう!!

むらかみ しほこ
posted at 2015/10/06 16:42:03
lastupdate at 2015/10/06 16:42:03
修正
 
2015/09/28


【第188話】「アンジェラ佐藤さん」と一緒に北海道タマネギドレッシング・スペシャルコースを食べよう!北海道の大雪山(黒岳)の紅葉が見ごろを迎えているというニュースが流れたのは9月15日、それからあたりは一変に秋の気配が感じられるようになりました。今週からは気温も一気に下がるとのことですから、体調管理にはくれぐれも注意が必要です。そして、あと1・2ヶ月もすれば、また、インフルエンザが時期が・・・。
 

さて、今回はそんな重い雰囲気を振り払う楽しい情報の提供です。来たる10月5日(月)札幌市内中心部にある居酒屋さんにて、『「アンジェラ佐藤さん」と一緒に北海道タマネギドレッシング・スペシャルコースを食べよう!」』が開催されます。
 アンジェラ佐藤さんは北海道を代表する女性フードファイターで、某テレビ番組の大喰い選手権ではおなじみの選手ですよね。最近では、ドラッグストアーのCM等でも大活躍です。テレビで拝見する度に、端整なお顔立ちと大食いのギャップにいつもいつも驚嘆するばかりですが、今回の企画はそのアンジェラ佐藤さんと一緒に、北海道タマネギドレッシングを使った料理を楽しむイベントです。


参加費は2,500円で、北海道タマネギドレッシングを使用したスペシャル料理6品+ドリンク付き!さらに全員に、北海道タマネギドレッシングのお土産付きという、超、超お得な企画です。詳細は以下の通りです。ご興味のある方は是非、ご参加ください!

◇日時 
10月5日(月)18:30〜20:00(予定)

◇場所
北の宗右衛門 ゆうや http://www.kitano-yuuya.com/
札幌市中央区北3西3シグマ北3条ビルB1F

◇料金
2500円(北海道タマネギドレッシングを使用したスペシャル料理数品+ドリンク付き)
全員に、北海道タマネギドレッシングのお土産付き!
★女性20名様限定(ただし、女性同伴の男性はOK)

◇申込方法
以下サイトよりお申し込みください
お申込みはこちらから
フェイスブックアカウントをお持ちでない方はサッポロはまやまでご連絡ください。

◇アンジェラ佐藤さんHP

はまやスタッフ:ひまわりT号
posted at 2015/09/28 11:17:55
lastupdate at 2015/09/28 12:48:11
修正
 
2015/09/24
【第187話】スーパーフード「アロニア」
スーパーフード」という言葉をご存じでしょうか。スーパーフードとは「栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品、またはある一部の栄養や健康成分が突出して多く含まれる食品」と(一社)日本スーパーフード協会で定義化されています。最近ではココナッツオイルやアサイー、チアシードが流行し、目にされたこともあるのでは?次から次へと新素材が話題になりますが、サッポロはまやで販売している「アロニア(商標登録名「ビオアロニア」)」も立派なスーパーフードの1つです。今月収穫したばかりのビオアロニアについてお得なキャンペーンとともにご案内いたします。

【第187話】スーパーフード「アロニア」 ビオアロニア(アロニア)は北米原産のバラ科の小果実で学名はアロニアメラノカルパといいます。ビオアロニアはロシアをはじめ広くヨーロッパ各地で一般的に食用とされています。北方圏で栽培されていることが多く、ブルーベリーやラズベリーなどベリー類の一種で、黒い見た目から「黒い実のナナカマド」とも呼ばれています。
アロニアの特長はなんといってもポリフェノール量が多く抗酸化力にすぐれており、それらは健康効果や美容効果に働きます。
視覚機能に関わる働きを改善する成分「アントシアニン」はブルーベリーの3倍以上含み、脂肪の分解を促進させる働きをもつ「カロテノイド」は10倍以上も含まれていることから、ダイエットフードとして芸能人や海外モデルの間で話題となっています。ほかにも食物繊維やビタミンを多く含みアンチエイジング効果や整腸作用もあることがわかっています。
これほど優秀な健康効果をもつビオアロニアですが、メロン並みの糖度はあるものの、その渋さ(豊富なポリフェノールの渋さ)から生食としては向かず、ジャムやジュースに加工され、蜂蜜やヨーグルトに混ぜると美味しく召し上がれます。


サッポロはまやで販売の「ビオアロニア」は札幌市の南区にあるアロニア園で太陽の恵みをたくさん浴びて育てました。大粒で栄養満点!今月収穫したばかりのものを急速冷凍させて新鮮さはそのまま。
只今、そのビオアロニアを期間限定のキャンペーン価格で販売しております。
通常価格 1kg 2,592円のところ1,780円、2kgで3,561円、3kgで5,342円 (送料は北海道内 700円、北海道外 1,200円)

▼詳しくはコチラ▼
アロニア
是非お得なキャンペーン期間中にビオアロニアをお試しください!


はまやスタッフ:ひわまりU号
posted at 2015/09/24 14:11:54
lastupdate at 2015/09/26 15:59:05
修正
 
2015/09/14

9月に入りだいぶ秋らしくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
子供たちの夏休みも終了し、元気に2学期を過ごしていることと思います。
今回の旬の食材シリーズは緑黄色野菜である『かぼちゃ』。
かぼちゃはカロリーが高く主食に代替できるだけではなく、ビタミン類が豊富な野菜と言われています。
子供たちのおやつにもオススメ!旬の食材『かぼちゃ』について豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【かぼちゃ】(ウリ科カボチャ属) ※旬は8月〜12月
「かぼちゃ」の原産地はそれぞれ種類によって微妙に違います。「日本かぼちゃ」は中央アメリカから南アメリカ北部、「西洋かぼちゃ」は南アメリカ西部、「ペポカボチャ」は北アメリカ南部とされています。
最も古く日本に渡来したのは日本かぼちゃで、17世紀に入り急速に普及しました。西洋かぼちゃは19世紀により導入され、普及したといわれています。

■【かぼちゃ】の選び方
・≪断面≫・・・形が品種固有の特徴を示しており、果実全体の着色が均一である
         果肉が厚く、色も黄赤色が濃く鮮やかである
         種子が入っている
・≪表面≫・・・果実表面にあざや黄帯がない
・≪つる≫・・・つる跡は完全にコルク状になっているものが完熟している
         つるの周囲が窪んでいる
・≪全体≫・・・持った感じが重いものが中身もしっかりしている

■ 調理・保存方法【第186話】旬の食材シリーズ【かぼちゃ】
収穫したばかりのかぼちゃは、でんぷんのみで甘さは少ないものです。収穫後、風通しのよい日陰で10日程度保存することにより、でんぷんが糖化し、ほどよい甘さとホクホク感のあるかぼちゃとなります。丸ごと一玉保存するなら、冷暗所でかなり長期間保存可能です。切ったかぼちゃは、種子やワタを取り除きラップを掛けて野菜室で保存すると長持ちします。

■成分・特性
かぼちゃは高カロリーで主食の代替にも最適な食材と言われており、ビタミン類も豊富な緑黄色野菜の代表です。西洋かぼちゃでβカロテン含有量が4,000μgと多く、ビタミンCやビタミンB群も含まれています。日本かぼちゃは、西洋かぼちゃに比べビタミン類が少ない傾向にあるとも言われています。

■“かぼちゃ”の豆知識!
イタリア料理などに使われるズッキーニは、ペポカボチャに分類されます。ズッキーニの収穫は、開花から5日〜7日たった頃が適しています。皮にククルビタシンという苦味成分がありますが、加熱することにより少なくなります。
日本かぼちゃは煮物など、西洋かぼちゃはソテーやフライに適しています。皮は栄養価が高いため、できるだけ皮ごと調理するとよいでしょう。
みなさんも毎日の食卓に、旬の食材を取り入れ健康な生活を心掛けましょう!!

むらかみ しほこ
posted at 2015/09/14 13:24:18
lastupdate at 2015/09/14 13:24:18
修正