【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/11/16 :: 【第195話】旬の食材シリーズ【じゃがいも】
11月も後半になり、札幌もいよいよ雪のたよりが近づいてきました。
朝晩は気温もぐんっと下がり、これからは体調管理に一番気をつけなくてはいけませんね。
食事も旬の野菜をたっぷりとって、元気に過ごしていきましょう。
今回の旬の食材シリーズは、北海道を代表する野菜の横綱『じゃがいも』です。
旬の食材『じゃがいも』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【じゃがいも】(ナス科ナス属) ※旬は9月〜12月!!$img1!!
「じゃがいも」の原産地南米アンデス山脈からメキシコで、16世紀にインカ帝国を滅ぼしたスペイン人によってヨーロッパに持ち帰られました。日本へは江戸時代のはじめにオランダ人が長崎に持ち込んだのが最初で、ジャワのジャガタラ港経由だった為「ジャガタライモ」と呼ばれ、さらに「じゃがいも」と呼ばれるようになったと言われています。
北海道での栽培の歴史は1706年にせたな町で作られた記録が最も古いものです。その後、北海道の冷涼な土地がじゃがいもの栽培に適すると判断され、開拓使を中心に沢山の品種が持ち込まれたとされています。

■【じゃがいも】の選び方
・大きすぎるものは空洞がある可能性がある
・持ったときに重量感がある
・しわが少なく表面がなめらかで、ふっくらした形をしている

■保存方法
じゃがいもは光があたると、緑色に変色し苦みが出ます。これはソラニンという物質で、芽に多く含まれており大量に食べると吐き気などを起こします。暗い場所で、またできるだけ新陳代謝を抑えるために低温の場所に保存しましょう。りんごと一緒の袋に保存すると、エチレンガスの影響で発芽しにくくなります。

■成分・特性
「じゃがいも」は、ビタミンCを多く含んでおり、さらに主成分のでんぷんが加熱によるビタミンCの破壊を防ぐため、より効率的に摂取することが可能です。でんぷんを多く含むため炭水化物の多い作物です。

■調理法
「じゃがいも」は焼く、ゆでる、揚げるなどさまざまな調理の仕方がありますが、品種により向き不向きがあるため、特徴にあった調理をしましょう。ゆでる場合は、皮がついたままゆで、あとから皮をむく方が、水っぽくならず、ビタミンCの損失も少なくなります。

■「じゃがいも」の豆知識
じゃがいもはフランス語で「大地のリンゴ」と呼ばれています。これはでんぷん質以外にもビタミン類やカリウムなどを豊富に含んでいるからです。大航海時代には、長い船旅により野菜不足から船員たちは壊血病に悩まされました。このため長期保存でき、ビタミンCを多く含むじゃがいもが積み込まれ、長い航海を支えたとも言われています。

みなさんも「じゃがいも」など、旬の野菜をしっかり食べて体力を温存させ、元気に師走を迎えましょう!

むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第65話】バーベキューにはジンギスカンと行者ニンニク | main | 【第67話】今が旬!初ガツオ »»
«« カテゴリ内前記事(【第65話】バーベキューにはジンギスカンと行者ニンニク) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第67話】今が旬!初ガツオ) »»
2013/05/13
【第66話】北海道タマネギドレッシング シリーズ商品新発売!!
今年の札幌のゴールデンウイークのお天気はさんざんでしたね。
御天道様(おてんとうさま)を拝むことなくゴールデンウィークが過ぎ去ったように思えます。
せめて桜の開花時期のお天気だけは良くあって欲しいものですね。

さて、そんなモヤモヤを払しょくするようなお知らせがございます。
この度、日本野菜ソムリエ協会主催 調味料選手権2012サラダ部門最優秀賞受賞商品「北海道タマネギドレッシング」のシリーズ製品「北海道タマネギドレッシング“カレースパイス”」と「北海道タマネギドレッシング“青じそ”」の2品を5月10日(金)より発売いたします。

それぞれの概要は以下の通りですが、商品の用途や使用例等は今後のブログの中で随時発表していきますので、皆さんご期待下さいね。
従来のレギュラータイプ同様、ご愛顧賜りますよう宜しくお願いいたします。

1.「北海道タマネギドレッシング カレースパイス」200ml 650円(税別)
<商品特徴>
北海道タマネギドレッシングのカレータイプ。特許製法で旨みを15倍まで高めた玉葱とカレースパイスのコンビは絶品です。甘口ですのでお子様でもOK!
【第66話】北海道タマネギドレッシング シリーズ商品新発売!!
<原材料名>
ダイスカットたまねぎ(北海道産もみじ系)、食用植物油脂(大豆油・なたね油)、しょうゆ、穀物酢、糖類、(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、レモン果汁、カレー粉、食塩、おろしにんにく、酵母エキス、かつお節調味エキス、調味料(アミノ酸等)、増粘剤、(カラギーナン、キサンタン)、ビタミンB1、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・●・○・

2.「北海道タマネギドレッシング 青じそ」200ml 650円(税別)
<商品特徴>
北海道タマネギドレッシングの青じそタイプ。特許製法で旨みを15倍まで高めた玉葱のコクとシソの味わいが絶妙で、シソが苦手な方でも美味しくいただけます。
【第66話】北海道タマネギドレッシング シリーズ商品新発売!!
<原材料名>
ダイスカットたまねぎ(北海道産もみじ系)、食用植物油脂(大豆油・なたね油)、しょうゆ、穀物酢、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、青紫蘇、レモン果汁、食塩、おろしにんにく、酵母エキス、ホワイトペッパーパウダー、かつお節調味エキス、唐辛子、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(カラギーナン、キサンタン)、ビタミンB1


posted at 2013/05/13 11:22:17
lastupdate at 2013/05/13 11:35:55
修正