【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/03/16 :: 【第161話】花粉症対策

4月から新たな食品機能性表示制度がスタートします。市場規模が1兆2000億円を超えると言われる健康食品ですが、ある一定のエビデンス(根拠)を持った商品は来月からパッケージにその商品が体にどのように機能するかが表示できるようになります。医薬品や特定保健用食品に認定されていない健康食品は、従来では禁止されていたことですから、業界として画期的なことで市場の活性化が大いに期待されます。どのように市場が変化していくか非常に楽しみです。
!!$img1!!さて、桜の開花情報がチラホラ聞こえはじめましたが、それと同時に花粉の飛散情報や花粉症の話も聞くようになりました。花粉症対策は万全ですか?花粉症を防ぐには、花粉に触れないことが鉄則ですし、今、花粉症の症状がなくても花粉に過剰に触れることによって、いつ花粉症になるやもしれません。普段から、そのことを意識して生活する必要がりますね。

<花粉症対策>
!!$img2!!1.室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。家に入る前には衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

2.室内での飛散を防ぐ
スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。


3.体に入る花粉を防ぐ
外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。

花粉症の症状を緩和するお茶やサプリメントを使用するのも効果的ですね。商品を選ぶ際には、しっかりとした商品であることをweb等で確かめてから購入しましょう。

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第64話】北海道タマドレ活用1.ローストビーフ2.タコのカルッパッチョ | main | 【第66話】北海道タマネギドレッシング シリーズ商品新発売!! »»
«« カテゴリ内前記事(【第64話】北海道タマドレ活用1.ローストビーフ2.タコのカルッパッチョ) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第66話】北海道タマネギドレッシング シリーズ商品新発売!! ) »»
2013/05/07
【第65話】バーベキューにはジンギスカンと行者ニンニク
今年のGWも終わってしまいましたね。みなさんはどこへ行きましたか?あいにく、札幌は4日間とも雨が降り、寒くて寒くて、とてもじゃないですがお花見やBBQをする天気ではなかったですね。「あ〜っ、早く外でBBQがしたい!」と思う今日この頃です。

さて、BBQでは肉、野菜、魚介類を焼くのが定番かと思いますが、北海道はジンギスカン・ラム肉(羊肉)を焼くことも多いです。このジンギスカンに合う野菜といえばモヤシやタマネギ、ピーマン、カボチャなどですが、時期的にもおすすめなのが山菜の「行者ニンニク」です。
【第65話】バーベキューにはジンギスカンと行者ニンニク

行者ニンニクは名前のとおり、昔、修行をする行者さんが山に入ったときに滋養強壮のために食べていた「ニンニクに似た匂いをもつ山菜」で、春時期に北海道で採れます。アイヌ語でヒトビロやキトピロ等とも呼ばれています。
行者ニンニクには硫化アリルという健康成分がなんとニンニクの4倍以上含んでおり、滋養強壮のほか、抗菌作用、血流サラサラ作用などウイルスから身を守る・風邪予防にも効果的な山菜です。
連休明けでなんだか身体がだるい、風邪気味の方にはジンギスカンと一緒に食べて栄養を補給できるのでおすすめです。
【第65話】バーベキューにはジンギスカンと行者ニンニク

更に、ジンギスカン・ラム肉はカルニチンが多く含まれているのでダイエット効果が期待できます。カルニチンには脂肪を燃焼する働きがあり、ダイエットサプリとして『カルニチンダイエット』なるものも目にします。とはいえご飯と一緒に食べ過ぎると、もちろん太ってしまうでしょうが、鉄分やタンパク質なども豊富な食材なので身体に嬉しいですね。

北海道ではお馴染みのジンギスカンも、本州に行くと「食べたことがない」という方も多くいらっしゃるでしょうから、是非、今年のBBQにはジンギスカンに挑戦してみては?
もちろんご自宅でフライパンやホットプレートでも美味しく食べられますよ。

posted at 2013/05/07 15:19:22
lastupdate at 2013/05/07 15:19:22
修正