【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/12/22 :: 【第149話】アデノウィルス!?ってご存知ですか?
!!$img1!!これからだんだん感染者が増えていくインフルエンザは、そのピークが通常2月終わりから3月にかけてが最大と言われ、今年は10月5日の時点で休校、学年閉鎖、学級閉鎖があった学校施設が24施設(前年は1施設)も数えました。その結果、「今年は流行が早いのでは!?」などといった報道が盛んにされていたことも記憶に新しいです。
インフルエンザはあまりにも有名であるため、知らない人はいませんが、このアデノウィルスは意外に知られていないのですが、インフルエンザの次に発症する頻度が高いウィルスです。今回はこのアデノウィルスについてご紹介します。


<アデノウィルスとは?>
!!$img2!!インフルエンザは冬場の感染が圧倒的に多く、症状としては高熱・関節痛・全身倦怠感などが特徴的ですが、アデノウィルスの感染には特に季節性がなく、症状も軽い風邪から扁桃腺炎、肺炎、さらには結膜炎、下痢、嘔吐などの多岐にわたり、アデノウィルスの型は50種類あるとも言われています。

<アデノウィルスの症状>
アデノウィルスの潜伏期間は5日〜7日間程度で、感染経路は「クシャミなどの飛沫感染(ひまつかんせん)」、「便などの糞口感染(ふんこうかんせん)」、「キスなどの接触感染(せっしょくかんせん)」です。症状は感染するアデノウィルスの型によって違ってきますが、代表的な症状として以下3つが挙げられます。

!!$img3!!@咽頭炎(のどの腫れ・痛み)
A結膜炎(目やに、目の充血)
B高熱(38度以上の高熱)



上記3つの症状を咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)と呼びます。アデノウィルスは非常に感染力が強い
ウィルスですから咽頭結膜熱と診断された場合は、社会人は基本的に出勤を控えましょう。
ちなみに、幼稚園児や小中学生の場合は文部科学省が登園・登校の禁止に指定しております。


<アデノウィルスの治療>
アデノウィルス単体に効果のある抗ウイルス剤は、今のところ残念ながらありません。したがって治療に関しては対症療法が主で、自然治癒力に頼らざるをえません。
お医者さんの指示に従いながら、回復を積極的に考えて安静第一を心掛けましょう。

−治療期間の目安−
@咽頭炎(のどの腫れ・痛み)  : 3日〜7日間
A結膜炎(目やに、目の充血) : 7日〜10日間
B高熱(38度以上の高熱)   : 4日〜7日間


病気にならないことが何よりです。健康の基本は食事×運動×休息(睡眠)にあります。普段から規則正しい生活・食習慣をこころがけ、体の免疫力を高めることをこころがけてください。

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第59話】人気のたまねぎの氷の活用レシピ | main | 【第61話】紫外線対策始めましょう »»
«« カテゴリ内前記事(【第59話】人気のたまねぎの氷の活用レシピ) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第61話】紫外線対策始めましょう ) »»
2013/04/01
【第60話】新年度スタート。はしかにご注意!
一般的に新年度・平成25年度がスタートする4月1日、全国的に温かい陽気にめぐまれて何よりです。皆様の温かいご支援・ご協力に支えられサッポロはまやも本年度を迎える事ができ感謝の気持ちで一杯です。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

さて、進学、就職などで人の移動が多いこの時期、小学校や高校・大学等の入学といったタイミングでは、たくさんの人と接触する他、今までの生活環境も変わるため、それまで感染していなかった感染症などの病気にかかる人も多いようです。特にこの時期、小児に増えるのが麻疹(はしか)です。麻疹は空気感染し感染力も強いので注意するひつようがあります。本日は麻疹についてです。

<麻疹とは>
咳(せき)、高熱、発疹を伴う小児期の急性ウイルス(パラミキソウイルス群RNAウィルス)性疾患。体の免疫が強く侵され、肺炎や脳炎といった重い合併症を伴うこともある重症度の高い疾患のひとつです。

                <症状>                             
【第60話】新年度スタート。はしかにご注意!38度以上の発熱が続き、咳、結膜炎症状が現れます。また口の中に発疹が現れるのが特徴的で、さらに発疹は顔や手足などの全体に広がっていきます。




<治療と予防>
ワクチンを接種して発症そのものを予防するのが最も効果的かつ重要ですが、発症してしまった場合は、ウイルスに対しての特効薬が無いので対象療法にとどまらざるを得ないのが現状です。
発症してしまった場合は小児科、成人の場合は内科あるいは皮膚科を受診し、医師の判断を仰いでください。

麻疹にかかってしまった場合は安静にしてマスクを着用し、人との接触を避けるなど、人にうつさないようにしましょう!

日頃から規則正しい生活を心がけ免疫力の低下に注意してくださいね。

posted at 2013/04/01 17:38:26
lastupdate at 2013/04/01 17:38:26
修正