【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 04   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/10/06 :: 【第189話】旬の食材シリーズ【だいこん】

いよいよ10月に入り、今年もあと2ヶ月となりました。
秋とくれば食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋と楽しいことが沢山ありますね!
子供たちも幼稚園や学校生活など元気に2学期を過ごしていることと思います。
今回の旬の食材シリーズは、日本人にもっともなじみのある根菜『だいこん』です。
旬の食材『だいこん』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【だいこん】(アブラナ科ダイコン属) ※旬は7月〜11月!!$img1!!
「だいこん」は、アブラナ科の1・2年草で、原産地は諸説あり特定されていませんが、中央アジアから中国が原産地の一つとされています。かなり古くから食されており、その歴史は紀元前400年にさかのぼると中国の書物に記されています。日本へは8世紀に中国より渡来したとの説があり、その後品種改良などで分化が進み、さまざまな大根が誕生したといわれています。
日本の栽培種は、現在、他の国のだいこんと比べ非常に大型で、水分が多く、おろしにしても辛くない「青首だいこん」が利用の主体を占めています。

■【だいこん】の選び方
≪葉≫・・・緑色が鮮やかで、切り口がみずみずしく、花茎が出ていない
       切り口に「す」が入っていない(「す」が入っていると根にも入っているため)
≪表面(上部)≫・・・肩部の緑色が鮮やかである
≪表面(下部)≫・・・ひげ根の跡が直線上に並び、その穴が小さい
≪表面(全体)≫・・・全体に光沢があり、皮に張りがある

■保存方法
保存する場合は必ず葉を切り取ります。貯蔵性が良いため、冷蔵庫の冷蔵室でラップに包み貯蔵すると2ケ月程度は保存できます。冬期間はむろや土中での貯蔵も可能です。

■成分・特性
だいこんの根には水分が多く、成分としては特徴的なものはありません。しかし、でんぷん分解酵素のアミラーゼを多く含んでいます。だいこんの辛味は、シニグリンという物質が分解されてできるカラシ油によるものです。
葉は、緑黄色野菜であり、無機質やビタミン類を豊富に含んでいます。

■調理法
葉は、買ったその日のうちにすぐ調理します。だいこんおろしは時間がたつと辛味やビタミン類が損なわれるため、食べる直前におろしましょう。真ん中の部分は甘味があるため、煮物に適しています。

■ “だいこん”の豆知識!
年間における「だいこん」一人あたりの消費量はキャベツ・タマネギに次いで多く、5kg前後といわれています。
理由はその調理用途の広さと、漬物用途(たくわん)を主体に需要が大きいためと思われます。江戸時代などでは、一本のだいこんを部位により使い分け、比較的甘い頭部はだいこんおろしに、中間部は肉質が均一なためおでんに、下部(しっぽ側)は繊維質が多いので切り干し大根として利用されていたといわれています。
みなさんも毎日の食卓に、旬の食材「だいこん」を取り入れ健康な生活を心掛けましょう!!

むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【商品紹介】 冷凍北海道BRCタマネギ氷結ペースト(キューブタイプ) | main | 【第59話】人気のたまねぎの氷の活用レシピ »»
«« カテゴリ内前記事(【第57話】春野菜を楽しみ、健康に) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第59話】人気のたまねぎの氷の活用レシピ) »»
2013/03/18
【第58話】北海道タマドレ活用1.菜の花とミニトマトのパスタ
♪菜のは〜な畑に入〜り〜日うすれ〜・・・♪
ようやっと北海道にもかすかな春の訪れを感じれるようになりましたね。
今年の冬は雪が大変で大変で・・・。会社と自宅の雪かきで体が痛い日が何度もありました・・・。

今回は、春よ早く来い!!!という願いも込めて、春の代表的な風物詩の1つである菜の花を使った「菜の花とミニトマトのパスタ」を作りました。
ほんのり苦い菜の花と北海道タマネギドレッシングのコク、そしてミニトマトの甘酸っぱさが絶妙のバランス。菜の花が手に入らない時はホウレンソウもいいかも?お好みでパルメザンチーズを振ったら、まさにレストランの一品に大変身。
とっても手軽で簡単ですから、是非一度お試しください。

<北海道タマドレ菜の花パスタレシピ【2人前】>

−材料−                    
➀菜の花1/2束
Aパスタ160g
Bミニトマト10個
C塩
D胡椒
E北海道タマネギドレッシング

【第58話】北海道タマドレ活用1.菜の花とミニトマトのパスタ
−作り方−
1.➀菜の花は使うまで冷水につけておく。
塩少々を加えたたっぷりのお湯でゆでザルにあけて冷まし、
水けを絞って食べやすい長さに切る。
2.Bミニトマトはヘタをとり半分に切る。
3.Aパスタをお好み硬さに茹でる。
4.パスタが茹であがったらパスタと➀とB、そしてD大さじ5杯を
大きめのボウルに入れて和える。最後に塩・胡椒で味を調える。
チーズがお好きな方は食べる前にパルメザンチーズを一振りすると、より美味しいです。
posted at 2013/03/18 17:35:22
lastupdate at 2013/04/15 15:07:58
修正