【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/03/23 :: 【第162話】旬の食材シリーズ【ほんれんそう】
まもなく3月も終わりを迎え、4月からはいよいよ新年度!
新しい環境がスタートする方も多くいらっしゃると思います。この時期は体調も崩しやすいため、しっかり食べ、良い睡眠をとり健康管理に留意したいものです。
今回から“旬の食材シリーズ”として、その時期の旬の野菜や果物などについて色々な知識や情報などを発信していきたいと考えます。

■今が旬の野菜【ほうれんそう】(アカザ科 ホウレンソウ属)!!$img1!!
ほうれんそうは鉄など無機質も豊富で代表的な緑黄色野菜と言われています。
生育途中のかなり若い葉を食用とします。原産地はアフガニスタン周辺の中央アジアといわれていますが、日本へは中国より17世紀初めに伝えられ、これが日本在来種となっています。

ほうれんそうは1、2年生草本で、生育は比較的早く、北海道では春から秋にかけて約30日で収穫を迎えます。生育適温は15〜20℃で、低温には比較的よく耐え北海道でも雪の下などで越冬栽培が可能です。しかし耐暑性は弱く、25℃以上あると発芽が不良となり、生育が停滞するなど、生育不良となってしまいます。

■ほうれんその選び方
・葉と葉柄のバランスがよい
・葉の色が適度に濃く鮮やかである
・葉先までピンとしており、手で持つとしっかり立つ
・切り口が変色していない

■保存方法
日持ちが悪いため早めに使いきるようにします。濡れた新聞紙に包み、全体をポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ立てて保存します。冷凍する場合は固めに茹で、根元を切り離し、水気を切ってラップなどで密封してから保存して下さい。

■調理方法
アク抜きが重要ですが、電子レンジでラップに包んで調理するだけではアクが抜けにくいので注意しましょう。また、茹ですぎてもビタミンCが損なわれるため、「手早く短時間で」調理することが重要です。

■“ほうれんそう”の豆知識
「ほうれんそう」には、ビタミン類の他、血液成分の鉄が豊富に含まれています。しかし、体によいとされる成分だけではなく、利用法によっては害になる成分も含まれています。それは硝酸とシュウ酸で硝酸は体内で変化し、発ガン物質に変わる可能性があります。またシュウ酸は石灰と結びつき結石の原因となる物質です。いずれも、多量に生で食べなければ問題になりませんが、茹でて水にさらすことで60%〜70%減少します。
日本人が昔から食べていた「おひたし」は、このような面から考えても合理的な調理法ですね。
みなさんも旬の野菜を食べて体にいい食生活を送りましょう!!

all photo

Recent Diary

«« 【第55話】万能たまねぎ氷! | main | 【第57話】春野菜を楽しみ、健康に »»
«« カテゴリ内前記事(【第55話】万能たまねぎ氷!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第57話】春野菜を楽しみ、健康に) »»
2013/03/04
【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風


昨年7月発売の北海道タマネギドレッシング(北海道タマドレ)!発売から7ヶ月経ち、おかげさまで多くの方に購入いただき、確実にリピート購入されるお客様が増えております。
また購入とともに、さまざまな北海道タマドレの活用法を頂戴しておりますので、「これは!」というものを実際に家でつくり、試してみました。
【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風
まずはお勧め定番の「ローストビーフ@」。
和風ベースの醤油タレにタマネギのうまみが加わった少し甘めのドレッシングはお肉との相性がピッタリですね。お肉のうまみにドレッシングが加わり、新たな肉汁となってお口の中に広がります。【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風
また薬味を添えるならヤマワサビが一番!スーパーの総菜コーナーのローストビーフが高級専門店の1品に早替わり。
これだけでご飯3杯いけちゃいますね。
(写真の黒色のつぶつぶは黒コショウです)


【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風 続いてはタコのカルパッチョ風の一品。

お刺身と言えば、お醤油とワサビが基本中の基本ですよね。しかしながら北海道タマドレはお刺身にも良く合うのです。
特にタコのお刺身にはうってつけで、あっさりして噛めば噛むほど出てくるタコの味が、北海道タマドレをかけると初めからガツンやってきます!
特にタマネギのつぶつぶ感がタコの味わいに一層の深みを与えますね。

この度紹介のつけあわせにはプチトマトと茹でたブロッコリーを使用しましたが、北海道タマンドレはブロッコリー、特に温野菜に合うようです。
posted at 2013/03/04 17:30:28
lastupdate at 2013/03/04 17:34:33
修正