【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/07/23 :: 【第25話】良い汗と悪い汗とは?
\|/
― ○ ―
/|\  夏になると気になるのが汗!この時期は少しでも動くとじわっと汗をかいてしまいます。
私も携帯用の汗拭きシートで小まめに体を拭きますが、汗には「良い汗・悪い汗」があることをご存知でしたか?
☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆
╋─┳─┳─┳─┳─┳─┳─╋
│良 い 汗 と は ?             │ 
╋─┻─┻─┻─┻─┻─┻─╋─┳─┳─┳─┳─┳─┳─╋
              │悪 い 汗 と は ?             
              ╋─┻─┻─┻─┻─┻─┻─╋
!!$img1!!

良い汗とは、さらさらしている水のような汗のことをいいます。
逆に悪い汗とは、ネバネバして乾きにくい汗をいいます。
そもそも汗はなぜ出るのかというと、体温を調節するためです。
普段流している汗が良い汗か悪い汗かを判断するのは、先ほども書いた特徴にある様にサラサラしているか、ネバネバしているか。そして悪い汗は雑菌の繁殖を促し、結果として汗の臭いの原因になります。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
さらに、悪い汗は塩分も多く出てしまいます。
血液の水分量は塩分の量で決められており、水分を補給しても体内の塩分が少なければ尿として排出されます。その結果、血液がドロドロになり汗をかかなくなって体温も上昇し、熱中症の原因にもなります。
夏は臭いも気になる季節。普段から良い汗をかきたいですが、環境によって悪い汗をかいてしまうのが現実です。
例えば、
・ 乱れた食生活 ・不規則な生活習慣にストレス社会 ・運動不足など
です。
また、エアコンが効いていることにより、汗腺(汗のでる穴)の機能が衰えて、汗腺に不純物が溜まり臭いの原因になります。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
現代社会では悪い汗をかきやすい環境ではありますが、汗腺の働きを活発にさせることで良い汗に変わります。
不規則な生活を規則正しく、睡眠・運動・食事をバランスよく摂ること。スポーツで汗を流したり、半身浴で汗腺を活発にする汗腺トレーニングにより、さらっとした良い汗に変わります。
皆さんも、良い汗をかいて夏を過ごしましょう。
はまやスタッフ:U

all photo

Recent Diary

«« 【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』 | main | 【第7話】生活習慣病の予防・改善に運動が大切! »»
«« カテゴリ内前記事(【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第7話】生活習慣病の予防・改善に運動が大切!) »»
2012/03/12
【第6話】なぜ春は眠たいの?

こんにちは。
少しずつ日が落ちるのも遅くなりましたね。気温はまだまだ低いですが、日中にお天道(てんと)さまの暖かい日差しを感じると「春だな〜」と思います。
さて、春って眠気を感じること多くありません?
私だけでしょうか?
【第6話】なぜ春は眠たいの?




少し調べてみましたら医学的には解明されて
いないようですが、原因は、
                
1.自立神経の乱れ
2.日照時間の変化
3.ビタミンB群の不足
などなどが考えられるそうです。

1.自立神経の乱れとは
春は気温の変化が激しいため、活動する神経とリラックスする神経が気温の変化についていくのに必死に働きます。その変化に対応しきれずバランスが乱れると眠くなる。
2.日照時間の変化とは
冬から春に向けて日照時間は長くなります。眠気を誘う『メラトニン』という脳内物質が暗さを感じると分泌され、その分泌(量)が冬から春の日照時間の変化にうまく調整できないと眠くなる。

3.ビタミンB群の不足とは
暖かくなると新陳代謝(細胞等の生まれ変わり)が活発になり、たくさんのエネルギーが必要になります。
糖質をエネルギーに変える役割をはたすビタミンB₁などが消費されて“だるさ”などの症状が起き、その結果眠くなる。

それでは、眠気とうまく付き合っていくにはどのような方法があるでしょう?
それは、
●ビタミンB群の補給=納豆・豆腐・豚肉などを摂取する。
●短い仮眠をとる=昼食後に10〜20分ほど昼寝する。
●平日と休日の睡眠時間差を小さくして睡眠不足症候群を防ぐ。
ことです。
春は暖かくなり外へのお出かけも多くなる季節です。せっかくの休日なのに「眠たくてスッキリしない」のはもったいないですよね。常に眠たい・・・方は、是非上記事項のお試しを!
※はまやスタッフ:ひまわりU
posted at 2012/03/12 12:04:19
lastupdate at 2012/03/19 17:23:56
修正