【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/03/17 :: 【第109話】代謝UPでムダをスッキリ!
冬の間に活動量が減り、すっかり体に脂肪がついてしまったことを感じます。そろそろ春服になるので、もう隠せませんね。ちょっと運動したくらいじゃ脂肪は落ちないし、それ以前に落ちにくい体に・・・。さすがに年齢を感じる今日この頃です。
この落ちにくさは、年のせい!?ということにしておきましょう。


人は年齢とともに代謝が落ちますが、
代謝は食事や生活習慣により上げることができるそうです。
代謝を上げて体についた脂肪を落とす、そして太りにくい体に改善していきたいですね!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
今から始められる代謝を上げる食生活・代謝をあげる食材。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

&#10687;タンパク質・・・・豆腐、納豆、卵、白身魚、赤身の肉
 筋肉の元となる栄養素。代謝の中でも基礎代謝(安静な状態で消費されるエネルギー)として一番消費されるのが筋肉です。筋肉量が多いほど消費エネルギーも多く、逆に筋肉が少ないと脂肪量が多く痩せにくくなります。

&#10687;香辛料・・・・にんにく、唐辛子、カレー粉
 発汗作用のある香辛料は体を温め、代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすくします。
体温が上がれば基礎代謝も上がり、血液やリンパの流れも良くなります。

&#10687;アミノ酸・・・・牛乳、チーズ、鮭、ホタテなどの魚介類、鶏肉、豚肉
 いくつものアミノ酸の中でも、リジン、アルギニン、アラニン、プロリンは脂肪を燃焼しエネルギーに変換する効果の高いアミノ酸です。

&#10687;ビタミンB群・・・・豚肉、うなぎ、まぐろ、卵、牛乳、玄米、納豆
 糖質の代謝に使われるビタミンB&#8321;、脂質の代謝に使われるビタミンB&#8322;、その他にビタミンB&#8326;、B&#8321;&#8322;などビタミンB群は代謝をサポートする栄養素です。

代謝をあげる食品を1日3食、毎日なるべく同時刻に摂ることが重要です。
どか喰いや夜遅くの食事はエネルギーを消費しきれず、脂肪として体につきますので気をつけましょう。
代謝を上げて年齢に負けない体をつくりましょう。

!!$img1!!      はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第54話】花粉症シーズン到来! | main | 【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風 »»
«« カテゴリ内前記事(【第54話】花粉症シーズン到来!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風) »»
2013/02/27
【第55話】万能たまねぎ氷!
昨年の秋からじわじわと流行りだした「たまねぎ氷(ごおり)」って食べものご存じですか?
たまねぎ氷は簡単に言うと、その名の通り「たまねぎ」を凍らせたもの(作り方は以下参照)ですが、この「たまねぎ氷」はダイエットや免疫力UP、糖尿病の方にもおすすめ!と効果が万能。
もともと血液サラサラなど「たまねぎ」の効能は広く知られていますが、その新しい食べ方が話題になっています。
そして、この「たまねぎ氷」は簡単に作れて、色々な料理に入れるだけで健康が保てることが一番のポイントです。

<<たまねぎ氷の主な効能>>
たまねぎにはケルセチン、イソアリイン、セレンなどの成分が含まれており、高血圧、糖尿病予防、認知症予防、冷え症・便秘・肩こり改善など幅広い効能が確認されています。【第55話】万能たまねぎ氷!




<<たまねぎ氷の作り方>>
たまねぎをレンジでたまねぎがくたくたに柔らかくなるまで温め、ミキサーにかけてドロドロのペースト状にします。それを製氷皿に流し込み、冷凍庫に入れます。完全に凍ったらOKです。

<<たまねぎ氷を使った簡単な調理法>>
製氷皿の大きさにもよりますが、1日約50g(製氷皿で2個分)摂取するのを目安にしてください。
みそ汁やスープなどの汁物や、解凍後、野菜炒めなどの炒め物といっしょに炒め(この場合はたり、お米を炊く際に入れたりと、ありとあらゆるレシピに対応できます。【第55話】万能たまねぎ氷!

たまねぎ氷は毎日手軽にたまねぎを摂取できるように考案された食べ物で、健康効果も抜群!1日2個食べればいいと言うわかりやすさと、冷凍保存しておけるので、その都度簡単に玉葱が使える手軽さが続けられる秘訣です。
更に、一度加熱をしているのでたまねぎの旨み・甘みが増し、料理がより美味しくなります。
たまねぎ氷を摂取してから1週間で効果が現れるという声もあるので、一度作ってみる価値はあるでしょう。


posted at 2013/02/27 10:28:17
lastupdate at 2013/04/17 20:05:33
修正