【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/08/31 :: 【第184話】健康増進普及月間
早いもので明日から9月!お盆を過ぎれば、あっという間に秋の風が吹いている札幌です。
夏の間は夏バテ?からなのか食欲があまりわかない日々が続いたのですが、涼しくなり徐々に食欲もでてきました。さらに、これからの時期は旬の美味しい物が多くて、ついつい食べ過ぎてしまいそうです。さて、食の秋について触れましたが、9月は健康増進普及月間です。
食事・運動・生活習慣を見直す良い機会ですのでみなさんも生活を改善する良い期間ですよ。


<< 改善のための3つの運動 >>
■食事
“プラス一皿”今よりも多く野菜をプラスしよう!!!$img1!!
日本人の1日の野菜摂取推奨量は350gと言われ、平均摂取量に一皿分(約70g)が不足していると言われています。さらに、食の偏りが現代人には多く、亜鉛や食物繊維、カルシウムなどが不足しがちな栄養素として挙げられ、逆に塩分や脂質、糖分は摂り過ぎによる生活習慣病への注意が必要です。

■運動
“プラス10分”今よりも多く運動をしよう!!!$img2!!
日常生活の中でプラス10分体を動かすことを目標に運動を取入れることで、健康な体をつくりましょう。


■生活習慣
“タバコの煙はマイナス”禁煙しよう!
喫煙は肺がんや心臓病のもとにもなりかねません。また、受動喫煙も同じです。喫煙は健康や美容面には毒です。最近は分煙されている建物や施設が増え、喫煙者も減少していますが自分の体だけではなく、家族、周り人たちの健康を害すタバコは控えましょう。
生活習慣で気をつけるものは喫煙だけではなく、飲酒も同じです。健診で問題がなくても自発的に休肝日をつくり、飲む日は適量(一般的にはビール中瓶1本)を楽しむ習慣をつくりましょう。

さらに健康診断へ行きましょう!
自分は健康だ、気になるところがないからといって何年も健康診断へ行かず、早期発見できた病も進行して手遅れになる場合もあります。
特に定期健康診断に行く機会がない主婦やアルバイトの方などは、健診費用が負担になり受診率が低い傾向にあります。したがって大変の方は自身の健康状態を知ることができていません。自治体によっては健診費用の補助制度を用意している場合がありますので確認し、健診するよう心がけましょう。

日常生活の中で以前よりも疲れやすい、風邪をひきやすくなった、お酒が弱くなった気がする、、、など年齢のせいだと見過ごしてしまう症状も、隠れた病気のサインかもしれません。この機会に始めること、やめること、体にとって大事なことを見直してみましょう!

はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる! | main | 【第55話】万能たまねぎ氷! »»
«« カテゴリ内前記事(【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第55話】万能たまねぎ氷!) »»
2013/02/18
【第54話】花粉症シーズン到来!
【第54話】花粉症シーズン到来!今年もまた花粉飛散の時期がやってきました。花粉症の方にとっては重たい季節ですね。1961年に花粉症が発見されてから約50年間で発症数が急増し、現在では日本人の約25%の3000万人が花粉症だと言われています。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。花粉症は原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。



1.季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節に発症します。日本では50種類以上もの植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
<主なアレルゲン>
スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバ等
<症状>
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ・充血などを伴う場合が多く、その他、のど・皮膚のかゆみ・・・時には下痢や発熱を伴うこともあります。

2.通年性アレルギー性鼻炎
アレルギーを引き起こすアレルゲンが一年中ありますので、症状も年間を通して発症します。
<主なアレルゲン>
ハウスダスト(ちり・ダニ)、ゴキブリなどの昆虫・ペットの毛・フケなど。
<症状>
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ、鼻みず、鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。


【第54話】花粉症シーズン到来!【花粉症対策】
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の場合は花粉に触れないことが鉄則です。全く花粉に触れないことなどは、なかなか難しいですが心がけがけと対策が重要です。
@室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。家に入る前には衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

A 室内での飛散を防ぐ
スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。

B体に入る花粉を防ぐ
外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。


posted at 2013/02/18 15:04:40
lastupdate at 2013/02/18 15:04:40
修正