【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 02   «« »»
01
T
 
02
F
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/09/17 :: 【第84話】秋といえば・・・
9月中旬になり北海道ではすっかり秋の気配を感じる季節となりましたが、“秋といえば○○!!”なにを想像されますか?

紅葉の秋/行楽の秋/食欲の秋/芸術の秋/読書の秋・・・など、秋は本当に色々と楽しくそして美味しい味覚がいっぱいですよね。
今回はその中でも秋の味覚の代名詞『秋刀魚(さんま)』についてお話したいと思います。

「サンマ」は、北海道沖から三陸沖にかけての水揚げが国内全漁獲量の約80%を占めています。『秋刀魚が出ると按摩(あんま)が引っ込む』ということわざがあるくらい、豊富な栄養素を含む魚として愛されてきました。
栄養成分は、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。EPAには、血液をサラサラにし、血栓を予防する作用があります。血栓を予防することができれば、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病を予防することができます。
DHAは脳細胞に行き渡り、脳内の細い血管にも弾力を与え、酸素や栄養素を全体に送ります。さらに、体内の悪玉コレステロールを減らす作用もあります。
そして、もう一つの注目すべき特徴は良質なタンパク質。サンマに含まれるアミノ酸は、体内に吸収されやすいという特徴がございます。

他にも、ビタミンやカルシウム、鉄分なども豊富に含まれ、特に精神を安定させたり、血液の循環をよくしたり、貧血を予防したりするビタミンB2が豊富で、その含有量は他の魚の3倍以上とも言われています。眼精疲労やガン予防にも効くビタミンAも豊富です。

<活きのよいサンマの選び方>!!$img1!!
・黒目のまわりが透明で、赤く濁っていないもの
・下口先や尾のつけ根が黄色く、全体的に光沢があり鱗(うろこ)が落ちていないもの
・比較的大型で肉厚なものが、脂がのって美味しい

新鮮で脂のった「サンマ」は、塩焼きが一番美味しいといわれています。脂を落としきらないよう、遠目の強火で焼き上げます。消化酵素であるアミラーゼを含む大根おろしとの相性が大変良いといわれています。
これからの季節皆さんも味覚の秋を楽しんでくださいね♪


店長 むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる! | main | 【第55話】万能たまねぎ氷! »»
«« カテゴリ内前記事(【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第55話】万能たまねぎ氷!) »»
2013/02/18
【第54話】花粉症シーズン到来!
【第54話】花粉症シーズン到来!今年もまた花粉飛散の時期がやってきました。花粉症の方にとっては重たい季節ですね。1961年に花粉症が発見されてから約50年間で発症数が急増し、現在では日本人の約25%の3000万人が花粉症だと言われています。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。花粉症は原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。



1.季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節に発症します。日本では50種類以上もの植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
<主なアレルゲン>
スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバ等
<症状>
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ・充血などを伴う場合が多く、その他、のど・皮膚のかゆみ・・・時には下痢や発熱を伴うこともあります。

2.通年性アレルギー性鼻炎
アレルギーを引き起こすアレルゲンが一年中ありますので、症状も年間を通して発症します。
<主なアレルゲン>
ハウスダスト(ちり・ダニ)、ゴキブリなどの昆虫・ペットの毛・フケなど。
<症状>
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ、鼻みず、鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。


【第54話】花粉症シーズン到来!【花粉症対策】
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の場合は花粉に触れないことが鉄則です。全く花粉に触れないことなどは、なかなか難しいですが心がけがけと対策が重要です。
@室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。家に入る前には衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

A 室内での飛散を防ぐ
スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。

B体に入る花粉を防ぐ
外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。


posted at 2013/02/18 15:04:40
lastupdate at 2013/02/18 15:04:40
修正