【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 06   «« »»
01
F
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/05/09 :: 【第14話】イライラストレス解消法
今年のゴールデンウィークの後半は御天道様に嫌われて最悪でしたね。ほとんど何処にも行けず、4歳になる息子と外遊びのために買った「屋外お遊びセット」も不発に終わり、イライラしっぱなしでストレスのたまるゴールデンウィークでした。
!!$img1!!

ところで、このイライラストレスはどのように解消することができるのでしょうか?イライラストレスの原因は大きく分けて2つあります。
1つは仕事・会社・人間関係・家庭環境といった外的要因によるもの。そしてもう1つは、ミネラル・ビタミン、ブドウ糖の不足といった栄養バランスの乱れからくる内的要因によるものです。

科学技術・IT技術の目覚ましい進歩により、社会変化が著しい現代社会において、前者は避けて通れませんが、後者は自己努力で何とか対応できそうですね。日頃からバランスの良い食事を心がけたいものですね。


<ビタミン・ミネラル等の不足によって起こるイライラ※( )内は多く含む食品>
□マグネシウム不足(ごま、青のり、いんげん豆、するめ、油揚げ)
精神安定作用があるため落ち着かない、興奮しやすくなる。

□鉄不足(豚・鳥レバー、パセリ、あさり、しじみ、卵黄)
ストレス抵抗力の低下を招き、怒りっぽい、注意力が散漫になる。

□亜鉛不足(生牡蠣、豚レバー、ほや、牛肉肩、牛肉肩ロース)
中枢神経の形成と機能維持に影響し、脳活性の低下からストレス抵抗力を弱める。

□マンガン不足(しょうが、日本茶・玉露、しそ、バジル、中国ぐり)
脳神経の刺激伝達が正常に働かず、いきりたったり、愚痴っぽくなる。

□モリブデン不足(きなこ、大豆、落花生、枝豆、玄米)
神経系の働きの阻害によって注意力低下、睡眠障害になる。

□ビタミンB群不足
「精神のビタミン」と呼ばれており、イライラしたり協調性を失う場合がある。ビタミンB群の補給すること
によって学習能力が向上するケースもある。

□ビタミンC不足(アセロラ、焼のり、赤ピーマン、めきゃべつ、ゆず)
ストレスに抵抗するためのホルモンをつくる作用があり、不足すると我慢、忍耐力低下にもなる。

□ビタミンE不足(アーモンド、松の実、らっかせい、すじこ、とうがらし)
脳の酸素の供給をよくする働きがあるため、集中力、精神活動が低下する。

□ブドウ糖不足(炭水化物:米・パン・麺)
ブドウ糖が不足すると脳の働き、判断力、集中力が低下します。すると脳は、ブドウ糖を補給するために肝臓にあるグリコーゲンを分解してブドウ糖を作るよう指令を出します。そのときに出されるのが、攻撃性ホルモンのアドレナリンで、その結果、空腹時はイライラするのです。

all photo

Recent Diary

«« 【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる! | main | 【第55話】万能たまねぎ氷! »»
«« カテゴリ内前記事(【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第55話】万能たまねぎ氷!) »»
2013/02/18
【第54話】花粉症シーズン到来!
【第54話】花粉症シーズン到来!今年もまた花粉飛散の時期がやってきました。花粉症の方にとっては重たい季節ですね。1961年に花粉症が発見されてから約50年間で発症数が急増し、現在では日本人の約25%の3000万人が花粉症だと言われています。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。花粉症は原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。



1.季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節に発症します。日本では50種類以上もの植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
<主なアレルゲン>
スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバ等
<症状>
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ・充血などを伴う場合が多く、その他、のど・皮膚のかゆみ・・・時には下痢や発熱を伴うこともあります。

2.通年性アレルギー性鼻炎
アレルギーを引き起こすアレルゲンが一年中ありますので、症状も年間を通して発症します。
<主なアレルゲン>
ハウスダスト(ちり・ダニ)、ゴキブリなどの昆虫・ペットの毛・フケなど。
<症状>
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ、鼻みず、鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。


【第54話】花粉症シーズン到来!【花粉症対策】
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の場合は花粉に触れないことが鉄則です。全く花粉に触れないことなどは、なかなか難しいですが心がけがけと対策が重要です。
@室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。家に入る前には衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

A 室内での飛散を防ぐ
スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。

B体に入る花粉を防ぐ
外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。


posted at 2013/02/18 15:04:40
lastupdate at 2013/02/18 15:04:40
修正