【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/06/19 :: 【商品紹介】 北海道行者ニンニク 黒玉(くろだま)
     (ほっかいどうギョウジャニンニク くろだま)

!!$img1!!

北海道の山菜の王様といえば「ギョウジャニンニク」です[:にこネコ:]
最近はデパートやスーパーでも販売されるようになってきましたが、
本州では高級食材のようですね。




行者大蒜ですが・・・
「山で修行僧が食べながら荒行を乗り切った」などの伝承がありますが、ニンニク臭のある野草として昔から食されていたようです。行者ニンニクには生育速度が遅いので一度採取されると、同じ大きさ(太さ)になるまで数年かかります。貴重な山菜でもあります。

!!$img3!!
山菜愛好家の方は行者ニンニク群生地は絶対に他人に教えません(鉄則)[:チュー2:]
なぜなら、その生育速度の遅さを知っているからです。
一人でこっそり採りに行く・・・・そんな希少野草なのです。


北海道のどこにでもありそうで、なかなか見つからない→見つからないから奥沢や山奥に入ってしまう→遭難する!または、熊(ヒグマ)に襲われる![:びっくり:](大げさですが毎年事故があります)
これも行者にんにく採りの特徴でもあります。危険な場所ほど沢山採れたりしますので[:失敗:]

一度、天然の行者ニンニクを食べると病みつきになります。
スマップの木村拓哉さんもその一人らしいですね[:うれしい顔:]



ギョウジャニンニクは健康効果がすばらしい。
ニンニクよりもアリシンを豊富に含んでいますので、ビタミンB1活性を持続させる効果や血小板凝集阻害活性があります。つまり「血液サラサラ」と「滋養強壮」なのです。

!!$img2!!最近はデパートなどでも、ハウス栽培や促成栽培のギョウジャニンニクもパックで販売されています。葉が開く前で太めのものが人気です。当然、健康効果は薄くなりますが、上品な香りと歯ごたえは、やはり山菜の王様です。



「北海道行者ニンニク黒玉」は、
希少な天然ギョウジャニンニクを山で手摘みしています。
また、北海道で丁寧に手作りされた、上質な卵黄油と混ぜ合わせてカプセルにしました。このクオリティは自信を持ってオススメできます[:うれしい顔:]
アリシンなど健康成分はニンニク臭に含まれています。(含硫化合物)
含硫化合物は変化しやすい性質がありますので、卵黄油の中で安定させます。卵黄油は元気の源として定番ですが、行者ニンニクとも相性抜群です。
ニンニクを超えた行者ニンニクのパワーが体感できます。

!!$img1!!

発売以来、数万人のリピーターに愛されている「北海道行者ニンニク黒玉」(62球入/袋 1,890円)を是非お試しください。

黒玉 http://www.hama-ya.com/shop/shopping/h001.html

all photo

Recent Diary

«« 【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる! | main | 【第55話】万能たまねぎ氷! »»
«« カテゴリ内前記事(【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第55話】万能たまねぎ氷!) »»
2013/02/18
【第54話】花粉症シーズン到来!
【第54話】花粉症シーズン到来!今年もまた花粉飛散の時期がやってきました。花粉症の方にとっては重たい季節ですね。1961年に花粉症が発見されてから約50年間で発症数が急増し、現在では日本人の約25%の3000万人が花粉症だと言われています。

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気で、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。花粉症は原因物質(アレルゲン)の種類によって2つに分類されます。



1.季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)
原因となる花粉の飛ぶ季節に発症します。日本では50種類以上もの植物が花粉症を引き起こすと報告されています。
<主なアレルゲン>
スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバ等
<症状>
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ・充血などを伴う場合が多く、その他、のど・皮膚のかゆみ・・・時には下痢や発熱を伴うこともあります。

2.通年性アレルギー性鼻炎
アレルギーを引き起こすアレルゲンが一年中ありますので、症状も年間を通して発症します。
<主なアレルゲン>
ハウスダスト(ちり・ダニ)、ゴキブリなどの昆虫・ペットの毛・フケなど。
<症状>
喘息、アトピー性皮膚炎などを合併することがあります。最近、通年性アレルギー性鼻炎と花粉症の両方に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中くしゃみ、鼻みず、鼻づまりや目のかゆみ・異物感に悩まされるという人も少なくありません。


【第54話】花粉症シーズン到来!【花粉症対策】
季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)の場合は花粉に触れないことが鉄則です。全く花粉に触れないことなどは、なかなか難しいですが心がけがけと対策が重要です。
@室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。家に入る前には衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

A 室内での飛散を防ぐ
スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。

B体に入る花粉を防ぐ
外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。


posted at 2013/02/18 15:04:40
lastupdate at 2013/02/18 15:04:40
修正