【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/08/05 :: 【第129話】 夏バテ対策!炭酸水で健康効果
飲むとすっきりとした爽快感があり、カロリーはゼロで価格も安い炭酸水。
炭酸水は美味しいだけではなく、夏バテ対策や便秘解消・クーラーなどの冷え症改善にも効果があるんです。この夏は炭酸水を上手に使って夏バテをのりきりましょう!

■炭酸水とは
水に二酸化炭素が溶けているものを指します。
炭酸水は、商品の封を開けた瞬間から泡が出て炭酸が抜けていきますが、水に含まれている二酸化炭素は溶けたままで量的には変わりませんのでご安心ください。(決して普通の水に戻るわけではありません)

■冷え症改善にも効果的。
炭酸水を飲むと、炭酸の効果により血管を拡げ血行をよくする効果と新陳代謝を活発にする効果があります。夏、オフィスでの冷え症改善には、コップ1杯ぐらいの炭酸水を飲み軽いストレッチをすると、血行が良くなるのでオススメです。
さらに温めた炭酸水の足浴を行えば、通常の足浴より身体も温める効果があり、冷えやむくみ改善にもつながります。

■炭酸水ダイエット
冷えていない炭酸水(20〜25℃程度)を飲むと、体温で温まり、炭酸の一部が気体となって胃が膨らみ満腹感が得られます。
ダイエット時の空腹感を満たすにはうってつけのアイテムで、食事の1時間程前に500ml程飲んでおくと、お腹いっぱいになります。この効果は絶大なのですが、あまり多用しますと栄養不足や体力低下・肌荒れの原因になるので注意しましょう。!!$img1!!

■炭酸水で便秘解消
夏は身体の水分が失われてしまい、その影響などで便が硬くなってしまうなど、夏は一年の中で一番便秘になりやすい季節です。
便秘の解消なら、冷たい炭酸水をコップ半分100ml程度を起床時に飲むと、胃のぜん動運動の刺激が腸まで伝わり排便につながります。便秘気味の方は是非ためしてはいかがですか?

■お料理に使える炭酸水
炭酸水は飲むだけではなく、お料理にも使用するとより美味しく仕上がります!
・天ぷら ⇒ 衣の中の炭酸ガスに熱が加わると膨張し、衣自体を押し広げます。
衣に閉じ込められた水分が炭酸ガスにより押し出され、そこに油が入りカラっとしあがります。
※強い炭酸水は油がはねやすいので必ず「微炭酸水」や「少し気の抜けた炭酸水」を使用する事
・ホットケーキ ⇒ホットケーキミックスに適量を加えて焼くと、ふわっと焼き上がります。


このように、炭酸水を上手に使えば美容や健康にも役立ちます。
冷やしてもよし、温めてもよしの炭酸水を日々生活にうまく活用して健康な身体を手に入れましょう。


all photo

Recent Diary

«« 【第52話】立春 | main | 【第54話】花粉症シーズン到来! »»
«« カテゴリ内前記事(【第52話】立春) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第54話】花粉症シーズン到来!) »»
2013/02/13
【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!
先日、会社に学生から求人の問い合わせがあり、話し方に緊張感が伝わってきたので、ふと昔の就職面接を思い出しました。結構緊張するものですよね。
仕事に就いてからも、大事な会議や営業などで緊張するシーンはたくさんありますよね。
大人になって場数を踏んで少しはマシになった気でいますが、ここぞという時は今でも緊張します。

【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!さて、この緊張やあがりといった症状は脳内のノルアドレナリンの分泌が増えることにより起こるそうです。

このノルアドレナリンの分泌を抑える方法は同じ脳内神経伝達物質のセロトニンを分泌させれば緊張は抑えられます。

セロトニンとは以前“幸せホルモン”と呼ばれていることについて書きましたが、セロトニンが分泌されることにより幸せだと感じることができる物質です。
セロトニンは日光浴や適度な運動をすると分泌されるのですが、もっと手軽に食事からも摂ることができます。それはセロトニンの元となるトリプトファンというアミノ酸が多く含まれている食品を摂ることです。

トリプトファンは、体内で作ることができない物質であるため食べ物から摂る他なく、トリプトファンを含む食品はバナナ、豆腐、納豆、牛乳、ヨーグルト、白米、すじこ、たらこ、そばなどです。食生活を変えられない方はサプリメントで補給するのも手です。

トリプトファンが不足していると睡眠不足やイライラ、うつ症状の引き起こすとも言われています。
そう言えば、睡眠不足やなんだか気持ちが落ち着いていないときは余計に緊張することが多い気がします。
緊張感が無くなりすぎても困りますが(汗)セロトニンを増やして緊張を減らして大事なシーンに備えたいですね。
posted at 2013/02/13 11:45:22
lastupdate at 2013/02/13 11:45:22
修正