【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/05/27 :: 【第68話】アレルギーにご注意!
気分はもう6月。過ぎゆく春に別れを告げ、迎える夏に心躍らせる時期になりました。
今年の夏も?高温傾向にあるようですから、しっかりと暑さへの準備をしたいものです。

暑さが厳しくなると熱中症やアレルギー・あせもの悪化など、暑さや湿気による疾患が増え、感染症の注意が必要です。また、ダニや蚊はもちろん、時には死に至るスズメバチなどの虫刺されにも注意が必要です。
今回はアレルギーを引き起こす代表的な花粉症(イネ科の植物による)とカビについての対策です。

1.イネ科の植物による花粉症の対策
!!$img2!!

地域によって異なりますが、5月・6月のこの時期に飛び始めるのがイネ科植物の花粉です。イネ科に対するアレルギーが強く出る人にとっては、この時期が最も大変ですよね。

<花粉症対策>
(1)外出は控えめに
花粉の飛散の多い時間帯(13:00〜15:00頃)の外出はできるだけ控えましょう。花粉の飛散が多い日は特に注意が必要です。

(2)完全防備
外出時は帽子・メガネ・マスク・マフラーを身につけます。衣服もツルツルした素材を選び、花粉が付着す
るのを防止します。

(3)帰宅時は玄関でシャットアウト
衣服ついた花粉は、しっかりと外ではらってから玄関に入ります。室内に花粉を持ち込まない工夫と努力が
必要です。

(4)帰宅後は洗顔やうがいの徹底を
体についた花粉はきちんと洗い流します。
!!$img1!!
2.カビによるアレルギーの対策
梅雨は日照量の少ない多湿な時期で、カビやダニによるアレルギーも問題になります。深刻なカビアレルギーを持っている方は重症化すると入院治療が必要になる場合もありますので注意してください。


カビ・ダニを増やさない大原則として、
(1)湿度を高めない:換気
(2)こまめな掃除と洗濯:ホコリをためない
 が挙げられます。特に、お風呂、キッチン、ベッドはカビやダニが好む場所ですから注意が必要です。

<お風呂>
最もカビが発生しやすいのが浴室。お風呂は毎日使う場所ですから絶えず清潔にしておきたいものです。
・使用後は冷水を室内全体にかけ(カビの餌になる石鹸カスの掃除も忘れずに)て浴室内の温度を下げ、必ず換気をします。最近、1年中浴室の換気扇が回っているマンションもあるほどです。
・発生したカビはこまめに除去しましょう。

<キッチン>
キッチンもカビが好む場所の1つです。夏は食中毒が発生しやすい時期でもあり、浴室同様清潔にしておきたいですね。

・古くなった食材はカビの発生源になりますので新鮮なうちに使いましょう。
・調理中は湿度があがるので、換気扇をつけるのを忘れないでください。
・ゴミ箱は定期的に洗ってください。
・閉め切った戸棚の中も注意が必要です。定期的に換気が必要です。

<ベッド>
ベッドは恰好なダニの住み家ですのでこまめな清掃が必要です。
・ダニやダニの死骸は、洗濯して洗い流すのが一番!布団やシーツなどはこまめに洗ってください。こまめに洗えないという方には掃除機で吸い取ることをおすすめします。最近ではそれ専用のキットも発売されていますので有効に活用したいですね。
・一晩の睡眠でヒトはコップ1杯〜2杯の汗をかくと言われ、布団はその汗を吸収しています。布団を収納す
る場合は広げて乾かしてから収納するようにしましょう。


all photo

Recent Diary

«« 【第51話】冬のカサカサ肌は大敵 | main | 【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる! »»
«« カテゴリ内前記事(【第51話】冬のカサカサ肌は大敵) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!) »»
2013/02/05
【第52話】立春
アロニアの抗酸化力が断トツ!

2/4は立春ですね。昨日は「なぜ節分に豆を撒くのか?」の息子からの問いかけに対してシドロモドロ説明しながら、我が家でも無事豆まきをおこないました。「鬼は〜そと!福は〜うち♪」。
旧暦としても新年を迎え、今年一年、お客様・お取引先様・会社の仲間・家族みんなの健康を祈るばかりです。
【第52話】立春
さて先日、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム「地域資源活用セミナー〜地域素材の抗酸化能を活用した地域展開〜」セミナーに参加してまいりました。本セミナーでは簡単に言うと、北海道の農産資源について、抗酸化値を活用した高付加価値化の可能性についてを大学教授や研究員等の方にお話しいただいたのですが、そこで分かったのがアロニアの抗酸化力は、北海道産農産品のなかでずば抜けて高い!ということです。その実力は北海道産素材の中で第3位(ORAC値)!!(第1位:ペパーミント、第2位:黒大豆)、更にアントシアニン含有量では北海道産素材の中で第1位ということでした。  
抗酸化というのは老化や病気の原因、美容で言えばシミ・ソバカスなどの原因になりえる活性酸素を除去する力ですし、アントシアニンというのは最近はやりの目に良いとされる物質のことです。ブルーベリーがアントシアニンを多く含んでいるって話を良く聞きますよね。
北海道地域資源に認定されるアロニアを積極的に食べて行こうというお勧めを改めて裏付ける根拠となりました!!!

<活性酸素とは?>
ヒトは生きるために呼吸によって空気中から酸素を取り入れますが、この酸素はちょっとしたキッカケで「活性酸素」というものに変わります。この活性酸素は、体内で様々な老化現象を起こす原因であると考えられています。
⇒シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人
 性痴呆・白内障といった大変な病気の引き金にもなると
 いわれている。

<ORACとは?>
食品やその他の化学物質が持つ酸化防止作用の総合能力を測定する方法(Oxygen Radical Absorbance Capacity:酸素原子吸収能力)。
posted at 2013/02/05 11:32:04
lastupdate at 2013/02/05 11:35:35
修正