【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/09/16 :: 【第135話】秋もアレルギー性鼻炎の季節です!
9月に入り、北海道は朝晩かなり涼しくそろそろ衣替えの季節だな・・・と感じます。
そんな季節ですが、なんだか鼻がムズムズ・目がかゆい?!と思っている方も多いと思います。実は秋でもアレルギー性鼻炎で困っている方が非常に多いのです。


■秋のアレルギーの原因は何?
秋にも花粉症はあります。北海道の場合は、代表的なものとしてエゾヨモギ、セイタカアワダチソウなど、道端、畑、空き地などに自生していることが多いので注意しましょう。

その他に、秋に飛散する花粉としては、イネ科植物、キク科のブタクサ、ヨモギなどがあげられます。そしてもう一つ、秋のアレルギーの原因となる物質に「ハウスダスト」があげられます。

ハウスダストは主にダニの死骸や糞、ホコリです。
このアレルギーが秋に増えるのは衣替えの季節だからです。ダニの繁殖するタンスなどから冬物の衣類を出すので、家の中や通勤電車などでハウスダストが一斉に舞うわけです。

■パパママが知っておきたい子供のアレルギー 
        !!$img1!!






<アレルギーとは>

私たちの体には、外から体内に入ってきた異物を排除しようとする「免疫」という機能が備わっています。免疫は、細菌やウイルスから体を守ってくれる大切な仕組みです。ところが、ときとしてこれが過剰に働き、食べ物やホコリ、花粉など、身の回りにあって体に害のないものにまで反応してしまい、かえって体に害を起こしてしまうことがあります。それがアレルギーです。

アレルギーを起こしやすい体質は、ある程度遺伝する傾向があります。ご家族にアレルギーの人がいると、子供にアレルギーが起きる可能性が高くなると言われています。

<原因は身近なところに>

アレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。
アレルゲンは私たちの周りのいたるところに存在します。食べ物として体内に入ってアレルギーを引き起こすのが食物アレルゲンです。鶏卵・乳製品・小麦などが代表的ですが、魚・ピーナッツ・ イクラ・果物などのアレルゲンも増えています。ホコリ・ダニ・花粉・昆虫・動物のフケや毛など、吸い込んだり触れたりすることによってアレルギーを引き起こすアレルゲンもあります。

人によって様々ですが、1人が複数のアレルゲンをもつこともあります。


<アレルギーの治療法は>

普段から飲み薬や吸引薬を使うことも大切な治療法ですが、しかしアレルギーを根本的に治療するには、アレルギーを引き起こす原因のアレルゲンをつきとめ、それを生活の中から取り除き、アレルギー症状が発症しないようにすることが大切です。

原因のアレルゲンとの接触が続けば、アレルギー症状が慢性化して治療が困難になってしまうので、慢性化する前に、アレルゲンの原因をしっかり見つけましょう。
アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎なども、近年では発症年齢が低くなっており、2歳で花粉症が出るケースも珍しくなくなってきているようです。

子供のアレルギーは成長とともに変化していきます。原因であるアレルゲンは自己判断せず、できるだけ早く医師に相談して適切な治療を始めましょう。

all photo

Recent Diary

«« 【第51話】冬のカサカサ肌は大敵 | main | 【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる! »»
«« カテゴリ内前記事(【第51話】冬のカサカサ肌は大敵) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!) »»
2013/02/05
【第52話】立春
アロニアの抗酸化力が断トツ!

2/4は立春ですね。昨日は「なぜ節分に豆を撒くのか?」の息子からの問いかけに対してシドロモドロ説明しながら、我が家でも無事豆まきをおこないました。「鬼は〜そと!福は〜うち♪」。
旧暦としても新年を迎え、今年一年、お客様・お取引先様・会社の仲間・家族みんなの健康を祈るばかりです。
【第52話】立春
さて先日、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム「地域資源活用セミナー〜地域素材の抗酸化能を活用した地域展開〜」セミナーに参加してまいりました。本セミナーでは簡単に言うと、北海道の農産資源について、抗酸化値を活用した高付加価値化の可能性についてを大学教授や研究員等の方にお話しいただいたのですが、そこで分かったのがアロニアの抗酸化力は、北海道産農産品のなかでずば抜けて高い!ということです。その実力は北海道産素材の中で第3位(ORAC値)!!(第1位:ペパーミント、第2位:黒大豆)、更にアントシアニン含有量では北海道産素材の中で第1位ということでした。  
抗酸化というのは老化や病気の原因、美容で言えばシミ・ソバカスなどの原因になりえる活性酸素を除去する力ですし、アントシアニンというのは最近はやりの目に良いとされる物質のことです。ブルーベリーがアントシアニンを多く含んでいるって話を良く聞きますよね。
北海道地域資源に認定されるアロニアを積極的に食べて行こうというお勧めを改めて裏付ける根拠となりました!!!

<活性酸素とは?>
ヒトは生きるために呼吸によって空気中から酸素を取り入れますが、この酸素はちょっとしたキッカケで「活性酸素」というものに変わります。この活性酸素は、体内で様々な老化現象を起こす原因であると考えられています。
⇒シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人
 性痴呆・白内障といった大変な病気の引き金にもなると
 いわれている。

<ORACとは?>
食品やその他の化学物質が持つ酸化防止作用の総合能力を測定する方法(Oxygen Radical Absorbance Capacity:酸素原子吸収能力)。
posted at 2013/02/05 11:32:04
lastupdate at 2013/02/05 11:35:35
修正