【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/04/06 :: 【第164話】ウォーキング
!!$img1!!桜前線が順調に北上し、北海道にやってくるのは例年通りの5月初旬頃になりそうですね。桜の開花・お花見は1年の行事の中でも特に楽しいイベントの1つ。両親に連れられて見た桜、学生時代に見た桜、新生活をスタートした時に見た桜、旅先で見た桜・・・。心に残るさまざまな桜物語があります。今年も綺麗な桜が見れればよいですね。

さて、春風に誘われて体を動かしたくなる季節ですが、健康のために冬の間の運動不足を解消しようと思われている方も多いと思います。冬の間にたまった脂肪を運動とサプリメントの併用で効率的に落としませんか?本日は、体脂肪を減らすウォーキングを紹介します。

!!$img2!!1.ウォーキングの姿勢と歩き方
効果的に脂肪燃焼(ダイエット)をさせるには歩く姿勢が大切です。
@視線は真っ直ぐ前を見る
Aあごを自然にひく
B背筋を自然に伸ばし、腰は常に同じ高さを保って歩く
上記3つの状態を意識し、「かかと」から着地して「つま先」で地面をけり出すように歩きます。足を置く位置は左右の親指の間が12センチ位、歩幅の目安は
「身長×0.45が目標の歩幅」と言われています。この歩幅ですと、普段よりも少し大股で歩く感じになると思います。足の筋肉の動きを意識して歩くとウォーキング効果が上がり、ダイエットにも良いようです。

2.ウォーキングの速度と時間
ウォーキングの速度は、少し息がはずむ程度がダイエットに効果的な速度と言われています。「ハッ、ハッ」という位の呼吸でリズミカルに歩きましょう。その時、腕を大きく振って腰をひねるように歩くと歩きやすくなり、歩幅も広げやすくなります。
ウォーキングによって身体についた脂肪が燃焼しはじめるのは、歩き出してから20分位たってからなので、1日の目安としては20分〜60分位がちょうど良いと言われています。ウォーキングの回数は週2回〜3回程度でも良いようですから継続してやることが一番大切です。

3.サプリメントの活用
サプリメントには脂肪燃焼効果のあるものもございます。
その昔、北海道に住む行者(修行僧)が滋養強壮として食し、また、その特徴的な臭いから名づけられた北海道の伝承の野草「行者ニンニク」には滋養強壮、脂肪燃焼効果があります。その行者ニンニクを主原料とした「北海道謹製 行者ニンニク卵黄油黒玉EX」を活用するのもオススメです。

→北海道謹製 行者ニンニク卵黄油黒玉EXサイト:http://item.rakuten.co.jp/hamaya-r-ten/c/0000000144/

はまやスタッフ:ひまわりT号




all photo

Recent Diary

«« 【第51話】冬のカサカサ肌は大敵 | main | 【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる! »»
«« カテゴリ内前記事(【第51話】冬のカサカサ肌は大敵) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第53話】緊張は食べ物で和らげることができる!) »»
2013/02/05
【第52話】立春
アロニアの抗酸化力が断トツ!

2/4は立春ですね。昨日は「なぜ節分に豆を撒くのか?」の息子からの問いかけに対してシドロモドロ説明しながら、我が家でも無事豆まきをおこないました。「鬼は〜そと!福は〜うち♪」。
旧暦としても新年を迎え、今年一年、お客様・お取引先様・会社の仲間・家族みんなの健康を祈るばかりです。
【第52話】立春
さて先日、北海道バイオ産業クラスター・フォーラム「地域資源活用セミナー〜地域素材の抗酸化能を活用した地域展開〜」セミナーに参加してまいりました。本セミナーでは簡単に言うと、北海道の農産資源について、抗酸化値を活用した高付加価値化の可能性についてを大学教授や研究員等の方にお話しいただいたのですが、そこで分かったのがアロニアの抗酸化力は、北海道産農産品のなかでずば抜けて高い!ということです。その実力は北海道産素材の中で第3位(ORAC値)!!(第1位:ペパーミント、第2位:黒大豆)、更にアントシアニン含有量では北海道産素材の中で第1位ということでした。  
抗酸化というのは老化や病気の原因、美容で言えばシミ・ソバカスなどの原因になりえる活性酸素を除去する力ですし、アントシアニンというのは最近はやりの目に良いとされる物質のことです。ブルーベリーがアントシアニンを多く含んでいるって話を良く聞きますよね。
北海道地域資源に認定されるアロニアを積極的に食べて行こうというお勧めを改めて裏付ける根拠となりました!!!

<活性酸素とは?>
ヒトは生きるために呼吸によって空気中から酸素を取り入れますが、この酸素はちょっとしたキッカケで「活性酸素」というものに変わります。この活性酸素は、体内で様々な老化現象を起こす原因であると考えられています。
⇒シミやシワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人
 性痴呆・白内障といった大変な病気の引き金にもなると
 いわれている。

<ORACとは?>
食品やその他の化学物質が持つ酸化防止作用の総合能力を測定する方法(Oxygen Radical Absorbance Capacity:酸素原子吸収能力)。
posted at 2013/02/05 11:32:04
lastupdate at 2013/02/05 11:35:35
修正