【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 02   «« »»
01
T
 
02
F
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/07/29 :: 【第77話】食中毒に用心
7月26日午後東京八王子市内の保育園で「O(オー)157」による集団感染があったと
東京都が発表しました。
園児やその家族など16人が感染し、このうち4歳の園児が一時入院したようです。また和
歌山県では食中毒が起こりやすい気象条件になっているとして、県全域に食中毒注意報が
発令されたようです。
やはりこの時期になると毎年、食中毒に関するニュースがでてきますね。
食中毒とは、有毒な微生物や化学物質を含む飲食物を食べたときにでる健康障害で、多く
は、おう吐、腹痛、下痢などの症状を引きおこし、特に高齢者や子供は重症化しますと危険ですので注意が必要です。
今回は、夏場に注意が必要な食品中の微生物の繁殖による食中毒ついて、その対策等をご紹介します。


<食中毒を引き起こす細菌の種類>
T.細菌による食中毒
1.感染型
サルモネラ属菌、エルシニア・エンテロコリチカ、ナグビブリオ、カンピロバクター・ジェジュニ/コリ、赤痢菌、チフス菌、腸炎ビブリオ、パラチフスA菌、リステリア菌、エロモナス,プレジオモナス など
※体内に入った菌が腸に定着して炎症症状がでたり、腸の細胞内に侵入して増殖し広がる
ことにより 細胞や組織が炎症・壊死(えし)を繰り返すことで食中毒症状を起こしま
す。

2.生体内毒素型
腸管出血性大腸菌(O157など)、コレラ菌、ウエルシュ菌、セレウス菌(下痢型)など
※体内に入った菌が腸の中で増殖し、菌が出す毒素によって食中毒症状を起こします。

3.毒素型(食品内毒素型)
黄色ブドウ球菌,ボツリヌス菌,セレウス菌(嘔吐型) など
※食品の中で菌が増殖し、菌が出す毒素がによって食中毒症状を起こします。

U.ウイルスによる食中毒
ノロウイルス、肝炎ウイルス(A型,E型)、ロタウイルス、サポウイルス など

V.真菌(カビ)
カビ毒(アフラトキシン,オクラトキシンA など) など

<細菌が増殖する3つの条件>
!!$img1!!T.栄養
細菌にとっても食品は栄養源です。調理器具は食品の残りカスや汚れが細菌にとって栄養源となります。

U.水分
細菌は、食品中の水分を利用して増殖します。水分含量50%以下では発育しにくく、20%以下では発育できません。

V.温度
ほとんどの細菌は、10〜60℃で増殖し、36℃前後で最もよく発育します。

<食中毒予防の3原則>
!!$img2!!T.付けない
原材料は新鮮できれいなものを使用しましょう。食品を取り扱う際は手をしっかりと洗い、
清潔な料理器具を使用します。

2.増やさない
調理は迅速に行い、保管する際は冷却をして細菌の増殖を抑えます。

3.殺す
加熱をして細菌を死滅させる。調理器具も煮沸やアルコール殺菌します。

食中毒かなと思ったら?
おう吐や下痢の症状は、体内から原因物質を排除しようとする体の防御反応です。医師の診断を受けずに、むやみに市販の下痢止めなどの薬を服用しないようにし、早めに医師の診断を受けましょう。


はまやひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第50話】発酵ヤーコン!でダイエット(女性セブン1月17日号) | main | 【第52話】立春 »»
«« カテゴリ内前記事(【第50話】発酵ヤーコン!でダイエット(女性セブン1月17日号)) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第52話】立春) »»
2013/01/28
【第51話】冬のカサカサ肌は大敵
まだまだ寒い日が続きますね。毎日寒くて暖房を1日中点けたままの方もいらっしゃるのではないでしょうか。室温を上げると湿度は下がり乾燥が気になる方もいらっしゃるでしょう。
冬の乾燥によるかゆみで湿疹や皮膚炎にかかるケースも多く、乾燥肌は放置できない症状です。冬だから仕方ないと何も対策をしないと症状が悪化してしまいますが、初期段階で気をつければ乾燥肌は防げます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

【乾燥の原因】
肌は体の表面を覆い、外部からの刺激から守る「バリア機能」のはたらきによって肌の健康は保たれているのですが、冬はこのバリア機能を低下させる要因が多いのです。
・暖房により、湿度が低い
・寒くて汗や皮脂の分泌が少ない、肌の新陳代謝が低い
※これに加え、喫煙や睡眠不足など生活習慣により乾燥を悪化させる場合もあります。【第51話】冬のカサカサ肌は大敵


【乾燥対策】
市販の薬局などで売られているワセリンや尿素配合剤など保湿クリームを塗って乾燥防止をするのもいいですが、生活環境を見直すことで乾燥対策につながります。

○水分補給・・・寒さにより水分を控えがちになりますが、排泄や皮膚から水分は失われます。水分補給を怠ると更に乾燥肌は悪化します。
○肌の洗いすぎに注意・・・こすりすぎると必要な皮脂も流れてかゆみの元です。
また、入浴や洗顔時は水温を熱くするほど皮脂を流してしまいます。
○室内の湿度を50%以上に保つ・・・加湿器を利用したり、濡れたバスタオルや洗濯物を干して湿度を上げてください。風邪の予防にもつながります。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

外側と内側からの対策で乾燥から肌を守りましょう!
肌に良い食材であるコラーゲンやビタミンを多く摂取して肌の機能を低下させないようにしましょう。

ビタミンA(βカロチン)-肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持:緑黄色野菜に含む
ビタミンB群-皮膚に新陳代謝促進、発育促進:豆類、豚肉に含む
ビタミンC-コラーゲンの生成:野菜、果物に含む。
ビタミンE-皮膚の血液循環改善:大豆、ナッツ、ごま、アボガドに含む
posted at 2013/01/28 11:24:53
lastupdate at 2013/01/28 11:24:53
修正