【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/11/02 :: 【第193話】これからの季節は腸冷えにご注意!

これからだんだん寒くなっていきますが体調にお変わりはないでしょうか。寒くなると体の不調を訴える方が多くなってきます。血行不良により筋肉がこわばり関節痛を引き起こす、内臓の機能が低下して免疫力が落ちるなどの症状が出てきやすいので体調管理には一層気をつけてくださいね。今回のテーマはそんな寒さと関係する「腸冷え」です。寒い時期は腸の働きを低下させてしまい、不調の原因になりますので腸を活性させるためのポイントをご紹介します。

腸も冷えている!腸冷えからくる不調
以下の症状は寒さからくる「腸冷え」の症状です。秋から冬にかけて、これらの症状が出てきたら要注意!チェックしてみましょう。

@お腹が張る Aお肌の荒れや吹き出物が気になる B便秘気味だ C 口臭が気になる D肩がこりやすい E疲れやすい Fすぐ風邪をひいてしまう

腸冷えは寒さや一時的な冷えにより、内臓機能が低下して様々な体調不良を起こし、最悪は大腸がんにもなり得る症状です。冬は特に運動量が減り、腸の動きが鈍くなりやすいので日々の生活習慣から解消していき腸内環境を整えましょう。

腸冷え解消ポイント!

その1. 衣服で調整
冷えからくる症状は温めるのが一番です。温め方として、まずは防寒が大事です。一枚多く着る、発熱素材の衣服を着用する、腹巻などを着けてお腹を冷やさないように調整するなど、体の外側から温めていきましょう。    
!!$img1!!






その2. 食べ物
体の温まる食事をするのはもちろんですが、体を温める食材を選ぶことが大事です。冬野菜である大根やごぼう、人参などの根菜類は体を温める効果があります。旬のヤーコンやさつまいも、ごぼうは食物繊維が野菜の中でもトップレベルです。積極的に摂りましょう!
さらに、オリーブオイルを一緒に摂ることで胃の中に油膜が広がり、食べ物の温度を冷めにくくする働きがあります。意識的に使うと良いでしょう。エネルギー代謝が最も高まる朝食を抜かない様にすることも重要なポイントです。

その3. 生活習慣
腸の働きを活発させる習慣として、腹式呼吸を取り入れてみてください。簡単な方法としては歌いながら複式呼吸を取り入れることです。他には、おへその周りを時計回りにマッサージすると冷えに効くツボが刺激されます。簡単な方法なので普段の生活に取り入れやすいですね。

腸の不調は体全体の不調へとつながります。これからの季節は腸を鍛えて元気な体づくりを目指しましょう!


はまやスタッフ:ひまわりU号



all photo

Recent Diary

«« 【第50話】発酵ヤーコン!でダイエット(女性セブン1月17日号) | main | 【第52話】立春 »»
«« カテゴリ内前記事(【第50話】発酵ヤーコン!でダイエット(女性セブン1月17日号)) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第52話】立春) »»
2013/01/28
【第51話】冬のカサカサ肌は大敵
まだまだ寒い日が続きますね。毎日寒くて暖房を1日中点けたままの方もいらっしゃるのではないでしょうか。室温を上げると湿度は下がり乾燥が気になる方もいらっしゃるでしょう。
冬の乾燥によるかゆみで湿疹や皮膚炎にかかるケースも多く、乾燥肌は放置できない症状です。冬だから仕方ないと何も対策をしないと症状が悪化してしまいますが、初期段階で気をつければ乾燥肌は防げます。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

【乾燥の原因】
肌は体の表面を覆い、外部からの刺激から守る「バリア機能」のはたらきによって肌の健康は保たれているのですが、冬はこのバリア機能を低下させる要因が多いのです。
・暖房により、湿度が低い
・寒くて汗や皮脂の分泌が少ない、肌の新陳代謝が低い
※これに加え、喫煙や睡眠不足など生活習慣により乾燥を悪化させる場合もあります。【第51話】冬のカサカサ肌は大敵


【乾燥対策】
市販の薬局などで売られているワセリンや尿素配合剤など保湿クリームを塗って乾燥防止をするのもいいですが、生活環境を見直すことで乾燥対策につながります。

○水分補給・・・寒さにより水分を控えがちになりますが、排泄や皮膚から水分は失われます。水分補給を怠ると更に乾燥肌は悪化します。
○肌の洗いすぎに注意・・・こすりすぎると必要な皮脂も流れてかゆみの元です。
また、入浴や洗顔時は水温を熱くするほど皮脂を流してしまいます。
○室内の湿度を50%以上に保つ・・・加湿器を利用したり、濡れたバスタオルや洗濯物を干して湿度を上げてください。風邪の予防にもつながります。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

外側と内側からの対策で乾燥から肌を守りましょう!
肌に良い食材であるコラーゲンやビタミンを多く摂取して肌の機能を低下させないようにしましょう。

ビタミンA(βカロチン)-肌荒れ防止、皮膚の免疫機能の維持:緑黄色野菜に含む
ビタミンB群-皮膚に新陳代謝促進、発育促進:豆類、豚肉に含む
ビタミンC-コラーゲンの生成:野菜、果物に含む。
ビタミンE-皮膚の血液循環改善:大豆、ナッツ、ごま、アボガドに含む
posted at 2013/01/28 11:24:53
lastupdate at 2013/01/28 11:24:53
修正