【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/05/21 :: 【第16話】行者ニンニクで慢性疲労を一掃!
 5月16日(水)発売の健康情報誌「わかさ」7月号(鰍かさ出版)において「だるさ・慢性疲労を一掃!持久力もついてメタボさえ追い払う!」と題して行者ニンニクの特集が4ページにわたり掲載されました。

特集では、行者ニンニク研究の第一人者である東海大学名誉教授・西村弘行氏への取材を基に疲労回復・血流促進・男性ホルモン増強・メタボ改善作用等について紹介されております。
!!$img1!!
そもそも行者ニンニクって!?
行者ニンニクは北海道の山奥に自生するネギ科ネギ属の多年草です。食用に適するまでに5年〜8年の長い歳月が必要で、その間、厳寒の北海道で大地の滋養をたっぷり吸収し成長します。行者ニンニクの名称は、行者(修行僧)が修行に打ち勝つ体力をつけるために食べ、またニンニクと同様の強烈な匂いを発することに由来し、昔からエネルギーに満ちた野草の王様として知られています。
別名アイヌネギとも呼ばれる行者ニンニクは、アイヌが病気になったときに行者ニンニクを燃やすことによって生じる強烈な匂いの煙で病魔を追い払おうとした「食べて良し」「燃やして良し」の野草です。

行者ニンニクに含まれる健康成分は硫化アリルと呼ばれる揮発性の含硫化合物で、その含有量はニンニクの4倍ありまり、健康効果は以下の通りです。

<アリシン>
強い抗酸化作用があり炎症の抑制・防止効果がある。また腫瘍細胞の増殖を抑制したり、胃粘膜の
損傷予防や抗ウィルス効果、風邪の予防・美肌効果がある。

<ジアリルジスルフィド>
疲労回復効果と脂肪燃焼効果(ダイエット)による運動持続作用がある。

<メチルアリルトリスルフィド・ジアリルトリスルフィド>
血小板凝集阻害・血栓溶解作用(血液サラサラ)がある。

<アホエン>
血中の過剰なコレステロールの抑制作用。高血圧抑制、中性脂肪抑制、尿酸低減、疲労回復、美肌
効果、γGDP抑制作用がある。



行者ニンニクは是非毎日いただきたい食べ物の一つですが、それは容易ではありませんからサプリ
メントなどを活用して、その健康成分を補給したいですね!
はまやスタッフ:ひまわりT

all photo

Recent Diary

«« 【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!! | main | 【第48話】お餅による窒息事故のニュースが・・・。 »»
«« カテゴリ内前記事(【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第48話】お餅による窒息事故のニュースが・・・。) »»
2012/12/25
【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意!
   ノロウイルスによる食中毒のニュースがしきりに流れていますが、今年は、夏にも浅漬けによる食中毒事件などが発生しましたね。
食中毒というのは、製造過程で食中毒菌が増殖し発生する場合もありますが、お店で購入して自分の保存方法が悪くて発生するものもありますので十分気をつけてください。

■保存方法が悪くて発生するボツリヌス菌
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ボツリヌス菌は、酸素のない状態になっている食品で缶詰、ビン詰、レトルト食品、自家製のいずしや輸入されたキャビアや魚の燻製も発生した例があります。

◇原因としては

1.調理に加工工程がない場合や滅菌していない場合
2.自家製で長期保存されることが多い食品のため衛生管理が不十分なこと
3.この地方の土壌、海や泥、原料食品にボツリヌス菌が分布していること
ですから、真空パックで保存されていても安全というわけではないということです。

■ボツリヌス菌の症状
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
摂取した後、症状が出るまでの潜伏期間は12時間〜36時間で、吐き気や嘔吐などの症状が現れ、次第に頭痛・聴力障害などを起こします。重症になると呼吸困難になり、短時間で命にかかわることもあります。
※ヒトからヒトへは感染はしません。

◇ボツリヌス菌の予防は?【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意!

1.魚介類や野菜は十分に洗浄すること
2.よく加熱したあとに食べること(80℃から100℃を10分から20分)
3.自家製の缶詰や酢漬け飯鮨を作るときは、材料をよく洗浄し、菌を除去すること
4.真空パックや缶詰が膨張しているときは、食べないこと。要冷蔵のものは冷蔵保存すること。

真空パックなどの密封食品でも命にかかわる食中毒が発生しっかり表示をみて保存・調理をしましょう。

posted at 2012/12/25 16:45:25
lastupdate at 2012/12/25 16:45:25
修正