【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 04   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/11/19 :: 【第42話】インフルエンザ2012−2013!
   もう11月も半ば、今年も残すところあと1ヶ月となってしまいました。
光陰矢のごとし・・・ホント月日の流れって速いですね。
子供のころは遅く感じていたように思えますが、年々早くなっていくように感じるのは私だけでしょうか?
 このことを調べましたところ、そう感じる理由は人間の新陳代謝(細胞が死に新しく生まれ変わること)と関係があるとのことです。
子供の頃は新陳代謝が活発で早いですが、年をとるとともに段々遅くなっていくのに対して、月日・時間の流れは常に一定です。つまり、早かった新陳代謝が段々遅くなっていくなかで時の流れは一定なものですから、ある時から時の流れの方が早く感じるようになっていく・・・ということだそうです。

さてそんな話は置いといて、そろそろ、世間を賑わすインフルエンザの時期がやってきますね。今年もニュースがチラホラと聞こえてきました。インフルエンザと風邪の違いって分かります?インフルエンザ到来に備え、インフルエンザ予防・対策の復習です。
▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△□◇◎▽☆○△

<インフルエンザと風邪の違い>
インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染して起こる病気で、伝染性が非常に強く重症化しやすいため、鼻・のど・気管などの呼吸器にさまざまな病原体が感染して起こる病気の総称「風邪」とは違います。

<インフルエンザの特徴>
1.伝染性が非常に強く、簡単に人から人へうつり、広い範囲で流行する
2.症状が激しく重症化しやすい
3.肺炎や脳症などの合併症や持病の悪化を引き起こして、死に至ることもある

<予防>
   
 対┃ 策┃ !┃ ワ┃ ク┃ チ┃ ン┃ 対┃ 策┃
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛
インフルエンザによる健康被害を抑える第1の対策は、インフルエンザワクチン接種による予防です。予防接種を受けておくことで、発病や入院、死亡のリスクを下げることが期待できます。
!!$img1!!!!$img2!!





 対┃ 策┃ U┃ 日┃ 常┃ の┃ 対┃ 策┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 
 あ┃ れ┃ こ┃ れ┃ 
 ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ 
・人混みや繁華街への外出を控える
・外出時にはマスクを利用
・室内では加湿器などを使用して適度な湿度に
・十分な休養、バランスの良い食事
・うがい、手洗いの励行

インフルエンザ対策として滋養強壮、血流改善を目的としたサプリメントを活用することも良い方法です。特に行者ニンニク、卵黄油を活用したものなんかお勧めです。是非お試しを!!

all photo

Recent Diary

«« 【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!! | main | 【第48話】お餅による窒息事故のニュースが・・・。 »»
«« カテゴリ内前記事(【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第48話】お餅による窒息事故のニュースが・・・。) »»
2012/12/25
【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意!
   ノロウイルスによる食中毒のニュースがしきりに流れていますが、今年は、夏にも浅漬けによる食中毒事件などが発生しましたね。
食中毒というのは、製造過程で食中毒菌が増殖し発生する場合もありますが、お店で購入して自分の保存方法が悪くて発生するものもありますので十分気をつけてください。

■保存方法が悪くて発生するボツリヌス菌
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ボツリヌス菌は、酸素のない状態になっている食品で缶詰、ビン詰、レトルト食品、自家製のいずしや輸入されたキャビアや魚の燻製も発生した例があります。

◇原因としては

1.調理に加工工程がない場合や滅菌していない場合
2.自家製で長期保存されることが多い食品のため衛生管理が不十分なこと
3.この地方の土壌、海や泥、原料食品にボツリヌス菌が分布していること
ですから、真空パックで保存されていても安全というわけではないということです。

■ボツリヌス菌の症状
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
摂取した後、症状が出るまでの潜伏期間は12時間〜36時間で、吐き気や嘔吐などの症状が現れ、次第に頭痛・聴力障害などを起こします。重症になると呼吸困難になり、短時間で命にかかわることもあります。
※ヒトからヒトへは感染はしません。

◇ボツリヌス菌の予防は?【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意!

1.魚介類や野菜は十分に洗浄すること
2.よく加熱したあとに食べること(80℃から100℃を10分から20分)
3.自家製の缶詰や酢漬け飯鮨を作るときは、材料をよく洗浄し、菌を除去すること
4.真空パックや缶詰が膨張しているときは、食べないこと。要冷蔵のものは冷蔵保存すること。

真空パックなどの密封食品でも命にかかわる食中毒が発生しっかり表示をみて保存・調理をしましょう。

posted at 2012/12/25 16:45:25
lastupdate at 2012/12/25 16:45:25
修正