【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/05/12 :: 【第117話】どうして春は眠いのか?

GWも終わり、新しい環境にもだいぶ慣れ始めた頃ではないでしょうか?そして慣れ始めると同時に「眠い!だいるい!」などの症状が出始めている方がいらっしゃると思います。実はこの現象、身体のメカニズムからみて仕方がないことだと言われています。「寝ても寝ても寝たりない!」と感じている方、今回は睡眠について考えてみたいと思います。          !!$img1!!




■どうして春は眠いのか?
夏は、就寝時刻と起床時刻が早まり、総睡眠時間が短くなります。多くの人が慢性的な睡眠不足に陥っていますから、睡眠時間が削られてさらに睡眠不足がひどくなるため、朝や日中は眠気が強くなります。人は季節によって体内のリズムが変わり、新しい状態に慣れるまで不調が生じることがあるのです。
また、気温の変化も大きな要因です。冬の朝、寒くて目覚めてしまう人でも、春になって寝室の温度が20℃くらいになると、気持ちよくなって寝過ごしたり、二度寝したりと、色々なことが合わさって春の眠気を作っていると言われています。

■睡眠のバロメーター
年齢によって、必要な睡眠時間は大きく変化します。一般的な睡眠時間は、10代で8〜10時間、20〜50代は6・5〜7・5時間、60歳以上は平均6時間弱と言われています。若者ほど日中の活動が活発で、その回復のために長時間の睡眠が必要です。一方、高齢になるほど活動量が減るため長時間の睡眠がいらなくなります。
朝、目が覚めて寝床でダラダラ過ごしていると、熟睡感が減ることがあります。これは、無理に長時間眠ろうとして浅い眠りが続くと、かえって睡眠の質の低下を起こります。そのためにも、決めた時刻がきたら、すぐに寝床から出ることで快適な睡眠につながるのです。

≪快眠度をチェック≫
1.寝つきが悪く、なかなか眠られなかった。
2.夜間、途中で目が覚めた。
3.希望する起床時刻より早く目覚め、それ以降は眠れなかった。
4.昼寝を含めた総睡眠時間が足りなかった。
5.睡眠時間の長さに関わらず、全体的な睡眠の質が悪かった。
6.日中、気分が滅入った。
7.日中の身体的および精神的活動が低下した
8.日中にも眠気があった。

上記は世界保健機関が作った世界共通不眠症の判定基準を簡単に要約したものです。
該当項目が、
■6つ以上の人は赤信号・・・不眠症の可能性が高い為、受診を。
■4つ以上の人は黄色信号・・・生活習慣や睡眠環境を見直してみましょう。
■3つ以下の人は青信号・・・今のところ不眠症ではない。

あなたは合計いくつ当てはまりましたか?睡眠時間を増やす方法として、休日の睡眠時間をもう少し増やす。もう一つは、平日に昼寝をすることです。“10分の昼寝は、夜の一時間に値する”
とも言われています。ぜひ試してみて下さい。快適な睡眠でこの春をスッキリ乗り切りましょう!

all photo

Recent Diary

«« 【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!! | main | 【第48話】お餅による窒息事故のニュースが・・・。 »»
«« カテゴリ内前記事(【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第48話】お餅による窒息事故のニュースが・・・。) »»
2012/12/25
【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意!
   ノロウイルスによる食中毒のニュースがしきりに流れていますが、今年は、夏にも浅漬けによる食中毒事件などが発生しましたね。
食中毒というのは、製造過程で食中毒菌が増殖し発生する場合もありますが、お店で購入して自分の保存方法が悪くて発生するものもありますので十分気をつけてください。

■保存方法が悪くて発生するボツリヌス菌
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ボツリヌス菌は、酸素のない状態になっている食品で缶詰、ビン詰、レトルト食品、自家製のいずしや輸入されたキャビアや魚の燻製も発生した例があります。

◇原因としては

1.調理に加工工程がない場合や滅菌していない場合
2.自家製で長期保存されることが多い食品のため衛生管理が不十分なこと
3.この地方の土壌、海や泥、原料食品にボツリヌス菌が分布していること
ですから、真空パックで保存されていても安全というわけではないということです。

■ボツリヌス菌の症状
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
摂取した後、症状が出るまでの潜伏期間は12時間〜36時間で、吐き気や嘔吐などの症状が現れ、次第に頭痛・聴力障害などを起こします。重症になると呼吸困難になり、短時間で命にかかわることもあります。
※ヒトからヒトへは感染はしません。

◇ボツリヌス菌の予防は?【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意!

1.魚介類や野菜は十分に洗浄すること
2.よく加熱したあとに食べること(80℃から100℃を10分から20分)
3.自家製の缶詰や酢漬け飯鮨を作るときは、材料をよく洗浄し、菌を除去すること
4.真空パックや缶詰が膨張しているときは、食べないこと。要冷蔵のものは冷蔵保存すること。

真空パックなどの密封食品でも命にかかわる食中毒が発生しっかり表示をみて保存・調理をしましょう。

posted at 2012/12/25 16:45:25
lastupdate at 2012/12/25 16:45:25
修正