【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/03/26 :: 【第8話】野菜ソムリエの食卓〜『朝食はちゃんと食べていますか?!』



こんにちは、店長のむらかみです。

!!$img1!!




皆さんは毎日朝食を食べているでしょうか?
現代人は一日3食の規則正しい食生活が乱れてきています。
朝食をとらない人の割合は男女ともに高くなる傾向にあり、最も高い20歳代では、男性で約3割、女性で約2割。1人世帯では特に高くなっていると報告されています。
では朝食を取らないとどうなるのでしょうか?
脳のエネルギー源であるブドウ糖が不足する為、仕事や勉強の活力が低下し集中力の低下に繋がると言われています。実際に文部科学省の「平成20年度全国学力・学習状況調査」によると、毎日、朝食を食べている児童生徒のほうがテストの正答率が高い傾向が見られるという結果が出ています。
さらにこのような食生活の変化とともに、肥満や生活習慣病も増加しています。特に男性では全年齢層で肥満が増えており、40歳から74歳の年代では、2人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を強く疑われるか、その予備軍と言われています。
では、朝食に適しているのはパンとお米どちらなのでしょうか?
朝食には白米が好ましいと言われています。お米は脳の活力アップのほかにも、肥満防止や食料自給率向上など、さまざまな効用があるのです。
特に、ごはんはゆっくり消化・吸収されるので、長時間、安定してブドウ糖を脳に供給できます。食べたごはんがブドウ糖に変わるのに必要な時間は30分から1時間。朝ごはんをしっかりとって、仕事や勉強が始まる前にエネルギーを補給しておきましょう。
皆さんも4月からの新生活や新年度、少し早起きしてしっかり『朝食』をとる習慣を心がけてみてはいかがでしょうか?
                
店長:むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第45話】12月22日(土)は冬至 | main | 【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意! »»
«« カテゴリ内前記事(【第45話】12月22日(土)は冬至) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第47話】真空パックでも危険?食中毒に注意!) »»
2012/12/17
【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!!
         

【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!! 
北海道が掲げる2010年度比7%以上の節電が今月10日スタートし、今日で1週間が経ちました。新聞によると職場や家庭での節電意識の高まりが一定の効果を上げ、北海道の1日当たりの最大電力需要(10日〜14日)の平均値は2010年度同時期に比べ5.2%減。電力供給力の余裕を示す供給予備率(速報値)は11.2%以上を確保し、最低限必要とされる3%を大きく上回ったようです。
 近頃は昔と違って社会の連帯感が薄くなり、日本人の素晴らしい国民性が失われつつあるなどと言われていますが、東日本大震災で世界が驚嘆した日本人の礼儀正しさ・勤勉さといい、この度の発表といい大変喜ばしい(まだ早い)ことですね。非常に嬉しく思うと同時に誇らしく思えます。
 当社では、節電対策として社内の照明の大半をLEDに切り替えました。また室内の温度は20℃を超えないように努力しています。
でもやはり、20℃というのは動かないでいるとちょっと寒い・・・。
そこで今回は冷え症対策!。基礎代謝を上げる方法をご紹介します。
【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!!

・基礎代謝を上げるメリットとは?
簡単に言えば、ただ寝ていてもカロリー消費が高い体になります。カロリー消費が高いということは脂肪が燃焼されていますから、体が温かいということになります。
食事制限でダイエットをしている方は、食事制限を考える前に是非基礎代謝を上げることを考えてください。冷え症の方にとっても、筋肉を鍛え、体を筋肉質にすることが冷え症対策としては必要です。これだけでも血流が良くなり体温が上がるのです。

・大きな筋肉量が基礎代謝を上げる       
「筋肉を増やす」基本は運動です。基礎代謝は代謝全体の70パーセントを占め、基礎代謝の60パーセントは、筋肉によって消費されています。言い換えれば、筋肉を維持していくために、基礎代謝があるともいえます。「冷え性」が女性に多いのは、男性に比べ筋肉量が少なく、基礎代謝が低いことも原因の1つなのです。

ウェイトリフティングの選手のような筋肉をつける必要は決してありません。適度な筋肉・ハリをもつカラダをつくり、維持することが何よりも大切なのです。


posted at 2012/12/17 20:02:45
lastupdate at 2012/12/17 20:02:45
修正