【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 06   «« »»
01
F
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2016/01/15 :: アロニアベリーがテレビで紹介されました
認知度が上がりつつある『アロニアベリー』が、TVで紹介されました。
フジテレビのお昼の情報番組のベリー特集のひとつとして放送されました。

なんと、サッポロはまやが昨年のブログ(この記事)で紹介した、アロニアスムージーが紹介されました。
!!$photo2!!
サッポロはまやでは、北海道の自社農場で育てたアロニア果実を冷凍し、
通信販売をしております。
  商品はこちら→「サッポロはまやのアロニア」

!!$img1!!
アロニア果実は渋みが強いのですが、この渋み=ポリフェノールなのです。
実は糖度も高いのですが、渋みの方が強く感じてしまうんですね。
食物繊維が豊富なスーパーフルーツアロニアを是非お試しください。


    あろにあ果実 : →北海道産アロニアベリー冷凍果実1kg
               
              →北海道産アロニアベリー冷凍果実2kg
              →北海道産アロニアベリー冷凍果実3kg
              
                  (販売元サッポロはまや)


以下、フジテレビバイキングHPより抜粋
------------------------------------------------------
ハーバード大が発表!ベリー驚異のダイエット効果
シミ・便秘・むくみも改善!? 名医が教える食べ方
1万5千人以上の生活習慣病患者を改善
大森真帆麻布十番クリニック 院長 大森真帆 医師
【女性のお悩み解決 ベリーを徹底解明】
7種のベリー:アロニアベリー、カシス、クランベリー、ストロベリー、ブルーベリー、マキベリー、ラズベリー

★ダイエット &#12316;すべてのベリーに効果有り。ベリーは脂肪燃焼に役立つポリフェノールが豊富
「マキベリー」ポリフェノール含有量が他のベリーに比べて圧倒的に多い
★シミ改善 &#12316;「カシス」に含まれるビタミンCの含有量は他フルーツより多い(レモンの倍)
(カシス+アルコールは、シミ改善の効果が無くなってしまうので注意)
★便秘解消 &#12316;「アロニアベリー」食物繊維が豊富(キャベツの3倍)
アロニアスムージー:腸を整えるヨーグルトとの組み合わせで 相乗効果◎
★むくみ改善 &#12316;「クランベリー」血流の流れを良くする成分プロアントシアニジン含有量が他フルーツより多い。体内の余分な塩分を排出する効果有り
★薄毛改善 &#12316;「ラズベリー」甘酸っぱい成分ラズベリーケトンが毛母細胞を活性化する
--------------------------------------------------------------
以上抜粋


all photo

Recent Diary

«« 【第4話】正しい食事は腹8分目! | main | 【第6話】なぜ春は眠たいの? »»
«« カテゴリ内前記事(【第4話】正しい食事は腹8分目!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第6話】なぜ春は眠たいの?) »»
2012/03/05
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』

こんにちは店長のむらかみです。
突然ですが、皆さんは毎日“おやつ”を食ますか?
そう、子供の大好きなおやつです。
そのおやつは、『昔派?・今派?』どちらですか。


我が家には4歳の息子がおりますが、基本的にあまり“食”に興味が無く、自宅での毎日の食事に一苦労といった日々です。
でも、そんな食に興味のない息子でも『おやつ』となると別問題!
息子は保育園に通っているのですが、保育園でのおやつはとても考えられた『昔のおやつ』ばかりです。
例えば、小魚やおしゃぶり昆布・干しいも・手作りの蒸しパンなど・・・。


おやつの語源や由来をご存知ですか?
『おやつ』のはじまりは江戸時代、「お八つ」と書いたそうで、現代の午後2時〜4時にあたる「八刻(やつどき)」に食べていた間食のことです。食事と食事の間に空腹感を抑えるたびに食していた軽食が『おやつ』となったのです。
それを考えると、現代の『おやつ』と言えばケーキ・クッキー・チョコレート・スナック菓子など想像しがちですが、不足している栄養を補給できるもの(栄養)・手作り等の安全なもの(質)・かさがあるものを食べて食べ過ぎを防ぐ(量)など、やはり健康のことを考慮すれば昔ながらのおやつが理想のおやつとなるようです。
子供だけではなく、大人であっても小魚や昆布・干しいもなど、昔ながらのおやつは楽しめますよね?


手作りおやつは、親子の楽しいコミュニケーションの場としても重要で、食に興味の無い子供たちが自分で作ることによって、嫌いな食べものでも食べる事ができるようになるなど精神力や免疫力さらに親子の愛情を感じることの出来る憩いの時間でもあるようです。

これを機に皆さんも、健康なおやつに切り替えませんか?
                             店長:むらかみ しほこ
posted at 2012/03/05 15:30:26
lastupdate at 2012/03/06 13:11:34
修正