【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/11/09 :: 【第194話】北のアメ横さっぽろ2015でお待ちしています
11月も中旬、日中の最高気温も一桁台が多くなり、平野部にも雪がチラホラやってきそうです。そろそろ自動車のタイヤを冬タイヤに交換しなければなりませんね。もう、皆さまはお済ですか?

!!$img1!!さてさて、今回もイベントのお知らせです。
来たる11月20日(金)〜22日(日)、札幌で各種イベント・コンサートが行われる多目的施設「アクセスサッポロ」において、「北のアメ横さっぽろ2015」が開催されます。そこに当社が扱っている商品のメーカーである竃k海道バイオインダストリーが出展し、北海道タマネギドレッシング及びそのシリーズ商品の試食販売を実施いたします。特に販売商品は、通常のお値段から割引いた特別価格での販売を予定していますし、また、11月に同社の農場で収穫したばかりの野菜の王様「ヤーコン」も特別価格で販売する予定です。是非、皆さま、たくさんのご来場をお待ちしています。
◇北のアメ横さっぽろ2015 開催概要

<期間>
平成27年11月20日(金)〜22日(日)10:00〜17:00※最終日は16:00まで


<場所>
アクセスサッポロ
札幌市白石区流通センター4丁目3番55号 TEL011-865-5811
※駐車場無料駐車場1,100台完備.
※入場料無料

<開催主旨※主催HPより抜粋>
〜地域の絶品・逸品・産品が集まる“札幌売込み市”〜
北海道の地域を元気に!
北海道の恵み、地域の特産物を札幌に大集結して売込むイベントです。

北海道の地域活性化、地域振興、観光振興を目的に、地域の食材、食品などの“まるごと北海道”が大集結する「北のアメ横さっぽろ2015 −11月の豊穣祭−」は、2015年11月20日(金)〜22日(日)の3日間、札幌市白石区のアクセスサッポロで開催いたします。

全道の厳選した北の大地の絶品・逸品・産品などを揃えた当イベントは、大都市札幌への売り込みやアピールにより、地域経済の活性化、地域貢献することを狙いに開いております。5回目となった昨年は、3日間で約34,000人を超える来場者が訪れ、出展団体・企業は販売予定数量、金額を大幅に上回り、土日には完売や品不足が続出したほどの大盛況でした。

6回目となる今回は、昨年同様の動員、販売体制が見込まれており、出展する団体、企業、関係機関からの問い合わせ・申し込みが早い時期から相次いでおります。 札幌市、札幌市周辺市町村部など約250万人の商圏を対象に、新しいビジネスチャンスを拡大、販売促進することができる、魅力溢れるイベントとしてご活用いただきたく存じます。

【主催】
北のアメ横さっぽろ2015 実行委員会

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第4話】正しい食事は腹8分目! | main | 【第6話】なぜ春は眠たいの? »»
«« カテゴリ内前記事(【第4話】正しい食事は腹8分目!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第6話】なぜ春は眠たいの?) »»
2012/03/05
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』

こんにちは店長のむらかみです。
突然ですが、皆さんは毎日“おやつ”を食ますか?
そう、子供の大好きなおやつです。
そのおやつは、『昔派?・今派?』どちらですか。


我が家には4歳の息子がおりますが、基本的にあまり“食”に興味が無く、自宅での毎日の食事に一苦労といった日々です。
でも、そんな食に興味のない息子でも『おやつ』となると別問題!
息子は保育園に通っているのですが、保育園でのおやつはとても考えられた『昔のおやつ』ばかりです。
例えば、小魚やおしゃぶり昆布・干しいも・手作りの蒸しパンなど・・・。


おやつの語源や由来をご存知ですか?
『おやつ』のはじまりは江戸時代、「お八つ」と書いたそうで、現代の午後2時〜4時にあたる「八刻(やつどき)」に食べていた間食のことです。食事と食事の間に空腹感を抑えるたびに食していた軽食が『おやつ』となったのです。
それを考えると、現代の『おやつ』と言えばケーキ・クッキー・チョコレート・スナック菓子など想像しがちですが、不足している栄養を補給できるもの(栄養)・手作り等の安全なもの(質)・かさがあるものを食べて食べ過ぎを防ぐ(量)など、やはり健康のことを考慮すれば昔ながらのおやつが理想のおやつとなるようです。
子供だけではなく、大人であっても小魚や昆布・干しいもなど、昔ながらのおやつは楽しめますよね?


手作りおやつは、親子の楽しいコミュニケーションの場としても重要で、食に興味の無い子供たちが自分で作ることによって、嫌いな食べものでも食べる事ができるようになるなど精神力や免疫力さらに親子の愛情を感じることの出来る憩いの時間でもあるようです。

これを機に皆さんも、健康なおやつに切り替えませんか?
                             店長:むらかみ しほこ
posted at 2012/03/05 15:30:26
lastupdate at 2012/03/06 13:11:34
修正