【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2017/05/23 :: 基礎代謝は筋肉量と関わっている

こんにちは。北海道もやっと暖かくなり、外でのレジャーやスポーツに最適な季節になりました。スポーツ後の汗は特に気持ちがいいですよね。身体の中の悪いものも一緒に流れていく感じがします。歩くだけでも汗ばむ季節ですが、以前に比べ「汗をかきにくくなった」と思うことはありませんか?年齢とともに発汗量は減っていくのですが、基礎代謝の低下も要因として考えられます。汗が出にくくなると“むくみ”や“便秘”などを引き起こし、大病にもつながる恐れがあります。そこで、今月は基礎代謝について特集いたします。代謝を上げて健康な身体をつくりましょう!


基礎代謝は筋肉量と関わっている
基礎代謝とは身体を動かす基本的なエネルギーのことで、内臓を動かしたり、体温を維持するのに使われます。基礎代謝の中で最もエネルギー消費が多いのは筋肉で、筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量は増えます。一般的に加齢とともに代謝量が!!$img1!! 低下していくのは筋肉の量の減少が主な原因と考えられています。さらに
バランスの悪い食事や運動不足なども基礎代謝を下げる要因となります。



代謝の低下によって引き起こす身体の不調
老廃物が溜まり、血行不良、冷えの悪化、太りやすい、便秘やむくみ、腸内環境も悪化し、免疫力も低下、病気にかかりやすい、肌のくすみといった美容面にもマイナスになってでてきます。更にイライラや憂鬱といったストレスを感じやすく、精神にもダメージを与えます。

この様に体調のバランスを保つのに基礎代謝はとても重要な働きをしています。基礎代謝を上げることが免疫力を高め、健康な身体をつくります。

生活習慣で取り入れる代謝アップ!
1.筋肉量を増やす
先ほども書いたとおり、基礎代謝と筋肉量は大きく関わっています。筋肉をつけるからと言って難しいトレーニングを始めるのではなく、日常の動作に負荷をかけるイメージです。いつもより動くペースを早くする、階段を上るときや移動も早く動くだけでも効果がでます。

.食事で有効成分を摂取
〇 アミノ酸を多く含む食べ物・・・アミノ酸=タンパク質なので、高タンパクの食材を摂りましょう。肉や魚、豆類、乳製品などに含まれ、和食の基本である“ごはん・納豆・味噌汁・魚・お浸し”にはアミノ酸がたくさん含まれています。

〇 身体を温める食べ物・・・カプサイシンを多く含む唐辛子や
ししとうや玉ねぎ、ニンニク、生姜など身体を温める食材は代謝を上げます。

〇 ヨウ素を含む食べ物・・・炭水化物やタンパク質、脂質の代謝を促します。昆布、ワカメ、牡蠣、イワシや鮭などに含まれます。

サプリメントで代謝アップ!
食事で有効な成分を摂るのが難しいときは、サプリメントを利用するのはいかがでしょうか。

『酢玉葱』は筋肉をつくるアミノ酸(黒酢もろみ)、身体を温める特許BRC加工玉ねぎ、さらにDHAを含む3つの主成分が代謝をサポートします。毎日続けられることがポイントです。食事では補えきれない成分はサプリメントをお試しください。




all photo

Recent Diary

«« 【第4話】正しい食事は腹8分目! | main | 【第6話】なぜ春は眠たいの? »»
«« カテゴリ内前記事(【第4話】正しい食事は腹8分目!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第6話】なぜ春は眠たいの?) »»
2012/03/05
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』

こんにちは店長のむらかみです。
突然ですが、皆さんは毎日“おやつ”を食ますか?
そう、子供の大好きなおやつです。
そのおやつは、『昔派?・今派?』どちらですか。


我が家には4歳の息子がおりますが、基本的にあまり“食”に興味が無く、自宅での毎日の食事に一苦労といった日々です。
でも、そんな食に興味のない息子でも『おやつ』となると別問題!
息子は保育園に通っているのですが、保育園でのおやつはとても考えられた『昔のおやつ』ばかりです。
例えば、小魚やおしゃぶり昆布・干しいも・手作りの蒸しパンなど・・・。


おやつの語源や由来をご存知ですか?
『おやつ』のはじまりは江戸時代、「お八つ」と書いたそうで、現代の午後2時〜4時にあたる「八刻(やつどき)」に食べていた間食のことです。食事と食事の間に空腹感を抑えるたびに食していた軽食が『おやつ』となったのです。
それを考えると、現代の『おやつ』と言えばケーキ・クッキー・チョコレート・スナック菓子など想像しがちですが、不足している栄養を補給できるもの(栄養)・手作り等の安全なもの(質)・かさがあるものを食べて食べ過ぎを防ぐ(量)など、やはり健康のことを考慮すれば昔ながらのおやつが理想のおやつとなるようです。
子供だけではなく、大人であっても小魚や昆布・干しいもなど、昔ながらのおやつは楽しめますよね?


手作りおやつは、親子の楽しいコミュニケーションの場としても重要で、食に興味の無い子供たちが自分で作ることによって、嫌いな食べものでも食べる事ができるようになるなど精神力や免疫力さらに親子の愛情を感じることの出来る憩いの時間でもあるようです。

これを機に皆さんも、健康なおやつに切り替えませんか?
                             店長:むらかみ しほこ
posted at 2012/03/05 15:30:26
lastupdate at 2012/03/06 13:11:34
修正