【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 02   «« »»
01
T
 
02
F
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2012/06/18 :: 【第20話】健康さっぽろ21!
!!$img1!!私自身の感覚的なもので恐縮ですが何だか最近の天候って、やはり変ですよね?
昨年の冬、札幌近郊はドカ雪が多く。雪どけが遅かったなぁと思えば今年の夏はなかなか暑くならない。ここ数年のなかでは全国的にも涼しいような気がします。
これって自然の誤差の範囲内なんだろうか?的なことを考えていたのですが、先日、NHKを見ていたら答えがありました!


なんでも地球上で大きな雷が発生すると、同時に強烈な電気エネルギーが宇宙にも放出されるとか。それを「スプライト」と呼びます。で、その地球と宇宙を結ぶ「スプライト(電気の流れ)」が地球の気候変化にも大きな影響を与えているとのことです。
その番組名はNHKスペシャル「宇宙の渚(なぎさ)」という番組で、連載ものの第一話でした。今後、何回か再放送されるかと思いますので是非興味がある方は→http://www.nhk.or.jp/space/nagisa/


(さて、そんな宇宙の話は置いといて)!!$img2!!

皆さん健康のことって気にしていても、漠然としすぎて具体的に何をしたら良いかって分かりませんよね。健康についてお金をかけて学ぶ機会がないし時間もない・・・。
で、そんな時に役立つものといったら、やはり、インターネットですよね。最近ではスマートフォンからも普通にインターネットが見れるようになりましたのでパソコンがなくても大丈夫。

そこで皆さんにお勧めしたいページが行政のページです。行政は、結構私たちに役立つ情報を提供してくれているんですよね。私たちが気づいていない・活用していないだけで、ホント熱心に対応されていますから使わなソン、ソン!です。

ちなみに我が札幌市が提供してくださっている健康サイト「健康さっぽろ21」はこんな感じです→http://www.kenko-sapporo21.jp/main.html。是非ご参考まで!
はまやスタッフ:ひまわりT




all photo

Recent Diary

«« 【第4話】正しい食事は腹8分目! | main | 【第6話】なぜ春は眠たいの? »»
«« カテゴリ内前記事(【第4話】正しい食事は腹8分目!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第6話】なぜ春は眠たいの?) »»
2012/03/05
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』

こんにちは店長のむらかみです。
突然ですが、皆さんは毎日“おやつ”を食ますか?
そう、子供の大好きなおやつです。
そのおやつは、『昔派?・今派?』どちらですか。


我が家には4歳の息子がおりますが、基本的にあまり“食”に興味が無く、自宅での毎日の食事に一苦労といった日々です。
でも、そんな食に興味のない息子でも『おやつ』となると別問題!
息子は保育園に通っているのですが、保育園でのおやつはとても考えられた『昔のおやつ』ばかりです。
例えば、小魚やおしゃぶり昆布・干しいも・手作りの蒸しパンなど・・・。


おやつの語源や由来をご存知ですか?
『おやつ』のはじまりは江戸時代、「お八つ」と書いたそうで、現代の午後2時〜4時にあたる「八刻(やつどき)」に食べていた間食のことです。食事と食事の間に空腹感を抑えるたびに食していた軽食が『おやつ』となったのです。
それを考えると、現代の『おやつ』と言えばケーキ・クッキー・チョコレート・スナック菓子など想像しがちですが、不足している栄養を補給できるもの(栄養)・手作り等の安全なもの(質)・かさがあるものを食べて食べ過ぎを防ぐ(量)など、やはり健康のことを考慮すれば昔ながらのおやつが理想のおやつとなるようです。
子供だけではなく、大人であっても小魚や昆布・干しいもなど、昔ながらのおやつは楽しめますよね?


手作りおやつは、親子の楽しいコミュニケーションの場としても重要で、食に興味の無い子供たちが自分で作ることによって、嫌いな食べものでも食べる事ができるようになるなど精神力や免疫力さらに親子の愛情を感じることの出来る憩いの時間でもあるようです。

これを機に皆さんも、健康なおやつに切り替えませんか?
                             店長:むらかみ しほこ
posted at 2012/03/05 15:30:26
lastupdate at 2012/03/06 13:11:34
修正