【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/05/18 :: 【第169話】現代病『ロコモティブシンドローム』は予防が不可欠!
外へ出かけることが楽しい季節になりました!健康のために体を動かす方も多いでしょう。しかし高齢社会である現代は運動機能が低下して、あちこちに痛みをかかえる『ロコモティブシンドローム(通称:ロコモ)』が増加しています。ロコモにならないように自立した生活を送るには、適度な運動と食事などの改善をこころがけ、予防することが必要です。
そこで、今回は現代病であるロコモティブシンドロームについての予防策です。

◆ロコモティブ症候群チェック◆
□片足で立った状態で靴下が履けない   !!$img1!!
□家の中でつまづいたり、すべったりする
□階段を上がるのに手すりが必要である
□力を使う家事が困難である
□2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
□15分くらい続けて歩くことができない
□横断歩道を青信号で渡りきれない        

いかがでしたでしょうか?当てはまるものが1つでもあればロコモ予備軍の可能性があります。ロコモは高齢者だけの病気ではありません。最近では小学生のような子供世代にも“しゃがめない、バンザイができない”など運動機能の低下によるロコモ予備軍が増えており、将来的に症状が悪化すると懸念されています。
そんな若い世代も気をつけなければならない『ロコモ』は予防が何よりも大切です!

今からできる!ロコモ予防対策
@ 適度な運動
運動をする習慣が無い方は軽い散歩から始めましょう。ハードな運動はかえって関節を痛めてしまいます。

A ラジオ体操
ラジオ体操第一の様な全身をまんべんなく動かす体操は続けやすく、覚えやすいのでおすすめです。

B エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使う   !!$img2!! 
低層階での移動は階段を利用することを意識しましょう!

C 一駅分歩く
公共交通機関や車などで移動が多い方は1駅分歩く時間をつくりましょう!!!

食生活で対策!

ロコモの原因の一つは偏った食事にあります。朝食を抜いたり、遅い時間の食事、子供の頃からの偏食なども影響します。食事は3食しっかり、栄養バランスを整え、決まった時間に摂るのが理想ですが、脂肪や塩分を多く摂り過ぎた翌日は控えめにする、いつもより小まめに動くなど調整をして、食生活のリズムを整える工夫をしましょう!


はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第4話】正しい食事は腹8分目! | main | 【第6話】なぜ春は眠たいの? »»
«« カテゴリ内前記事(【第4話】正しい食事は腹8分目!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第6話】なぜ春は眠たいの?) »»
2012/03/05
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』
【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』

こんにちは店長のむらかみです。
突然ですが、皆さんは毎日“おやつ”を食ますか?
そう、子供の大好きなおやつです。
そのおやつは、『昔派?・今派?』どちらですか。


我が家には4歳の息子がおりますが、基本的にあまり“食”に興味が無く、自宅での毎日の食事に一苦労といった日々です。
でも、そんな食に興味のない息子でも『おやつ』となると別問題!
息子は保育園に通っているのですが、保育園でのおやつはとても考えられた『昔のおやつ』ばかりです。
例えば、小魚やおしゃぶり昆布・干しいも・手作りの蒸しパンなど・・・。


おやつの語源や由来をご存知ですか?
『おやつ』のはじまりは江戸時代、「お八つ」と書いたそうで、現代の午後2時〜4時にあたる「八刻(やつどき)」に食べていた間食のことです。食事と食事の間に空腹感を抑えるたびに食していた軽食が『おやつ』となったのです。
それを考えると、現代の『おやつ』と言えばケーキ・クッキー・チョコレート・スナック菓子など想像しがちですが、不足している栄養を補給できるもの(栄養)・手作り等の安全なもの(質)・かさがあるものを食べて食べ過ぎを防ぐ(量)など、やはり健康のことを考慮すれば昔ながらのおやつが理想のおやつとなるようです。
子供だけではなく、大人であっても小魚や昆布・干しいもなど、昔ながらのおやつは楽しめますよね?


手作りおやつは、親子の楽しいコミュニケーションの場としても重要で、食に興味の無い子供たちが自分で作ることによって、嫌いな食べものでも食べる事ができるようになるなど精神力や免疫力さらに親子の愛情を感じることの出来る憩いの時間でもあるようです。

これを機に皆さんも、健康なおやつに切り替えませんか?
                             店長:むらかみ しほこ
posted at 2012/03/05 15:30:26
lastupdate at 2012/03/06 13:11:34
修正