【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/08/11 :: 【第130話】汗の量は食べ物で改善できる?気になる汗について
暑さで寝苦しい日が続いてますね。「起きたら自分の寝汗の量にびっくりした」と知人が話していました。冬でも1日1L〜1.5Lは寝汗をかいているので、夏はそれ以上の量。
シーツに残る匂いも気になりますね。寝汗は体温を下げようとする生理現象ですが、
ひどい寝汗の場合は病気の疑いがあり、肺結核、自律神経失調症、肝機能障害などが考えられますので気を付けてください。
また、寝汗に限らず夏は汗をかきやすくて汗ジミや臭いを気にされる方も多いでしょう。
ちょっとした工夫や食物によって抑えることができますので取りいれて汗の不快感から解放してみてはいかがでしょうか。
!!$img1!!





◇汗を抑える食べ物
最近は汗ジミ防止の制汗剤が多く出回っていますが、汗の量や匂いは食べ物によって抑えられることがあります。
・大豆製品
大豆製品に含まれている成分「イソフラボン」は発汗作用を抑える効果があります。
豆腐、みそ、納豆、豆乳などにイソフラボンは多く含まれています。

・ハーブ製品(アロマオイルの香りも含みます)
副交感神経を刺激することで汗を抑えることにつながります。
ハーブティーを飲んだり、食べ物ではありませんが、リラックス効果のあるアロマオイルを焚いたり、リラクゼーション効果のあることをすると良いでしょう。

・体を冷やす野菜
夏野菜に多いのですが、体の熱を逃がすカリウムを含む野菜を取り入れるのも手です。
きゅうりやトマト、茄子やゴーヤなどは体内の余分な熱を逃してくれます。

※逆に刺激の強い料理(カレー、香辛料やスパイスが効いた料理)、カフェイン(コーヒー、栄養ドリンク)、乳製品や揚げ物などは発汗を促進しますので夏場や寝る前は控えた方が良いかもしれません。

◇汗の臭いを抑える食べ物
汗の量も気になりますが、臭いも気になりますね。汗臭さといったら酸っぱい臭いが思い浮かびます。この臭いの元は疲労物質の「乳酸」が汗の中に混じると臭いに変化します。
汗の臭いも先ほどと同じ、ストレスや疲労が溜まっている人ほど強く臭います。
生活習慣を改善することによって臭いも抑えることができます。

・クエン酸、梅、酢などのアルカリ性の食物
 乳酸を体外に出し、体を酸性になるのを防ぎます。

・食物繊維を含む食物
体の老廃物を除去、腸内環境を整えるので汗や体臭を防ぎます。

・緑黄色野菜やビタミンE,ビタミンC、ポリフェノールを含む食物
抗酸化作用のある食物は臭いを防ぐ効果があります。

※逆に動物性タンパク質や乳製品、脂っこい食物を多く摂ると臭いの原因になりやすいと言われています。

上記に挙げた食物を摂るほかに、体を清潔に保つことが先ず大切です。
夏は露出の多い季節なので汗を気にされる方は参考にお過ごしください。

はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第44話】ノロウェイルス流行の兆し!! | main | 【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!! »»
«« カテゴリ内前記事(【第44話】ノロウェイルス流行の兆し!!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第46話】基礎代謝を上げれば節電の冬もなんのその!!) »»
2012/12/10
【第45話】12月22日(土)は冬至
今年も1ヶ月を切りました。そして12月は師走というだけあって、忙しい日々を過ごしてらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
さて、来週22日(土)は冬至です。昼の長さが一番短く、夜が長い日ですね。冬至といって思い浮かぶ食べ物はかぼちゃではないでしょうか。
【第45話】12月22日(土)は冬至
かぼちゃを食べる風習として「中風(ちゅうふう※脳卒中)や風邪を引かないように」と「金運を祈願する」意味とがあります。
かぼちゃにはカロチンが多く含まれていて皮膚や体の粘膜を強化し、感染症などに対する抵抗力をつける働きがあります。
また、かぼちゃのわたには実の約2倍、皮の部分には約3倍ものカロチンが含まれています。また、ビタミンが豊富な繊維質のため、女性にはうれしい若返り効果と便秘防止にもってこいの野菜です!

♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:*♪*:..:♪♪*:..:*♪*:..:*♪*

他にも、冬至に食べると良いとされている食べ物に「ん」のつく野菜があります。
レンコン、だいこん、きんかん、にんじん、ぎんなん、うどん

これは、冬至が太陽の力が一番弱まる日で、この日から再び力が甦る日とされ、運が上昇するように縁起をかついだことから始まったと言われています。

また、冬至の日にゆず湯に入るのも有名ですが、『融通が利きますように』と願いがこめられているそうです。
ゆずには血行を促進させる成分やビタミンCが豊富なため、ゆず湯につかることにより風邪が引きにくくなります。
*.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.*.○。・.: * .。○・。.
年末にかけて風邪をひきやすくなるので、冬至に限らず習慣にしたいですね。 
posted at 2012/12/10 17:21:37
lastupdate at 2012/12/10 17:21:37
修正