【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/05/26 :: 【第119話】玉葱の健康効果・認知症予防
血液サラサラ、血中の悪玉コレステロールの減少、血液が固まって血管が詰まることを抑えることから、脳卒中、脳血栓、心筋梗塞などなどといった生活習慣病を予防すると言われる玉葱。古くは紀元前3千年以上昔の古代において、メソポタミアやエジプト地域で栽培され、食べられており、特にピラミッド建設の労働者たちが、ニンニクと一緒に食していたという記録もあるほど、人類にとって玉葱は付き合いが長いです。今回は、その玉葱の記憶障害改善(認知症予防)作用についてご紹介します。
 タマネギには上記のように様々な健康効果があると言われていますが、意外と知られていないのが玉葱の記憶障害改善効果です。最近では、よくNHKの報道番組「NHKスペシャル」などで、高齢者の増加・認知症患者の増加による社会が抱える課題=認知症患者及びその方を介護する家族の方の問題等が取りざたされ、認知症の問題はクローズアップされるばかりですが、タマネギには認知症予防につながる健康効果があり、その効果を飛躍的高めるのが特許製法「ネギ属植物処理物(BRC製法)※特許第3725079号」です。

<BRC製法とは!?>
!!$img1!!




BRCとは、Bio Rational Controlの略で、「切る」「熱を加える」「温度を調整する」ことによって、タマネギが自身が持つ酵素とアミノ酸を反応させ、タマネギの健康成分DPTS(dipropyl trisulfide:ジプロピルトリスルフィド→簡単に言うと玉葱の目にしみる成分)を選択的かつ多量につくりだす技術です。添加物を一切使わず、タマネギ本来の健康成分を「切ること」「加熱すること」だけでDPTSを凝縮する画期的な製法で、同製法でタマネギを加工することによって通常のタマネギの加工と比較して15倍のDPTSを作りだすことができます。

<DPTSの機能の特許「記憶障害改善作用を有する組成物(特許第4139677号)」>
!!$img2!!




BRC製法で加工したタマネギからとれる健康成分DPTSは、抗酸化物質で、体内で発生する活性酸素を除去(老化防止=美容美肌)する働きがあります。研究においてDPTSは、ヒトの記憶を司る脳海馬の酸化を抑える効果を確認し、特許「記憶障害改善作用を有する組成物(記憶障害改善剤)」を取得しました。
口から摂取した栄養素は、脳へ到達できるものと到達できないものがあります。なぜなら脳は身体にとって非常に重要な役割を持つ器官のため、脳への関所的(時代劇に良く出てくる関所)な役割を果たす血液脳関門という部位によって脳まで届く物質と、そうではない物質とに選択されるのです。しかしながらDPTSは、その血液脳関門を通過し脳海馬の酸化を抑えることが実験で分かっております。


<特許BRC製法で加工された玉葱を使っている主な製品>
「栄養機能食品アリウムエクセラ」、「酢玉葱」、「北海道タマネギドレッシング」シリーズ
!!$img3!!



はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第42話】インフルエンザ2012−2013! | main | 【商品紹介】北海道ヤーコン茶 »»
«« カテゴリ内前記事(【第42話】インフルエンザ2012−2013!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第44話】ノロウェイルス流行の兆し!!) »»
2012/11/26
【第43話】冷え症対策始めよう!
北海道は初雪を迎えすっかり冬です。冷え症にはつらい季節がやってきましたが近年ヒートテック等のあったか衣料が進化したり生姜ブームや唐辛子ブームと、冷え症には有り難いことですね。今年は冬も節電を呼びかけられているので、個人での対策が特に必要とされています。
冷え症対策ということに関しては、野菜には「体を温める働き」と「冷やす働き」がありますので、冷え症の方は積極的に体を温める野菜を食べて冷えを解消しましょう。
【第43話】冷え症対策始めよう!






o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○

<体を温める(温性)野菜・食品>
タマネギ、にら、しょうが、にんにく、ねぎ、かぶ、大根、かぼちゃ、れんこん、ごぼう、にんじん、チーズ、納豆、豆類、羊肉、鶏肉、鹿肉、あじ、いわし、ふぐ、うなぎ等

以前お話ししましたが冬野菜の根菜類は体を温める野菜(温性)です。
温性の食品を食べると血液循環がよくなり、体があたたまりやすくなり、冷えても体温が回復しやすくなることがわかっています。
o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○o。‥。o○

特に、かぼちゃ・にんじん・タマネギは体を温める野菜のなかでは最もポピュラーで、取り入れやすく、栄養も豊富です。
タマネギは血液サラサラ効果や血栓予防などに良いとされているのは有名ですね。
にんじんはビタミンAが豊富。血液を作ることを促進し血行を良くします。
かぼちゃはビタミンA、C、Eが豊富に含まれている。強肝作用や血圧を正常化させます。
「にら」や「しょうが」などは体を温めすぎてしまう効果があり、食べすぎるとかえって悪い作用がでてしまう場合もありますので、適度に食べましょう。
*.○。・.: * .。○・。.。:*。○。:.・。*.○。・.: * .。○・*.

また、温性の食品を食べると腸内細菌の増加につながります。腸内環境のバランスが崩れると悪玉菌が増えて腸内に有害な物質が溜まり、肝臓で解毒しきれないまま血液で循環してしまうようですので注意してください。

posted at 2012/11/26 16:33:38
lastupdate at 2012/11/26 16:33:38
修正