【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/06/09 :: 【第121話】蒸し暑い季節も「しそ」で涼やかに!
九州では梅雨入りしましたね。北海道では梅雨がないと言われていますが、天気が悪くジメジメした時期(蝦夷梅雨“えぞづゆ”)は存在します。
梅雨時は湿度が高くなり、カビが発生しやすく食中毒も起こりやすい時期です。ジメジメした天候は気分が良くないばかりか、体調が悪くなる場合も多いようです。
そこでおすすめな食材が今が旬の「大葉」。梅雨時期で不安定な気分と体に栄養を与えるので利用してみてはいかがでしょうか。

「しそ」(大葉)の旬は6〜9月。梅干しの色付けに使われる赤じそは6月〜7月のみですが、両方とも昔から日本に自生する、いわば「和風ハーブ」です。家庭でも容易に栽培でき、栄養価も高く料理にも様々利用できます。
!!$img1!!





「しそ」は栄養価に優れており、カロテン(ビタミンA)の多さは野菜の中でもトップクラス!
すっきりとした香りはぺリルアルデヒドという成分で防腐・殺菌作用があり、刺身のつまとしてよく使われます。また、スーッとする香りは食欲を増進させる効果があります。


☆貧血、腹痛、神経痛にも「しそ」効果
「しそ」は鉄分を多く含み貧血防止や、腹痛、下痢止めの作用、血行促進や神経痛、リウマチの改善も期待できます。まさに驚くべき「しそ」パワー!です。
さらに、神経が高ぶって眠れないときは、寝る前に「しそ」酒を飲むと熟睡できるなどイライラ防止にもなり、普段から「しそ」を煎じてお茶として常用すると精神を安定させる効果があります。
青じそと赤じその違いですが、赤じそはポリフェノールの一種「アントシアニン」を含んでいるため葉が赤くなります。アントシアニンはブルーベリーなどにも含まれ、目に良いとして有名ですよね。

☆食べ合わせで健康効果がUP! 他の食材といっしょに栄養を摂って効果倍増に! 
しそ × しめじ、ブロッコリー、ぜんまい ⇒ ガン、生活習慣病の予防
しそ × カキ、シジミ、ほうれん草 ⇒ 貧血予防と改善
しそ × わかめ、小松菜、きゅうり ⇒ 動脈硬化の予防、イライラ解消

「しそ」といえば、大人気の商品「北海道タマネギドレッシング」シリーズにも青じそテイストがあります。すっきりなのにまろやかな風味が涼しさを感じます。
夏野菜サラダや冷やっこにかけてお召し上がりください。
!!$img2!!     はまやスタッフ:ひまわり2号

all photo

Recent Diary

«« 【第3話】予防は自分と他者のために! | main | 【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』 »»
«« カテゴリ内前記事(【第3話】予防は自分と他者のために!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第5話】〜野菜ソムリエの食卓〜『現代のおやつ』) »»
2012/02/27
【第4話】正しい食事は腹8分目!
正しい食事の原則は腹8分目!これは90歳を超える私の祖父母を見ての確信です。現在、祖父母は家族の誰の世話も受けず2人で暮らしています。昨年はJRで出てきた2人を札幌駅まで迎えにいったほどです。
自営業を営んでいた祖父母の生活は特別健康に気を使うでもなし、食事に気を使うでもなし、スポーツをするでもなし・・・。強いて際立ったことを挙げるとすれば食事が小食であったということです。食に欲がないというか、美味しいものを知らないというか、いずれにしても食そのものが質素ですし、お腹がハチ切れるぐらい食べて仰向けなどという姿は見たことがありませんでした。
【第4話】正しい食事は腹8分目!
昔から「腹八分目に医者いらず」と言われていますので、そのことの大切さを認識しはじめてきた昨年の6月12日でした。『「寿命は延ばせる!」若返り長寿遺伝子発見▽糖尿病や認知症も予防▽夢の長寿薬』という番組がNHKで放送されたのです。番組の内容は「サーチュイン遺伝子」という老化を遅らせ、寿命を延ばす遺伝子が見つかったということで、その遺伝子は誰もが持っており、それをうまく働かすことができれば平均寿命は100歳を超えるということでした。サーチュイン遺伝子を働かせると100近くの老化要因が抑えられ、その結果、肌・血管・筋肉・骨・脳など様々な器官が若く保たれ、寿命が延びるというのです。


さてサーチュイン遺伝子を働かせる方法は?
2つあります。1つが食事制限をして1日の摂取カロリーを抑えること。どの位抑えるかは目安的なものですが、現状の食事の30%を少なくする、もしくは1日800キロカロリー少なくすることだそうです。
そしてもう1つの方法が、ブドウの果皮や落花生の種皮に含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」を摂取すること。これはサプリメントで摂ることができます。
皆さんはどちらを選択されますか?
                                ※はまやスタッフ:ひまわりT
posted at 2012/02/27 19:15:42
lastupdate at 2012/03/05 13:50:56
修正