【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/02/10 :: 【第104話】ドレッシング!シンガポールへ
北海道ブランド(おいしい、健康、きれい)を世界に発信していくことを目的とした、あるプロジェクトに参画しています。
先日、そのプロジェクトの一環として、シンガポールの高島屋において「HOKKAIDO SHOWCASE 2014」と題した北海道物産展があり、そのお手伝いをしてきました。
シンガポールは地理的に赤道直下に位置し気候は一年を通じて高温多湿で、中学校の時に習ったであろうモンスーン地帯にありますから年平均気温が約27℃という常夏の国。滞在は5日間程度でしたが、つかの間の夏を楽しんできました。あ、そうそう、春節(旧暦の正月:中華圏で最も重要とされる祝祭日)も経験しきましたので、今年は2回お正月を楽しむ?ことができました。

シンガポール高島屋は日本の百貨店「高島屋」のシンガポール店で、場所はオーチャーロード・日本で言えば銀座にあたる場所にあります。建物は駐車場も含めると地下3階・地上8階建で、イメージ的には日本の百貨店とほぼ同じ、そんな印象の高島屋地下2階食品売り場の一角で、北海道タマネギドレシング、ヤーコン茶、ヤーコンパウダー等を販売をしてきました。
私の一番の目的は、機能性食品・調味料・調味食品の市場性を調査すること。弊社のドレッシングの市場性も確認しながら、機能性食品等の開発を行う手がかりがつかめればと考え行ってきました。結果は?といったところですが、それは是非、今後の弊社新商品にご期待いただければ幸いです。


!!$img1!!!!$img2!!!!$img3!!






北海道タマネギドレッシングについては、総じて非常に好評でした。それが乗じて、現在シンガポール楽天内でも販売されています。
試食をお勧めする際、ドレッシングと言ってお客様に試食をお勧めしてもなかなか召し上がっていただけず、オニオンシーズニング(調味料)と言った方が興味をもって手にとっていただけたことを考えますと、日本もシンガポールもあまり変わりませんね。現に、サラダだけでなく、お肉のお料理や魚介のマリネ等といった調味料としてお使いいただけることを説明した方が、購入される割合が高かったように思えます。

シンガポール高島屋の「HOKKAIDO SHOWCASE 2014」は2月16日まで実施中です。Facebookページもございますので、是非「いいね!」をお願いいたします。

<Facebookページ>
https://www.facebook.com/healthandbeauty.hokkaido

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第39話】冬野菜で体の中から温めよう! | main | 【第41話】冬野菜 ヤーコンの調理の仕方 »»
«« カテゴリ内前記事(【第39話】冬野菜で体の中から温めよう!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第41話】冬野菜 ヤーコンの調理の仕方) »»
2012/11/05
【第40話】調味料選手権
北海道タマネギドレッシングが調味料選手権2012最優秀賞に選ばれました

11月3日(土)、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会主催の「調味料選手権2012〜新定番調味料をさがせ〜」において、北海道タマネギドレッシングがサラダ部門「最優秀賞」に選ばれました。

調味料選手権は日本野菜ソムリエ協会主催のイベントで、調味料マイスターが生活者とスペシャリストの視点から調味料を評価し、調味料の 品質向上を目指すものです。
全国から応募のあった約100品もの調味料の中から、北海道タマネギドレッシングがパッケージデザイン、味、ご当地性、商品化に至ったストーリー性等においてサラダ部門最高の評価を得ました。

<<調味料選手権2012概要>>
■実施日:2012年11月3日(土)
■会 場:東京都港区北青山3-6-26 Rin(2F&3F)
■時 間:14:00〜17:00
■部 門:ごはんのおとも部門、万能調味料部門、隠し味・ちょい足し部門、サラダ部門

北海道タマネギドレシングの特徴は?
・特許「BRC製法」でタマネギの香り・旨み・健康成分が通常のタマネギの15倍
・みんな大好き、醤油ベースの和風味
・北海道産「もみじ系」タマネギを1本に50g使用
・国産の大豆、なたねを使用したヘルシー油
・タマネギ研究者と野菜ソムリエ、そして旭川最古の醤油メーカーとの連携商品
・サラダはもちろん冷や奴、おひたし、バンバンジー、ローストビーフにピッタシ!
・新提案の機能性ドレッシング(美味しさと健康を追求したドレッシング)

■BRC(バイオラショナルコントロール)製法とは?
タマネギが自らもっている酵素とアミノ酸を化学反応させて新たな成分をつくりだすという性質を利用して、通常のタマネギからはほとんど採れない健康成分(DPTS)を15倍作りだす製法です。なんとDPTSは香り・旨み成分でもあります。

・植物の優れた護身術を応用したのがBRC製法
植物は外敵に襲われても走って逃げることができません。例えば、植物は昆虫に葉を食べられると、体内に含まれる成分を化学反応させて昆虫が嫌がる成分をつくりだし追い払おうとします。
一番分かりやすいのがタマネギを切った際の涙!タマネギは、切って初めて涙が出ますよね?そう、それもそのうちの1つなんですよ。

【第40話】調味料選手権
posted at 2012/11/05 19:06:35
lastupdate at 2012/11/05 19:06:35
修正