【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/09/16 :: 【第135話】秋もアレルギー性鼻炎の季節です!
9月に入り、北海道は朝晩かなり涼しくそろそろ衣替えの季節だな・・・と感じます。
そんな季節ですが、なんだか鼻がムズムズ・目がかゆい?!と思っている方も多いと思います。実は秋でもアレルギー性鼻炎で困っている方が非常に多いのです。


■秋のアレルギーの原因は何?
秋にも花粉症はあります。北海道の場合は、代表的なものとしてエゾヨモギ、セイタカアワダチソウなど、道端、畑、空き地などに自生していることが多いので注意しましょう。

その他に、秋に飛散する花粉としては、イネ科植物、キク科のブタクサ、ヨモギなどがあげられます。そしてもう一つ、秋のアレルギーの原因となる物質に「ハウスダスト」があげられます。

ハウスダストは主にダニの死骸や糞、ホコリです。
このアレルギーが秋に増えるのは衣替えの季節だからです。ダニの繁殖するタンスなどから冬物の衣類を出すので、家の中や通勤電車などでハウスダストが一斉に舞うわけです。

■パパママが知っておきたい子供のアレルギー 
        !!$img1!!






<アレルギーとは>

私たちの体には、外から体内に入ってきた異物を排除しようとする「免疫」という機能が備わっています。免疫は、細菌やウイルスから体を守ってくれる大切な仕組みです。ところが、ときとしてこれが過剰に働き、食べ物やホコリ、花粉など、身の回りにあって体に害のないものにまで反応してしまい、かえって体に害を起こしてしまうことがあります。それがアレルギーです。

アレルギーを起こしやすい体質は、ある程度遺伝する傾向があります。ご家族にアレルギーの人がいると、子供にアレルギーが起きる可能性が高くなると言われています。

<原因は身近なところに>

アレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。
アレルゲンは私たちの周りのいたるところに存在します。食べ物として体内に入ってアレルギーを引き起こすのが食物アレルゲンです。鶏卵・乳製品・小麦などが代表的ですが、魚・ピーナッツ・ イクラ・果物などのアレルゲンも増えています。ホコリ・ダニ・花粉・昆虫・動物のフケや毛など、吸い込んだり触れたりすることによってアレルギーを引き起こすアレルゲンもあります。

人によって様々ですが、1人が複数のアレルゲンをもつこともあります。


<アレルギーの治療法は>

普段から飲み薬や吸引薬を使うことも大切な治療法ですが、しかしアレルギーを根本的に治療するには、アレルギーを引き起こす原因のアレルゲンをつきとめ、それを生活の中から取り除き、アレルギー症状が発症しないようにすることが大切です。

原因のアレルゲンとの接触が続けば、アレルギー症状が慢性化して治療が困難になってしまうので、慢性化する前に、アレルゲンの原因をしっかり見つけましょう。
アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎なども、近年では発症年齢が低くなっており、2歳で花粉症が出るケースも珍しくなくなってきているようです。

子供のアレルギーは成長とともに変化していきます。原因であるアレルゲンは自己判断せず、できるだけ早く医師に相談して適切な治療を始めましょう。

all photo

Recent Diary

«« 【第39話】冬野菜で体の中から温めよう! | main | 【第41話】冬野菜 ヤーコンの調理の仕方 »»
«« カテゴリ内前記事(【第39話】冬野菜で体の中から温めよう!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第41話】冬野菜 ヤーコンの調理の仕方) »»
2012/11/05
【第40話】調味料選手権
北海道タマネギドレッシングが調味料選手権2012最優秀賞に選ばれました

11月3日(土)、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会主催の「調味料選手権2012〜新定番調味料をさがせ〜」において、北海道タマネギドレッシングがサラダ部門「最優秀賞」に選ばれました。

調味料選手権は日本野菜ソムリエ協会主催のイベントで、調味料マイスターが生活者とスペシャリストの視点から調味料を評価し、調味料の 品質向上を目指すものです。
全国から応募のあった約100品もの調味料の中から、北海道タマネギドレッシングがパッケージデザイン、味、ご当地性、商品化に至ったストーリー性等においてサラダ部門最高の評価を得ました。

<<調味料選手権2012概要>>
■実施日:2012年11月3日(土)
■会 場:東京都港区北青山3-6-26 Rin(2F&3F)
■時 間:14:00〜17:00
■部 門:ごはんのおとも部門、万能調味料部門、隠し味・ちょい足し部門、サラダ部門

北海道タマネギドレシングの特徴は?
・特許「BRC製法」でタマネギの香り・旨み・健康成分が通常のタマネギの15倍
・みんな大好き、醤油ベースの和風味
・北海道産「もみじ系」タマネギを1本に50g使用
・国産の大豆、なたねを使用したヘルシー油
・タマネギ研究者と野菜ソムリエ、そして旭川最古の醤油メーカーとの連携商品
・サラダはもちろん冷や奴、おひたし、バンバンジー、ローストビーフにピッタシ!
・新提案の機能性ドレッシング(美味しさと健康を追求したドレッシング)

■BRC(バイオラショナルコントロール)製法とは?
タマネギが自らもっている酵素とアミノ酸を化学反応させて新たな成分をつくりだすという性質を利用して、通常のタマネギからはほとんど採れない健康成分(DPTS)を15倍作りだす製法です。なんとDPTSは香り・旨み成分でもあります。

・植物の優れた護身術を応用したのがBRC製法
植物は外敵に襲われても走って逃げることができません。例えば、植物は昆虫に葉を食べられると、体内に含まれる成分を化学反応させて昆虫が嫌がる成分をつくりだし追い払おうとします。
一番分かりやすいのがタマネギを切った際の涙!タマネギは、切って初めて涙が出ますよね?そう、それもそのうちの1つなんですよ。

【第40話】調味料選手権
posted at 2012/11/05 19:06:35
lastupdate at 2012/11/05 19:06:35
修正