【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

 ‥皇垢爐蕕みしほこ
◆,劼泙錣雖宜
 ひまわり狭

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/01/27 :: 【第102話】今年のインフルエンザ傾向と対策
今年もいよいよインフルエンザの流行が本格的になりましたね。
今年のインフルエンザの特徴のひとつに、薬が効きにくいウイルスの登場や、ヒトに感染する鳥インフルエンザが挙げられます。
インフルエンザにかからないためには予防は必須ですが、インフルエンザは猛烈に寒い日が続くと一気に猛威をふるいだすそうです。

≪今年の傾向≫
1番多いウイルスが「香港A型」です。2番目に多いウイルスは、2009年に流行した「新型インフルエンザ」が変異したウイルスと言われています。この変異ウイルスは非常に手強くて薬も効きづらく、完治するまでに時間が掛かるとのことです。

≪予防と対策≫ !!$img1!!
・まずは予防接種を受ける → 接種後効果がでるまで2〜3週間かかります。
・とにかく手洗い →電車のつり革や手すり等気付かないうちにウイルスをもらっている。
・水分補給を十分取る →水分量が減るとウイルスや雑菌の排出力が低下してしまう。
・乳酸菌で免疫力を上げる →腸内環境を整えることが重要といわれています。

≪インフルエンザの種類A・B・C型とは?≫
・A型・・・ウイルスが変化しやすく、感染力が高いので世界的に流行することが多い
※症状:38℃以上の高熱、悪寒、関節、筋肉痛などが特徴

・B型・・・A型のような突然変異をおこさないため、世界的大流行を起こすことはない。

・C型・・・感染した場合も、A・B型と違い風邪程度の症状でおさまる。
多くの人が免疫を持っています。

≪風邪かもしれない?と迷ったら…≫
・鼻水、鼻づまり、のどの痛み
・発熱は徐々に
・悪寒や寒気は軽い
・風邪のひき始めに鼻水が出る
・合併症が少ない

上記の症状は風邪の時の症状ですので迷ったら参考にしてみて下さい。

しかし、ただの風邪の場合であっても、免疫力は確実に落ちているので風邪を引いているところに畳かけるようにインフルエンザはやってきます。十分注意しておいた方がいいでしょう。みなさんもインフルエンザ予防をしっかり行って、この冬を乗り越えましょう。

むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第77話】食中毒に用心 | main | 【TV取材されました】北海道タマネギドレッシング »»
«« カテゴリ内前記事(【第77話】食中毒に用心) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【TV取材されました】北海道タマネギドレッシング) »»
2013/08/05
【第78話】疲労回復効果がある旬の夏野菜!!
夏は、「何だか最近疲れやすい……」と感じる人も多いですよね。
気温も高く、湿度も高いとなれば、体への負担も多くなり疲れやすくなりますが、そんな時は、旬の野菜の力を借りて、夏バテ予防・疲労回復を図るにつきます。
今回は疲労回復効果のある旬の野菜のご紹介です。
【第78話】疲労回復効果がある旬の夏野菜!!




■ 枝豆
ビールのおつまみ人気NO.1の『枝豆』!
枝豆は、まだ完熟していない大豆を収穫した“大豆の赤ちゃん”で、豆と野菜の両方の栄養を持つ緑黄色野菜です。夏野菜の中でも特に栄養価の高い野菜で、夏バテ予防・疲労回復には最適です。
また、ビタミンC、カリウムも豊富に含み、シミになりにくく・むくみ解消の効果大です!
まさに、冷たいビールが進んでしまう今の季節にぴったりの食べ物ですよね。

■ トマト
夏野菜の代表でもある『トマト』!
強い抗酸化力のあるリコピンを豊富に含むトマトは、美白・美肌効果が期待できるだけでなく、クエン酸やリンゴ酸の作用で疲労回復にも効果大。
疲労物質である“乳酸”を分解するので夏バテ対策にはかかせません。

■ 冬瓜
7月から9月が旬の野菜で95%以上が水分でできており、ビタミンCも豊富!
昔から民間療法では、“のぼせを抑え体の熱をとる”と言われています。
寝苦しい夜に食べると安眠でき、夏風邪の予防や疲労回復、免疫力を高めてくれるため、疲れにくい体を作ってくれます。
また、低カロリー食材ですので、ダイエットにも最適です。

この3つの夏野菜は、夏バテをして食欲のない時でも、とても体に優しい旬の野菜です。
ビアガーデンで飲みすぎてしまった二日酔いも和らげる効果がありますよ。

ぜひこの季節に旬の夏野菜パワーを取り入れてみてはいかがですか?


店長 むらかみ しほこ
posted at 2013/08/05 14:05:52
lastupdate at 2013/08/27 17:38:26
修正