【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 04   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/04/13 :: 【第165話】旬の食材シリーズ【いちご】

4月いよいよ新年度がスタートしましたね。
日一日と暖かくなり心も躍る季節となってきましたが、お花見はもうなさいましたか?
北海道はだいぶ雪も溶け、でも桜の季節はあともう少し先と言ったところです。
さて、今回の“旬の食材シリーズ”は『いちご』です。
いちごにはビタミンCが豊富に含まれており、果物類の中でもトップクラス!
今回はいちごについての豆知識をお伝えしたいと思います。       
!!$img1!!




■今が旬の果物【いちご】(バラ科 オランダイチゴ属) ※旬は3月〜6月
「いちご」は多年生草本で、世界各地に存在します。原産地は南北アメリカで、日本へは江戸時代後期にオランダ人により持ち込まれましたが、近代的ないちごが普及したのは19世紀になってからと言われています。
いちごは花托(かたく)が肥大した部分を食べますが植物学的な果実は、通常種と呼んでいる正面のぶつぶつの箇所を指します。
生育適温は15℃〜25℃です。一定期間低温に遭遇すると休眠に入り、開花時に35℃以上の高温になると結実しにくくなる特徴を持っています。
※花托とは・・・花をつける枝の先端で、花の花粉が着生する部分のこと。


■【いちご】の選び方
・葉は緑色が濃く鮮やかである
・色が均一に着色しており、光沢がある
・全体に張りがあり、傷みがなく形が整っている


■保存方法
貯蔵に適さないので、なるべく早く食べきりましょう。冷蔵する場合は、へたをつけたまま洗わずにラップなどに包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。冷凍する場合は、洗浄後へたを取り除き、浅い容器に一個ずつくっつかない様にならべます。完全に冷凍できたら袋に入れ冷凍庫で保存しましょう。


■調理方法
加熱するとビタミンCが失われてしまうので生でたべましょう。果実はペクチン(食物繊維の一種で、ゼリー化させる)含量が少ないので、ジャムにする場合は、ペクチンを加えるかじっくり煮詰めるようにします。


■“いちご”の豆知識
「いちご」の特徴は、ビタミンCが非常に豊富に含まれていることです。果物類の中でもその多さはトップクラといわれています。ビタミンCの不足は、壊血病や歯肉炎、貧血を引き起こす原因になります。

美容にも、健康にも、ビタミンCは不可欠な栄養素です。
ビタミンCは熱に弱く、加熱により壊れやすいので、生でビタミンCを摂取できるいちごは摂取源として最適といえます。
みなさんも旬の果物を食べて体にいい食生活を送りましょう!!

all photo

Recent Diary

«« 【第32話】アロニアの収穫! | main | 【第34話】長引く咳の原因は? »»
«« カテゴリ内前記事(【第32話】アロニアの収穫!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第34話】長引く咳の原因は?) »»
2012/09/18
【第33話】スポーツの秋 何か運動をしていますか?
みなさんは普段どれくらい運動をされているでしょうか。
私は、週に2回運動をすることを心がけています。
理想は土・日などの休日は登山、平日の仕事帰りはランニングをそれぞれ1回以上行うことです。
今年の冬から本格的にランニングを始め、最初は10分も走るのですらキツかったのですが、今では10kmは走れるようになり、10月には大会への参加も予定しており、自分でも驚いています。まさに継続は力なりですね。

さて、なぜランニングを始めたかというと、やはり最初はダイエットや体力をつけるため、といった理由だったと思います。
そこで、今回はスポーツの秋ということで、スポーツの基本でもあるランニングを始めるうえで初心者が気をつけることをまとめましたので参考にしてください。【第33話】スポーツの秋 何か運動をしていますか?


=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+=+
@
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│お│腹│に│入│れ│て│か│ら│!│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
早朝にランニングする方も多いと思いますが、必ず何か食べてから走ってください。空腹のためにめまいなどを引き起こしやすいのです。
バナナなどの軽く食べられものが良いでしょう。
A
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│水│分│を│摂│っ│て│か│ら│走│る│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
例え少しの距離でも脱水症状を起こす危険性があります。特に夏のランニングはより危険です。飲料水を持って出かけることをおすすめします。
B
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│ウ│ォ│―│ミ│ン│グ│ア│ッ│プ│を│し│て│か│ら│
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘
これは基本中の基本ですね。どんなスポーツをするうえでも行ってください。
最初は準備体操をしていた方も慣れてくるにつれ、さぼってしまうようですが、ケガを起こしやすくなります。長くスポーツを楽しむうえでは必須です。
C
┌─┬─┬─┬─┬─┬─┐
│や│り│過│ぎ│な│い│ 
└─┴─┴─┴─┴─┴─┘
最初から頑張り過ぎないことが大事です。昔はできたのに・・・、タイムを縮めたい・・・など自分の目標に近づけるために頑張りすぎてしまう初心者の方も多いはず。しかし、最初から頑張り過ぎてしまうと疲労もたまり、ケガの原因にも繋がります。
あせらず余裕をもち、運動時間を延ばしましょう。
はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2012/09/18 14:37:48
lastupdate at 2012/09/18 14:52:36
修正