【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 02   «« »»
01
T
 
02
F
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/04/06 :: 【第164話】ウォーキング
!!$img1!!桜前線が順調に北上し、北海道にやってくるのは例年通りの5月初旬頃になりそうですね。桜の開花・お花見は1年の行事の中でも特に楽しいイベントの1つ。両親に連れられて見た桜、学生時代に見た桜、新生活をスタートした時に見た桜、旅先で見た桜・・・。心に残るさまざまな桜物語があります。今年も綺麗な桜が見れればよいですね。

さて、春風に誘われて体を動かしたくなる季節ですが、健康のために冬の間の運動不足を解消しようと思われている方も多いと思います。冬の間にたまった脂肪を運動とサプリメントの併用で効率的に落としませんか?本日は、体脂肪を減らすウォーキングを紹介します。

!!$img2!!1.ウォーキングの姿勢と歩き方
効果的に脂肪燃焼(ダイエット)をさせるには歩く姿勢が大切です。
@視線は真っ直ぐ前を見る
Aあごを自然にひく
B背筋を自然に伸ばし、腰は常に同じ高さを保って歩く
上記3つの状態を意識し、「かかと」から着地して「つま先」で地面をけり出すように歩きます。足を置く位置は左右の親指の間が12センチ位、歩幅の目安は
「身長×0.45が目標の歩幅」と言われています。この歩幅ですと、普段よりも少し大股で歩く感じになると思います。足の筋肉の動きを意識して歩くとウォーキング効果が上がり、ダイエットにも良いようです。

2.ウォーキングの速度と時間
ウォーキングの速度は、少し息がはずむ程度がダイエットに効果的な速度と言われています。「ハッ、ハッ」という位の呼吸でリズミカルに歩きましょう。その時、腕を大きく振って腰をひねるように歩くと歩きやすくなり、歩幅も広げやすくなります。
ウォーキングによって身体についた脂肪が燃焼しはじめるのは、歩き出してから20分位たってからなので、1日の目安としては20分〜60分位がちょうど良いと言われています。ウォーキングの回数は週2回〜3回程度でも良いようですから継続してやることが一番大切です。

3.サプリメントの活用
サプリメントには脂肪燃焼効果のあるものもございます。
その昔、北海道に住む行者(修行僧)が滋養強壮として食し、また、その特徴的な臭いから名づけられた北海道の伝承の野草「行者ニンニク」には滋養強壮、脂肪燃焼効果があります。その行者ニンニクを主原料とした「北海道謹製 行者ニンニク卵黄油黒玉EX」を活用するのもオススメです。

→北海道謹製 行者ニンニク卵黄油黒玉EXサイト:http://item.rakuten.co.jp/hamaya-r-ten/c/0000000144/

はまやスタッフ:ひまわりT号




all photo

Recent Diary

«« 【第29話】夏太りしてない?そろそろヤバイ夏の脂肪対策 | main | 【第31話】目に気を使っていますか? »»
«« カテゴリ内前記事(【第29話】夏太りしてない?そろそろヤバイ夏の脂肪対策) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第31話】目に気を使っていますか?) »»
2012/08/27
【第30話】超簡単。腕振り体操で脂質異常・動脈硬化予防!

ハタと気づけば、8月も最後の日曜日が終わってしまいましたね。
残暑が厳しいですが、秋はそこまでやっていきています。
この暑さを乗り越えれば、いよいよ味覚の秋到来ですが、いかがですか?
体調は万全ですか?

食べ物が美味しいと困るのは食べすぎですね。
食べすぎは摂取エネルギーの増大を招き、脂質異常症・高コレステロール、中性脂肪の増加、そして生活習慣病、動脈硬化・・・。

そこで今回は、脂質異常症の予防と改善を目的とした、とっても簡単、どこでもできる「腕振り体操」をご紹介します。【第30話】超簡単。腕振り体操で脂質異常・動脈硬化予防!
この体操は中国の厚生省が推奨している体操です。東洋医学では、全ての身体の不調は瘀血(オケツ:血液が汚れた状態)にあるといわれています。瘀血とは、全身の血のめぐりが悪くなり循環障害から引き起こされます。この腕振り体操は瘀血をとるのに効果があるため、血のめぐりを良くし脂質異常症だけではなく高血圧や動脈硬化、脂肪肝などの予防・改善にも役立つすぐれものです。是非毎日お試しを!

・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓
┃腕┃┃振┃┃り┃┃体┃┃操┃
┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

@足を肩幅に開いて姿勢を正し、立ちます。
A両手のひらを前方へ向けて腕をまっすぐに伸ばします。
B次に両手のひらを後方へ向けて、腕も後ろのほうにまっすぐに伸ばします。
C(上記「A」と「B」の状態を意識し)腕を前後に振ります。
D腕を振る時は、息を深く吸って、深く吐きながらゆっくりと手を後ろに振ります。
※ポイントは、ひじをまっすぐ伸ばした状態で行うことです。そうすることによって振り子の効果が増し、体操の効率も高まります。
posted at 2012/08/27 16:39:28
lastupdate at 2015/08/18 17:51:52
修正