【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/08/10 :: 【第181話】放っておけない!紫外線ダメージ

こんにちは。暑さが厳しい季節ですね。連日の真夏日で夏バテの方も多いのでは!? 今時期は猛暑により自立神経が乱れやすく体力が消耗しているうえに、紫外線によるダメージも大きい!って知ってますか?紫外線は体力の消耗など、身体に様々な影響を及ぼす夏バテの元凶です。そこで今回のテーマは夏バテの原因でもある“紫外線”です。しっかりと紫外線対策をして、夏を楽しみましょう!


■紫外線のはたらき■!!$img1!!
「紫外線」と聞いて、まずイメージするのは日焼けしてシミができるなど、お肌にとって大敵ということだと思います。紫外線を浴びることによりお肌の乾燥、かゆみ、炎症を引き起こし、老化を早めるほか髪にもダメージを与えます。

さらに、外に長くいると非常に疲れますよね。それは目から紫外線が入り、脳に刺激として伝わる結果、疲労物質が血中に増加していくためです。目から入ってきた紫外線も、シミの原因となるメラニンがつくられてしまいますから、お肌だけではなく、目の紫外線対策も怠ってはいけません。
こういうと、紫外線は悪い奴ということになりますが、身体に良い影響もあります。それは、わたしたちの体に必要なビタミンDの合成を助けるということです。また、ビタミンDはカルシウムの吸収率を上げる、肌の細胞を整える、代謝を上げるなどの重要な働きもあります。
ちなみにビタミンDの合成には15分程度の日光浴が必要とのことです。


■体の中から紫外線ブロック!■
紫外線を浴びると肌が酸化していき、シミやシワなど老化が進んでいきます。紫外線を防止するために、日焼け止めを塗ったり、UVカット機能のある衣類を着用したり、日傘を差す、サングラスをかけるなど対策はされているかと思いますが、食べ物を通して身体の内部から紫外線対策をすることもできます。


◎ポリフェノール(抗酸化作用)を含んだ食材
ポリフェノールを含む食材は肌の酸化を防ぎ、シミやシワをできにくくする働きがあります。ポリフェノールとひとくちに言っても約4,000種類ものポリフェノールがあり、効果はさまざまです。美容に効果がてき面なのは、『コーヒー』、『バナナ』、『トマト』に含まれるポリフェノールです。
ポリフェノールは摂取してから2時間ほどで効果が切れてしまうので、朝と夜に摂るなど、一日数回に分けて摂るとより効果的でしょう。

◎ビタミンを含んだ食材
ビタミンは肌を作るうえで必要な成分で、特にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは、夏の弱った肌を助ける働きをします。
ビタミンAは皮膚や粘膜の健康維持に働きかけ、ニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれています。
ビタミンCは美白効果や老化を抑える働きがあり、レモン、イチゴ、アセロラなどの果物に多く含まれています。
ビタミンEは細胞を新しくする新陳代謝を促し、肌のハリを保ちます。アボカド、アーモンド、ウナギなどに多く含まれています。

まだまだ暑い日が続き紫外線が気になりますが、外と内、両方からしっかりと対策しましょう。


はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第29話】夏太りしてない?そろそろヤバイ夏の脂肪対策 | main | 【第31話】目に気を使っていますか? »»
«« カテゴリ内前記事(【第29話】夏太りしてない?そろそろヤバイ夏の脂肪対策) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第31話】目に気を使っていますか?) »»
2012/08/27
【第30話】超簡単。腕振り体操で脂質異常・動脈硬化予防!

ハタと気づけば、8月も最後の日曜日が終わってしまいましたね。
残暑が厳しいですが、秋はそこまでやっていきています。
この暑さを乗り越えれば、いよいよ味覚の秋到来ですが、いかがですか?
体調は万全ですか?

食べ物が美味しいと困るのは食べすぎですね。
食べすぎは摂取エネルギーの増大を招き、脂質異常症・高コレステロール、中性脂肪の増加、そして生活習慣病、動脈硬化・・・。

そこで今回は、脂質異常症の予防と改善を目的とした、とっても簡単、どこでもできる「腕振り体操」をご紹介します。【第30話】超簡単。腕振り体操で脂質異常・動脈硬化予防!
この体操は中国の厚生省が推奨している体操です。東洋医学では、全ての身体の不調は瘀血(オケツ:血液が汚れた状態)にあるといわれています。瘀血とは、全身の血のめぐりが悪くなり循環障害から引き起こされます。この腕振り体操は瘀血をとるのに効果があるため、血のめぐりを良くし脂質異常症だけではなく高血圧や動脈硬化、脂肪肝などの予防・改善にも役立つすぐれものです。是非毎日お試しを!

・━┓・━┓・━┓・━┓・━┓
┃腕┃┃振┃┃り┃┃体┃┃操┃
┗━・┗━・┗━・┗━・┗━・
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

@足を肩幅に開いて姿勢を正し、立ちます。
A両手のひらを前方へ向けて腕をまっすぐに伸ばします。
B次に両手のひらを後方へ向けて、腕も後ろのほうにまっすぐに伸ばします。
C(上記「A」と「B」の状態を意識し)腕を前後に振ります。
D腕を振る時は、息を深く吸って、深く吐きながらゆっくりと手を後ろに振ります。
※ポイントは、ひじをまっすぐ伸ばした状態で行うことです。そうすることによって振り子の効果が増し、体操の効率も高まります。
posted at 2012/08/27 16:39:28
lastupdate at 2015/08/18 17:51:52
修正