【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/02/10 :: 【第104話】ドレッシング!シンガポールへ
北海道ブランド(おいしい、健康、きれい)を世界に発信していくことを目的とした、あるプロジェクトに参画しています。
先日、そのプロジェクトの一環として、シンガポールの高島屋において「HOKKAIDO SHOWCASE 2014」と題した北海道物産展があり、そのお手伝いをしてきました。
シンガポールは地理的に赤道直下に位置し気候は一年を通じて高温多湿で、中学校の時に習ったであろうモンスーン地帯にありますから年平均気温が約27℃という常夏の国。滞在は5日間程度でしたが、つかの間の夏を楽しんできました。あ、そうそう、春節(旧暦の正月:中華圏で最も重要とされる祝祭日)も経験しきましたので、今年は2回お正月を楽しむ?ことができました。

シンガポール高島屋は日本の百貨店「高島屋」のシンガポール店で、場所はオーチャーロード・日本で言えば銀座にあたる場所にあります。建物は駐車場も含めると地下3階・地上8階建で、イメージ的には日本の百貨店とほぼ同じ、そんな印象の高島屋地下2階食品売り場の一角で、北海道タマネギドレシング、ヤーコン茶、ヤーコンパウダー等を販売をしてきました。
私の一番の目的は、機能性食品・調味料・調味食品の市場性を調査すること。弊社のドレッシングの市場性も確認しながら、機能性食品等の開発を行う手がかりがつかめればと考え行ってきました。結果は?といったところですが、それは是非、今後の弊社新商品にご期待いただければ幸いです。


!!$img1!!!!$img2!!!!$img3!!






北海道タマネギドレッシングについては、総じて非常に好評でした。それが乗じて、現在シンガポール楽天内でも販売されています。
試食をお勧めする際、ドレッシングと言ってお客様に試食をお勧めしてもなかなか召し上がっていただけず、オニオンシーズニング(調味料)と言った方が興味をもって手にとっていただけたことを考えますと、日本もシンガポールもあまり変わりませんね。現に、サラダだけでなく、お肉のお料理や魚介のマリネ等といった調味料としてお使いいただけることを説明した方が、購入される割合が高かったように思えます。

シンガポール高島屋の「HOKKAIDO SHOWCASE 2014」は2月16日まで実施中です。Facebookページもございますので、是非「いいね!」をお願いいたします。

<Facebookページ>
https://www.facebook.com/healthandbeauty.hokkaido

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第2話】〜野菜ソムリエの食卓〜 『野菜好き!?』 | main | 【第4話】正しい食事は腹8分目! »»
«« カテゴリ内前記事(【第2話】〜野菜ソムリエの食卓〜 『野菜好き!?』) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第4話】正しい食事は腹8分目!) »»
2012/02/27
【第3話】予防は自分と他者のために!
冬になると流行るのが、風邪・インフルエンザなどといった細菌やウイルスによる感染症です。近頃もノロウィルスによる集団食中毒のニュースをよく聞きますよね。さて、これらの感染経路は主に空気感染や咳・クシャミなどの飛沫感染、握手を介しての接触感染で、日常生活においては非常に身近な行為ばかりです。「自分は大丈夫!気をつけている。」と思っていても、1日に手に付着する菌は想像以上に多く、なんと150種類以上にもなるそうです。
では、いったい何に気をつければいいのでしょうか?
皆さんが実践している対策は手洗い・うがい・マスク・予防接種が一般的ではないでしょうか。どれも適した予防法なのですが、。しかし、やり方が間違っていれば意味が無いようです。

【第3話】予防は自分と他者のために!
●マスクの着用は鼻・あごを覆う。
●マスクをしていない際に咳やクシャミをする場合は手で押させず、ひじの内側でおさえる。
●手を洗った際は清潔なタオルで拭く。


やり方を間違えると予防にはなりません。そして、予防は自分だけではなく、他者への感染をも防ぐのです。

私がよく行くスーパーのレジの店員さんも、この時期はみなマスクを着用して接客をしています風邪ひき 
きちんと対策をすることによって効果は高まりので、感染を最小限に抑えることを心がけましょう。

※はまやスタッフ:ひまわりU
posted at 2012/02/17 6:47:04
lastupdate at 2012/03/05 13:51:31
修正