【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/01/20 :: 【第101話】なぜノロウィルスは冬に流行るのか?
!!$img1!!今年もやってきたノロウィルス感染被害。毎年この時期になると、ノロウィルス感染被害のニュースがでてきますね。しかも今年は1000人を超える児童が感染し、集団欠席するなどの異常事態が起きていますが、なぜ毎年毎年この時期になるとノロウィルスは猛威をふるうのでしょうか?基本的にウィルスって1年中存在するものですよね?少し調べてみました。


【二枚貝の内臓に潜むノロウィルス。感染はカキから】
ノロウィルスは二枚貝の内臓に存在しており、それを生で食することによって感染します。アサリやシジミ等の内臓にもノロウィルスは存在しますが、それらは基本的に生では食べませんので問題ありません。同じく、二枚貝であるホタテも食べる部位は貝柱とヒモで、内臓(ウロ)は殆ど食べないので問題ないのですが、この時期、今が旬の「カキ」は生で内臓も含めて丸ごと食べるのが一般的です。だから、この時期、ノロウイルスに感染する方が多くなるようです。。

【ノロウィルスによる他からの感染】
 この時期、ノロウィルスによる感染が多くなる理由は他にもあります。それは湿度が低く空気が乾燥しているため、下痢や嘔吐によって飛散したウィルスが空気中に舞い上がり、それを吸い込むことによって感染(飛沫感染、空気感染)するということ。特にノロウィルスは、気温が低くなるとウィルスそのものの生存期間が伸びるため、感染しやすくなるようです。

ノロウィルス対策を掲載した過去のブログを記載します。皆さん、くれぐれもノロウィルスには注意してくださいね。


<ノロウィルスとは?>
ノロウィルスは下痢、嘔吐をともなう胃腸炎を引き起こします。同じ症状を引き起こすウィルスとしてロタウィルスも有名ですが、ノロウィルスはロタウィルスに比べ乳児期から成人まで幅広い年齢層に感染する傾向があります。
ノロウィルスは、カキ等の二枚貝の生食による食中毒がよく知られていますが、 わずかなウィルスが口の中に入るだけでも感染する為、ヒトからヒトへの感染力も非常に強いウィルスです。特に、老人や免疫力の低下した乳児では重症化して死亡することもありますので、保育所、幼稚園、小学校などの小児や、病院、老人ホーム、福祉施設などの成人でも集団発生がみられることがあり、注意が必要です。

!!$img2!!<症状>
主な症状は吐き気・嘔吐及び下痢で熱はあまり高くでません。小児では嘔吐が多く、嘔吐・下痢は一日数回からひどい時には10回以上の時も・・・。感染してから発病するまでの「潜伏期間(せんぷくきかん)」は短くて10数時間〜数日(平均1〜2日)で、症状の持続する期間も数時間〜数日(平均1〜2日)と短期間です。

<どのようにして感染するの?>
・ウィルスに汚染された貝類を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べたとき。
・調理などを行う人がノロウィルスに感染し、その人を介して汚染した食品を食べたとき。
・ウィルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取したとき。
・感染者のウィルスが大量に含まれる便や吐物等から直接もしくは二次的に感染したとき。

<治療方法>
残念ながら、ノロウィルスに効果のある抗ウィルス剤といった治療薬は現状ありません。従って感染したら、嘔吐・下痢による脱水症を防ぐため、市販のイオン飲料等で水分を補給する必要があります。 飲んでも吐いてしまう場合は、 早めに医療機関を受診してください。
下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しません。

<予防方法>
日頃からの外出からの帰宅や食事前、トイレの後などはせっけんを使ってしっかりと手を洗うことが大切です。
食品中のウイルスは加熱により感染性をなくすことができます。食品の中心温度が85℃1分以上になるようにしっかり熱を通して食べましょう。 下痢や嘔吐などの症状がある人は、食品を取り扱う作業を控えましょう。


この時期ノロウィルス感染症に似た症状が出たら、迷わず病院で診てもらいましょう!!!

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 【第2話】〜野菜ソムリエの食卓〜 『野菜好き!?』 | main | 【第4話】正しい食事は腹8分目! »»
«« カテゴリ内前記事(【第2話】〜野菜ソムリエの食卓〜 『野菜好き!?』) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第4話】正しい食事は腹8分目!) »»
2012/02/27
【第3話】予防は自分と他者のために!
冬になると流行るのが、風邪・インフルエンザなどといった細菌やウイルスによる感染症です。近頃もノロウィルスによる集団食中毒のニュースをよく聞きますよね。さて、これらの感染経路は主に空気感染や咳・クシャミなどの飛沫感染、握手を介しての接触感染で、日常生活においては非常に身近な行為ばかりです。「自分は大丈夫!気をつけている。」と思っていても、1日に手に付着する菌は想像以上に多く、なんと150種類以上にもなるそうです。
では、いったい何に気をつければいいのでしょうか?
皆さんが実践している対策は手洗い・うがい・マスク・予防接種が一般的ではないでしょうか。どれも適した予防法なのですが、。しかし、やり方が間違っていれば意味が無いようです。

【第3話】予防は自分と他者のために!
●マスクの着用は鼻・あごを覆う。
●マスクをしていない際に咳やクシャミをする場合は手で押させず、ひじの内側でおさえる。
●手を洗った際は清潔なタオルで拭く。


やり方を間違えると予防にはなりません。そして、予防は自分だけではなく、他者への感染をも防ぐのです。

私がよく行くスーパーのレジの店員さんも、この時期はみなマスクを着用して接客をしています風邪ひき 
きちんと対策をすることによって効果は高まりので、感染を最小限に抑えることを心がけましょう。

※はまやスタッフ:ひまわりU
posted at 2012/02/17 6:47:04
lastupdate at 2012/03/05 13:51:31
修正