【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 07   «« »»
01
S
 
02
S
 
03
M
 
04
T
 
05
W
 
06
T
 
07
F
 
08
S
09
S
 
10
M
 
11
T
 
12
W
 
13
T
 
14
F
 
15
S
 
16
S
 
17
M
 
18
T
 
19
W
 
20
T
 
21
F
 
22
S
 
23
S
 
24
M
 
25
T
 
26
W
 
27
T
 
28
F
 
29
S
 
30
S
 
31
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/06/22 :: 【第174話】旬の食材シリーズ【トマト】

6月もまもなく終わり、いよいよ夏本番の季節を迎えますね!
今年も夏バテにならない健康的な生活を心掛けていきたいものです。
今回の“旬の食材シリーズ”は『トマト』。
日本人一人当たりの消費量NO.1の野菜である「トマト」についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の野菜【トマト】(ナス科トマト属) ※旬は6月〜10月 !!$img1!!
「トマト」の原産は、南米の山岳地帯(ペルー)です。強光性作物で比較的冷涼な気候を好むため、夏秋期における生産は北海道向きで、高品質なものが生産されます。
栽培は有史以前と古く、本格的に始まったのが16世紀にイタリアに伝えられてからとなります。その後、世界各地に伝播し、さまざまな品種が作られるようになりました。ヨーロッパでは加工・調理用、アメリカ、日本などでは生食用が主体となっています。日本へは観賞用として18世紀初期に導入されました。近年日本では完熟系品種の登場により消費は増加の傾向にあり、最近では甘味が強い「フルーツトマト」などがブランド化され人気を集めています。

■トマトの選び方
・へたは、新鮮で張りがあり、緑色も鮮やかである
・果実全体の着色が均一で光沢がある
・肩部分が赤道部と同様の着色で、緑色や白っぽくなっていない
・持った感じが重いものが糖度が高く美味しい

■保存方法
完熟系トマトは、ポリ袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存することにより過熟を防げます。
調理用トマトや生食用でも完熟していない場合は、室内で追熟を行うことにより風味が増すことがあります。

■調理方法
生で食べると素材の味を一番味わえますが、煮込みにも向きます。煮込み料理の場合は切り込みを入れてから軽くゆで、冷水につけると簡単にむけます。煮込むとグルタミン酸が多いため、うま味が増し、また酸味があるため、シーフード料理の塩分を減らすのに役立ちます。

■トマトの豆知識
「トマトが赤くなると医者が青くなる」という西洋のことわざがあります。赤く熟れたトマトを食べていると病気になりにくくなり、医者が暇で困るという意味です。このトマトの赤い色はリコペンという色素によるものです。
この色素には抗酸化作用があり、体内の活性酸素を少なくする作用が強いとされています。
これからの季節、旬の野菜を沢山摂取して夏バテにならないよう健康管理に気をつけていきましょう!


むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【商品紹介】 北海道タマネギドレッシング | main | 【第27話】平均寿命と健康寿命 »»
«« カテゴリ内前記事(【第25話】良い汗と悪い汗とは?) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第27話】平均寿命と健康寿命) »»
2012/07/30
【第26話】ノンオイルではモノ足りない!北海道タマネギドレッシング【本格派】発売
【第26話】ノンオイルではモノ足りない!北海道タマネギドレッシング【本格派】発売


 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 タマネギの健康成分発見者と野菜ソムリエ、そして老舗醤油メーカーがコラボした機能性ドレッシング!北海道タマネギドレッシングを7月25日(水)に発売      いたしました。
   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥    
本製品の特徴は、秘伝和風ベースの醤油タレに、BRC製法で加工した北海道産の
辛みの強い「もみじ系タマネギ」を1本あたり50g使用。口の中に広がるタマネ
ギの旨さ・コク・適度な酸味が特徴的です。

【第26話】ノンオイルではモノ足りない!北海道タマネギドレッシング【本格派】発売 また、オイルとタレが瞬時に混ざり素材にかけるとすぐ分離するよう工夫もしておりますので、ベースのタレ・風味をダイレクトに楽しめます。
サラダはもちろん冷奴からハンバーグまで、美味しくいただける本製品を是非お試しください。

╋╋…BRC製法とは http://www.bio-do.co.jp/research/brc.html…╋╋

┏━━━━┓
┃     ┗┓  タマネギの歴史 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
タマネギは全国に誇る北海道の主要農作物の1つです。

玉ねぎの原産地は中央アジアから地中海沿岸に至るあたりとされ、古くは紀元前3千年以上の古代からメソポタミアやエジプト地域で栽培され食されておりました。
特にピラミッド建設の労働者達がスタミナ源として食べていたり、ピラミッド建設の労働対価として支給されていた等といった記録もあります。

また、他にもタマネギは神聖な野菜とされ、悪魔除けのおまじないとして使われていたことから、ヨーロッパの家では、昔から戸口や軒先にたまねぎを吊るす風習があるようです。

╋╋…1770年に日本に伝わり、コレラの流行で一気に普及…╋╋
日本には、南蛮船により長崎にタマネギが持ち込まれましたが、国内では既に長ねぎが普及していたので、すぐには広まりませんでした。
ところが、関西地方にコレラが発生し「タマネギがコレラに効く」という噂が広まって、その時から一般に食べられるようになったようです。
posted at 2012/07/30 17:52:18
lastupdate at 2012/08/23 13:47:25
修正