【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 09   «« »»
01
F
 
02
S
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/02/09 :: 【第156話】美肌をつくる食事と栄養素
暦のうえでは立春を迎えましたが、まだまだ厳しい寒さが続きますね。でもあと1ヵ月もすれば少しづつ春の訪れも感じられるようになってきます。この季節は肌のダメージが蓄積している状態と言われていることを知っていますか?春になると紫外線も強くなり始めるので、今うちに美肌を作る生活習慣を見直しておきましょう。

■食事で内側から美肌をつくる!!$img1!!

美肌を目指して一番注力していること、それは多くの人がスキンケアではないでしょうか?
しかし、表面だけをキレイにしようとすることには限界があります。スキンケア以外に食事で内側から美しくなるためにはどのような栄養素が必要なのでしょうか?

≪シミ・そばかすに強いベ物とは?≫!!$img2!!
・アボカド ⇒ ビタミンEや体の酸化を防いでクレルコエンザイムQ10を多く含んでいます。
また血液をサラサラにしてくれるオレイン酸も多く含まれています。
“森のバター”・“食べる美容液”とも言われています。

・トマト ⇒ リコピンを多く含むトマトはお肌に大敵な紫外線からお肌を守ってくれます。
またビタミンやβカロテン、ビタミンE、Bなども栄養素として含み美容効果、健康効果が
非常に高い食べ物です。

・キウイフルーツ ⇒シミ・そばかすを消す作用があるといわれているビタミンC。
ビタミンCを大量に栄養として持っているフルーツがキウイ!
毎日キウイを食べて美肌を目指しましょう。

・かぼちゃ ⇒ 若返りのビタミンE。肌の老化を防ぐ抗酸化作用があり、また肌の毛細血管を開き、肌の隅々にまで栄養を行き渡らせる効果があります。ビタミンCと一緒に摂取すると活性酸素を抑えて活動しなくなったビタミンEを復活させる効果があると言われているので、ビタミンCと同時に摂取するのがオススメです。

・タンパク質 ⇒ タンパク質は、赤身のお肉や魚・卵・牛乳から摂取しましょう。 
脂質が気になる人は、ゆでたり蒸したりして食べるとよいでしょう。


■基本的な生活習慣を大切に

・食生活の他に十分な睡眠を取ることもとても重要です。「美容睡眠」といわれる夜10時〜午前2時は睡眠に努めると良いと言われています。
食事と睡眠と適度な運動を日頃から心がけ、バランスのよい生活を送りたいものですね。


むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第23話】ビタミン足りていますか? | main | 【第25話】良い汗と悪い汗とは? »»
«« カテゴリ内前記事(【第23話】ビタミン足りていますか?) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第25話】良い汗と悪い汗とは?) »»
2012/07/17
【第24話】熱中症対策!水分補給にヤーコン茶
【第24話】熱中症対策!水分補給にヤーコン茶 海の日も終え、夏本番!梅雨明けまじかとともに熱中症への注意喚起も多くなってきました。
私が小さい頃、良く言われたのは日射病でしたが、最近はもっぱら熱中症ですね。
熱中症とは日射病や熱射病などの総称で、 「高温下の中で、体の発汗作用や循環器系に異常をきたして起こる病気です。体温の上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こし、
           生命の危険を伴うこともある」とされています。

熱中症は、炎天下だけではなく室内であっても、気温が30度以上、湿度が70%以上で無風の状態であれば誰でも起こりえる、特に幼児やお年寄りといった体温の調整機能が弱い方は注意が必要です。

ちなみに日射病とは強い太陽光によって熱中症の1つである熱けいれんのことを指すようで、最近では限定的な日射病よりも広義な症状をさす熱中症が使われるようになっているのですね。

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆    熱中症対策にはこまめに水分補給を!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
熱中症予防の鉄則は小まめに水分を補給することです。
そこでよくコーヒーや緑茶、紅茶、ウーロン茶を飲まれる方がいらっしゃいますが、それは誤りです。なぜならこれらに含まれるカフェインには尿をたくさん出させる作用があり、飲んだ以上に水分が失われる可能性があるからです。

一方当社がお勧めする北海道ヤーコン茶は「茶」と言っても茶葉ではないのでノンカフェインですから子供からお年寄りまで安心していただけます。特にヤーコンの葉にはビタミンA、ビタミンB1、B2、Cそしてカルシウム、カリウムが豊富にふくまれています。


▼▽ 北海道ヤーコン茶って? ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
ヤーコンは南米アンデス高地原産の植物で、葉にはポリフェノール・ビタミン・ミネラルを多く含む等、健康維持に役立つ成分が豊富です。

北海道ヤーコン茶には、北海道の農薬不使用で栽培されたヤーコンの葉と茎だけを使っています。
通常のヤーコン茶は独特の苦みがありますが、当社の北海道ヤーコン茶は独自の「燻味焙煎」製法によって健康成分をそのままに“まろやか”で飲みやすく仕上げています。

機能性(健康効果)としては、食後の血糖上昇を抑制する効果を確認しておりますので血糖値が気になる方、ダイエットをされている方にお勧めです。
ノンカフェインですからお子様から大人まで楽しめます。
posted at 2012/07/17 15:47:14
lastupdate at 2012/07/17 15:47:14
修正