【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 04   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/05/07 :: 【第116話】高齢者こそお肉を食べましょう!
あっという間に終わったゴールデンウィーク。
みなさん、いかがお過ごしでしたか?
旅行、帰省、スポーツ、家でごろ寝!などさまざまであったかとは思いますが、
ゴールデンウィークも終わり、これから全国的に熱い夏が始まります。
今回は、今年も迎えるであろう熱い夏を乗り切るだけではなく、イキイキ健康長生き!人生の健康寿命(介護などを受けずに一人で日常生活を送ることができる期間)を左右する、そんなお肉のお話です。

!!$img1!!<人は皆、生まれた瞬間から老化する!>
とても当たり前のことですが、人は皆、生まれた瞬間から老化しています。
問題なのは、この老化速度が栄養状態によって左右されるということで、
さらに、高齢になると、若い頃と同じように食事をとっているように思っても一回の食事の量は減少してしまい、知らず知らずのうちに栄養失調に陥っているということです。中でも深刻なのが、肉などのタンパク質の摂取不足。厚生労働省の国民健康・栄養調査の調べでは高齢者70歳以上の5人に1人が「栄養失調でタンパク質が不足している」というから驚きです。このことは、昨円、NHKの番組「クローズアップ現代」でも放送され、話題を呼びました。

<実はお肉を食べた方が生活機能がが維持できる!?>
どのような食生活をすれば余暇活動や創作などの日常生活を楽しむのに必要な生活機能(知的かつ能動的に活動するために必要な心身の機能のこと)を低下させずにすむかということに関して、ある地域の高齢世代600名余りを2年間調査した結果では、日頃より「肉類・牛乳・油脂類をよく食べる群」が、「植物性食品をよく食べる群」や「ごはん・みそ汁・漬物をよく食べる群」に比べて生活機能が低下する危険率が一番低かったという報告もあります。
!!$img2!!生活習慣病予防(高脂血症・高コレステロール)を理由に、お肉の摂取を極力控えるような意識がありますが、何事も「すぎる」ということはよくないことですね。特に、お肉はタンパク質や鉄分、脂質などの栄養素を安価で手軽に美味しく摂取するとこができる素晴らしい食材です。食事は、バランスよく摂取することが重要ですが、高齢の方はお肉を控える傾向が多いように思えますので、意識してお肉を食べる必要がありそうですね。

はまやスタッフ:T号

all photo

Recent Diary

«« 【第23話】ビタミン足りていますか? | main | 【第25話】良い汗と悪い汗とは? »»
«« カテゴリ内前記事(【第23話】ビタミン足りていますか?) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第25話】良い汗と悪い汗とは?) »»
2012/07/17
【第24話】熱中症対策!水分補給にヤーコン茶
【第24話】熱中症対策!水分補給にヤーコン茶 海の日も終え、夏本番!梅雨明けまじかとともに熱中症への注意喚起も多くなってきました。
私が小さい頃、良く言われたのは日射病でしたが、最近はもっぱら熱中症ですね。
熱中症とは日射病や熱射病などの総称で、 「高温下の中で、体の発汗作用や循環器系に異常をきたして起こる病気です。体温の上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こし、
           生命の危険を伴うこともある」とされています。

熱中症は、炎天下だけではなく室内であっても、気温が30度以上、湿度が70%以上で無風の状態であれば誰でも起こりえる、特に幼児やお年寄りといった体温の調整機能が弱い方は注意が必要です。

ちなみに日射病とは強い太陽光によって熱中症の1つである熱けいれんのことを指すようで、最近では限定的な日射病よりも広義な症状をさす熱中症が使われるようになっているのですね。

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆    熱中症対策にはこまめに水分補給を!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
熱中症予防の鉄則は小まめに水分を補給することです。
そこでよくコーヒーや緑茶、紅茶、ウーロン茶を飲まれる方がいらっしゃいますが、それは誤りです。なぜならこれらに含まれるカフェインには尿をたくさん出させる作用があり、飲んだ以上に水分が失われる可能性があるからです。

一方当社がお勧めする北海道ヤーコン茶は「茶」と言っても茶葉ではないのでノンカフェインですから子供からお年寄りまで安心していただけます。特にヤーコンの葉にはビタミンA、ビタミンB1、B2、Cそしてカルシウム、カリウムが豊富にふくまれています。


▼▽ 北海道ヤーコン茶って? ▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
ヤーコンは南米アンデス高地原産の植物で、葉にはポリフェノール・ビタミン・ミネラルを多く含む等、健康維持に役立つ成分が豊富です。

北海道ヤーコン茶には、北海道の農薬不使用で栽培されたヤーコンの葉と茎だけを使っています。
通常のヤーコン茶は独特の苦みがありますが、当社の北海道ヤーコン茶は独自の「燻味焙煎」製法によって健康成分をそのままに“まろやか”で飲みやすく仕上げています。

機能性(健康効果)としては、食後の血糖上昇を抑制する効果を確認しておりますので血糖値が気になる方、ダイエットをされている方にお勧めです。
ノンカフェインですからお子様から大人まで楽しめます。
posted at 2012/07/17 15:47:14
lastupdate at 2012/07/17 15:47:14
修正