【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/08/05 :: 【第129話】 夏バテ対策!炭酸水で健康効果
飲むとすっきりとした爽快感があり、カロリーはゼロで価格も安い炭酸水。
炭酸水は美味しいだけではなく、夏バテ対策や便秘解消・クーラーなどの冷え症改善にも効果があるんです。この夏は炭酸水を上手に使って夏バテをのりきりましょう!

■炭酸水とは
水に二酸化炭素が溶けているものを指します。
炭酸水は、商品の封を開けた瞬間から泡が出て炭酸が抜けていきますが、水に含まれている二酸化炭素は溶けたままで量的には変わりませんのでご安心ください。(決して普通の水に戻るわけではありません)

■冷え症改善にも効果的。
炭酸水を飲むと、炭酸の効果により血管を拡げ血行をよくする効果と新陳代謝を活発にする効果があります。夏、オフィスでの冷え症改善には、コップ1杯ぐらいの炭酸水を飲み軽いストレッチをすると、血行が良くなるのでオススメです。
さらに温めた炭酸水の足浴を行えば、通常の足浴より身体も温める効果があり、冷えやむくみ改善にもつながります。

■炭酸水ダイエット
冷えていない炭酸水(20〜25℃程度)を飲むと、体温で温まり、炭酸の一部が気体となって胃が膨らみ満腹感が得られます。
ダイエット時の空腹感を満たすにはうってつけのアイテムで、食事の1時間程前に500ml程飲んでおくと、お腹いっぱいになります。この効果は絶大なのですが、あまり多用しますと栄養不足や体力低下・肌荒れの原因になるので注意しましょう。!!$img1!!

■炭酸水で便秘解消
夏は身体の水分が失われてしまい、その影響などで便が硬くなってしまうなど、夏は一年の中で一番便秘になりやすい季節です。
便秘の解消なら、冷たい炭酸水をコップ半分100ml程度を起床時に飲むと、胃のぜん動運動の刺激が腸まで伝わり排便につながります。便秘気味の方は是非ためしてはいかがですか?

■お料理に使える炭酸水
炭酸水は飲むだけではなく、お料理にも使用するとより美味しく仕上がります!
・天ぷら ⇒ 衣の中の炭酸ガスに熱が加わると膨張し、衣自体を押し広げます。
衣に閉じ込められた水分が炭酸ガスにより押し出され、そこに油が入りカラっとしあがります。
※強い炭酸水は油がはねやすいので必ず「微炭酸水」や「少し気の抜けた炭酸水」を使用する事
・ホットケーキ ⇒ホットケーキミックスに適量を加えて焼くと、ふわっと焼き上がります。


このように、炭酸水を上手に使えば美容や健康にも役立ちます。
冷やしてもよし、温めてもよしの炭酸水を日々生活にうまく活用して健康な身体を手に入れましょう。


all photo

Recent Diary

«« 【第20話】健康さっぽろ21! | main | 【第22話】紫外線お肌の救世主!第7の栄養素「抗酸化物質」 »»
«« カテゴリ内前記事(【第20話】健康さっぽろ21!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第22話】紫外線お肌の救世主!第7の栄養素「抗酸化物質」) »»
2012/06/25
【第21話】夏のダイエット〜下剤はダイエットにならない!〜
もう少しで本州も梅雨明け、夏本番前です。今まで隠れていた肌も露出する機会が増え、今からダイエットを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ダイエットに一番良いのは運動をすることですが、習慣がないと運動は続かないし、食べたいと思うものを我慢するとストレスがたまってしまうのがオチ・・・。
そこで、簡単に体重を落とそうと下剤などの薬に頼ってしまう人が最近多いようです。
先日某テレビ番組で「下剤の力で排便を促し体重を落とせているかのように見えるが、それは実際は違って、下剤で排出されているのは消化されたあとのカスです」と言っていました。下剤は極度の便秘が続いてどうすることもできなくなって初めて使うもので、常用すると体に相当の負担がかかってしまうのです。
体重が落ちないばかりか腸を傷つけたり、吸収と消化の働きがうまくいかなくなって体調を壊す恐れもあります。
特に市販の下剤は用量・用法を守らず乱用してしまうと、とんでもないことになりますので気をつけてくださいね。
【第21話】夏のダイエット〜下剤はダイエットにならない!〜

そもそも、下剤を使用するというのは便秘だからですよね。
便秘体質にならなければ無理なダイエットもする必要がないし、何より健康的です。
慢性的な便秘は大腸がんなどの病気に繋がります。そうならないためにも腸内環境を整えることが大切です。よく、便秘には“食物繊維”が良いと聞きますよね!?
食物繊維とは、体の中で消化吸収されない成分のことです。消化されないまま大腸まで送られ、腸壁にこびりついた便をとったり、腸内の善玉菌の餌となり善玉菌を増やしてくれるなどの効果があり、まさに健康的に自然に腸の働きをスムーズにしてくれるのです。
とはいえ、野菜や海藻などを食べているつもりでも、1日の摂取目安量30gはなかなか難しい。そこで、食物繊維を多く含んでいる食物を積極的に食べることが腸を健康にする近道です。レタスやごぼうは食物繊維が多い野菜と知られていますが、
最近認知されつつある健康野菜『ヤーコン』もとても多くの食物繊維を
含んでいます。ヤーコンは芋の部分だけではなく、葉茎の部分もポリフ
ェノールやミネラルを豊富に含んだ野菜の王様です。
今年の夏はヤーコンで腸キレイを目指してみませんか?
はまやスタッフ:ひまわりU

posted at 2012/06/25 14:52:40
lastupdate at 2012/07/02 14:07:19
修正