【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 06   «« »»
01
F
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/07/22 :: 【第127話】夏の不調は腸から・・?
暑い日が続いてますね。真夏日がつづかなくても体にはこたえます。
既に夏バテって感じです。夏バテとは自立神経の乱れ、水分不足、胃腸の不調が主な原因といわれ、とくに胃腸のはたらきが悪くなると疲れもたまり、免疫力も下がり病気にかかりやすくなります。腸の調子を整えることはとても重要なのです。
そこで、今回は腸バランスの保ち方について紹介します。
!!$img1!!



★冷たいものの摂りすぎ
暑いと冷たい飲み物、食べ物を摂る機会が増えますね。しかし、冷たい物を一気に摂ると胃腸を冷やし、下痢の状態や腸の免疫力を落とすことに。
夏でも常温の飲み物か冷たい物を飲む際は一気に飲まないことです。
ここで気をつけたいことは、冷たい飲み物を摂らない=水分を摂らないで過ごしてしまうと暑さによる脱水で便秘にもなりがち。冷たい物以外で水分を補給しましょう。

★暑さで運動不足
暑さで外出や運動などを控えると運動不足になり、血行不良になります。その結果、腸の蠕動(ぜんどう)運動(小腸が便を押し出す力)が少なくなり便秘になりやすい。日照時間の少ない夕方や夜の散歩、屋内での軽い運動時間をつくりましょう。

★食の偏り
夏に限ったことではないですが、食の偏りにより腸内細菌のバランスが崩れ、便秘はもちろん体臭、おならや便の悪臭の原因や病気の元に。
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌が存在しています。肉やタンパク質、脂肪を多く含む食品は悪玉菌が多い腸内に。食物繊維が多い食品や発酵食品を摂り、善玉菌を増やして便秘防止に。

上記に挙げたように夏は腸内バランスが崩れやすく便秘になる人が増えます。適度に運動、こまめな水分補給、冷たい物を摂りすぎない、繊維質の食物を摂ることがポイントとして説明しましたが、暑さで食欲がでない人も多いはず。
手軽に栄養と繊維が摂れるオススメ食材を紹介します。

・オクラ
オクラのネバネバには水溶性繊維が含まれています。オクラの健康成分は熱に強いのでさっと茹でてお浸しや納豆料理、冷麦にカットしてのせるだけで手軽に美味しくいただけます。
・トマト
抗酸化成分「リコピン」を含んでいるのは有名ですが、食物繊維も豊富。トマトを皮ごと食べれば繊維がとれます。
・きゅうり
水分も豊富。熱を体の外に出すはたらきもあります。キュウリと言えば、一本漬が定番ですが、冷やし中華にのせたり、ナムルや炒め物としても使いやすいですね。

・とうもろこし
胚芽の部分に食物繊維以外にもビタミンB1、B2、Eや脂質を含んでいます。
レンジアップや鍋で茹でるだけでお手軽に生活習慣病予防につながります。

・かぼちゃ
βカロチンも多く含むほか、食物繊維、ビタミンEを含み、老化防止にも効果がある。
夏は冷製スープとして美味しくいただけます。

all photo

Recent Diary

«« 【第20話】健康さっぽろ21! | main | 【第22話】紫外線お肌の救世主!第7の栄養素「抗酸化物質」 »»
«« カテゴリ内前記事(【第20話】健康さっぽろ21!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第22話】紫外線お肌の救世主!第7の栄養素「抗酸化物質」) »»
2012/06/25
【第21話】夏のダイエット〜下剤はダイエットにならない!〜
もう少しで本州も梅雨明け、夏本番前です。今まで隠れていた肌も露出する機会が増え、今からダイエットを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ダイエットに一番良いのは運動をすることですが、習慣がないと運動は続かないし、食べたいと思うものを我慢するとストレスがたまってしまうのがオチ・・・。
そこで、簡単に体重を落とそうと下剤などの薬に頼ってしまう人が最近多いようです。
先日某テレビ番組で「下剤の力で排便を促し体重を落とせているかのように見えるが、それは実際は違って、下剤で排出されているのは消化されたあとのカスです」と言っていました。下剤は極度の便秘が続いてどうすることもできなくなって初めて使うもので、常用すると体に相当の負担がかかってしまうのです。
体重が落ちないばかりか腸を傷つけたり、吸収と消化の働きがうまくいかなくなって体調を壊す恐れもあります。
特に市販の下剤は用量・用法を守らず乱用してしまうと、とんでもないことになりますので気をつけてくださいね。
【第21話】夏のダイエット〜下剤はダイエットにならない!〜

そもそも、下剤を使用するというのは便秘だからですよね。
便秘体質にならなければ無理なダイエットもする必要がないし、何より健康的です。
慢性的な便秘は大腸がんなどの病気に繋がります。そうならないためにも腸内環境を整えることが大切です。よく、便秘には“食物繊維”が良いと聞きますよね!?
食物繊維とは、体の中で消化吸収されない成分のことです。消化されないまま大腸まで送られ、腸壁にこびりついた便をとったり、腸内の善玉菌の餌となり善玉菌を増やしてくれるなどの効果があり、まさに健康的に自然に腸の働きをスムーズにしてくれるのです。
とはいえ、野菜や海藻などを食べているつもりでも、1日の摂取目安量30gはなかなか難しい。そこで、食物繊維を多く含んでいる食物を積極的に食べることが腸を健康にする近道です。レタスやごぼうは食物繊維が多い野菜と知られていますが、
最近認知されつつある健康野菜『ヤーコン』もとても多くの食物繊維を
含んでいます。ヤーコンは芋の部分だけではなく、葉茎の部分もポリフ
ェノールやミネラルを豊富に含んだ野菜の王様です。
今年の夏はヤーコンで腸キレイを目指してみませんか?
はまやスタッフ:ひまわりU

posted at 2012/06/25 14:52:40
lastupdate at 2012/07/02 14:07:19
修正