【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/05/12 :: 酢タマネギDHA+ 
最近よく聞く言葉で
「酢たまねぎ」・・・[:困り:]
「酢玉葱」・・・[:困り:][:困り:]
「酢タマネギ」・・・・[:失敗:][:失敗:][:失敗:]
「酢玉ねぎ」・・・・[:涙ぽろり:]
「sutamanegi」・・・・?[:チュー2:]

『すたまねぎ』でございます。



巷で話題の『酢タマネギ』をご存じでしょうか?
最近では健康雑誌わかさでも紹介されていましたので、
ご覧になられた方が多いのではないでしょうか?

!!$photo2!!

『酢タマネギ』を超簡単に説明しますと、
玉葱をお酢に漬けこんだ「たまねぎの酢漬け」です。
テレビ番組「グッディ」「あさイチ」や
「ためしてガッテン!」などで紹介されていました。

効果や効能ですが、「玉葱」の良いところと「お酢」の
良いところの『良い部分の相乗効果』です。

<たまねぎの効用>
・インスリンの働きをよくする
・糖尿病の合併症を防ぐ
・コレステロールや中性脂肪を減らす
・血圧を下げる
・動脈硬化を予防する


<お酢の効用>
・内臓脂肪の減少させる
・血糖値の上昇抑制する
・疲労回復を早める


ご家庭での作り方も紹介されていましたが、
毎日新聞様のレシピをご紹介します。
--------------------------------------------
「酢タマネギ」の作り方
--------------------------------------------
ここではベーシックな酢タマネギのレシピを紹介します!
<材料>
タマネギ…1個
塩…少々
酢…適量
ハチミツ…適量
※酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればなんでもよい。


<作り方>
1、タマネギは洗って皮をむき、半分に切って薄切りにする。
2、1をさっと水にさらす。
3、2の水けを切って、塩を振りかけ、よく混ぜる。
4、3を密閉できる容器に入れ、タマネギがひたひたになるまで酢を入れる。
5、ハチミツを少量の湯で溶かし、4に加えてよく混ぜる。
6、5を密閉し、冷蔵庫で保存する。


<食べ方と保存方法>
・漬けて5日目くらいからが食べごろ
・タマネギを毎日適量たべるほか、漬け汁もそのまま適量飲むと良い
・冷蔵庫で1週間&#12316;10日間は保存できる

------------------------------------------------

・・・面倒ですね。

もっと簡単でよいものがありました。
!!$photo1!!

サッポロはまやの 『酢たまねぎDHA+』
まとめ買いもお得です。

お試しもあります! 『初回限定!お試し酢玉葱』

サッポロはまや:酢たまねぎ
http://www.hama-ya.com/shop/shopping/h004.html

all photo

Recent Diary

«« 機能性オイル!かぼちゃの種子オイル新発売! | main | 夏のアルコールの摂り方に気を付けよう! »»
«« カテゴリ内前記事(機能性オイル!かぼちゃの種子オイル新発売!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(夏のアルコールの摂り方に気を付けよう!) »»
2018/07/03
むくみで身体から熱が出にくい状態になっていませんか?
日差しがまぶしい季節の到来です。北海道の夏は短いですが、昼夜の気温差が大きく、身体に厳しい季節とも言えますね。一方で道外は気温と湿度が高く夏バテを起こしやすくなりますので、無理をせず休息を取り入れ、体調管理に気をつけて夏を乗り切りましょう。
さて、これから熱中症予防に水分や塩分を多めに摂る機会が増えると思いますが、体内の老廃物がうまく出せずに、熱を溜めやすい体内環境をつくっている場合があります。そこで、今回は熱中症の原因でもある『むくみ』について特集いたします。むくみ解消でスッキリ!夏を過ごしましょう!


夏の大敵になっている?体内の余計な水分『むくみ』
むくみは体内に余分な水分がたまった状態を言います。水分は血液やリンパ液として
体内を巡り、全身に必要な酸素や栄養素を届けたり、老廃物を回収したりしています。
しかし、その流れが滞り、余分な水分が細胞の間に残ってしまうとむくんでしまうのです。さらに、水分だけではなく熱も放出できずに溜まり、血流の悪化から冷えを招き、自律神経が乱れる原因になります。


一般に、女性は男性に比べ、筋肉量が少ないことや、ホルモンバランスの関係などから、むくみやすいと言われます。とくに夏は、冷房が効いた室内で過ごしたり、冷たいものを飲食する機会が増えたりすることで、身体は冷えがちになります。体内の水分代謝が滞ってしまい、むくみにつながるのです。また、夏は暑さによって外に出るのが億劫になり、どうしても運動不足にもなりやすく、血流のめぐりが悪くなる原因のひとつとなります。

むくみを解消する習慣をつくりましょう!
〇 炭酸ぬるま湯入浴
身体をよく温めることがむくみを解消するには大切なことです。特に、入浴時にはシャワーで済ませず、身体がよく温まる湯船に浸かることが大切です。特にぬるめの湯に炭酸入りの入浴剤を入れると、炭酸が血行を改善し身体があたたまりやすく、むくみの解消を助けてくれます。

〇 運動を取り入れる習慣をつくりましょう
暑いからと言って、運動量が不足しがちな方も多くいます。日中に運動量をふやそうとしても、かえって身体がバテやすくなる場合もありますので、気温が下がっている夕方などを選んでウォーキング、ストレッチなどを行う回数を増やしましょう。

〇 カリウムとナトリウム(塩分)のバランスを摂りましょう!
塩分を摂り過ぎても、むくみの原因につながりますので体外に排出する働きのある“カリウム”を摂り、体内のバランスを保つことが重要です。カリウムは水に溶けやすい栄養素なので、汁物などに取り入れると水分も一緒に摂れておすすめです。
カリウムを多く含む食材はきゅうり、ゴーヤ、スイカ、メロン、わかめ、ひじき、きのこ、アボカドなどが挙げられます。
posted at 2018/07/03 10:45:37
lastupdate at 2018/07/03 10:45:37
修正