【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/07/14 :: 【第126話】 夏とくればビール!でも飲むと太る?太らない?

暑い夏!ビールの美味しい季節ですね。
夏によく飲む定番の飲み物は『麦茶』『ビール類』との意見が多いこの季節、よく中年の男性が言われる「ビールっ腹」!これって、本当にビールの飲みすぎが原因なのでしょうか?
今回はビールと健康について考えてみたいと思います。

■ビールの誕生
ビールは紀元前3000年頃にメソポタミアのシュメール人が、麦芽パンを砕いて水に入れて発酵させ作ったのが始まりといわれています。日本での最初のビールは江戸時代に医者が作り、一般に製造されるようになったのは明治の初め頃です。

■ビールのカロリーは?
アルコールは度数が高いほどカロリーも高くなりますが、ビールはアルコール分が4〜5%と他のアルコールに比べて度数が低いため、他のアルコールと比べると低カロリー。ビールでも発泡酒でもほぼ同じです。
ビールなどのカロリーはエンプティカロリーと呼ばれ、熱になって体の外に放出される以外に役に立たないエネルギーなのです。つまり、身体に蓄積されることは少ないといわれています。ただし、ビールを飲むと喉ごしがよく、ついついおつまみも食べすぎがちに・・・。アルコールには、食べたものを脂肪に変えて体に溜め込むのを助長する性質があるため、『ビールを飲むと太る』といわれるのはこれが原因なのです。

■栄養素はある?!!$img1!!
ビールにはビタミンB群(B1・B2・B6、ニコチン酸、パテント酸、ナイアシン、葉酸)や鉄分などの
ミネラルが比較的豊富で、タンパク質や炭水化物などもバランスよく含まれています。あえていうとビタミンA・D・Eなどが不足するため、これらが豊富に含まれている食べ物をおつまみにすると栄養バランスが摂れるでしょう。

■上手なおつまみの取り方(ビールを飲む段階でおつまみのタイプを変える!)
@乾杯〜飲み始め ⇒胃壁を覆いアルコールの吸収速度をゆっくりにさせる、脂肪を適度に含んだ食材、チーズ・揚げ出し豆腐、マグロのトロや、胃腸を元気にするナイアシンを含むレバーや緑黄色野菜、イワシ料理などがおすすめです。

A飲み進んで話が弾む頃 ⇒アルコールの分解を助けるビタミンB1が豊富な豚肉やレバーな
どを使った料理、血中コレステロール値を下げ脂肪肝を防ぐレシチンを含む、豆腐・納豆・枝豆などの大豆食品などがおすすめ。
A酔いを感じ始めたら ⇒アルコールを分解すると二日酔いの元となるアセトアルデヒドが生成されるため、その分解を促進するビタミンCが豊富な野菜や果物、また肝臓の働きを強化するセサミンやタウリンを含む食材を使ったつまみが最適です。セサミンはゴマに、タウリンはホタテ貝、かき、たこ、いか、カツオなどに豊富です。

酔った勢いで脂っこいおつまみを沢山食べたうえに、締めにラーメン!!・・・にさえならなければ安心してビールを楽しめますね。この夏を楽しく、健康的にすごしましょう。

all photo

Recent Diary

«« 冷えは万病の元!冷え対策で冬を乗り切りましょう | main | 季節の変わり目!身体の調整機能を保ちましょう! »»
«« カテゴリ内前記事(冷えは万病の元!冷え対策で冬を乗り切りましょう) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(季節の変わり目!身体の調整機能を保ちましょう!) »»
2018/02/02
自宅でトライ!筋トレ&有酸素運動
こんにちは。厳しい寒さが続いていますね。年々寒さが身体に堪えるな、と感じる事はありませんか? 実は気のせいではなく、年齢とともに基礎代謝が低下すると、寒さを感じやすくなるのが原因みたいです。運動量を高めることで寒さに対応したいところですが、外は寒いですから室内で身体を動かすことを習慣づけたいものですよね。そこで、今月は自宅でもできる簡単エクササイズをご案内いたします。運動不足を解消し、身体の調子を整えていきましょう!

自宅でトライ!筋トレ&有酸素運動
自宅にランニングマシーンなどの機材がなくても簡単な動きを取り入れて、身体を動かしましょう。

『スクワット』 
負荷調整可能な動きで、スペースをとらないで行えます。
太ももなどの足の筋肉や腕はもちろん、背筋や腹筋など全身の筋肉を使います。
ポイントは背中を丸めない様に、上体を下げていくことです。まずは10回を目安に無理のない範囲で続けましょう。
自宅でトライ!筋トレ&有酸素運動




『ランジ』
手軽に始められるエクササイズです。下半身全体、太ももからお尻にかけての筋肉を強化します。
ポイントは背筋を伸ばし、片足を前に出し、ゆっくりと身体を沈めることです。
そしてゆっくり、元の状態に戻し、片足10セットずつを目安に繰り返しましょう。
自宅でトライ!筋トレ&有酸素運動




『足のグー・パー運動』
足指の筋トレです。血液の循環の向上になります。足の指を使ってじゃんけんをするときの様に指をぎゅっと縮める、ぱっと開くを繰り返し行いましょう。

『踏み台昇降』
階段などを台にして行える有酸素運動です。単調な動きですが、基礎代謝が上がり、股関節付近の筋肉である「大腰筋」や太ももの前にある筋肉「大腿四頭筋」にも働きかけます。雑誌などをまとめて紐でくくり、台にしてもいいでしょう。
自宅でトライ!筋トレ&有酸素運動



高齢者は特に下半身の筋トレを!
身体の中にある筋肉の60%が下半身(太もも、お腹、お尻)にあります。加齢とともに筋肉は減少しますが、上半身より下半身の筋肉の方が減少するスピードが速いことがわかっています。下半身を重点的に鍛え、身体を支える筋肉を強化しましょう。

---------今月のおすすめ商品----------
プロポリスののCHIKARA(ちから)
風邪やインフルエンザなどウイルス感染が気になる時期におすすめしたい商品が
「プロポリスのCHIKARA(ちから)」です。プロポリスはミツバチが外敵から身を守るために作る巣の補強材です。プロポリスは強力な殺菌作用があり、ウイルス感染や季節の変わり目、調子が優れない時に効果的です。本商品はお試し品として50粒(約12日間)で
1,000円でお一人様1袋限定で販売しております。是非ご利用ください。



posted at 2018/02/02 13:43:30
lastupdate at 2018/02/02 13:59:09
修正