【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2017/11/01 :: 季節の変わり目は”寒暖差アレルギー”に気をつけて

こんにちは。日に日に寒くなってきましたね。私はあまりの寒さで背中を丸めて歩く癖がつき、身体がこわばるようになってしまいました。秋から冬にかけては厚着による肩こりや血行不良による冷えで、関節などが硬くなりやすいので意識的に身体を動かす習慣をつくりましょう。さて、朝夕と日中の気温差や急な気温変化に咳やくしゃみ、鼻水がよく出る、といった寒暖差によるアレルギー反応が出る方が多いようです。風邪や花粉症に似た症状で秋に増える『寒暖差アレルギー』について今月は特集いたします。

『寒暖差アレルギー』とは?
急な気温変化に身体がついていかずに鼻水・鼻づまり・くしゃみ・咳など、風邪によく似た症状が起きます。アレルギーと言っても実際にはアレルゲンは無く、自律神経の乱れによって発症します。寒暖差のある冬から春、夏から秋にかけての季節の変わり目に起こり、7度を超える気温差で刺激され、発症すると言われています。 !!$img1!!!!$img2!!





寒暖差アレルギーの主な症状は?
発熱はしないが怠さがある、鼻水の色は透明、イライラしやすい、目のかゆみはないがくしゃみがでる、といった症状が風邪や花粉症と異なる部分です。この様な症状が出ると、寒暖差アレルギーの可能性が高いと言えます。症状緩和のために耳鼻咽喉科を受診してもアレルギー性鼻炎の治療をされ、これといった治療薬は現在のところないようです。

寒暖差アレルギーの予防と対策

・寒暖差を少なくしましょう
気温差が激しい時に発症しやすいと言われていますので、衣類で調整し、温度差を調整できるようにしましょう。また、マスクは身体の中に冷たい空気が直接入るのを防止し、鼻呼吸をするようになります。鼻呼吸は口呼吸よりも寒暖差アレルギーの症状が出にくく、鼻水やくしゃみも抑えられます。


・筋力をつけましょう
筋力の少ない女性にかかりやすいと言われており、ある程度の筋力があれば温度差に負けない身体をつくることができます。また、体質改善や自律神経を整えるために適度な運動をすることもおすすめです。疲れやストレスも大きく関わっており、
心身をリフレッシュさせることが予防策になります。


・食生活を整えましょう
身体づくりも重要な予防策となり、身体を温める働きをもつ食材を選びましょう。冬野菜に多い根菜、生姜やにんにくなどの香辛料を使った料理、鍋料理などで身体を温めましょう。



ウイルスが流行する前に筋肉をつけて予防しましょう!
今年もすでにウイルス感染が一部地域で流行しておりますが、本格的に流行する前に、筋肉アップに筋トレをして免疫力を上げましょう。
筋トレと言っても身体に負荷がかかる程度のストレッチや、ウォーキング、全身の80%を使うスクワットを毎日少しずつ続けていくと血行不良が解消され、肩こりや冷え性の予防、免疫力もアップし、筋肉量も増えていきます。さらに、免疫力向上に天然の抗菌物質

「プロポリスのCHIKARA(ちから)」をあわせて摂り入れていただくとより効果的です。
!!$img3!!



all photo

Recent Diary

«« 乾燥シーズン到来!乾燥トラブルを乗り切る | main | インフルエンザ感染を防ぐ基本の習慣 »»
«« カテゴリ内前記事(乾燥シーズン到来!乾燥トラブルを乗り切る) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(インフルエンザ感染を防ぐ基本の習慣) »»
2017/11/01
季節の変わり目は”寒暖差アレルギー”に気をつけて

こんにちは。日に日に寒くなってきましたね。私はあまりの寒さで背中を丸めて歩く癖がつき、身体がこわばるようになってしまいました。秋から冬にかけては厚着による肩こりや血行不良による冷えで、関節などが硬くなりやすいので意識的に身体を動かす習慣をつくりましょう。さて、朝夕と日中の気温差や急な気温変化に咳やくしゃみ、鼻水がよく出る、といった寒暖差によるアレルギー反応が出る方が多いようです。風邪や花粉症に似た症状で秋に増える『寒暖差アレルギー』について今月は特集いたします。

『寒暖差アレルギー』とは?

急な気温変化に身体がついていかずに鼻水・鼻づまり・くしゃみ・咳など、風邪によく似た症状が起きます。アレルギーと言っても実際にはアレルゲンは無く、自律神経の乱れによって発症します。寒暖差のある冬から春、夏から秋にかけての季節の変わり目に起こり、7度を超える気温差で刺激され、発症すると言われています。 季節の変わり目は”寒暖差アレルギー”に気をつけて季節の変わり目は”寒暖差アレルギー”に気をつけて





寒暖差アレルギーの主な症状は?
発熱はしないが怠さがある、鼻水の色は透明、イライラしやすい、目のかゆみはないがくしゃみがでる、といった症状が風邪や花粉症と異なる部分です。この様な症状が出ると、寒暖差アレルギーの可能性が高いと言えます。症状緩和のために耳鼻咽喉科を受診してもアレルギー性鼻炎の治療をされ、これといった治療薬は現在のところないようです。

寒暖差アレルギーの予防と対策

・寒暖差を少なくしましょう
気温差が激しい時に発症しやすいと言われていますので、衣類で調整し、温度差を調整できるようにしましょう。また、マスクは身体の中に冷たい空気が直接入るのを防止し、鼻呼吸をするようになります。鼻呼吸は口呼吸よりも寒暖差アレルギーの症状が出にくく、鼻水やくしゃみも抑えられます。


・筋力をつけましょう
筋力の少ない女性にかかりやすいと言われており、ある程度の筋力があれば温度差に負けない身体をつくることができます。また、体質改善や自律神経を整えるために適度な運動をすることもおすすめです。疲れやストレスも大きく関わっており、
心身をリフレッシュさせることが予防策になります。


・食生活を整えましょう
身体づくりも重要な予防策となり、身体を温める働きをもつ食材を選びましょう。冬野菜に多い根菜、生姜やにんにくなどの香辛料を使った料理、鍋料理などで身体を温めましょう。



ウイルスが流行する前に筋肉をつけて予防しましょう!
今年もすでにウイルス感染が一部地域で流行しておりますが、本格的に流行する前に、筋肉アップに筋トレをして免疫力を上げましょう。
筋トレと言っても身体に負荷がかかる程度のストレッチや、ウォーキング、全身の80%を使うスクワットを毎日少しずつ続けていくと血行不良が解消され、肩こりや冷え性の予防、免疫力もアップし、筋肉量も増えていきます。さらに、免疫力向上に天然の抗菌物質

「プロポリスのCHIKARA(ちから)」
をあわせて摂り入れていただくとより効果的です。
季節の変わり目は”寒暖差アレルギー”に気をつけて


posted at 2017/11/01 16:42:34
lastupdate at 2017/12/18 19:02:56
修正