【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/03/16 :: 【第161話】花粉症対策

4月から新たな食品機能性表示制度がスタートします。市場規模が1兆2000億円を超えると言われる健康食品ですが、ある一定のエビデンス(根拠)を持った商品は来月からパッケージにその商品が体にどのように機能するかが表示できるようになります。医薬品や特定保健用食品に認定されていない健康食品は、従来では禁止されていたことですから、業界として画期的なことで市場の活性化が大いに期待されます。どのように市場が変化していくか非常に楽しみです。
!!$img1!!さて、桜の開花情報がチラホラ聞こえはじめましたが、それと同時に花粉の飛散情報や花粉症の話も聞くようになりました。花粉症対策は万全ですか?花粉症を防ぐには、花粉に触れないことが鉄則ですし、今、花粉症の症状がなくても花粉に過剰に触れることによって、いつ花粉症になるやもしれません。普段から、そのことを意識して生活する必要がりますね。

<花粉症対策>
!!$img2!!1.室内に入る花粉を防ぐ
 花粉が付着しやすい素材の衣服着用は避ける。家に入る前には衣類や髪に付着した花粉をはたき落とす。

2.室内での飛散を防ぐ
スギ花粉は湿気を含むと重くなって落下します。このため加湿器を利用し、室内の湿度を上げれば空中での浮遊を防ぐことができます。


3.体に入る花粉を防ぐ
外出時にはマスクや眼鏡、帽子を着用することで体に入る花粉を効果的に防ぐことができます。普通の眼鏡でも、目に入る花粉量を3分の1くらいまで減少できますが、花粉症用の眼鏡は4分の1くらいまで減少できるといわれます。 また、マスクは最も効果的な花粉症防護グッズです。普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを中にはさむことによって90%以上の花粉をシャットアウトできます。

花粉症の症状を緩和するお茶やサプリメントを使用するのも効果的ですね。商品を選ぶ際には、しっかりとした商品であることをweb等で確かめてから購入しましょう。

はまやスタッフ:ひまわりT号

all photo

Recent Diary

«« 秋バテ解消! | main | 季節の変わり目は”寒暖差アレルギー”に気をつけて »»
«« カテゴリ内前記事(秋バテ解消!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(季節の変わり目は”寒暖差アレルギー”に気をつけて) »»
2017/10/06
乾燥シーズン到来!乾燥トラブルを乗り切る
朝夕めっきり肌寒くなり、日が暮れるのも早くなりましたね。空気が乾燥し、静電気が発生しやすく、肌もカサつきだすと季節の変わり目を実感します。秋から冬にかけて乾燥が原因で肌荒れやドライアイ(目の乾燥)、咳が止まらないなどといった症状が起こりやすくなります。さらに、乾燥は風邪やインフルエンザなどのウイルス感染が多くなる原因にもなります。このように乾燥は私たちの健康に大きく影響を与える要因なのです。そこで、今月は「乾燥シーズン到来!乾燥トラブルを乗り切る予防について」を特集いたします。


湿度は十分にありますか?
これからの季節は外だけではなく、室内の乾燥にも注意が必要です。生活基準として、風邪やインフルエンザは湿度40%以下の乾燥した空気の中で生存し、湿度が50%を超えると激減すると言われています。室内では40%から60%以下に保つのが理想的と言われています。しかし、60%を超えると結露が生じたりしてカビやダニの原因になりやすいので注意が必要です。暖房機器によっては室内の空気が乾燥してしまう場合もあるので湿度はしっかり調整しましょう。湿度計があると便利ですが、温度変化しやすい窓付近や暖房機器の近くは避けて、普段生活しているリビングなどで、人間の目線や胸の位置に近いところがベストです。
乾燥シーズン到来!乾燥トラブルを乗り切る






定期的に加湿をしましょう!
加湿器を利用されている方も多いでしょうが、濡れたタオルや水を入れた
コップを置く、観葉植物を置くなど、家にあるものでも応急処置をするのもいいでしょう。鼻や喉の乾燥が気になる場合は、マスクを着用すれば顔周りの乾燥とウイルスの侵入を防げますのでおすすめです。

▼乾燥肌
乾燥による肌トラブルは放置すると状態が悪化し、カサカサ肌、シワ、
シミの原因やひび割れの状態になり、肌本来のバリア機能も低下し、
痒みや刺激に弱い状態になってしまいます。
保湿クリームなど保湿剤の利用と併せて、肌に有効な栄養を摂り、
身体の中から乾燥肌ケアもおこないましょう。

・たんぱく質・・・肌の新陳代謝(ターンオーバー)を正常に働かせ、肌のキメを整える働きがあります。卵、大豆、魚、肉に含まれています。
・ビタミンA・・・皮膚や粘膜を健康な状態に保つ働きがあり保湿成分をもつ“皮脂腺”の生成にも関係しています。β―カロチンが豊富な緑黄色野菜に含まれています。
・ビタミンE・・・血行を改善し、新陳代謝を活性、抗酸化作用があり、摂取した栄養を肌の隅々に届ける働きがあります。アーモンドやナッツ類、大豆、アボカド、ごまに含まれています。

▼ウイルス感染
低温、低湿度を好むウイルスにとって秋冬は感染力が強くなり、伝播しやすくなります。乾燥シーズン到来!乾燥トラブルを乗り切る
特にインフルエンザやノロウイルス、マイコプラズマ肺炎は感染率が高いので気をつけなければなりません。手洗い、マスク着用は基本で、ウイルス侵入の防止として水分をこまめに摂り、喉を潤しましょう。

さらに、免疫力向上に役立つ天然の抗菌物質「プロポリスのCHIKARA(ちから)」(初回1,000円)を摂り入れると効果的です。プロポリスは季節の変わり目や環境の変化に負けない身体づくりをサポートします。ウイルス感染の予防・回復におすすめです。

posted at 2017/10/06 20:07:12
lastupdate at 2017/10/06 20:07:12
修正