【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/07/08 :: 【第74話】7月の病気汗疹(あせも)
!!$img1!!7月に入り、暑さも本番といったところでしょうか。
我が家の息子は、最近汗疹(あせも)が目立ってくるようになりました。北海道では、一般の家庭にはクーラーがあまり普及していません。クーラーがついていても、昨今は節電の夏!ですからギリギリまでクーラーをつけるのを我慢します。
汗疹は夏場に多く、特に子供に多くみられる症状です。どうしても汗疹が治らないときは、他の皮膚疾患の場合もありますので、早めに皮膚科を受診しましょう

<汗疹の原因と症状>
「汗疹」は正式には「汗疹(かんしん)」と言い、文字通り、汗をかくことによっておこる皮膚の疾患です。汗を出す汗腺(かんせん)が皮膚を構成するタンパク質やケラチン等によってふさがれ、汗をだしたくても出せない状態になって、汗が内部に溜まり、汗腺部分が炎症します。
主な症状としては、皮膚がブツブツして赤みを帯びて(紅色汗疹・こうしょくかんしん)かゆくなったり、皮膚に透明な1〜3mmほどの水ぶくれ(水晶様汗疹・すいしょうようかんしん)ができたりします。

<化膿にご注意>
普通、汗疹は自然に治りますが、環境によっては治っても再発を繰り返します。特に、汗をかきやすく、皮膚が弱いこどもは注意が必要で、かゆいために、かきむしってしまうと化膿(かのう)してしまうことがあります。細菌に感染して化膿したあせもは、抗菌薬(抗生物質)の塗り薬、さらに飲み薬を飲まなければならないなど治療が複雑になりますので、なによりも汗疹にならない予防が大切です。

<汗疹予防>
1.汗をかいたら清潔なタオルやハンカチで汗を拭く。ただし、強くこすってはダメ。
清潔なタオルで拭かないと、雑菌を塗りつけるので注意してください。
2.汗を吸収、蒸発させる素材の服を着る・着替える
3.汗をかかないようにする
4.頻繁にシャワーを浴び、皮膚を清潔に保つ

all photo

Recent Diary

«« 体調不良を招く猫背 | main | 夏バテ予備軍防止! »»
«« カテゴリ内前記事(体調不良を招く猫背) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(夏バテ予備軍防止!) »»
2017/05/23
基礎代謝は筋肉量と関わっている

こんにちは。北海道もやっと暖かくなり、外でのレジャーやスポーツに最適な季節になりました。スポーツ後の汗は特に気持ちがいいですよね。身体の中の悪いものも一緒に流れていく感じがします。歩くだけでも汗ばむ季節ですが、以前に比べ「汗をかきにくくなった」と思うことはありませんか?年齢とともに発汗量は減っていくのですが、基礎代謝の低下も要因として考えられます。汗が出にくくなると“むくみ”や“便秘”などを引き起こし、大病にもつながる恐れがあります。そこで、今月は基礎代謝について特集いたします。代謝を上げて健康な身体をつくりましょう!


基礎代謝は筋肉量と関わっている
基礎代謝とは身体を動かす基本的なエネルギーのことで、内臓を動かしたり、体温を維持するのに使われます。基礎代謝の中で最もエネルギー消費が多いのは筋肉で、筋肉を鍛えて筋肉量を増やすことで基礎代謝量は増えます。一般的に加齢とともに代謝量が基礎代謝は筋肉量と関わっている 低下していくのは筋肉の量の減少が主な原因と考えられています。さらに
バランスの悪い食事や運動不足なども基礎代謝を下げる要因となります。



代謝の低下によって引き起こす身体の不調
老廃物が溜まり、血行不良、冷えの悪化、太りやすい、便秘やむくみ、腸内環境も悪化し、免疫力も低下、病気にかかりやすい、肌のくすみといった美容面にもマイナスになってでてきます。更にイライラや憂鬱といったストレスを感じやすく、精神にもダメージを与えます。

この様に体調のバランスを保つのに基礎代謝はとても重要な働きをしています。基礎代謝を上げることが免疫力を高め、健康な身体をつくります。

生活習慣で取り入れる代謝アップ!
1.筋肉量を増やす
先ほども書いたとおり、基礎代謝と筋肉量は大きく関わっています。筋肉をつけるからと言って難しいトレーニングを始めるのではなく、日常の動作に負荷をかけるイメージです。いつもより動くペースを早くする、階段を上るときや移動も早く動くだけでも効果がでます。

.食事で有効成分を摂取
〇 アミノ酸を多く含む食べ物・・・アミノ酸=タンパク質なので、高タンパクの食材を摂りましょう。肉や魚、豆類、乳製品などに含まれ、和食の基本である“ごはん・納豆・味噌汁・魚・お浸し”にはアミノ酸がたくさん含まれています。

〇 身体を温める食べ物・・・カプサイシンを多く含む唐辛子や
ししとうや玉ねぎ、ニンニク、生姜など身体を温める食材は代謝を上げます。

〇 ヨウ素を含む食べ物・・・炭水化物やタンパク質、脂質の代謝を促します。昆布、ワカメ、牡蠣、イワシや鮭などに含まれます。

サプリメントで代謝アップ!
食事で有効な成分を摂るのが難しいときは、サプリメントを利用するのはいかがでしょうか。

『酢玉葱』
は筋肉をつくるアミノ酸(黒酢もろみ)、身体を温める特許BRC加工玉ねぎ、さらにDHAを含む3つの主成分が代謝をサポートします。毎日続けられることがポイントです。食事では補えきれない成分はサプリメントをお試しください。



posted at 2017/05/23 16:15:01
lastupdate at 2017/05/23 16:17:11
修正