【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2014/06/16 :: 【第122話】あなどるなかれ。「水いぼ」にご注意を!
先週、札幌はエゾ梅雨と言われるような天気が続き寒さを感じました。そして本日も雨。昨日は、サッカーワールドカップにおいて日本代表は潜在能力を出し切ることなく終わってしまい不完全燃焼でしたね。次戦ギリシャ戦は、持っている力をあますことなく発揮して悔いの残らないワールドカップにしてほしいですね。

!!$img1!!ここ2・3カ月。うちの小学1年の長男が「水いぼ」に悩まされ、先日とうとう手術を受け除去しました。最初は、「水いぼ」と聞いて笑っていたのですが、あれよあれよと増殖し下肢は水いぼだらけとなり、男にとって大事なところにまで現れる始末・・・。
「水いぼ」はそれ自体に害はないので長期的に放置してもなんら問題は無いとは聞いておりましたが、夏は半ズボンになることも考慮し、とうとう手術を受け除去した次第です。でも、一度の手術で完全に全てとるのは難しく、2回、3回とやる必要があります。

<「水いぼ」とは?>
「水いぼ」の正式名称は伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)で、軟属腫ウイルスの感染症です。基本的に低年齢の子どもの発症が多く、典型的な「水いぼ」の症状としては、約1〜5ミリの皮膚色〜やや淡紅色でツヤがあり中央がややくぼんだイボが胸、わきの下、膝等にでき、こすれること等でだんだんと数が増えていきます。同時に、ひどい痒みも伴います。 
特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎のある子供によく見られるのですが、その原因は、乾燥肌やアトピー性皮膚炎などが原因による皮膚の細かいキズからウイルスが入りやすいことと、痒みで引っ掻くことにより、他の部位へうつってしまうことのようです。  
あと、プールでもよく感染しますが、水から感染するというより、皮膚の接触やビート板の共有が感染の原因となるようです。

<「水いぼ」の治療>                                    
上記では手術と表記しましたが、手術といってもいたってシンプル。「水いぼ」それぞれに麻酔をかけ、水いぼをピンセットで引っこ抜くというもの。麻酔といっても、麻酔が完璧ではない状態で水いぼを芯から根こそぎ引っこ抜くものですから、とても激しい痛みが伴います。実際、息子は何度もバカヤロー!ヤメロー!!と泣きながら絶叫していたとか・・・。

全国の親御さま。「水いぼ」は数が少ないうちに摘除して治してしまうことが大切です。放置しておくと必ず増えますのでご注意ください。
私が言うのも何ですが、免疫を高める食生活(抵抗力をつける)って大事ですね。

all photo

Recent Diary

«« 【あさチャンで紹介】北海道タマネギドレッシング | main | 生活のリズムを整えて、春を迎えましょう! »»
«« カテゴリ内前記事(ウイルスから身体を守る生活習慣) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(生活のリズムを整えて、春を迎えましょう!) »»
2017/02/18
何度でも感染するウイルス性胃腸炎

こんにちは。徐々に日は長くなりましたが、まだまだ寒いですね。春はまだ遠し、といったところでしょうか。しかし、はまやでは一足先に春の訪れを感じさせる新商品
『北海道タマネギドレッシング東神楽アスパラ香味』を1月21日(土)に発売いたしました。北海道の春を彩るアスパラの風味とタマネギのコクが新しいコンビネーションで食卓を彩ります。
ぜひ、ご賞味ください。北海道タマネギドレッシング 東神楽アスパラ香味

さて、今冬はウイルス感染が猛威をふるっており、気を付けなければいけませんね。インフルエンザと同様に流行っているのが「ウイルス性胃腸炎」。そこで今回は2月以降も感染が多いウイルス性胃腸炎についての特集です。

何度でも感染するウイルス性胃腸炎
何度でも感染するウイルス性胃腸炎




冬場に流行する“ノロウイルス”や“ロタウイルス”はウイルス性胃腸炎の一種であり、子供から大人まで何度でも感染します。
感染源は牡蠣やアサリなどの二枚貝や感染した食品、汚染した飲みものを口にすると感染します。感染すると下痢、嘔吐、発熱、脱水症状などの症状を引き起こします。!!


〜 感染を防ぐための予防法! 〜
@ 手洗いは忘れずに!
手洗いは手先に不着しているウイルスを減らす最も有効な方法です。何度でも感染するウイルス性胃腸炎
帰宅時や調理時、食事前、トイレの後には手の平と甲をともにしっ
かり石鹸で洗いましょう!アルコールスプレーなどを使用するのもお勧めです。




A 食品はしっかり加熱しましょう
食品はしっかり加熱してからいただきましょう。感染源である貝類(2枚貝)はしっかり加熱した状態であれば感染しませんが、体調が悪い人が不十分な加熱状態で食べると感染リスクが高まります。一般的にウイルスは熱に弱いのでご自宅で調理される場合も十分気を付けましょう。

B キッチンや調理器具、家族共有部分の消毒
使用した調理器具や調理台は熱湯による加熱や漂白剤消毒、アルコールによる二度拭きなどの対策を行うほか、ドアや手すり、トイレや椅子などの複数人が使用する共有箇所の消毒も行いましょう。

C 食事で予防!腸内環境を整えよう
感染症胃腸炎の予防に効く食べ物として“ラクトフェリン”が含有された乳製品やオリゴ糖や食物繊維を含む野菜を摂り、腸内環境を整える食物を摂取しましょう。また、納豆や味噌など発酵食品も感染後の回復力が早いと言われています。何度でも感染するウイルス性胃腸炎






皆さんもウイルス感染には気をつけて、お過ごしください。では、また!
posted at 2017/02/18 17:49:12
lastupdate at 2017/02/18 17:49:12
修正