【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/03/04 :: 【第56話】北海道タマドレ活用@ローストビーフ・タコのカルパッチョ風


昨年7月発売の北海道タマネギドレッシング(北海道タマドレ)!発売から7ヶ月経ち、おかげさまで多くの方に購入いただき、確実にリピート購入されるお客様が増えております。
また購入とともに、さまざまな北海道タマドレの活用法を頂戴しておりますので、「これは!」というものを実際に家でつくり、試してみました。
!!$img1!!
まずはお勧め定番の「ローストビーフ@」。
和風ベースの醤油タレにタマネギのうまみが加わった少し甘めのドレッシングはお肉との相性がピッタリですね。お肉のうまみにドレッシングが加わり、新たな肉汁となってお口の中に広がります。!!$img2!!
また薬味を添えるならヤマワサビが一番!スーパーの総菜コーナーのローストビーフが高級専門店の1品に早替わり。
これだけでご飯3杯いけちゃいますね。
(写真の黒色のつぶつぶは黒コショウです)


!!$img3!! 続いてはタコのカルパッチョ風の一品。

お刺身と言えば、お醤油とワサビが基本中の基本ですよね。しかしながら北海道タマドレはお刺身にも良く合うのです。
特にタコのお刺身にはうってつけで、あっさりして噛めば噛むほど出てくるタコの味が、北海道タマドレをかけると初めからガツンやってきます!
特にタマネギのつぶつぶ感がタコの味わいに一層の深みを与えますね。

この度紹介のつけあわせにはプチトマトと茹でたブロッコリーを使用しましたが、北海道タマンドレはブロッコリー、特に温野菜に合うようです。

all photo

Recent Diary

«« 【第205話】朝ごはんを食べて、体を目覚めさせましょう! | main | 【第207話】春に向けて体を整えよう! »»
«« カテゴリ内前記事(【第205話】朝ごはんを食べて、体を目覚めさせましょう!) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第207話】春に向けて体を整えよう!) »»
2016/02/26
【第206話】旬の食材シリーズ【いちご】
いよいよ3月ですね、寒暖の差が厳しい日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
3月は卒業シーズン!送別会などでいつもの生活リズムがみだれがちになる季節ですよね。食べ過ぎ、飲みすぎが過ぎると体調を崩してしまいがちですから、しっかり睡眠をとってウイルスに負けない健康な身体で、新年度を迎えたいですよね。
さて、今回の旬の食材シリーズは、美容に効果的で女性の味方『いちご』です。
『いちご』についての豆知識をお伝えしたいと思います。


■今が旬の食材【いちご】(バラ科オランダイチゴ属) ※旬は3月〜6月
「いちご」は多年生草本で、野生種は世界各地に存在しています。近代的いちごの原産地は南北アメリカで、日本へは江戸時代にオランダ人により持ち込まれましたが、近代的な栽培いちごが普及したのは19世紀になってからです。いちごは花托が肥大した部分を食用としていますが、植物学的な果実は、通常種と呼んでいる表面のつぶつぶの箇所を指します。花芽分化は低温・短日で促進されますが、品種により異なり、短日が影響しない品種もあります。いちごの花成に関する研究は極めて多く日本で行われ、その成果により日本ではほぼ周年供給されています。広い土壌適応性がありますが、乾燥や肥料濃度障害に弱いため、保水性がよく肥な圃場が栽培に適しているといえます。


■美味しい【いちご】の選び方 【第206話】旬の食材シリーズ【いちご】  
・へたは緑色が濃く、鮮やかで萎えたり黄色等に変色していない
・先まで着色している
・色が均一に着色しており、光沢がある
・全体に張りがあり、傷みがなく、形が整っている


■保存方法
貯蔵に適さないのでなるべく早くたべましょう。冷蔵する場合は、へたをつけたまま洗わずラップなどに包み、冷蔵庫の野菜室で保存します。冷凍する場合は、洗浄後へたを取り除き、浅い容器に1個ずつくっつかないよう並べます。完全に冷凍できたら冷凍専用袋にいれ、冷凍庫で保存しましょう。


■成分・特性
「いちご」の特徴は、ビタミンCが豊富に含まれている点です。ほかに葉酸や無機質ではカリウムも多く、亜鉛、銅も含まれています。色素は、ペラルゴニジン系のアントシアニンです。


■調理法
加熱するとビタミンCが失われてしまうので、生で食べましょう。洗う時は食べる直前に、必ずヘタをつけたままで素早く洗います。果実のペクチン含量が少ないので、ジャムにする場合は、ペクチンを加えるかじっくり煮詰めるようにするとよいでしょう。


■「いちご」の豆知識
いちごは女性の味方、美容に効果的と言われています。果物類の中でもその多さはトップクラスといえます。ビタミンCの不足は、壊血病や歯肉炎、貧血を引き起こす原因になります。その他にも、皮膚や骨を形成しているコラーゲンの生成にもビタミンCが関与していることがわかっています。美容にも、もちろん健康にも、ビタミンCは不可欠な栄養素です。ビタミンCは熱に弱く、加熱により壊れやすいので、生でビタミンCを摂取できるいちごは摂取源として最適といわれています。

季節の変わり目や花粉症のシーズンと、何かと体調のくずれる時期ですので、皆さんもしっかり食べ、しっかり睡眠を心がけて、新年度を迎えてくださいね。

むらかみ しほこ
posted at 2016/02/26 19:32:09
lastupdate at 2016/02/26 19:45:37
修正