【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2016/02/26 :: 【第204話】旬の食材シリーズ【カジカ】
積雪は例年より少なく、家庭での雪かきの回数も減り、過ごしやすい冬だな・・・といった印象の今年の札幌。『雪まつり』も終わり、冬のイベントもほぼ終了。
3月に入れば春もだんだん近づいてきますね。季節の変わり目になると、体調の変化に気をつけましょう。
そのためにも、バランスの良い食事を心掛け冬を乗り切りましょう。
今月の旬の食材は、鍋料理などに利用され、カジカ汁で有名な「カジカ」です。
見た目に反し美味な冬の北海道を代表する味覚「カジカ」の豆知識についてお伝えいたします。

■今が旬の食材【カジカ】 ※旬は10月〜2月
「カジカ」の仲間には海に住むものと川・湖に住む淡水性のものがいます。日本近海には50種類以上が生息しており、主に食用にされるのは「トゲカジカ」と「ケムシカジカ」です。
トゲカジカは、北海道産のカジカ類の中で最も大型であり、もっとも美味とされています。肝臓は海のフォアグラと呼ばれています。外見は頭と銅が太くて、尾部は細く、両眼の間は広く平坦です。
旬は冬で、鍋料理などに利用され、なかでもカジカ汁は有名です。カジカは、石狩鍋、三平汁と並んで、冬の北海道を代表する味覚です。

【カジカ】の選び方     !!$img1!!
・全体につやがある
・ぬめりが強い

■保存方法
鍋物の材料としてぶつ切りになって売られているのがほとんどですので、軽く塩をふってラップをかけて冷蔵し、
2日以内に食べきるようにしましょう。

■成分・特性
ビタミンA・B1・B2を含み、骨や歯などの硬組織を作るカルシウムなども含まれています。

■調理法
冬が旬なだけに鍋料理などでいただく食材です。
アラと身は大きくぶつ切り、ヒレは苦味が出ないのでそのまま、肝臓は適当な大きさに切り、胃袋は内側を洗って1cm幅に切って下ごしらえします。また、肝臓をすりつぶし身と一緒にあえた「ともあえ」も珍味として親しまれています。

■「カジカ」の豆知識
カジカは海に住むものと、川・湖に住むものがいるといいましたが、見た目にほとんど違いはありません。どちらも食用にされ、特にトゲカジカは美味しいとされており「ナベコワシ」とも呼ばれています。それはあまりの旨さに鍋の底までかきまわし、ついには鍋を壊してしまうというところに由来すると言われています。
このナベコワシという名前は、地方名ではなく、学者が名付けたれっきとした名称です。

最近ではインフルエンザが大流行とニュースでもやっていましたね。みなさんもバランスの良い食生活を心掛け、元気で残りの冬を乗り切りましょうね!!

むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第203話】カカオと身体のウレシイ関係 | main | 【第205話】朝ごはんを食べて、体を目覚めさせましょう! »»
«« カテゴリ内前記事(【第203話】カカオと身体のウレシイ関係) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第205話】朝ごはんを食べて、体を目覚めさせましょう!) »»
2016/02/26
【第204話】旬の食材シリーズ【カジカ】
積雪は例年より少なく、家庭での雪かきの回数も減り、過ごしやすい冬だな・・・といった印象の今年の札幌。『雪まつり』も終わり、冬のイベントもほぼ終了。
3月に入れば春もだんだん近づいてきますね。季節の変わり目になると、体調の変化に気をつけましょう。
そのためにも、バランスの良い食事を心掛け冬を乗り切りましょう。
今月の旬の食材は、鍋料理などに利用され、カジカ汁で有名な「カジカ」です。
見た目に反し美味な冬の北海道を代表する味覚「カジカ」の豆知識についてお伝えいたします。

■今が旬の食材【カジカ】 ※旬は10月〜2月
「カジカ」の仲間には海に住むものと川・湖に住む淡水性のものがいます。日本近海には50種類以上が生息しており、主に食用にされるのは「トゲカジカ」と「ケムシカジカ」です。
トゲカジカは、北海道産のカジカ類の中で最も大型であり、もっとも美味とされています。肝臓は海のフォアグラと呼ばれています。外見は頭と銅が太くて、尾部は細く、両眼の間は広く平坦です。
旬は冬で、鍋料理などに利用され、なかでもカジカ汁は有名です。カジカは、石狩鍋、三平汁と並んで、冬の北海道を代表する味覚です。

【カジカ】の選び方     【第204話】旬の食材シリーズ【カジカ】
・全体につやがある
・ぬめりが強い

■保存方法
鍋物の材料としてぶつ切りになって売られているのがほとんどですので、軽く塩をふってラップをかけて冷蔵し、
2日以内に食べきるようにしましょう。

■成分・特性
ビタミンA・B1・B2を含み、骨や歯などの硬組織を作るカルシウムなども含まれています。

■調理法
冬が旬なだけに鍋料理などでいただく食材です。
アラと身は大きくぶつ切り、ヒレは苦味が出ないのでそのまま、肝臓は適当な大きさに切り、胃袋は内側を洗って1cm幅に切って下ごしらえします。また、肝臓をすりつぶし身と一緒にあえた「ともあえ」も珍味として親しまれています。

■「カジカ」の豆知識
カジカは海に住むものと、川・湖に住むものがいるといいましたが、見た目にほとんど違いはありません。どちらも食用にされ、特にトゲカジカは美味しいとされており「ナベコワシ」とも呼ばれています。それはあまりの旨さに鍋の底までかきまわし、ついには鍋を壊してしまうというところに由来すると言われています。
このナベコワシという名前は、地方名ではなく、学者が名付けたれっきとした名称です。

最近ではインフルエンザが大流行とニュースでもやっていましたね。みなさんもバランスの良い食生活を心掛け、元気で残りの冬を乗り切りましょうね!!

むらかみ しほこ
posted at 2016/02/26 19:23:42
lastupdate at 2016/02/26 19:23:42
修正