【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2016/11/07 :: ウイルスから身体を守る生活習慣
ウイルス予防の基本三大ケア!!$img1!!

ウイルス予防には「こまめに手洗いをする」、「マスクを着用する」、「症状の出ている人に近づかない」ことです。
ウイルスの感染経路にはウイルスの付着した手を介す“接触感染”、咳やくしゃみによる飛沫したウイルスを吸い込む“飛沫感染”、空気中に浮遊したウイルスを吸いこむ“空気感染”があります。
さらに、冬は空気が乾燥しているのでウイルスが活発に動きやすいうえに、わたし達の身体も喉や鼻などの粘膜が乾燥しやすく、本来のバリア機能が低下しやすいので要注意です。


生活習慣のワンポイント! 
十分な栄養と休養をとり、人が多い場所にはなるべく近づかないことが大前提ですが、普段の生活でケアできることとして次の3つのポイントをチェックしましょう!

1.乾燥を防ぐ
ウイルスは湿度があると床や地面に落ちていくのに対し、乾燥しているとウイルスが空気中を舞う時間が長いそうです。目安として部屋の湿度を50〜60%程度に保てるように、加湿器などを利用するとよいでしょう。湿度が高すぎると結露の原因にもなりますので注意しましょう。また、加湿器代わりに洗濯ものや濡れたタオル等を部屋に干すのも手軽に湿度を保つポイントです。


2.粘膜を守る!!$img2!!
ウイルスは鼻や喉の粘膜に付くことで増殖し風邪やインフルエンザを発症します。健康体であれば、ウイルスが侵入しても排除する働きがありますが免疫が下がっている場合は粘液も不足し、炎症し、鼻水やくしゃみが出てきます。そこで、粘膜の保護に効くビタミンAが豊富なかぼちゃ、ビタミンC類を含む柑橘類、ピーマンやブロッコリーなどの緑黄色野菜は感染症の予防に効果的ですので、日々の食事に摂り入れましょう。さらに、水分の補給をマメに行い、喉の乾燥を防ぎましょう。


3.体温調整を衣類で調整
寒くなると厚着になる方が多くいますが、実は身体の体温調節の能力を低下させ、寒さに対する抵抗力を弱めている原因ともいえます。もちろん極端な薄着になるのではなく、重ね着などで室内外での気温にあわせて調整するとよいでしょう。

風邪知らずは、継続から ―行者ニンニク卵黄油黒玉EX―
『サッポロはまや』で販売しているロングセラー商品の「北海道謹製 行者ニンニク卵黄油 黒玉EX」は殺菌作用や、疲労回復、免疫力を高める“行者ニンニク”のほかに新陳代謝を促す“卵黄油”、血糖値上昇を抑制し、抗酸化作用のある“ヤーコン葉”を含有したサプリメントです。長年愛用いただいております会員様からは「風邪をひきにくくなった」、「疲れにくくなった」、「体調がいい」などの声をいただいております。継続は力なり、続けることで健康な身体づくりにお役立ていただけます。

all photo

Recent Diary

«« 【第198話】旬の食材シリーズ【ホッキガイ】(ウバガイ) | main | アロニアベリーがテレビで紹介されました »»
«« カテゴリ内前記事(【第198話】旬の食材シリーズ【ホッキガイ】(ウバガイ)) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第200話】旬の食材シリーズ【にら】) »»
2016/01/12
【第199話】柔軟性高めて健康に!

こんにちは。日々寒い札幌です。寒さで体を縮こませているので肩こりや腰痛が多くなりました。軽いストレッチで体を伸ばしたりすると、昔に比べて体が硬くなった気がします。年齢とともに柔軟性が低くなったのではないかと調べたのですが、どうやら可動域を広げるための筋力の低下が原因のようです。年齢によって体が硬くなるのは仕方ないと思っていましたが、体の柔軟性を鍛えれば柔らかさは保てるらしく、しかも柔軟性は高い方が体にとってメリットが多くあることがわかりました。
そこで、今回は柔軟性についての特集です。

柔軟性とは筋肉と腱などが伸びる能力のことで、関節の動く範囲を静的柔軟性、関節の動く範囲内においての動きやすさを動的柔軟性といいます。運動能力の向上には動的柔軟性を高めた方がよいですが、健康効果を期待するなら静的柔軟性を高めるストレッチなどがおすすめです。
柔軟性を高めると基礎代謝が上がり血行促進、ダイエット効果、冷え症の緩和、疲労回復、肩こりや腰痛の改善、老化予防などの健康効果があります。


あなたの体は柔らかい?柔軟性をチェックしてみましょう!
・背中で手を結ぶことができますか?
手を後ろで組む(左右の指をつける)ことができれば肩の柔軟性があると言えます。どちらか一方のみ手がつく場合は柔軟性に左右差があります。

・前屈をして足首がつかめますか?【第199話】柔軟性高めて健康に!
両足を前に出して座り、膝を曲げないで前屈して足首をつかめない場合は太ももの裏の筋肉の柔軟性が低めです。




・肘がまっすぐ伸びますか?
片方の手でもう片方の手首を持ち、肘を伸ばします。肘がまっすぐ伸びない場合は、手首を手前に曲げる筋肉群の柔軟性が低めです。

・かかとがお尻につきますか?
うつぶせの状態になって足がお尻につきますか?かかとがお尻につかない場合は大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の柔軟性が低めです。

・前屈して肘が床につきますか?
開脚した状態からゆっくりと身体を前に倒していきます。脇をしめた状態で肘が床に内転筋(太ももの内側の筋肉)の柔軟性が低めです。

いかがでしたでしょうか。上記のチェック法はそのままストレッチとして活用できますので、毎日のストレッチとして続けることで柔軟性が鍛えられてくるでしょう。ストレッチをする時は体の温まっている入浴後にゆっくりと息を吐きながら続けると効果的です。

今年は柔軟性を高めて年齢に負けない体をつくりましょう!【第199話】柔軟性高めて健康に!





はまやスタッフ:ひまわりU号

posted at 2016/01/12 21:16:52
lastupdate at 2016/01/26 14:42:06
修正