【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2018/02/02 :: 自宅でトライ!筋トレ&有酸素運動
こんにちは。厳しい寒さが続いていますね。年々寒さが身体に堪えるな、と感じる事はありませんか? 実は気のせいではなく、年齢とともに基礎代謝が低下すると、寒さを感じやすくなるのが原因みたいです。運動量を高めることで寒さに対応したいところですが、外は寒いですから室内で身体を動かすことを習慣づけたいものですよね。そこで、今月は自宅でもできる簡単エクササイズをご案内いたします。運動不足を解消し、身体の調子を整えていきましょう!

自宅でトライ!筋トレ&有酸素運動
自宅にランニングマシーンなどの機材がなくても簡単な動きを取り入れて、身体を動かしましょう。

『スクワット』 
負荷調整可能な動きで、スペースをとらないで行えます。
太ももなどの足の筋肉や腕はもちろん、背筋や腹筋など全身の筋肉を使います。
ポイントは背中を丸めない様に、上体を下げていくことです。まずは10回を目安に無理のない範囲で続けましょう。
!!$img1!!




『ランジ』
手軽に始められるエクササイズです。下半身全体、太ももからお尻にかけての筋肉を強化します。
ポイントは背筋を伸ばし、片足を前に出し、ゆっくりと身体を沈めることです。
そしてゆっくり、元の状態に戻し、片足10セットずつを目安に繰り返しましょう。
!!$img2!!




『足のグー・パー運動』
足指の筋トレです。血液の循環の向上になります。足の指を使ってじゃんけんをするときの様に指をぎゅっと縮める、ぱっと開くを繰り返し行いましょう。

『踏み台昇降』
階段などを台にして行える有酸素運動です。単調な動きですが、基礎代謝が上がり、股関節付近の筋肉である「大腰筋」や太ももの前にある筋肉「大腿四頭筋」にも働きかけます。雑誌などをまとめて紐でくくり、台にしてもいいでしょう。
!!$img3!!



高齢者は特に下半身の筋トレを!
身体の中にある筋肉の60%が下半身(太もも、お腹、お尻)にあります。加齢とともに筋肉は減少しますが、上半身より下半身の筋肉の方が減少するスピードが速いことがわかっています。下半身を重点的に鍛え、身体を支える筋肉を強化しましょう。

---------今月のおすすめ商品----------
プロポリスののCHIKARA(ちから)
風邪やインフルエンザなどウイルス感染が気になる時期におすすめしたい商品が
「プロポリスのCHIKARA(ちから)」です。プロポリスはミツバチが外敵から身を守るために作る巣の補強材です。プロポリスは強力な殺菌作用があり、ウイルス感染や季節の変わり目、調子が優れない時に効果的です。本商品はお試し品として50粒(約12日間)で
1,000円でお一人様1袋限定で販売しております。是非ご利用ください。




all photo

Recent Diary

«« 【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】 | main | 【第197話】旬の食材シリーズ【コンブ】 »»
«« カテゴリ内前記事(【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第197話】旬の食材シリーズ【コンブ】) »»
2015/12/11
【第198話】静電気は溜めないで!
寒い日が続いている札幌です。みなさんの住んでいる街はいかがでしょうか。さて、寒くなってくるとやってくるパチッとくる嫌なものと言えば「静電気」。他の人よりもパチッとする頻度が多いような気がする、と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際、静電気をためやすい「静電気体質」もあるということはご存知でしたか?
そこで今回は、静電気をためやすい人の原因と、静電気をためることによって体にどのような症状が起こるのかをテーマにしたいと思います。


体内静電気とは?【第198話】静電気は溜めないで!
血液が血管を流れる、リンパ液がリンパを流れる、心臓が鼓動を打つ時など摩擦が少しでも体内で起これば静電気が生じているといえます。さらに、普段の生活でも静電気を多く感じる方は体内にも電気を溜めやすいと考えられています。静電気を溜めやすい人の特徴は不健康な人に多く、体の酸性化が電気を溜める元になっています。健康だとアルカリ性の状態で体内のプラスとマイナスのイオンがバランスよく保たれているか、マイナスイオンが多い状態です。しかし体が酸性化することによって、マイナスイオンを保持できずプラスの電気を呼び寄せてしまい血中も酸化しドロドロになってしまうのです。体の酸性化は大病の元にもなりえますので注意が必要です。

■体質改善で自然放電をしよう!
体に溜まっている静電気は普段から放電できていればよいのですが、生活習慣や食生活を改善しないと
いつまでも静電気体質から卒業する事ができません。
静電気除去商品を使う、衣類の摩擦を少なくする洗剤を使うなどの対策はもちろんですが、体の中から放電できるよう生活習慣を見直しましょう!

■食生活を改善しよう!
肉類やジャンクフードなど欧米よりの食事は体を酸性化し、血液の流れを悪くドロドロにしてしまいます。体をアルカリ性に傾けるには、玄米や雑穀米などの色の濃い穀物やタマネギ、大豆製品、イワシなどの青魚、きのこ、胡麻やアーモンドなどの木の実などをバランスよく摂取すると良いですから、食事に積極的に取り入れて放電しやすい体質をつくりましょう。また、水分を摂ることも大事です。水に含まれているミネラルが体内に入ると、イオン化し静電気を中和するといわれています。

■寝すぎには注意しよう!
寝過ぎると脳内に静電気がたまりやすいともいわれています。休日に寝だめをすることも生活リズムを乱して体の不調の原因になるという研究もありますので、長くても7、8時間程度を目安としましょう。

■自然に触れましょう!
森や滝などではマイナスイオンが発生し、体内のイオンバランスを整えることができます。さらに裸足で土の上や砂浜を歩くと静電気が抜けていきます。

■乾燥を防ぎましょう!
湿度が低く乾燥した部屋では、静電気が起きやすいため、特に冬の間は加湿器を利用するなどして保湿をすることも重要です

今年の冬はこれらのポイントを踏まえて、体の外と中の環境を改善して静電気とサヨナラしましょう!


はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/12/11 16:07:20
lastupdate at 2015/12/11 16:07:20
修正