【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/10/13 :: 【第190話】アンジェラ佐藤さんと食べるタマネギドレッシングスペシャルコース

ここ数日でぐっと気温が下がっている札幌。あまりにも寒くてクーラーの温風を入れてしまいました。寒くなると、あったかい食べものや温泉に入って温まりたいですね。
さて、先週5日に「アンジェラ佐藤さんと食べる北海道タマネギドレッシング!」なる企画を札幌市内にある居酒屋「北の宗右衛門 ゆうや」で開催しました。私も参加いたしましたので、今回はそのご報告です。
「アンジェラ佐藤さんと北海道タマネギドレッシングを食べよう!」
<内容>
普段からメニューにタマネギドレッシングを利用している「北の宗右衛門 ゆうや」さんで同店の常連さんであるアンジェラ佐藤さんを囲んで「北海道タマネギドレッシングを使ったスペシャルコースを食べよう!」という企画が行われました。

当日は、北海道タマネギドレッシング3種(レギュラー、青じそ、カレースパイス)を使って全6品のお料理を楽しんできたのですが、一番実感したのは、「ドレッシング=サラダにかける調味料」と思っている方は勿体ない!ということで、ドレッシングの概念が崩れるほど美味しい料理にみなさん驚かれていました。
出てきたメニューは、「桜姫鳥のスモークチキン(写真)」以下6品です。
!!$img1!!・しめ鯖の青じそドレッシング
・チーズハンバーグ
・ロメインレタスとずわい蟹のサラダ
・白身魚のムニエル
・青じそのペペロンチーノ
そして最後にデザート(こちらはさすがにドレッシングは使われていませんでした(笑))!、すべてのお料理がドレッシングとマッチし、尚且つドレッシングの旨みも引き立つ食材が使われていました。
参加者全員の意見は「ドレッシングっていろいろなお料理に使える!」ということでしたよ。

!!$img2!!大食いクイーンとして活躍されている、札幌出身の「アンジェラ佐藤」さん。アンジェラさんには別皿(通称 アンジェラ盛り)を用意しました。この量を一人で6品分完食!とても細い体のどこに入っていくのか??すべて美味しい!と言って平らげるアンジェラさんの食べっぷりも見ていて気持ち良かったです。


!!$img3!!今回のイベントは20名以上の方に参加していただき、アンジェラさんとの食事会を楽しんでいかれました。
メーカー協賛品として、参加者へタマネギドレッシングをお土産として提供させていただきました。好評につき、第二回目も開催してほしい!との声があがり嬉しい限りです。またこの様な楽しいお食事会を開催してもらえるよう、メーカーとして頑張ります。

はまやスタッフ:ひまわりU号

all photo

Recent Diary

«« 【第196話】冷え性にもタイプがあった | main | 【第198話】静電気は溜めないで! »»
«« カテゴリ内前記事(【第196話】冷え性にもタイプがあった) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第198話】静電気は溜めないで!) »»
2015/11/30
【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】
いよいよ12月!札幌では11月としては珍しく積雪40cm越えとなり、一気に冬景色となりました。11月に積雪量が40pを超えるのは、なんでも62年ぶりなのだとか。これからさらに寒くなりインフルエンザや胃腸炎が流行する時期になりますから、体調管理により一層気をつけなくてはいけませんね。
そのためにも食卓に旬の食材をたっぷりとって、ウイルスに負けない健康な身体づくりをしていきましょう。
今回の旬の食材シリーズは、雷とともに訪れると言われていた魚『ハタハタ』です。
『ハタハタ』についての豆知識をお伝えしたいと思います。

■今が旬の食材【ハタハタ】(ハタハタ科ハタハタ属) ※旬は9月〜12月
「ハタハタ」は、日本海を中心に朝鮮半島東岸から沿海州、サハリン、カムチャツカを経て、北米のシトカまで北太平洋北部に広く分布しています。成魚は12cm〜20cmほどの体調でやや細く、強く側偏しています。うろこは無く、背びれは2つあり著しく離れています。腹は銀白色、背側は黄褐色で黒褐色斑があるのが特徴です。メスはホンダワラなどの海藻類の茎に卵を産みつけますが、ゴルフボールのような形状をしており、海水に触れた瞬間に硬くなります。これを「ブリコ」と呼んでいます。かつては毎年の豊漁により価格が暴落して時期もありましたが、乱獲で数が激減。郷土の名産として有名な秋田県では1992年から3年間、禁漁期間が設定されたほどです。現在では徐々に資源回復しつつありますが、漁獲量は他種に比べると少なく、漁業規制も手伝って高級魚の扱いとなっています。
【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】


■【ハタハタ】の選び方         
・目が外に張り出しているものは新鮮
・体表のぬめりがつるりとしているものがよい

■保存方法
生鮮ものは、できるだけ購入した日に食べきります。鍋や焼き物にする場合、軽く塩をふって、ラップをかけて冷蔵します。干物にする場合、背開きにして塩水に浸し1日ほど干してからラップに包んで冷蔵もしくは冷凍保存できます。

■成分・特性
ハタハタにはカルシウムが多く含まれ、またビタミンA、Eも比較的多く含まれています。なお、塩干物にはEPAやDHAが多く含まれています。

■調理法
塩焼きにしたり、ハタハタ寿司(いずし)、味噌田楽などにして食べます。卵のあるメスは、塩焼き、煮物どちらでも喜ばれています。また、秋田県名物の「しょっつる鍋」があるように、鍋料理も代表的な調理法です。なお、秋田の正月料理で「ブリコ」と呼ばれる卵を食べる習慣があり、そのほかにぬか漬けや佃煮にも適しています。

■「ハタハタ」の豆知識
秋田では、冬の雷には山側から鳴る雷と海側から鳴る雷があり、山側から鳴るとハタハタは不漁で、海側から鳴るとハタハタは豊漁だという言い伝えがあり、冬の訪れを告げる雷鳴とともに海岸に現れるハタハタの群れを雷神(ハタタ神)の使いと捉え、「鰰」と書くようになったとも言われています。
みなさんも「ハタハタ」など、旬の食材をしっかり食べて体力を温存させ、元気に年末を迎えましょう!

むらかみ しほこ
posted at 2015/11/30 13:56:15
lastupdate at 2015/11/30 13:56:15
修正