【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/11/18 :: 【第93話】生野菜と温野菜・・・あなたはどっち派?!
冬の便りである木枯らし1号も吹き、いよいよ冬の寒さも本格的になる季節となりました。
収穫の秋も終わりをむかえつつありますね。今回は野菜の食べ方についてお話したいと思います。
野菜が体に良いのはもちろん知っているけれど、そのまま食べる生野菜と調理してから食べる温野菜、どちらで食べたほうが効率よく体に栄養を取り入れることができるのか調べてみました。

夏に野菜を食べる時は生野菜、冬は温野菜という方が多いかもしれませんが、結論からいうとどちらが良いとは言いがたく、生野菜・温野菜にはそれぞれ長所や短所があるようです。ではそれぞれの良いところ・悪いところをお話したいと思います。

■ 生野菜 ・・・【メリット】 
 ・ビタミンなどが壊されずそのまま摂取でき、植物酵素がたっぷり摂れます。生野菜を食べると一時的に体が冷えますが、接種した酵素の働きによって抹消血管まで血液の流れが良くなり冷えが改善されます。
 ・ニキビ・肌荒れを抑えるポリフェノールなどのファイトケミカルが摂れる。
          ・全体的に生野菜の方が栄養素は沢山含んでいると言われている。
 【デメリット】
 ・1回の食事に必要な生野菜の量がかなりのボリュームになる。
  (1日の目標摂取量は約350gといわれています。)
 ・生野菜は栄養豊富ではあるが、体への吸収が悪く、たくさんある            栄養を生かしきることがなかなか難しい。
■ 温野菜 ・・・【メリット】
!!$img1!!   ・温野菜は加熱することでカサが減るため、たくさんの野菜を摂取することができる。
 ・抗酸化力については生野菜よりも温野菜の方が強いといわれている。
 ・温野菜の方が体に吸収されやすいため、効率よく栄養を摂取する事ができる。

 【デメリット】
 ・水溶性のビタミンは加熱することでかなり失われてしまい、また、野菜に含まれる多くの酵素は加熱により死んでしまう。

ビタミン・ミネラルなど、野菜の栄養を効率よく摂るには温野菜・生野菜のどちらか一つだけではなく、両方をうまく活用して摂取していきたいものですね。
これからの季節、野菜をたっぷり摂取し、風邪に負けない体づくりを目指しましょう!!

all photo

Recent Diary

«« 【第195話】旬の食材シリーズ【じゃがいも】 | main | 【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】 »»
«« カテゴリ内前記事(【第195話】旬の食材シリーズ【じゃがいも】) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】) »»
2015/11/24
【第196話】冷え性にもタイプがあった
寒さが体に染みる季節となりました。冷え性の私はカイロを手放せません。昔から冷えは万病の元と言われているように、体を冷やすことは体調不良や大病を引き起こすことにもなりかねません。女性の方は特に婦人科系の病につながりやすいので注意が必要です。また、冷え性にも冷えが生じる部位や原因などによって、複数のタイプに分けられます。そこで今回は、冷え性の種類とその中でも最近増えているといわれる隠れ冷え性の特徴をテーマにしたいと思います。

◆冷え性は大きく分けて5つのタイプ

1.四肢末端型冷え性
手足の先が冷えるタイプ、いわゆる末端冷え症です。痩せ型の人に多いといわれています。

2.下半身型冷え性
下半身が冷えて上半身や頭に熱がこもってしまうタイプです。主に40代以降の女性にかかりやすいといわれています。

3.内臓型冷え性
手足には冷えを感じないのに内臓が冷えてしまうタイプで、隠れ冷え性とも言われます。体調不良や免疫が低下しやすく病気にかかりやすいので注意が必要です。

4.全身型冷え性
名前の通り体全体が冷えるタイプです。体で熱がつくれず、熱が逃げやすいのが特徴です。

5.局所型冷え性
体の一部分だけに冷えを感じるタイプです。ヘルニアや坐骨神経痛の人に多く見られます。


◆実は怖い「内臓型冷え性」
内臓型冷え性は女性に限らず男性にも多く、夏場にもおこる冷え性です。
このタイプは体の深部に冷えが生じても、手足の血管を収縮させて血液を体の中心である内臓に集めることができないため、体の中心である内臓が冷えて機能が低下し、膀胱炎や機能性胃腸障害などを起こしやすくなってしまいます。末端の手足は暖かいため体に不調が出るまで気づきにくいため、注意が必要なタイプでもあります。

◆内臓型冷え性チェック
・涼しいところにいるとお腹が冷えてつらい
・二の腕、太ももが冷える
・手足の先は温かいのに冷えを感じる
上記の3つの内一つ以上当てはまると内臓型冷え症の可能性があります。

内臓型冷え症の対策としては下腹部を腹巻やカイロを貼って温める、ウォーキングやストレッチをして血流を改善する、体を温める食材を摂る(今時期なら根菜など)等が有効です。これらのことを意識して体の中から冷えを解消しましょう。
【第196話】冷え性にもタイプがあった





はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/11/24 12:42:23
lastupdate at 2015/11/24 18:53:29
修正