【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 05   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2015/01/19 :: 【第153話】今年はかかりたくない!インフルエンザ予防法


冬に毎年流行する『インフルエンザ』!今年は例年より3週間早く流行期入りしたと言われています。
インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することで発病し、高熱・倦怠感・関節痛などを起こします。普通の風邪とは違うので、子供や高齢者はもちろん、健康な成人も十分に注意が必要です。
インフルエンザは早期診断が大変重要です。早期に病院での受診を心掛けましょう。
!!$img1!!





■インフルエンザの症状     
・38℃を越える高熱がある
・寒気、震え
・関節痛、筋肉痛
・頭痛
・喉の痛み
・咳
・鼻水、くしゃみ

風邪とインフルエンザの症状の違いは、体温上昇の程度です。インフルエンザでは発熱するとすぐに
38℃を越えてしまいます。人の体温は目覚めたときより夕方の方が高くなりますが、朝から38℃以上の発熱があった場合は要注意です。

■インフルエンザの予防法
1.免疫力がつく食材と睡眠をしっかりとること

≪免疫力のつく食材≫
・緑黄色野菜(かぼちゃ・ブロッコリー・人参など)
・淡色野菜(にんにく・生姜・玉葱・大根・キャベツなど)
・きのこ類や大豆製品(豆腐・納豆など)
・海藻類(わかめ・もずく・ひじきなど)
・肉類(牛肉・豚肉・鶏肉)や魚の赤身など

2.適度な温度・湿度を保つこと
空気が乾燥しているとウイルス感染しやすいため、水分補給でのどをうるおしつつ、加湿器で室内環境を保ちましょう。(湿度は50〜60%が適切と言われています)

3.手洗い・うがいをすること
  外にはウイルスがたくさんいます。家に帰ったらすぐに手洗いとうがいでウイルスを除去しましょう。
  うがいは喉の乾燥も防ぎます!

4.ワクチンでの予防接種をする
ワクチンを接種することで、インフルエンザにかかったとしても軽い症状で済むことが多いと言われています。

新しい年が始まり、仕事や学校が始まると疲れや体調不良からウイルスに感染しやすくなります。
インフルエンザにかかりにくくするにも、まずは体調を整えて抵抗力をつけておくことが大切です。

むらかみ しほこ

all photo

Recent Diary

«« 【第195話】旬の食材シリーズ【じゃがいも】 | main | 【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】 »»
«« カテゴリ内前記事(【第195話】旬の食材シリーズ【じゃがいも】) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第197話】旬の食材シリーズ【ハタハタ】) »»
2015/11/24
【第196話】冷え性にもタイプがあった
寒さが体に染みる季節となりました。冷え性の私はカイロを手放せません。昔から冷えは万病の元と言われているように、体を冷やすことは体調不良や大病を引き起こすことにもなりかねません。女性の方は特に婦人科系の病につながりやすいので注意が必要です。また、冷え性にも冷えが生じる部位や原因などによって、複数のタイプに分けられます。そこで今回は、冷え性の種類とその中でも最近増えているといわれる隠れ冷え性の特徴をテーマにしたいと思います。

◆冷え性は大きく分けて5つのタイプ

1.四肢末端型冷え性
手足の先が冷えるタイプ、いわゆる末端冷え症です。痩せ型の人に多いといわれています。

2.下半身型冷え性
下半身が冷えて上半身や頭に熱がこもってしまうタイプです。主に40代以降の女性にかかりやすいといわれています。

3.内臓型冷え性
手足には冷えを感じないのに内臓が冷えてしまうタイプで、隠れ冷え性とも言われます。体調不良や免疫が低下しやすく病気にかかりやすいので注意が必要です。

4.全身型冷え性
名前の通り体全体が冷えるタイプです。体で熱がつくれず、熱が逃げやすいのが特徴です。

5.局所型冷え性
体の一部分だけに冷えを感じるタイプです。ヘルニアや坐骨神経痛の人に多く見られます。


◆実は怖い「内臓型冷え性」
内臓型冷え性は女性に限らず男性にも多く、夏場にもおこる冷え性です。
このタイプは体の深部に冷えが生じても、手足の血管を収縮させて血液を体の中心である内臓に集めることができないため、体の中心である内臓が冷えて機能が低下し、膀胱炎や機能性胃腸障害などを起こしやすくなってしまいます。末端の手足は暖かいため体に不調が出るまで気づきにくいため、注意が必要なタイプでもあります。

◆内臓型冷え性チェック
・涼しいところにいるとお腹が冷えてつらい
・二の腕、太ももが冷える
・手足の先は温かいのに冷えを感じる
上記の3つの内一つ以上当てはまると内臓型冷え症の可能性があります。

内臓型冷え症の対策としては下腹部を腹巻やカイロを貼って温める、ウォーキングやストレッチをして血流を改善する、体を温める食材を摂る(今時期なら根菜など)等が有効です。これらのことを意識して体の中から冷えを解消しましょう。
【第196話】冷え性にもタイプがあった





はまやスタッフ:ひまわりU号
posted at 2015/11/24 12:42:23
lastupdate at 2015/11/24 18:53:29
修正