【サッポロはまや】の健康ブログ
2018 / 06   «« »»
01
F
02
S
 
03
S
 
04
M
 
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
 
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2017/06/08 :: 夏バテ予備軍防止!

こんにちは。初夏の風が心地よい季節となりました。札幌では夏の幕開けを感じさせる、よさこいソーラン祭りや夏祭りが始まります。今夏は全国的に猛暑になるとの予想が発表されておりますので、例年以上に熱中症や夏バテに気をつける必要がありそうです。気温が上昇すると自立神経が乱れ、調子を崩す方が増えてきます。夏バテ予備軍にならない様に免疫力を鍛えて季節性の体調不良から身を守りましょう。
そこで今月は、夏バテ防止!免疫力の特集です。

夏バテ予備軍とは?
春から夏にかけて調子を崩す方が多くいます。原因は、気温の変化により自立神経のバランスがくずれることにあります。自立神経がくずれると、食欲不振を引き起こし、栄養不足や免疫力の低下へと繋がります。夏バテ予備軍から慢性的な夏バテを引き起こさない様に気を付けなければなりませんね。

免疫力を高めて夏バテ防止!
自立神経の乱れが免疫力を低下させる原因になりますが、逆に免疫力が高まる生活をすることで自立神経のバランスを保つ対策ができるといえます。免疫を保持することが夏バテ防止につながるのです。

☆免疫力を高めるポイント☆
◆食事で高める !!$img2!!
免疫細胞の70%が腸にあると言われるほど、腸内作用と免疫は大きく関わっています。腸内の掃除をする役目である「善玉菌」を増やすような「腸内環境を整える」作用のある食材、活性酸素を撃退する働きをもつ「抗酸化作用」のある食材、「抗菌作用」のある食材を使った料理を心がけるとよいでしょう。

□腸内環境を整える作用のある食材・・・ヨーグルトや納豆には善玉菌を増やす働きがあります。さらにバナナやきな粉などオリゴ糖を含む食材といっしょに摂れば善玉菌の餌となり、善玉菌の増殖が高まります。
!!$img1!!






□抗酸化作用のある食材・・・アーモンドやアボカド、カボチャにはビタミンE、牡蠣や豚レバー、黒ゴマ、あさりには亜鉛やセレンが含まれ、細胞や組織のダメージを防ぐ抗酸作用があります。

□抗菌作用のある食材・・・ニンニク、行者ニンニク、玉ねぎ、生姜には、特有の強い臭いの元である「硫化アリル」を含みます。硫化アリルには抗菌・殺菌作用があり、風邪や気管支炎の原因になる病原菌から身体を守る働きがあります。また、疲労回復の効果もありますので低下している免疫の回復におすすめです。

◇簡単!サプリで免疫UP!
『北海道謹製 行者ニンニク卵黄油黒玉EX』は北海道産行者ニンニク、卵黄油、ヤーコン葉の成分が疲労回復、季節の変わり目や風邪などのウイルス対策、夏バテの予防として免疫力を高めるサポートします!

◆生活習慣
栄養を摂ることはもちろんですが、生活習慣も免疫は鍛えられます。
□朝食をしっかり摂る・・・免疫細胞の活性する時間帯が夜より昼が長く、朝食をとることで、免疫細胞を目覚めさせることができます。

□質の良い睡眠・・・睡眠(休息)も大事な免疫アップの一つです。質の良い睡眠とは、自然(太陽)のリズムに合わせて日の出とともに起き、日の入りとともに寝る、というのが理想です。できれば22時迄に寝るようにして、睡眠時間も7〜9時間確保することが好ましいです。睡眠は自立神経に左右されるので、スマホやパソコン、テレビは光が脳を刺激してしまいますから、寝る一時間前には使用を控える方が良いでしょう。

□ごく軽い運動 ・ ・ ・筋肉量の減少や代謝の低下などによって基礎体温が低下してしまいます。適度な運動を行って筋肉量や代謝を下げないようにしましょう。はじめは散歩などから始めると習慣化しやすいでしょう。





all photo

Recent Diary

«« 【第15話】紫外線が目に及ぼす影響と対策 | main | 【第17話】夏はしじみの季節 »»
«« カテゴリ内前記事(【第15話】紫外線が目に及ぼす影響と対策) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第17話】夏はしじみの季節) »»
2012/05/21
【第16話】行者ニンニクで慢性疲労を一掃!
 5月16日(水)発売の健康情報誌「わかさ」7月号(鰍かさ出版)において「だるさ・慢性疲労を一掃!持久力もついてメタボさえ追い払う!」と題して行者ニンニクの特集が4ページにわたり掲載されました。

特集では、行者ニンニク研究の第一人者である東海大学名誉教授・西村弘行氏への取材を基に疲労回復・血流促進・男性ホルモン増強・メタボ改善作用等について紹介されております。
【第16話】行者ニンニクで慢性疲労を一掃!
そもそも行者ニンニクって!?
行者ニンニクは北海道の山奥に自生するネギ科ネギ属の多年草です。食用に適するまでに5年〜8年の長い歳月が必要で、その間、厳寒の北海道で大地の滋養をたっぷり吸収し成長します。行者ニンニクの名称は、行者(修行僧)が修行に打ち勝つ体力をつけるために食べ、またニンニクと同様の強烈な匂いを発することに由来し、昔からエネルギーに満ちた野草の王様として知られています。
別名アイヌネギとも呼ばれる行者ニンニクは、アイヌが病気になったときに行者ニンニクを燃やすことによって生じる強烈な匂いの煙で病魔を追い払おうとした「食べて良し」「燃やして良し」の野草です。

行者ニンニクに含まれる健康成分は硫化アリルと呼ばれる揮発性の含硫化合物で、その含有量はニンニクの4倍ありまり、健康効果は以下の通りです。

<アリシン>
強い抗酸化作用があり炎症の抑制・防止効果がある。また腫瘍細胞の増殖を抑制したり、胃粘膜の
損傷予防や抗ウィルス効果、風邪の予防・美肌効果がある。

<ジアリルジスルフィド>
疲労回復効果と脂肪燃焼効果(ダイエット)による運動持続作用がある。

<メチルアリルトリスルフィド・ジアリルトリスルフィド>
血小板凝集阻害・血栓溶解作用(血液サラサラ)がある。

<アホエン>
血中の過剰なコレステロールの抑制作用。高血圧抑制、中性脂肪抑制、尿酸低減、疲労回復、美肌
効果、γGDP抑制作用がある。



行者ニンニクは是非毎日いただきたい食べ物の一つですが、それは容易ではありませんからサプリ
メントなどを活用して、その健康成分を補給したいですね!
はまやスタッフ:ひまわりT
posted at 2012/05/21 18:49:54
lastupdate at 2012/05/21 18:49:54
修正