【サッポロはまや】の健康ブログ
2017 / 11   «« »»
01
W
02
T
 
03
F
 
04
S
 
05
S
 
06
M
 
07
T
 
08
W
 
09
T
 
10
F
 
11
S
 
12
S
 
13
M
 
14
T
 
15
W
 
16
T
 
17
F
 
18
S
 
19
S
 
20
M
 
21
T
 
22
W
 
23
T
 
24
F
 
25
S
 
26
S
 
27
M
 
28
T
 
29
W
 
30
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
私たちは、北海道の農産品を研究して健康食品をつくる道産子メーカー「北海道バイオインダストリー」の商品の総発売元として、心から「カラダにイイ!」と思うコンディショニングフードを提案する会社です。

<ブログスタッフ>

@ 店長むらかみしほこ
A ひまわりT号
B ひまわりU号

会社はこちら→サッポロはまや


Menu

RSS & Atom Feed
【サッポロはまや】の健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまや 商品紹介
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
サッポロはまやの日常
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
【はまや】健康ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2013/01/08 :: 【第48話】お餅による窒息事故のニュースが・・・。
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
本年も「サッポロはまや」をどうぞ宜しくお願いいたします・・・ということで、
皆様、お正月はゆっくりできましたでしょうか?これだけ多様化した社会になりましたからお正月はお仕事!という方も、最近では多いのですかねぇ?

寒さと乾燥が厳しくなるこの季節は、風邪、インフルエンザ、ノロウイルスなどの感染症が増え、また、冬季・お正月といったこの時期特有の飲酒や積雪によるスリップ事故、お餅による事故などのニュースが発生しています。
お餅の窒息事故は高齢者の場合、死につながりますのでクレグレもご注意いいただきたいものです。そこで今回は知っているようであまり知らない!お餅を喉に詰まらせた場合の対処法をご紹介します。

■窒息と判断したら、まずは119番通報です!
■救急車が来るまでは、意識がある場合は「背部叩打法」と「腹部突き上げ法(成人のみ)」を
試してください。また、咳をすることが可能であれば、まず強い咳をさせることを第一に考え
ましょう。咳をさせることが、異物除去につながります。
意識が無い場合は、すぐ人工呼吸と心臓マッサージを行ってください。
※参考「京丹後市消防本部」
!!$img1!!   「背部叩打法(はいぶこうだほう)」※成人の場合
        1.手のひらで肩甲骨の間を力強く何度も連続して叩く。
        2.その後異物が出ていないか口の中を確認。
        ※座っている時や立っている時にも有効。

!!$img2!!   「背部叩打法」※新生児・乳児の場合
        1.新生児・乳児を膝の上にうつぶせ(顔が下)に寝かせる。
        2.足の間から腕をもぐらせてあごをつかむ。
        3.背中の真ん中を手のひらの付け根で異物が取れるまで強くたたく。


!!$img3!!   「腹部突き上げ法」※成人のみ
        1.後ろから抱えるように腕を回す 。
        2.片手で握りこぶしを作り、その親指側をみぞおちにあてる。
        3.その上をもう一方の手で握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げる。

掃除機を使っての吸引は賛否両論ありますが、医療従事者で推奨している方は非常に稀なようです。また各団体の救命講習でも指導内容には入っていません。しかし救命のためには、何でも試みることは必然であると思います。上記除去法を試みて、どうしても除去できない場合の最終手段としてお考えください。



all photo

Recent Diary

«« 【第14話】イライラストレス解消法 | main | 【第16話】行者ニンニクで慢性疲労を一掃! »»
«« カテゴリ内前記事(【第14話】イライラストレス解消法) | 【はまや】健康ブログ | カテゴリ内次記事(【第16話】行者ニンニクで慢性疲労を一掃!) »»
2012/05/14
【第15話】紫外線が目に及ぼす影響と対策
   5月に入り、温かくなり外へ出掛ける機会が増えました。朝のニュース番組を見ると、天気予報以外に紫外線量の予報も流れます。
皆さんは紫外線対策してますか?一般的な対策としては、日焼け止めをぬって日傘を差して肌へのダメージを防ぐといったところだと思いますが、しかし、肌だけではなく、“目”の紫外線対策も必要だってご存知でしたか?
目にとって有害な紫外線が引き起こす病気には『角膜炎』と『白内障』があります。
これらは炎天下で長く裸眼でいたり、ゴーグルやサングラスなしでスキーを長時間楽しむなどした場合に起こりやすいです。要は、強い日差しは目にとって有害だということです。
『角膜炎』は紫外線が角膜を炎症させてしまった時に起こる病気で、目がショボショボして涙が止まらなくなり、痛みを伴います。『白内障』は角膜を通過した紫外線が目の奥の水晶体をジワジワと損傷させ、蓄積させていきます。
【第15話】紫外線が目に及ぼす影響と対策

白内障になると、昼間は光が異常にまぶしく夜は光が暗く感じます。そして放っておくと、最後は目が見えなくなってしまう非常に恐ろしい病気です。

この様な眼病を少しでも防ぐためにできることがあるので、皆さんも参考にしてください。
◎帽子をかぶる・・・目への紫外線の量を減らします。
◎紫外線カット機能があるサングラスや透明レンズをかける・・・紫外線は物に反射するという性質を持っているため、紫外線の地面からの照り返しを防ぎます。
◎アントシアニンの入った食物を摂る・・・アントシアニンはブルーベリーやアロニアなどに含まれる紫色や青色の色素成分で。紫外線による目の損傷を防ぎ、老化による目の組織の酸化ダメージを改善する働きがあります。

こらから夏到来です。紫外線とうまく付き合い、外での活動を楽しんでくださいね!

はまやスタッフ:U
posted at 2012/05/14 11:42:08
lastupdate at 2012/05/14 11:42:08
修正